スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』の裏で進展するストーリーが気になり過ぎる件!

みなさん大変です!いまさらなのですが『かぐや様は告らせたい』68話の表紙をよーく見てください。「いつもと違う過激な瞬間を、あなたは目撃する―。」という煽り文句で、目撃してしまいました。

カラー扉絵で腰回りに何かが見えますよね。ええ。ピンク色のアレが!どう見てもかぐや様のおぱんつです。本当にありがとうございました。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』、かぐや様と藤原書記は結婚すればいいのにって思いました
『かぐや様は告らせたい』67話 藤原千花は聞き出したい ドキッ☆女子だけのミコちゃん歓迎会~!! ノリノリの藤原...
『かぐや様は告らせたい』、「ウミガメのスープ」ならぬ「柏木さんのおこ」!
「かぐや様は告らせたい」が 『次にくるマンガ大賞 1位』を頂きました!! こういう賞は一生獲れると思っていなかったのでとても嬉しいで...
『かぐや様は告らせたい』、かぐや様はアホお可愛くて尊い
『かぐや様は告らせたい』65話 かぐや様は集めたい せっかく新生徒会メンバーに加入したミコちんですが、いつも安心安定のオチ要員...

おそらく作中ではじめてのパンチラじゃないでしょうか。まあ、パンチラなんて呼べるものでなく本当に僅かにピンク色の一部が見えているだけなんですが。それでも尊すぎる!「ありがたみ」が桁違いですよ。ありがたや~。

そうか…かぐや様はピンクなのか…(←心のメモリーに保存)。

そんなわけで3話まとめて感想を…。

スポンサードリンク

68話「かぐや様は怯えない」

6

お可愛いことですわね会長ったら

「体育倉庫に閉じ込められたかぐや様と白銀」→「両者恋愛頭脳戦で出れない仕掛けと勘違い」→「わっふー!」というコンボである。

古今東西、ラブコメでは必須のイベントと言っていいのが体育倉庫イベントなり。そして閉じ込められた男女には何かが起こるのです。男子なら一度は体験したい1位のうらやまシチュエーションこそ体育倉庫に閉じ込められるです。

2人とも「あからさまな仕掛け」で実際に閉じ込められるなんてあるわけないと思ってて、あえて相手の土俵に乗ってイチャイチャしてたら…本当にドキドキ展開になるってんだから頬が緩むというもの。

さあ!盛り上がってまいりました!

押し倒す格好になってからのかぐや様のお可愛さよ。ここに来て過去最高値を叩き出すのであった。まるで少女漫画のヒロインのようなキュンキュンするモノローグで目を閉じたかぐや様は、ヒロイン力がスパークしてましたね。

まあ、男女が体育倉庫に閉じ込められれば当然こうなるわなぁ(笑顔)。この展開と流れは自然の摂理といえる。推理漫画だと閉じ込められた先で必ず殺人事件が起こるけど、ラブコメ漫画だと閉じ込められた先で必ずニヤリング事件が起こるのだ。

オチも含めて神回でしたね。くずめ…!

69話「かぐや様は診られたい」

それは恋の病でしょう

アホである。

突然倒れてしまったかぐや様は病院で「恋の病」と診断されるのであった。確かに「恋の病」は一度発病すると治らない不治の病であり、かぐや様の症状は手遅れとしか言いようがありませんが、やはりアホである。

そもそも『かぐや様は告らせたい』はよくあるラブコメのシチュエーションをシュールに皮肉ってるのがギャグ漫画としての面白さに繋がってましたが、そのまんま「恋の病」とは恐れ入った(賛辞)。

アホ可愛いのがウリで、なにもかもアホ展開で、アホな子はアホなほど可愛いをそのまま実現したとも言えます。個人的には早坂さんですよ。恥ずかしくて居た堪れなくなってる早坂さんの可愛さが半端ない。

早坂さんは恥ずかしい

純度100%のアホ可愛い回でしたわw

この作品の核である「面白さと可愛さ」をこれでもかと極めていました。もうね、自分は可愛くてニヤニヤしてんのかギャグで笑ってるのか読んでて分からなくなってました。おおらく両方。読んでてただただ笑顔になってる自分に気付きました。

また、かぐや様の母親についても判明。かぐや様が中学生の時に心臓病で亡くなった様子。見舞いに来てるのは娘のかぐや様だけ。うーむ、父親(と兄も?)は京都の本邸で暮らしてて、かぐや様と母親は東京に暮らしていたのかな。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』、ついにやって来た花火大会!花火の音は聞こえない(前編)
『かぐや様は告らせたい』34話 花火の音は聞こえない(前編) 夏休みに入ってからのかぐや様は白銀と出会えず。 ま、私は8...
『かぐや様は告らせたい』、大感動の花火大会!花火の音は聞こえない(後編)
『かぐや様は告らせたい』第35話 花火の音は聞こえない(後編) 素晴らしい…(感動)。 はじめての前後編シリーズ...

かぐや様は本邸じゃ腫物扱いでしたし、母親も同じく腫物だったのでしょうか…。どういう家族関係なのか気になる。父親・四宮雁庵の「長女」と名言されてるので、血は繋がってるのは間違いないんけど。かぐや様は妾の子か、事情有りの後妻の子なのか?

さらに3巻の早坂さん紹介によると「かぐや」って名前付けたの早坂さんの父親で、かぐや様の乳母は早坂さんの母親です。かぐや様は2~5歳まで京都の本邸で、それ以外はずっと早坂さんと(早坂親も?)姉妹のように育っています。謎が多い。

70話「そして、石上優は目を閉じた②」

ミコちんの想像するかぐや様

えっちだ…。

安心安定のオチ担当だったミコちんの勘違いが積み重なって、悪の権化はかぐや様だったと結論付けるのであった。…って、待て待て。ミコちんはどういう思考回路してんだ!と思いつつ、想像した悪かぐや様のおみ足が艶めかしくて劣情を催してしまった

まあ、ミコちん暴走エピソードだったのですが注目すべきはタイトル「そして、石上優は目を閉じた②」でしょう。タイトルに名前出てるのに1コマも登場しない石上クオリティもさることながら、45話(コミック55話)「そして、石上優は目を閉じた①」の続きでしょうか。

<参考記事>

『かぐや様は告らせたい』、かぐや様は「お可愛い」だけでなく「お格好良い」のである
『かぐや様は告らせたい』45話 そして、石上優は目を閉じた① 今回のサブタイトル「そして、石上優は目を閉じた①」は意味深ですね...

本人出てないけど、石上掘り下げエピソードなのである。

例えば冒頭では、コミック24話「石上優は生き延びたい」とまったく同じ構図のミコちんバージョンとなっております。

今回 / 24話

両者ともに同じ構図とコマ運びで「生徒会を辞めようとしていた!」のであった。あえて被せているのは明白で、石上会計の出番0コマといえども、「石上の事なんて考えるだけ人生の損失よ」と言われようとも、今回の話は石上の過去エピソードなのである

なにが言いたいのかといえば、ミコちんの想い出の誰かは石上しかいないなと。ミコちんが中等部でみんなに疎まれていた時に、「君の努力はいつか報われる」と差出人不明の手紙と花を貰ったのを大切にしていた事が判明しました。ま、これ石上でしょう。

君の努力はいつか報われる

57話の生徒会選挙じゃ、ミコちんが頑張ってるのをバカにされてる姿見てた描写で「イラつくんですよ」「頑張ってる奴が嗤われるのは」と怒ってましたからね。ミコちんの努力を見てて、報われて欲しいと思ってのは明らかである。

石上め…クサいまねを!だが嫌いじゃないぜ!

しかし、「そして、石上優は目を閉じた」とは一体何なのでしょうね。

石上会計は中等部の頃に色々やらかして腫れ物扱いになった過去があります。女子生徒を泣かしてました(ミコちんじゃない子)。そも石上会計は白銀に引っ張り出されて生徒会にスカウトされるまでは不登校だったので、中学時代に何かあったのは確実でしょう。

ミコちんからは考えるだけ人生の損扱いだし、以前にも「僕、あいつにすっげー恨み買ってますし」(63話)との事なので、恨みを買って害虫扱いされる出来事が気になる。とはいえ、同じはみ出し者同士で、「腫れ物扱いになった」描写の子とは違うし…。謎です。

同じ穴のムジナ

石上会計が何かやらかしてしまってクラスで嫌われたとしても、ミコちんはその輪に絶対に加わらないだろうし、ミコちん自身だって嫌われ者でしたし…。石上会計が生徒会にスカウトされるまでは不登校だったことが関係ありそうな気がしますね。分かんないけど。

なんのかんので、生徒会メンバーにしっかりバックグラウンドがある。かぐや様も「四宮かぐやについて①」(コミック36話)があったので、「②」もいつかやるだろうし。徐々に細かい設定や過去が掘り下げられていき、ただのラブコメ以上に深く奥行きがある。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』四宮かぐやはスキだらけ!
『かぐや様は告らせたい』 四宮かぐやについて① 本日の勝敗、不成立。 両者共に駆け引き無しの為とのことですが、この勝負は...

「四宮かぐやについて」「そして、石上優は目を閉じた」と2人の掘り下げるシリーズがあるけど、白銀や藤原書記を掘り下げるエピソードなんかもあるのでしょうか。生徒会メンバーは重そうな過去がありそう(藤原書記以外)。

それも描く時は面白いギャグとラブコメが真ん中にあり読者はそこを気にしなくても楽しめる仕様。『かぐや様は告らせたい』は表でギャグとラブコメをやてて裏でもストーリーが動いてて、その隠れた話作りがとにかく上手い。

裏を見なくて表だけでも十分楽しめるけど、裏まで見るとより深みがあってさらに楽しめるよね。色々と想像したり。

つまりまとめると…!

そんなの…私だって分からないのに…

かぐや様がお可愛かったです。

やっぱりかぐや様のお可愛さは五臓六腑に響き渡るでぇ。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    「石川優」って誰ですか?
    どっかの違法サイトと同じ間違いですね。

  2. 匿名 より:

    かぐや様がお可愛かった
    やはりすべてはそこに行き着くか

  3. 匿名 より:

    恋の病回に於いて、
    自分は可愛くてニヤニヤしてんのかギャグで笑ってるのか読んでて分からなくなってました、の山田さんの感想には、完全に同意せざるをえないw

  4. 匿名 より:

    久々にヤマカムさんがかぐや様の感想を書いて頂き、安心しました
    一部では「ヤマカムさんはかぐや様に飽きた」とか言われていたものですから
    ただ、2ヶ所も「君の努力はいるか報われる」と間違ったのは訂正すべき

  5. 匿名 より:

    誤字脱字が多い

  6. 匿名 より:

    裏の設定がかなりあるよね

  7. 匿名 より:

    藤原書記の色々な写真、欲しいです。

  8. 匿名 より:

    流石は真ラブ探偵石上…

  9. より:

    インスタントバレット1巻古本屋で買って読んでみたらそこそこ面白かった

  10. 匿名 より:

    かぐや様の腰から覗くピンクには大変お世話になりました

  11. 匿名 より:

    「もう自分は可愛くてニヤニヤしてんのかギャグで笑ってるのか読んでて分からなくなる」非常に同意せざるを得ないわ。
    このギャグで楽しんでるのにこっそりキャラの過去を掘り下げっての、スケットダンスを思い出すなー。あっちは掘り下げる時はガチシリアスだったけど。