スポンサードリンク

『ハンター×ハンター』、さらに謎が謎を呼ぶ王位継承戦!

2

『ハンター×ハンター』No.362 決意

ジャンプに『ワンピース』と『ハンター×ハンター』が同時に載ってる!やっぱこの2つがあると、ジャンプ読了後の満足度が桁違いですね。これがいつまで続くか分かりませんが…。冨樫先生頑張って10週は続けて下さい!

で、本編。第4王子ツェリードニヒに共闘を持ちかける第5王子ツベッパである。いわく、この王位継承サバイバルは、実質上位5人の王子達の争いになる。特に上の3人(ベンジャミン、カミーラ、チョウライ)は醜悪であるので粛清すべきとか。

うーむ。ツベッパは、ツェリードニヒを信用しているようですね(他の上の兄弟よりも)。そういえば人格者らしい第9王子ハルケンブルグも「王子の中で唯一認めるのはツェリードニヒだけ」と記していました。

<関連記事>

『ハンター×ハンター』、ヒソカとマチについて…
「ジンVSパリストン」「ビヨンドVS十二支ん」に加えてカキン帝国の王位継承戦も同時進行で勃発する。暗黒大陸編は、まだ上陸もしてい...
『ハンター×ハンター』復活!謎が謎を呼ぶ王位継承戦!
『ハンター×ハンター』No.361 辞退 祝!『ハンター×ハンター』復活! 今週のジャンプ(30号)は『ワンピー...

王子たち兄弟間の繋がりがどの程度あるのか分かりませんが、作中ではどう見ても一番ヤバく護衛ですら危険人物扱いしてます。ツベッパとハルケンブルグからは信用されてる不思議。醜悪度ナンバーワンっぽいのにね。下のブラザーズたちには本性隠して良い人を装ってるのでしょうか。

スポンサードリンク

ツェリードニヒが一番ヤバイっぽい

ツェリードニヒの念獣見ただけで、護衛が「念など会得してはいけない人間」と決意しちゃいました。テータちゃん私設兵なので、以前から父親のホイコーロ王の念獣も見たことあんだよね?あれも相当ヤバイ形状だったけど、ツェリードニヒの念獣は父親よりもっとヤバイってことでしょうか?読者的にはどっちもヤバイとしか思えませんが…。

煽りでも「清らかなまでの悪」と書かれてました。こいつは悪だな。うん。

ツベッパとハルケンブルグは何で信用してんだろ。

少なくとも長男・ベンジャミンとは本音で醜悪全開で電話していました

本性隠して接する者と堂々と腹の内を晒して接する兄弟がいるってことでいいのかな。

ようやく腐った糞ゴミ共を全員心置きなく一層できるわけだ(348話)

ツベッパとハルケンブルグ以外にもツェリードニヒを信用してる王子はいるっぽいですね。ツェリードニヒ自身は兄弟を「腐った糞ゴミ共」「豚屑」と言ってて全員嫌いのようだけど。

普通に護衛や長男に堂々とゲスっぷりを晒してるのに、なんで信用されてんだろ。兄弟といっても、母親が違えば普段ほとんど接しないのか。長男ベンジャミンとは母親同じ(ウンマ)なので、ツェリードニヒの本質を知ってるのは逆にベンジャミンだけって可能性もありますな。

念を使えるのは私設兵の中でオレたち2人だけ

念を使えるのは私設兵の中でオレ達2人だけだし

あれ?ツェリードニヒは私設兵5人をハンター試験受けさせ、ばっちり5人とも合格してたよね?でもツェリードニヒの私設兵の中で念が使えるのはテータとサルコフの2人だけとは…。これいかに?他のハンター試験合格した私設兵3人は念能力使えないってことかえ。

まあ、ハンター試験自体は別に「念能力」を使えなくても合格出来るけどさ(初期のゴンたち)。むしろ、ハンター試験後に念能力を習得するシステムだったので、別にツェリードニヒの私設兵で2人しか念が使えないことは矛盾はしてないけど…。

さも5人とも使い手のいような感じだったのでちょい引っ掛かりました。

新たな壺の王位継承ルール

壺から生まれた守護霊獣には本能(ルール)があるホ

①霊獣同士は殺し合わない

②霊獣の憑いた人間を直接攻撃しない

なんだと…。

私はてっきり霊獣が勝手に外敵を潰す系バトルでクラピカたちがいかに守護するかだと思ってましたが、王子同士で霊獣は直接手をくださいんですってよ!おいおい!じゃあ、王子同士でどうやってバトロワすんねん?直接やり合うのか?まだ、他にルールがあるかもしれんが。直接手を下さないなら、何のために霊獣を出したんじゃろ?

今のところ霊獣は他の王子についてる護衛を抹殺しているだけであります。でも、霊獣が付いてる王子同士で霊獣は直接攻撃できないとなると、王子同士で直接戦うしかないような。最終的に強い奴(物理)が勝つって道筋しか見えん

さらにホイコーロ王はこう言っています。

未来の王を護る念獣に必要な自制的本能…!

爪と牙しか持たない獣は遠からず滅びるホイな

それは人間も同じ!

政治・軍事の計略には間接的行程が重要…!

搦手の見えぬ将は凡将ホ!!

壺の霊獣バトロワの本質は、いかに強いかでなく間接的にどう動くかが重要なんだってさ。

おい、ちょっと待てと。

あんた、この前「壺の霊獣は自身を形どる器で脆く弱い器は王にはなれぬ」って言ってたやんか!力こそ全て的にさ!力なのか策略なのか。どっちだよ!

・強い器(霊獣)を持つ者こそ王だよー!

・強いだけじゃただの獣で滅びるよー!

うーんこのホイコーロ王の矛盾発言。

まあ、素直に「単純な力も間接的な知力も」大切ってことですかねぇ…。

現状の霊獣は、敵対する王子の護衛を直接殺めてるだけに見えますけど、まだ何かありそうな気がしますね…。「後方支援に長けた霊獣が深謀遠慮の才溢れる王に憑く事」がホイコーロ一族の運命だそうです。

壺は初代のホイコーロ王(長)の願いがあるのかな

初代の願いがある

群雄割拠の時代!いつ隣国に吸収されても不思議でない小国の長だった先祖が壺を創出し、自国を器に見立て子等に統一を争わせた結果、現在の大国となる礎w築いたホイ!

初代ホイコーロ王(長)は、自国の行く末を考えてあの壺を作ったそうな。今では立派な大国といなっています。やっぱ、カキン王家に代々伝わってる王位継承戦の壺とヨークシンの贋作壺の酷似は引っかかる…。

似すぎじゃないっすかね…

やっぱヨークシンにあったゼパイルの作った贋作壺も、ホイコーロ家の初代が作ったとしか思えんよなぁ。いま使われてる壺が力以外も図ると言われたので用途は不明だが…。

もともと小国だったカキンが将来の発展のために、初代さんは今もホイコーロ家に伝わってる以外にも壺を作成していた可能性が微粒子レベルで存在する。まー、本当にたまたま似てるだけなのかもしれませんが。

王子達は念能力使えないが…全員か?

長男・ベンジャミン

王子達の霊獣は念能力が無ければ視認できません。王族のボンボンどもはモチのロンで念なんて使えませんから。実際に王子達は自分のもブラザーズのも見えてませんしね。父親のホイコーロ王は子供達の霊獣が見えてるような感じを受けます。

これ下手したら王子の護衛の中で念使いがいなければ、その王子の一団は霊獣を認識することなく退場してしまう場合すらあるんですよねぇ。

で、王子達の中でただひとり見えている(念が使える)可能性があるのが長男・ベンジャミンである。

まず護衛が凄そう。私設兵をハンター試験受けさせることもせず、「自分の優秀な兵がハンター協会ごときに上から審査されるのは許せない」とか。長男の私設兵は全員念使いの可能性が高い。そして、ひたすら身体を鍛えてる描写。ベンジャミンは軽くライオンを絞め殺す程度の戦闘能力があります。

もちろん、ただの肉体のみ鍛えて常人よりは力が強いだけなのかもしれませんけどね。でも、他のボンボンブラザーズとは一味違う修行しまくりなシーンがあっただけにね。王子の中でひとりだけ念能力が使える可能性が高いのである。

王と王立軍の監視があったとは言え、なめられたものだな…

晩餐会で兄弟全員が参加してたことに怒っていたベンジャミンさん。

一応、表向きは和やかなムードの中で舐めてんの?とハラワタが煮えくり返ってました。

どう捉えるかによるんですが、まるで一人だけ他の兄弟の化け物・霊獣が見えてて、なーに呑気に全員参加してんねん!と怒ってるという風に見えなくもない。ま、まだ分からないけどね。

王子たちの中で唯一「念能力」が使えそうなのが長男・ベンジャミンってこと。ひとりだけ霊獣が見えてるかもしれません。「霊獣同士は殺し合わない」「霊獣の憑いた人間を直接攻撃しない」ってルールなので霊獣が見えてもアドバンテージになるか分かんないけどねん。

モモゼちゃんを応援しよう!

ボクがここまで王位継承戦を読んで分かった事があります!

それは次期国王に必要な三つの条件です!

一つは霊獣の強さ!これは王の器としての絶対条件!

弱い者は国王の資質無しなのは以前のホイコーロ国王の台詞からも明らかです!

モモゼちゃんの霊獣はきっちりライバルの護衛をぶっ殺してますので十分の強さでしょう!

二つ目は王としての資質!

モモゼちゃんは前回「王の器でない者は、あんなにも慌てふためくのですね」という台詞から王としての懐のデカさを見せつけました。

そして三つ目は可愛さです!

この人が王だったらペロペロできる!皆さんがそう思える人物はそうそういるものではありません!他の兄弟は見た目が生理的に受け付けません!第二王子カミーラは霊獣がキモイので無理!

全てを兼ね備えているのはモモゼちゃんしかいないとボクは思います!

ハイ、ここ別に笑うとこじゃありませんよー!(真顔)

当ブログはモモゼちゃんを応援してます!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    アイアイ

  2. 匿名 より:

    クラピカが制圧したハンターをもし倒せていなかったらそのまま王子を殺されていたでしょうし、今回出てきた他の王子達の念獣を見るに王子達の念獣は全て人に直接攻撃するのではなく干渉する系なんでしょうね・・・と思いましたが血を吸ってミイラにするやつもいましたね。念獣なのか念なのかはまだわかりませんが。

    強力な能力を持った念獣で、自分のコマと贄(船の客達)を操ったり使ったりして王子を殺せと。モモゼの念獣なんて激弱で、間違いなくもうクラピカ達には通じませんし、「弱い王はいらない」とはそういうことなんでしょう。自分の念獣の能力・相手の念獣の能力をどうやって把握するかの情報戦ですね

  3. 匿名 より:

    富樫はいつ休載するか分からんし、いつか二度と戻って来なくなるのではと不安なので、連載中のエピソードは読まないようにしてる
    一生未完のエピソードを読んでモヤモヤしたくないから、ちゃんと完結したエピソードまでだけを読む

  4. 匿名 より:

    誤字がすごい

  5. 匿名 より:

    ツェリードニヒの霊獣が他の兄弟と比べてイケメンでいいねと思ったら中身ヤベェw

  6. 匿名 より:

    休載するまでハンター感想も毎週更新してください!!おなしゃす!!

    あとモモゼのオヒマ念獣って念使える人でも見えてる人と見えてない人いたけど
    あれどういうことなんだろう・・・

  7. 匿名 より:

    たしかに誤字が多いな~疲れてるのかな…

  8. 匿名 より:

    ベンジャミン念使いでしたね。
    でも霊獣(念獣?)は見えないとか。

    ところで霊獣と念獣、
    なんか違うんですかね?

  9. せい より:

    第一印象から決めてました。モモゼっち応援すると。

  10. 匿名 より:

    寄生型の特徴、クラピカの護衛が赤子。
    個人的にここが勝ち負け云々はおいて
    一番危険じゃないかと思う。

  11. 匿名 より:

    ①霊獣同士は殺し合わない
    ②霊獣の憑いた人間を直接攻撃しない
    これホント謎。てっきり霊獣が王子殺してくのかと思ってたのに
    護衛を削ってってあとは直接殺すのかな?
    うーん・・

  12. 匿名 より:

    少なくとも暴走させるとかやるけど外見が
    偽どーもくんであるモモゼちゃんは醜悪すぎる奴らよりはよっぽどまともですよね
    王に向いてるかはともかく

  13. 匿名 より:

    素直に読めば護衛を用いて他の王子を始末しろってことなんじゃないのかな

  14. 匿名 より:

    霊獣同士が殺し合わないとなると、ほとんど護衛の能力次第になりそうな気も。ゾルディックを雇ってれば速攻勝てそうな気がする。

  15. より:

    てっきり、負けた霊獣を食べて、あたかも蠱毒の如く、最強の1匹が残るのかとおもってた。

  16. 匿名 より:

    「霊獣は王子のオーラを使って具現化する」なら「王子を守るために霊獣が力を使い続ければ、王子のオーラを吸い尽くし、結果的に衰弱死させる」可能性。

  17. 匿名 より:

    モモゼちゃんの霊獣は現時点で描写されてるのが全てなら、警戒状態に入ったハンターには誰も通用しなさそう。
    今回返事しちゃった奴も話を進めるために犠牲になった感が強い。

  18. 匿名 より:

    自分は極力手を出さず汚さず、さも相手自身の意志のように間接的に殺させるor死なせる

    とかじゃないかなぁ。虫と真逆の王というか政治家とかそんなイメージ。
    頭脳や話術等人間としての強さ+念獣の強さみたいな

  19. 匿名 より:

    ハルケンブルグの護衛全滅させたのはハルケンブルグの念獣と予想

  20. 匿名 より:

    霊獣が直接手を下せないならツベッパの言う通り下位王子には無理ゲーな気が。。
    護衛がわざわざ他の王子殺しに行くとは思えないしなー。
    とりあえず休載前にハンゾーの念が見たいです

  21. 匿名 より:

    強い器っていうのは肉体的強さだけじゃなくて精神的なものも含んでのものかと。

    念獣が他の王子の護衛を撹乱させて自分の護衛に相手の王子を殺させるのか、念獣が撹乱させてるうちにどさくさに紛れて刺客を差し向けろって事なのか。どっちにしろ念獣を補助的に使って戦略を練ろってことかなぁ。

  22. 匿名 より:

    蟻編での戦いは、将棋みたいに相手の駒だった者も自陣の戦力に加えながら展開されたけど。
    今回の継承戦編はチェスみたいに相手の駒をいかに削って王手をかけるか、みたいに展開されるんだと思う。
    言わずもがなチェスも戦略や先手を読む力は必須。
    優秀な駒を集めるのは当然として、未知の状況に遭遇しても情報を収集しつつ、絡みあう複数の事情や政敵に怖気ず臨機応変に対応し、かつ全てに勝つ、っていうのがカキンの王の理想像なんだろう。
    そしてナスビが王子たちの念獣が見えているらしいのは、ナスビが王であるからかと。
    念獣が見えないのは、あくまで「今回の継承戦」の当事者(=王子)だけ。ナスビは既に王であるから、「今回の継承戦」には関係ない(ただし「前回の継承戦」の当事者ではあるから、自身の念獣は見えないままと思われる)。
    逆を言えば、王であるナスビすらも、護衛や客たちと同じ「20万の駒の一つ」になり得るわけだ。