スポンサードリンク

『Fate/Grand Order』7章、すこぶるニヤリングハーレム展開である

4

FGO第七章「絶対魔獣戦線バビロニア」

マシュは可愛いなぁ(しみじみと)。

最後の特異点、第七章は紀元前2600年の古代メソポタミアである。レイシフトすれば大空で開幕早々にイチャイチャです。FGOは最高の百合ゲーやね。

<関連記事>

『Fate/Grand Order』6章、強すぎる獅子王戦を超えて…
きっと、旅の終わりに意味があります 意味はある。『Fate』シリーズの根源ですよ。 「意味は無い…それでも意味は...
『Fate/Grand Order』6章、担い手はここに永遠と防御バフをかけ続ける!
いきなり死にそうだー!! FGO六章「神聖円卓領域キャメロット」は歯ごたえがすごい。「マシュ、エウリュアレ、マーリン(フレンド...
FGO六章「神聖円卓領域キャメロット」、円卓の騎士どもと戦って…
第六章「神聖円卓領域キャメロット」 ついにここまでやってきたか。長かった(しみじみと)。 第六特異点「神聖円卓領...

以前に『Fate』シリーズは「意味などないけど意味がある。最後に何か救いがある」と述べたけど、マシュはそれを体現するヒロインなのかもしれない。人間に意味はあるのでしょうか?Dr.ロマンの答えが的確すぎた。人間に生きる意味など無いそうな。されど!

だって、意味はあるものではなく、後からつけられるものだからだ。

膝を叩いたね。元祖『Fate』から、奈須きのこ氏は中二全快テイストと同時に「人生とは何か?」を問いかけていた(ような気がする)。アーチャー(衛宮史郎)もセイバー(アルトリア)も必死で今を生きて最後になって見えるものを獲得したわけでないが、何か得て悟っていた(ように思える)。

『Fate』とは青い鳥なのかもしれない。何も得てないようで、最初から持ってて本人が気づいていない的な。

そこいくとFGOのマシュはもう既に青い鳥を見つけてる節があります。終わってから意味はあったと振り返るわけでなく、既に今現在でこの人生に意味はあると見出してる(ように見える)。

ドレイク姐さんは自覚しない方がいいって言ってた上に、最後に何かが分かるとのも語れていました。果たしてマシュは何を見つけるというのか。既に見つけてる気がするがさらに何かあるのか。私気になります!

スポンサードリンク

第七章「絶対魔獣戦線バビロニア」

七章のバトル難易度

七章のバトル難易度ですが適度に歯ごたえ有りといったところ。マシュがパワーアップし防御を一身に担えるようになってので、助っ人枠はマーリンで安定です。「マシュ、マーリン(フレンド枠)、自軍のアタッカー」というのが基本フォーメーション。

これで安心安定かと思えばそうでもない。ドラゴン(ライダー)が出てくれば普通に敗けるし、女神イシュタル戦も普通に一見で全滅でした。負けた後に、突破口(という名の誰をフレンド枠で呼ぶか)を見出す感じ。やり甲斐あるバトルが続きます。

気を抜くとあっさり壊滅する難易度で丁度いい感じです。別に縛りプレイしてるわけでもないんですが今や「ペロペロできるキャラしか使わん」「令呪も石も使わん」とプレイしてるので、毎回死にもの狂いの戦いしてます。

六章に続いて、七章も令呪も石コンもしません!(ドン)

マシュ可愛すぎ問題

マシュぐうかわ

七章はマシュの可愛さが光りまくり!

マーリンにデートを提案されればこの超反応である。くっそ可愛い。マーリンは空気を読めない男だと思ってましたが、ちゃんと空気を読んでいい仕事してくれる。

そこいくと我様(ギルガメッシュ)はまったくラブコメの空気を読まない。さすがは我様であるが…。七章はなかなかに甘いラブがコメる的なエピソードが多くて満足です。マシュの可愛さを極限まで高めてくれ、プレイ中は頬の緩みが止まりませんでした。

また、世界設定もアメリカ、聖都に続いて目を引く戦記物。どうも、ゲームに限らず戦記物は私の好物のようですっかり引き込まれてしまいました。人類のメソポタミヤ、それを滅ぼす三女神同盟の神話的戦記。

特に、王として指導者としての我様(キャスター)がイカス。今までの『Fate』シリーズではラスボスキャラで倒すべき敵ってポジションだったのに、最強の味方の上に面白キャラで自分の中の我様評が上がりまくり。

女神イシュタルと遠坂凛

作中で明言されたわけではないが女神イシュタルは諸葛孔明と同じように、どこかの時代の女の子の肉体を使って召喚されたそうな。見たまんまですね。これどー見ても遠坂凛です。本当にありがとうございました。

赤い悪魔は、茶色い女神となってFGOでも健在であったか。「イシュタル7:遠坂凛3」で混ざり合ってるそうな。遠坂凛の登場は実にめでたいことであるがちょいモヤモヤな面もあります。「喜び7:複雑3」みたいな。って、喜びばっかやん!

でもなぁ…。個人的には遠坂凛こそ『Fate』の象徴ヒロインであって、ちょっと想い入れは格別なんですよ。はっきり言ってセイバー以上!桜?知らない子ですね。我が青春の三大エロゲヒロインを挙げるなら、花鳥玲愛(パルフェ)、月宮あゆ(KANON)、そして遠坂凛(Fate)なのです。

もう自分の中で遠坂凛はアーチャー(衛宮士郎)の隣にいるのが当たり前なんですよ。型月が生み出した第三魔法、ペロペロの根源とは「遠坂凛」なのである。

今はぐだ子(女主人公)を操縦する私ですが、10年前は衛宮士郎号のパイロットをしてたわけでして。ぐだ子に対して赤面したりドジっ子する遠坂凛はなんか違うんだよなぁ(イシュタルが混ざってるとはいえ)。

やはり、遠坂凛は外面だけは最強の女の子であって欲しい。ドジっ子属性を発揮するのも、隙を見せるのも、デレを見せるのもアーチャー(衛宮士郎)の前だけでこそ至高ではないかと。

みつどもえの戦い

なんだこのハーレム展開は!(笑顔)

ぐだ子がフリーかどうかで盛り上がるのであった。女主人公なのに、彼氏いるとかでなく当然のようにぐだ子(女の子)のパートナーは女の子が前提での会話。やっぱFGOは百合ゲーやなぁ。

ぐだ子を取り合うヒロインズの女子トークには、自然と頬が緩んでニヤニヤしてしまいます。マシュはもちろんのこと、エレシュキガルも含めての三つ巴の争いである。いや待たれい。マシュとエレシュキガルは分かるけど、あと一人は誰なんだと。ケツァル・コアトルなら問題ないけど、文脈を読むとイシュタルっぽいんですよねぇ。

故に、遠坂凛が青春の一ページのおっさんは「うーん」って感じてしまいます。衛宮士郎とのカップリングが完全に出来上がってしまってるので、どうも抵抗感があるんですよ。元エミヤ号の操縦士として。「ぐだ子×イシュタル(遠坂凛)」は魔術回路で拒否反応が出てしまう。ぐだ子といえども遠坂凛はやれん!(どん)

エレシュキガルとケツァル・コアトル

はい!可愛い!

イシュタル(遠坂凛)の赤面はちょっと抵抗のあった私ですが、エレシュキガルとケツァル・コアトルのデレっぷりには全力でニヤニヤしましたとも。女神すら惚れさせるぐだ子は最強の女の子マスターやで!

七章はギャルゲ視点的に最高やね。これぞ美少女ゲームの醍醐味ですよ。女の子主人公などで百合的にふつくしい。テキストを読みながら緩む頬に至高の時を感じる。このドキドキが俺を青春を少年の心(18歳以上です)を思い出させる!

あー、でもこれが『Fate』だよ。七章は最も元祖『Fate』をプレイしてる感覚に近かったですね。生きるか死ぬかの大盛り上がりのバトルがある一方で、コミカルでラブコメな日常パートが間に挟まる。このメリハリの効き方こそ我が青春の『Fate』である。

それぞれのヒロインも最初は印象が弱かったけど、ストーリーが進むにつれてどんどんキャラたちへの思い入れが強くなっていきました。そういう魅せ方をしてて素直にペロペロできる仕様。

これぞギャルゲ的なシナリオ展開ですよ。型月は近年お高くとまってんじゃないのって思ってたが、基本と初心を忘れてなかったな。『月姫』から付き合ってるおっさん大満足のシナリオ展開!(FGOはじめたのつい最近です)

そんなわけでラブがコメる展開は過去最高の盛り上がりでした。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ラブがコメってるのは中盤までなんだよなぁ

  2. 匿名 より:

    7章をラブコメとして捉えてる人はじめて見た

  3. 匿名 より:

    あ?桜があんだって?(桜好き並感)

  4. あじ より:

    7章が元祖fateらしいってのはぐう分かる

  5. せい より:

    そのうち、あの人があんなことになろうとは、、、となる

  6. 匿名 より:

    攻略速すぎィ!今レベルどんだけよ?

  7. 匿名 より:

    自分も凜は別格だなー
    在り方がとても凛々しくて好感が持てる。
    この調子でシロウ、桜も実装してほしいわ。

    新宿のアヴェンジャー強すぎ…

    • yamakamu より:

      元祖fateを青春時代にプレイした層にとっての凜は本物の女神ですしおすし。
      新宿のアヴェンジャー引いたんですけど、育てるか悩んでます。セイバーオルタが弾けない><

  8. 匿名 より:

    光りまくり・・・つまり・・・光るところがある、ということでよろしいか?

  9. 匿名 より:

    ぐだ子の(外見の)モデルは性反転した士郎だし脳内補完すれば百合風のいつもの士凛だよ、多分

    • yamakamu より:

      先輩にはマシュとえっちゃんとエルチュアレがいますので、そう簡単に受け入れられないめんどくさいオタクであった…