スポンサードリンク

大暮維人版『化物語』が期待大!君の知らないコミカライズ!

シェアする

週刊少年マガジン 2018年 15号[2018年3月14日発売] [雑誌]

大暮維人 ”本物”が”本気”ぶつける巻頭カラー

新連載『化物語』 原作/西尾維新

週刊少年マガジン15号で『化物語』(西尾維新)のコミカライズ漫画が連載スタートしました。しかも作画は大暮維人先生が担当です。なにこの企画だけで約束された勝利の連載は!

大暮維人先生といえば見惚れるぐらいの絵が魅力ですからね。同時に何を描いても読者にストーリーがまったく理解できない(個人の意見です)。もう完全に作者が公開でオナってるだけで読者置いてけぼりなのにシナリオが意味不明なのに、なんかカッコイイからオーケーってなるからすごい(褒めてます)。

<関連記事>

「バイオーグ・トリニティ」1巻が発売されました。 「大暮維人×舞城王太朗」と帯にあるけど、原作&作画という関係なの...

で、この『化物語』コミカライズ。1話を読んだ感じ超面白くなりそうです。いや面白いです!まあ、『化物語』をオーグレートが描くって時点でそりゃそうだわなって感じですけどね。スタイリッシュに決まっててめがっさかちょええ

大暮維人版『化物語』

8

001 ひたぎクラブ

シャフ度がすげー!

読んだ印象としてかなりアニメ版『化物語』を意識した作風になってるなって。シャフ度振り返りを筆頭に不気味な雰囲気を大暮維人イズムで仕上げてる感じ。アクションシーンは素直にカッチョエエ中で不気味さがあっていいね。見惚れる。

ストーリーが分からなくなるってこともない。いつも途中から読者がついて来れない作者独走状態になり、ひたすらカッコイイシーン漫画になるところですが、『化物語』コミカライズは大丈夫。この先は知らんが。

なにが驚いたってコミカライズ『化物語』のマガジンの載せ方でしょう。というのも1話の後に特別寄稿「illustration」としてエンドカード的なものが掲載されていました。1話のエンドカードは『FAIRY TAIL』の真島ヒロ先生のムチムチな戦場ヶ原ひたぎイラスト。

真島ヒロ先生の戦場ヶ原(001)

太ももが最高でした!太ももが最高でした!(大事な事なので2回言いました)

コミックに収録されるか分かりませんので、マガジン買ったほうがええかもね。

しかし、1話の後にエンドカードを掲載させるなんてビックリですわ。つまり、マガジンは誌面でアニメをやってるようなものじゃないですか。「001」となってるので、2話目の後のエンドカード的なイラストは誰が描くのかなって楽しみまであります。

このコミカライズに掛ける本気度が違う。漫画の新たな歴史になりそうでもある。1話毎にエンドカード的なイラストを載せるって毎回続けたら凄い。今ではアニメのエンドカードは定番ですけどシャフトが流行らせたようなものですからね。

ネコミミモードのアニメ『月詠』で有馬啓太郎先生がアイデア出し、自ら依頼し、その後に脈々と続く伝統芸に…。これは今後、アニメに続いて漫画でもエンドカード的なイラストが流行って定番になる(かもしれない)。

まあ週刊連載で毎回は無理でしょうけど、せめて新連載にはエンドカード的のようなものが収録されるようになればまた面白いんじゃないかなって。人気作家が元アシスタントさんの新連載とかに。漫画でエンドカード…いけるやん!

期待しかない

期待値最大!

八九寺真宵キター!!

神原駿河キター!!

千石撫子キター!!

羽川翼キター!!

戦場ヶ原だけでなくこの先の登場人物も紹介して読者の期待を煽る煽る。マジ楽しみですね。大迫力の描写は最高の一言でしょう。

あと、大暮維人先生は会話のやり取りをどう描くかってとこも気になるところですね。阿良々木とヒロイン達との会話こそがキモでもありますし。言葉のキャッチボールをオーグレートの絵でどう魅せてくれるのでしょうかね。

格好良い描写に定評のある大暮維人先生が『化物語』をコミカライズすりゃ、すごい表現でクールな作品になるのは決まってますね。オシャレで見応えある。でも、一番楽しみなのはえっちぃとニヤリング方面です(きっぱり)。

オーグレートに最も期待すること

11

いけるやん!

大暮維人先生といえばかちょいいポーズとカットですけど、最大のキモはえっちぃ描写ですから!(断言)身体の一部をクリティカルヒットさせてくれるから。さすが元成年漫画家!

まだ1話はそれほどあざといシーンはなかったけど、中学時代陸上部だった戦場ヶ原の回想だけで期待が湯水のように湧き出してきましたね。後ろ向きのクラウチングスタート、ゴールを切る、勝利に沸く…と3コマの中にプロの拘りを見ました。

このシーンはアニメよりも破壊力あったね。絶妙にはみ出てチラチラ見えてるのが素晴らしい。流石オーグレートだぜ。もともと原作は挿絵がほとんどなく、アニメはそこを補完するようで最高だったけど、このコミカライズはさらにエロスを突き詰めてくれるのではないかと思ってます。はい。

おそらく、次回か次々回あたりで戦場ヶ原のシャワーシーンとすっぽんぽんと下着姿でくっちゃべる話になると思われるので、そこで尺を最大限に使って壮大に雄大に緻密に絶妙に大暮維人先生の真価を発揮してほしい!ついでに戦場ヶ原のトラウマのアレもな!今後が楽しみです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    大暮維人の漫画は魔人以来ですね。
    それ以降はずっと画集でしたからね!

  2. 匿名 より:

    物語シリーズは読まず嫌いだったのでこれを機に読んでみようとおもいます。
    共感してもらえる人もここにたくさんいますし
    余談ですがfgoの記事はもう書いてくれないんですか?

    • yamakamu より:

      面白いのぜ是非是非!

      FGOはガチャが渋すぎてやる気力が萎えてしまい1.5章で止まっております。でもこの前、諸葛孔明を引いたので再開しようかなとも考えてます。はい。

  3. 匿名 より:

    魔人はマジでオーグレ史上最高傑作だとワイの中では決定してます!次点で火魅子伝(一巻で終わってるけど)。バイオーグからはまともに読んでないけどやっぱ作画は神ってるから、週刊で読めるのは嬉しい。

  4. 匿名 より:

    片手で尻キャッチが原作にあれば、最低2ページはその感触について語ってそう。
    また読み返したくなった。

    影斧コンビや貝木も早く見たい。
    ってか、どこまでやるんだろうか。

  5. 匿名 より:

    会話劇がメインの物語シリーズにとって、ビジュアル媒体になった際にただ会話しているだけのシーンでの飽きさせない絵や見せ方は超重要だからな
    大暮って漫画なのにイラストみたいな美麗な絵が売りだから、ただの会話を「魅せる」ためにはぴったりな人選だと思う

  6. 匿名 より:

    両方の作者が喧嘩と言うか殺し合って文字通り相殺しないかこの先不安だな。

  7. 匿名 より:

    偽物語アニメではやらなかったピンク髪火憐みれるかもって思ったけど
    白黒だし書かれたとしてもわからないことに気付いた

  8. 匿名 より:

    ヤマカムさんが記事にされたので雑誌を買ってきました。
    半年前からDVDを見はじめて、恋物語まで見ました。
    レビュー次第で単行本で追いかけるかもしれませんw

    ヤマカムは私の財布の紐を緩めるレビューサイト!
    (ここを見て買った本の多いこと)