スポンサードリンク

『だがしかし』、それでもサヤ師なら…サヤ師ならならきっと何とかしてくれる!!

シェアする

5

『だがしかし』第185かし:それじゃ

は?(威圧)

今回の話を含めて後2話で完結する『だがしかし』。旅立とうするほたるさんに会いに来たココノツ。ここまではいい。なんでサヤ師がいないの?ココノツひとりで来てるの?おかしいだろ!?

落ち込んでたココノツにカツを入れ(物理)、サヤ師は意気込んでたよね。勝手にいなくなろうとするほたるさんに怒ってたよね。「ほたるちゃんもぶん殴ってくる」「だってむかつくじゃん!」って言ってたよね。じゃあさ、サヤ師もほたるさんのところへ来るのが自然じゃないかな?

<関連記事>

『だがしかし』第184かし:ガチパンチ やっぱサヤ師なんだよなぁ(しみじみと)。 例え「動く誘惑要塞」のほたるさんでもサ...

あれれ~?おかしいな。

サヤ師の姿が見えないんだけど?なぜにナデシコ?前回のサヤ師の台詞だったら、ここへ一緒に来るべき流れでしょうが!むしろ来なきゃいけないだろ。なんでいねーんだよ!

完結へ向けた最終局面。ものすごく重要なイベントであるにも関わらず、『だがしかし』の主戦場はサヤ師を―――

置き去りにした

この重要な局面で置いてこられたのかよ!いやいやいや。ちょっと待てと。いかんでしょ。ヤムチャとチャオズは置いてきてもいいけど、サヤ師は置いてきちゃダメだろ!

神(作者)の見えない力が働いてる…。

第185かし「それじゃ」

サヤ師にも迷惑…?

確かにほたるさんは迷惑をかけた。あんたのせいで…サヤ師の出番が無いじゃないか!銭形警部だってキメ顔で言いますよ。ほたるさんはとんでもないものを盗んでいきました。それは「サヤ師の出番です!」って。

この局面で置いてこられるとは恐れ入ったぜ。天津飯に置いてきたされたヤムチャとチャオズもこんな気持ちだったのでしょうか。ヤムチャさんレベルだと戦わずに済んでラッキーとか思ってそうだけど、サヤ師は違うからね。

サヤ師に足りないもの!それは!運と出番と戦場です。なんだかなぁ…。お別れの挨拶って、サヤ師もしたかったんじゃなかったの?この最後のイベントでサヤ師は邪魔だったから神(作者)に忖度されてニフラムされちゃったのかな。

ここが関ヶ原か

ココノツくん私と結婚する?

今回の『だがしかし』を主観的に見れば辛いとしか言いようがないが、客観的に見ればめったくそ面白いのも事実である。

あのファーストインパクト(去年の夏)でお別れした時に放置された「ホームランバーの当たり」をほたるさんに返したり、花火大会のお別れ、再開した駅、夏までに決めてと約束した2人…。すべてベンチに座ってるシチュエーションでした。上手いな。

そして、最期の最期で明かされるほたるさんの本心。

そっかーほたるさんも好きだったんだね!演出も見事だ。

この2人はベンチが似合う

昨年の夏祭りで告白しようとしてジャストタイミングで花火が上がって有耶無耶になりお別れ、再開して次の夏までに将来を決める時は「僕は…ずっとほたるさんにいてほしいです」、ガチのマジでお別れの挨拶、まさかの逆プロポーズ。

この1年間でベンチでやったイベントは文句なしで素晴らしい。徐々に距離が近づいているかのような演出もマーベラス極まりだ。なるほど、グッとくるシーンだな。扉絵もほたるさんの後ろ姿で絵になる。

間違いなくラブコメ史に残るエピソードでしょう。まさかの逆プロポーズで「本気だから」とか満面の笑顔だもん。ニヤニヤするし面白いのは分かっている。「うおおおおお!」と盛り上がる展開なのも分かってるよ。

それでもだ。切なさがこみ上げてくる。

サヤ師の関ヶ原はどこだよ!?

すごいディスティニーですね

去年の夏を踏襲するように、またまた当たってしまったホームランバー。それを預かった。「私って忘れっぽいからアナタが持っていて!」って同じ台詞まで飛び出しちゃうし。ほう。これが「運命力(ぢから)」ってやつか。

放置されてた当たりで引き換えたらまた当たって再開を誓う次に会う時まで逆プロポーズの返事を決めておいてねだってさ。なるほどねぇ…。次に会ったらアイスの当たりを引き換えて、一緒にゴールインってことかえ。見事だ。まさに天下分け目の関ヶ原だった。

そして我らがサヤ師は、この関ヶ原にお呼ばれしていないという事実。

なにこれ?こんなの武士に死に場所を与えないようなもんじゃんか。ヤムチャにやられ場所を与えないようなもんじゃんか。天津飯に「置いてきた」されちゃうようなもんじゃんか。悲しすぎるでしょ!

サヤ師には死に場所すら無かったというか…。

いや待て。もうほぼ詰んでるがまだ諦めるのはいかんぞ。最終回は次回だ。ココノツとほたるさんは一見すると両想いで再開して結婚するかのように見えるが、まだ試合は終わってない!

サヤ師が勝つ唯一の方法

次までに返事決めといてね

まだココノツは返事していないのが刮目ポイントなり。

確かにずっとほたるさんに惹かれてて両想いで逆プロポーズまでされた。冷静に俯瞰して見ればサヤ師は終わってる。だがしかし!だがしかしだ!

ココノツがほたるさんからのプロポーズにどう答えるかは分かんないじゃん!最後の最後で、ずっと隣にいた幼なじみの大切さに気付いて、ほたるさんを振る可能性だってゼロじゃない。まだゲームセットの笛は吹かれていない。

次回最終回!

サヤ師の逆転にご期待ください(打ち切り漫画っぽく)。

僕らの合言葉は「諦めたらそこで試合終了だよ?」です。例え100対0って絶望的な点差でもだ。物理的に不可能の点差だろうと最後まで希望を捨てるな!

サヤ師推しのみんな集まってくれ!

陣形を組むんだ!サヤ師血盟同盟「Lの陣形」!!

「Lの陣形」…その意味は…?

最後まで望みを捨てずに闘え!!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    単行本派なんでちゃんと読んでないですけどほたるさんは微妙な距離感で本心も何もわからないままがよかったです
    モヤモヤした感じがほたるさんらしいし、エロい
    サヤ師いいと思うですけどね……

    • 匿名 より:

      ちゃんと読めば今までのほたるの言動には端々でちゃんとココノツへの好意が垣間見えるんだけど・・・
      本心も何もわからないんじゃなくあなたが読み取ろうとしてなかった(もしくは気付いてて無意識に避けてた)だけでは・・・
      最後の最後でぼかすんじゃなくて堂々と好意を見せるのは読者への誠意
      好感持てましたけどね普通に

  2. 匿名 より:

    もう(バスが事故って谷底に転落するしか勝ち目は)ないよ

  3. 匿名 より:

    その試合でザニンジャはどうなりましたかねえ

  4. 匿名 より:

    まーたヤマカムの応援するヒロインが負けたのか

  5. 匿名 より:

    サヤ師派なんだけどな俺もなー
    まぁこうなるよなって知ってた(涙

  6. 匿名 より:

    Lの陣形を組むのはいいんですが、「L」って何の略?

  7. 匿名 より:

    所詮サヤ師は敗北者じゃけえ

  8. 匿名 より:

    ほたる×ココノツ派だけど最後まで安心できない

  9. 匿名 より:

    サヤ師にも報われてほしい
    しかし、物語的にはほたるさんとくっついた方が……と思うほたる派です

  10. 匿名 より:

    だがしかし ってタイトルは、この瞬間のためにあったのだね!
    と、うなずき合う未来が…見えねえ!(泣)

  11. 匿名 より:

    いや、もう無理だろ(直球)

  12. 匿名 より:

    安西先生も「諦めたら?試合終了だよ」って言ってるし…

  13. 匿名 より:

    山田君のせいでわいの好きなヒロインが負ける

  14. 匿名 より:

    しかしまあココノツも駄菓子関連じゃないとほたるさん僕に興味ないんだなってうじうじいじけてサヤ師・・・女の子に背中押されてようやく動いてほたるさんから想いをつげられてってなんか情けないなあ。