スポンサードリンク

『ハンター×ハンター』、サレサレ王子が大物に見える「消失」

HUNTER×HUNTER モノクロ版 35 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『ハンター×ハンター』35巻を読みました。

1年に1回ジャンプに戻って来て10話描きコミックを1冊出すってのが冨樫先生のスタイルになってきてますね。相変わらず面白いのでもう何年かけてもいいからキチンと最後まで完走してくれというのが読者の願いでしょう。

さて。それを踏まえて今週の372話「消失」を読んだ率直の意見「えーっ!こんなの有りなの?」です。みなさんも読んだと思うので、自分が思った意見と、他の方が思った意見がどのくらい近く離れているのであろうか。

もったいつけずに謎をスピーディーに明かして満足しつつも、タネ明しが自分はちょっと…うーん…!?2週間で念能力を身につける修行で「4人が念能力者であることを隠してる」「暗殺者が1人いる」の2つに焦点当たった謎でした。

<関連記事>

『ハンター×ハンター』、ヒュリコフの言う「あと4人も使えないフリしてる奴等」
第1王子警護 ヒュリコフ(ベンジャミン私設兵) 当分出番がないと思われたヒュリコフさん登場である。 クラピカにより2週間...
『ハンター×ハンター』、「11人いる(サイレントマジョリティー)」の使い手は誰か!?
日清食品様に復活賞として、どん兵衛いただいたので年内にもう1回復活します<義博>(ジャンプ40号巻末コメントより) 読者A「オレは...

自分の予想は上記の通り。

スポンサードリンク

372話「消失」

10

成程…自覚が無いって事か

そう来るのか!ヒュリコフは、念能力者かどうかを眼球周辺の揺らぎで分かるそうで、「4人も使えないフリをしてる奴等がいる」と念能力者であることを隠しているような言い方だったのですっかり読者もヒュリコフもダマされたぜ。

自覚がない能力者でも眼球周辺の揺らぎは変わるのか。

「操作系に操られているか王子の念獣に関連」ってのはその通りで、クラピカの能力同様、念能力の無いものを副作用で目覚めさせてしまったのでしょう。

ロベリーは暗殺者にロックオンされたことがきっかけで、シェジュールとユヒライはハルケンブルグ(第9王子)の念獣がきっかけで目覚めたと。理解はできるけど、何度今までの描写を読み返しても納得できない。事前に割り出すことは不可能だったのか。なんだかなぁ~。

てっきり『レベルE』の高校野球存在意識編のように、後で見返すと「なるほど!」となる事を期待してたのに。

<関連記事>

『ハンター×ハンター』がもっと面白くなる『レベルE』!
冨樫義博先生の最高傑作といえばもちろん『てんで性悪キューピッド』に決まっていますが、ファンからもカルト的な人気がある『レベルE』も素...

まあ、そこ重要じゃない、ハンタはそういう漫画じゃないって言われたらその通りですが…。

隠れ念能力者はあと1人

11

隠れ念能力者はあと一人か…

ヒュリコフは残った一人の念能力を隠してる人物こそ「暗殺犯」であると見立ててます。

実際その通りでしょう。念能力の隠し方も上手く、相当の手練れだそうです。

今回の描写で最も怪しさに拍車をかけたのはムシャホさん。

第8王子の警護兵でスィンコスィンコ所属兵体調でもあります。369話では意味深すぎることを述べておりました。

ムシャホさん

王子には上手く厄介払いされた形だが…

他の者には任せられない最重要任務である事は事実!

王子から厄介払いされた形であるものに何か目的をもった任務がある様子。「最重要任務」とは念能力を覚えることなのか、暗殺して他の護衛をじゃんじゃん削るってことなのか。

というのも、モモゼちゃん殺害犯が判明したのですが、なんとスィンコスィンコ所属兵でした。つまりサレサレ王子の護衛兵には念応力者がいるって事である。雑魚キャラかと思ったサレサレ王子が優秀な兵を持ってるとは恐れ入った。

大物(?)っぽくなったサレサレさん

12

366話のサレサレ王子

最初は王位継承戦なんて関係ねー!うえーい!系キャラかと思ってましたが本当に大物なのかコイツ。366話「其々」ではママに注意されれば「次の晩餐会世界が変わるぜ?」となにか考えがあるようなことを述べてました。

てっきりスィンコスィンコママから注意されるの嫌で単なるブラフに見せかけ、本当になにか考えて策を弄しているのだろうか?

でも、モモゼちゃん殺害は部下の独断のように見えるがどうなんだろ。サレサレの命令で動いたのだろうか。その割にはハンゾーのはったりでベンジャミン(第1王子)に寝返りそうな素振りだったけど。

<関連記事>

『ハンター×ハンター』、其々の王子!モモゼちゃんは生き残る事ができるか?
『ハンター×ハンター』No.366 其々 は?(威圧) えっと…。ハンゾーさん? あんた何やってんのさ! ...

仮にサレサレの命令だったとしたら「世界が変わる」とは、自分の命令で王子含めてかなりの人数を減らすって意味合いなのかな。うーん…。確かに次の晩餐会できっちり人数減らしてるのは世界が変わるっちゃ変わるような気もする。それとも、別の意味合いで「世界が変わる」のか。

サレサレの「世界が変わる」はどういう意味なんだってばよ!

ちなみに今回の内容を見ると当日になんかやるって意味にも取れる。

14

世界が変わるとは…?

「当日までのお楽しみさ」「ヒントをやろうか」ってサレサレの発言を見ると、いま何か部下に命令して裏で暗躍しているって意味でなく、晩餐会の当日にサプライズですごいことをやってやろうって意味に思える。

それでいながら、念使いの部下を持っていて、晩餐会で「世界が変わる」というのは、当日までを指してるのか、当日にサプライズで事を起こすのか。ちょっと現時点は判断できないス。

少なくとも、サレサレは晩餐会で「世界が変わる」はガチで、念使いの護衛兵を持っているといることは確定。真っ先に亡骸を晒す系王子の筆頭だと思ってたのに、すっごい大物に見えてしまうから不思議だ。

サレサレは要チェックや!

セヴァンチ王妃

15

セヴァンチ

めっちゃ落ち込んでるー!

うーむ、これはどういうことだろう。今までモモゼちゃんなんてどうでもいいって態度で息子(モモゼちゃんの弟)マラヤームを贔屓してる素振りだったのに。娘のモモゼちゃんなんてどーでもいいって態度だったのに。

ガチでへこんでるようにしか見えない。

なんのかんので実の娘が死んでしまったのはショックってことなのか。結局、モモゼちゃんと母親のアレコレは明かされずにモモゼちゃんが退場してしまったので謎なんですが。この親子はワケ有りだったのかにゃ…。

今後のキーになりそうな操作系の種類

16

「要請型」の操作系能力者

要請型、対象者に選択の余地を与えつつ能力者のために動く

強制型、対象者の心身共に自由を奪い操る

半強制型、身体の自由を奪い操る。又は対象者が命令通りに行動する状況に追い込む

ふむ。

モモゼちゃんの念獣は「半強制型」に分類されるそうです。

シェジュールとユヒライは「要請型」の念獣で自覚無しでそういう風に動いてるのではないかと推測するクラピカ。あと王子と念獣は別の思考回路のようで、王子本人が王位継承戦を臨まなくても念獣は王位継承戦優先で動くのかと思わせてくれる。

17本体の意思なんて知らんがな…

つまり、ワブルとオイトが王位継承戦に参加したくなかろうと、念獣は王位継承戦を勝ち抜くように勝手に動いて勝手に戦って勝手に人を操作する可能性が微粒子レベルで存在するってことかな。

<関連記事>

『ハンター×ハンター』、クラピカが任務達成する3つの方法
『ハンター×ハンター』No.365 選択 「ゴゴゴゴゴ…」って! ええぇ!?侍女のシマノさんってひょっとしてすごく優秀な...
『ハンター×ハンター』、さらに謎が謎を呼ぶ王位継承戦!
『ハンター×ハンター』No.362 決意 ジャンプに『ワンピース』と『ハンター×ハンター』が同時に載ってる!やっぱこの2つがあ...

本人がリタイヤしたくても出てる念獣は強制バトロワって受け取れる描写である。もうワブルとオイトが逃げたくても、そんなん意味も関係もなく、念獣は勝手にバンバン動いてぶっこおし合いの螺旋の中なのか。

そも、まだワブルの念獣の姿も見えてませんけど、おおよそのルールは分かってきたかな。王子本人の意思無関係で念獣は他の王子絶対脱落させたいマンと動くと。ハルケンブルグのリタイア宣言もナスビは気にもせず強制参加っぽく振舞ってたのはそういうことなのかな。

念獣は王子の本心と無関係で勝手に動く

18

サレサレの部下が動きそうだ

サレサレの部下に念使いがいてモモゼちゃんを殺めてしまった。サレサレの「世界が変わる」が何なのかは具体的に不明だし、本人から命令無かろうが、念獣が「要請型」で王子本人の意思とは関係なく勝手にバトロワ勝利を目指すようになってるのである。

つまり、モモゼちゃんを殺めてしまったダフディーもこのガス吐き出しまくる念獣の「要請型」操作で無自覚でサレサレを勝ち残らせるために動いてしまった可能性高いな。

念習得講座の暗殺者がサレサレの部下・ムシャホかどうかはまだ分からないけど、サレサレの念獣は「要請型」操作で操られてる本人無自覚で勝手にサレサレを勝利者にするように動くのではないかなと。

少なくとも、今回の中華風の護衛(こいつも念能力者か?)は念獣から出てるガスを当てられてしまい何かことを起こそうって描写が見て取れる。

※追記

21

・サレサレに付いてる弁髪護衛はベンジャミン私設兵ですよ

・中華風の男はベンジャミン私設兵なので念能力者は確定ですね。服装がみな同じなのでそこで判別しやすいかと。

その通りです。失礼しました。中華風のやつはベンジャミンの私設兵でした。大人は嘘つきだと思った少年少女のみなさん、 どうもすみませんでした。 大人は嘘つきではないのです。 間違いをするだけなのです。

これを踏まえると第6王子タイソンの妖精さん(?)に取りつかれてしまってるクラピカの師匠イズナビたちも不思議さんタイソンが勝つために動くようになる前フリにしか見えません。

19

取りつかれてしまったイズさんたち

もうこれ、イズナビたちは本人無自覚なのにタイソンを勝たせるために動いてしまう「要請型」の操作を受けてしまった前フリだよなー。

ちなみにベンジャミン(第1王子)部下オラーウは取りつかれてませんでした。ベンジャミンの私設兵は王子のためなら死ねるってぐらい忠誠心MAXなので、この辺が「要請型」操作を食らうかどうかの分かれ目なのかも。

ならば、モモゼちゃん暗殺実行犯タフディーもその程度の忠誠心だったので、「要請型」操作でサレサレを利する行動しちゃったけど、あっさりハンゾーのはったり甘言で寝返りそうになったのも分かる

オーケー!クラピカのワブル&オイトへの忠誠心はガチだと思うので、他の王子の念獣「要請型」操作は効かないでしょう。安心。

カミーラ様はすごい

20

自ら動くカミーラ様

ここまで殺害を実行してたのは、結局のところモモゼちゃんとサレサレの念獣操作だと思われます。念獣がやってくれました的な。

なのに!カミーラ様ったら本人の意思で「これからベンジャミン(第1王子)殺しに行くわ!」ですって。

ベンジャミンの私設兵の描写見ると、クラピカすら相当の使い手と認めていたり、幻影旅団ノブナガさんより遙かに凄い円使ったり、眼球で念能力か見極めたり…おそらく人類でも最強クラスの戦闘能力者揃いなのがベンジャミンの部下である。

ハンタのインフレはアリ編がMAXでしょうけど、冷静に考えれば人間の中でも最強クラスがゴロゴロ揃ってそうなのがベンジャミン軍団ですよ。それを本人自ら殺しに行くからって最高かよ!カミーラ様も念使いっぽいけど、それにしても自ら最強王子(戦闘能力的な意味で)を取りに行くって…。

まだカミーラ様の念獣が明かされてないのでなんともいえんけど、やっぱカミーラ様最高でーす!まさか念獣は「強制型」で本人の意思て操ってるのか!?

モモゼちゃん亡き今、次期王に最も相応しいのはカミーラ様!

当ブログはカミーラ様を応援します!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    おいおい、ヤマカムで応援するってことは負け確じゃねぇか!
    サレサレ王子は晩餐会で絶対笑かしてくれるって信じてるよ。

  2. 匿名 より:

    次回の1コマ目が拘束されたカミーラの絵ではありませんように…

  3. 匿名 より:

    サレサレに付いてる弁髪護衛はベンジャミン私設兵ですよ

  4. 匿名 より:

    ヤマカムさんが応援するならカミーラ脱落ですね

  5. 匿名 より:

    ハンゾーがどうなるのか
    気になるマン。
    あれは念獣が作りだした異空間
    なのかしら。

  6. 匿名 より:

    デスブログ扱いに草
    モモゼ…

  7. 匿名 より:

    上のコメにもありましたけど、中華風の男はベンジャミン私設兵なので念能力者は確定ですね。服装がみな同じなのでそこで判別しやすいかと。
    タイソンの念獣は教典を読んだ(開いた)ことでとりつくのかなーと。教典をどれだけ読んだかという理解度で操作性能があがるとか、そんな想像をしています。なので下位王子の教典を読む必要がない、私設兵であるオラーウには取り付いていないとか。

    • 匿名 より:

      No.360の念獣多数発生のシーンで、タイソンの念獣が(椅子に縛られてる)王妃所属兵二名にも取り付いていたのだけど、一人はタイソンの母の兵ではないし、イケメンでもないし、教典も読んでないだろうしで、どうも取り憑く条件がよくわからない。

  8. 匿名 より:

    念獣は全部操作系なんじゃないかと思えてきた。

  9. 匿名 より:

    モモゼ→操作系確定
    サレサレ→操作系の可能家高
    ハルケンブルク→操作系フラグ
    タイソン→操作系フラグ

    マラヤームの念獣はよくわからんけど、確かに念獣は全て操作系なのかも

  10. 匿名 より:

    カーミラは発言的に強制的に自殺させそう

  11. 匿名 より:

    これでカーミラが来週(今週は土曜日発売だったっけか)あっさり死んでしまう……てのもありますよねぇ。
    ヤマカム氏の推しだったモモゼちゃんもあっさり死んじゃったし、どうなるやら。

  12. 匿名 より:

    ベンジャミンvsツェリードニヒは少なからずやるだろうし
    このタイミングでベンジャミンに仕掛けるカーミラは退場かな?

  13. 匿名 より:

    カミーラ様めんどくさいこと嫌いそうだし、念の修行なんてまともにしてると思えん
    なんか切り札とかあるんかな?

  14. 匿名 より:

    円の範囲が広い=強い
    とはならないと思います。
    円には得意不得意があるので、たまたまノブナガさんやキルアは円が苦手だっただけで、バビマイナより弱いとは限らないと思います。

  15. 匿名 より:

    王が「搦手の見えぬ将は凡将ホ」って言ってるのがまさにフラグに思えるんだが。
    殺し合いを歓迎している上位王子同士、カミィが攻撃してくるのはベンジャミンにも想定内だろうし、罠なりカウンター能力なりが用意されてるはず。
    そこでお互いが予想できない不確定要素として、カミィとベンジャミンの念獣が能力発動して、どっちが王に適してるかもわかる回だと予想。

    • 匿名 より:

      ベンジャミンは、カミーラが念使いだとは思ってないんじゃないか?
      他の王子は念が使えないだろうから、ハンター協会の念使いさえ居なければ、念使いの部下がいつでも全滅させられる、という判断で各王子に自分の兵を一人ずつ派遣してしまったんだろう。
      14人中12人を派遣したので、いま残ってるのが二名と守りが薄くなってしまった。攻撃的な性格のせいで、攻守のバランスが悪い訳だ。
      カミーラにこの隙を突かれるのは想定外なんじゃないか?

      • 匿名 より:

        答え合わせとしては、カミーラが念能力者である可能性はベンジャミンも予測していたし、襲撃してくるのも想定のうちだが、その能力まではわからず、それを探るのもムッセの役割だった、という事だな。
        優秀な部下のおかげでベンジャミンが優勢を保ち、搦手の見えない将では勝てないという王の言葉を証明した格好だ。
        そして、結局まだ念獣の能力は明かされず、決着はかなり先まで持ち越されそうだ。
        そう簡単に予想があたらないのもまたHunter×Hunterという所か。

        • 匿名 より:

          ベンジャミンの私設兵が分散している事については、ウンマ所属兵ならびに多くのカキン国軍の兵が使える事で充分補えている、という事だろうな。
          オイト陣営との交戦で私設兵を削られる可能性についてバルサミルコが「好都合」と言ってたくらいだし、兵の補充が効くのがベンジャミン陣営の強みなんだろう。

          • 匿名 より:

            ベンジャミンが、ウンマ所属以外のカキン軍人を使えるか、は微妙だな。
            オイトを監視してた各王妃所属兵は、殺されると補充されなかった。
            継承戦の間、兵の数が増やせないのもルールなんじゃないか?
            バルサミルコの言う「好都合」は、逆らってくれる方が犯罪者としてでっち上げやすい、という意味だろう。

  16. 匿名 より:

    念獣はどう見ても王子の性質受け継いでるっぽいし、ハルケンとその念獣が別の意思で動いてるというよりもハルケン自身も無自覚に王になりたい野心があるってことじゃないかね
    普段は理性で厳しく律してるけど本当は他の王子みたいに好き放題やってみたいのかも

  17. 匿名 より:

    警護兵は、各王子の警護に付いてるのも加えると、ウンマ所属兵合計25人、ドゥアズル所属兵21人(オイト監視役が一人ずつ死んだのでこの数になった)が居て、これは私設兵(ハンター含め各王子に最大20名)より多い。
    この警護兵は王室から配備されているのだが、私設兵と違って王や古い軍人も関係している軍の人間なので、念能力者がかなり含まれているはずだ。
    第一・第四王子に分散してるウンマ兵に比べ、全員がカミーラ配下のドゥアズル兵の方が実質的な数が多いとも思えるし、念能力込みの総兵力で考えればこの二人は他の王子より相当有利な立場に居る。
    クラピカが「念獣」というキーワードを広めるまでは、次期王はこの二人のどちらかで確定的な状況だったのだろう。
    (晩餐会で二人が直接対立しているシーンもある)
    そして次回、この二人が潰し合う事によって戦力を大幅に削られ、状況がより混沌としてくる、という展開が予想できる。
    弱小や愚鈍を装って攻撃を避け、最後に本性を表す、という計略も利いてくるシチュだと思うのだが、最も優秀な将は果たして誰なのだろうか?

    • 匿名 より:

      失礼、「この二人」はベンジャミンとカミーラの事ね。
      王室から配属された警備兵には、所属する王妃の念の知識とは関係なく優秀な念能力者が含まれている、というのを示すのが、第五王妃所属タフディーによる暗殺エピソードだったんだろう。

      • 匿名 より:

        不気味なのが第一王妃ウンマで、今のところ姿を表していないだけでなく、兄弟どちらの味方かもわからない。
        もしベンジャミンとツェリードニヒを較べて、ツェリードニヒの味方をするというなら、ベンジャミンが思わぬ所で足を掬われるかもしれない。

        • 匿名 より:

          ちょっと間違ってたので訂正
          ドゥアズル所属兵は現在31名だな。王妃単位で見れば最大派閥だ。
          今後、第二・第五・第七王子の誰かが脱落すると、この警護兵が他の王子に移動して、残った王子に味方が増える事になるな。
          (ハルケンブルクだけは母と折り合いが悪いので共闘しないと思われる)
          念能力者が何人居るかはわからないが、王妃自身にも念能力がありそうだし、所属兵もそれなりに強力なんだろう。

  18. 匿名 より:

    ホイコーロの言葉で念獣の性質は後方支援に長けるとありますから、念獣は操作系かどうかはともかく、基本戦闘力を全面にだしたものではないんでしょうね。
    この王位継承戦システムの構造から、本人の意思にせよ念獣の行動にせよ、すぐに手をだしちゃうような輩は脱落しちゃう形になってるんじゃ。少なくとも深謀遠慮の王を選ぼうという初代の意図としては。

  19. 匿名 より:

    後方支援とは何ぞ?って話だが、その念獣の能力はいわゆる三十六計を参考に組み立てられてると思うんだ。
    ・情報収集
    ・味方の士気を上げる
    ・スパイをあぶり出す
    ・ニセ情報を流す
    ・隠れる・逃げる
    ・捕虜を洗脳して送り返し、内部から崩す

     ……ってあたりに相当してるんだろう。
     対スパイがツェリの馬で、士気向上がサレサレのガスだと思う。

    • 匿名 より:

      ワブル王子の念獣の能力は「索敵」だな。
      敵意のある者が一定の距離に近づいた場合に察知して本人に知らせる、というレーダーのような能力だろう。
      こういういつ警護人が攻撃してくるかわからない状況で、かなり役立つ能力だと思う。

    • 匿名 より:

      ツェリの念獣が、クラピカの念能力をキャンセルしてくる、って事も考えられるか
      クラピカにとっては厄介な相手になったな
      もしクラピカが念獣からも能力を吸える、っていうならまた違う事になる訳だが、さすがに人間相手しか想定してないだろうしな

    • 匿名 より:

      念獣は現時点でまったくわからんが、個々のキャラが三十六計を使ってる、というのはあるな

      クラピカが使うのは反間計、空城計、走為上とぜんぶ「敗戦計」だな
      上位とは圧倒的な戦力差があるから、奇策に頼らざるをえないのは仕方がない

      ルズールスはツベッパに対して反客為主を仕掛けてるとも思える
      サカタがハルケンブルクに使おうとしてるのが釜底抽薪か
      サレサレはどうみても仮痴不癲だな。いずれ本性を現すだろう

      しかし、タイソンだけは本当にワケわからんなー

  20. 匿名 より:

    ここで応援されるなんて次に犠牲になる王子は決まったな(泣)

  21. 匿名 より:

    そもそも隠れ念能力者が暗殺者なのは確定なの?
    ヒュリコフが王妃を隠れ念能力者だと想定している可能性だってあるんじゃない?

    • 匿名 より:

      暗殺者の独白が、ヒュリコフが放つこれみよがしのオーラが見える位置から話してる、というのが根拠だろう。同じ部屋に居る訳だ。
      オイト王妃は隠れ念能力者じゃなく「明らかに念が使えた人」扱いだな。
      そもそも王妃の座っている寝台がヒュリコフからは見えない。

      • 匿名 より:

        読者ではなく、ヒュリコフが隠れ念能力者を暗殺者だと断定したか?という意味なら、そりゃ確定しないまでも最も怪しいヤツだと思ってるだろう、って事だな。

  22. 匿名 より:

    ヤマカム氏がカミーラ様を押してくれたおかげで俺のフウゲツちゃんの生存確率が上がった気がしますありがとうございました

    ここの感想を読むことで毎回自分がいかに理解できてないかが確認できて真剣に有難いです
    ヒュリコフとサラサラの部分はまったく理解してませんでした、本当に助かります

    • 匿名 より:

      フウゲツが生き残る可能性もあるんだが、その場合は話の途中で、それまで隠していた冷徹で狡猾な真の姿を現して他兄弟を皆殺し、みたいな事になってる訳で、とても気軽にペロペロできるような娘ではなくなってると思うんだよ。

  23. 匿名 より:

    カミィ様にフラグ立てるよやめい。
    あと、ハルケンブルクの能力はミスリードな気がプンプンします。

  24. 白黒 より:

    ヤマカムさんの記事と皆さんのコメントを読むだけで毎週感心します。
    考察がすごい。コミックスと本編を読み返したらまた違う視点で見れる(^^)

  25. 匿名 より:

    ワブルが新刊だと息子になってるのが気になる
    33巻だと娘だから娘だと思うけど、名前は男っぽくて、、、?

    • 匿名 より:

      全員王子だからデザイナーと編集が間違えたか娘から息子に変更されたかのどちらかだろう

  26. 匿名 より:

    全ての念獣が操作系の能力を持っているとすると、ワブル王子の念獣は姿が見えてないだけで既に能力を発動していた可能性がある。
    ベンジャミンからヴィンセントが派遣された時に、ヴィンセントは防衛権を行使して女中を殺害したという描写があったが、その前のベンジャミンとバルサミルコとの会話や、護衛兵達に下された命令の内容(念獣とハンターの能力調査)からすると、ヴィンセントが自ら動いて女中を殺害するのはおかしく思える。
    実はヴィンセントが怪しく見えたのはミスリードで、女中はワブルの念獣に操られヴィンセントを攻撃→反撃により殺害、の流れだったのかも。クラピカはそれを知らないため、ヴィンセント側から攻撃してきたと判断。

    • 匿名 より:

      それは無いな
      ナイフはまだしも、毒の瓶がオイトの部屋にないだろう
      最初からヴィンセントが持ち込んだのがアリアリだ

  27. 匿名 より:

    セヴァンチ王妃が落ち込んでるの、そんなに違和感ある?
    王族を暗殺するなんて事ができるか半信半疑だったのが、いざ現実になって実感した、という事だろう。
    また、弱い王子から狙われてるので次がマラヤームの番だ、とも思ってるだろうし。

  28. 匿名 より:

    地味に気になるのが、第五王子は念能力を使えるのではないか?という事。
    第五王子の私設兵の方はセリフが「ネンジュウ」とカタカナ表記で念を知らないのがわかるのだが、第五王子本人のセリフは念についての記述が絶妙に避けられていて、判別できないようになっている。
    クラピカの念獣の船内放送を聞いて「停滞を狙っている」とすぐに気づいたのは、念能力者であるバルサミルコと、第五王子ツベッパだけなので、念を知っていたためそう思った可能性が高い。

  29. 匿名 より:

    シェジュールは半覚醒とみせかけて本当に念能力者だと思いますよ
    念獣の単語知ってましたし
    今回口数少なかったのは、下手な嘘でバレない様にするためじゃないかと思ってます

  30.   より:

    11号の冨樫氏の巻末コメント
    >10号276p下3コマ分、がっつり心の声抜けてた…。自分の能力の説明してます…。

    これはひどいw
    サレサレに派遣されたベンジャミン私設兵が何か自分の能力を説明してたようですね。

    • 匿名 より:

      サレサレが「次の晩餐会で世界が変わる」と発言したのを受けて、暗殺計画なら阻止するか、それともそれまでにサレサレを殺すかを考えてる、って事なんでしょうね。
      見るからに武道家っぽい兵だし、サレサレはそれほど脅威だとは見なされてないので、「オレの能力ならいつでも全員拘束できる」くらいの感じでしょうか。
      これ、単行本まで修正されないんでしょうかね?電子書籍くらいは先に修正できるんでしょうけど……次の晩餐会までは特に影響がないって事?