スポンサードリンク

『かぐや様は告らせたい』第33話、絶品!藤原書記

1

『かぐや様は告らせたい』第33話 藤原千花は超食べたい

藤原書記が日本に帰ってきたぞー!

この前ハワイにいたのにエジプトから日本へ帰国。

一刻も早く帰りたかったのには理由がありました。

それはラーメンスイッチが入ってしまったこと!

藤原書記の気持ち分かります。分かりますよ~。

ありますよね。たまにふと無性にラーメン食べたくなってしまうことって。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』、ぴちぴちちゃぷちゃぷらんらんらん♪
『かぐや様は告らせたい』第32話 早坂愛は浸かりたい 相変わらず自分から誘えないかぐや様は家で過ごす。 続・「た...
『かぐや様は告らせたい』、夏休み編は今までにない大人な味わい
『かぐや様は告らせたい』31話 白銀御行は出会いたい でけぇ…。 これが持って生まれた資質ってやつか…。 ...
『かぐや様は告らせたい』、ありがとう石上会計!
『かぐや様は告らせたい』30話 白銀御行は出かけたい 『かぐや様は告らせたい』30万部突破とか。 すごい勢いですね。まあ...
『かぐや様は告らせたい』、藤原書記が可愛い件
24話「藤原書記は見舞いたい」 姉さん事件です。 藤原書記が可愛いんです! いや確かに元から藤原書記は可愛...
というわけで今回の話は藤原書記がラーメンを食べるというお話です。

ギャグ全開に振り切ったエピソードでした。

それはそうと、ハワイを満喫中だった藤原書記よりも重戦車の正体はお姉さんでした。藤原三姉妹なのか。お姉さんのキャラは食欲旺盛なおっとり系の天然娘って感じですね。藤原三姉妹の今後の活躍に期待が高まります。

スポンサードリンク

ラーメン大好き藤原さん

2

ラーメンスイッチが入った藤原書記は帰国したその日の夜に早速ラーメン屋へ向かいます。そこへ居合わせたのがしがない中間管理職の小田島三郎。趣味がラーメン屋巡りで家の近くのラーメン屋に足を運んで藤原書記と出会ってしまったのである。

今回は小田島三郎の視点を通してラーメン食べる藤原書記が描かれる。

小田島三郎はラーメンを食べる玄人で注文する品にも拘りがあります。この店の最適解は一番人気の豚骨ではなく「醤油とんこつ 薄め 麺カタメ」なんだそうな。藤原書記がラーメン屋に入れば小馬鹿にしてたのが、この店の最適解である「醤油とんこつ 薄め」を同じように頼んで驚愕するのであった。

そして始まる謎の戦い。

藤原書記はただ自分の好きなようにラーメンを食べてるだけなのですが、小田島三郎は藤原書記の食べ方を見て「喰える(こっち)側」なのかと見定める。その様子が心底しょーもなくもくだらくとも謎の熱量でありました。

3

小田島三郎VS藤原書記(?)

藤原書記がバリカタ頼んだり、レンゲでミニラーメンを作って食べてる姿を見れば「只の小娘」「只のビギナーズラック」「只の子供」…と、たかがラーメンの注文と食い方だけで心の中で言いたい放題ですこの中間管理職。

また小田島三郎が語る「本当のラーメンの喰い方」講座もなかなかどうして。

くだらなかったです(褒めてます)。恋愛頭脳戦ならぬラーメン頭脳戦である。

んで、ラーメンを分かってないトーシロと侮っていた藤原書記ですが、実は真の狙いがあったのか!とか勝手に悟り出して認めるのでした。ニンニク入れる姿を「こいつ超えやがった!女の壁を!」は至高の名言です。アホだけど。

謎の感動を呼んだ「小田島三郎VS藤原書記」。後半のニンニク入れるかとスープを飲み干しすかの心理攻防は手に汗握る名勝負でしたね。ブラボー!勝利した藤原書紀は見事「ラーメン喰い」として認められるのでした。(藤原書紀はただ好きにラーメン食っただけです

絶品!ラーメン娘

4

絶品!ラーメン娘

何より藤原書記がたいへんお可愛かったです。

小田島三郎のキレッキレッな心情が面白かったけど、それ以上に藤原書記がラーメンを食べる様子が素晴らしかった。本当に美味しそうに食べるわけで、その表情が絶品でした。絶品!ラーメン娘です!

小田島三郎のギャグと藤原書記のラーメン可愛いっぷりがダブルで効いてる。ダブルスープみたいなコクがある味わいでした。藤原書紀がラーメン食う姿を堪能しましたとも。ニンニク入りスープを飲み干した藤原書紀にアッパレやってください!

まとめると、ラーメンを食す藤原書記が絶品だった…ではなく!

真のキモはラーメン屋から出た後だった。白銀と石上に偶然出会い、石上から「息ケア」を貰った藤原書記のリアクションは女の子だった。女の壁にぶち当たってた。でも最高に可愛かったのである。

5

…ありがと…ね(恥ずかしそうに)

絶品!藤原書記である。

しかし、白銀はまったくニンニクの匂いに気づいてなかったのに。さすがは藤原書紀のリンスを変えた匂いすら嗅ぎ分ける石上会計よ。ものすごい嗅覚。

石上会計は藤原書紀の可愛さを引き立てるね。

この前の泣かせたのも可愛かったし。これで2回連続で藤原書記を泣かせましたね。

藤原書紀を泣かせるのに定評のある石上会計となりつつある。んで、33話「藤原千花は超食べたい」は藤原千花は超可愛いという結論になるのであった。ギャグと藤原書紀の可愛さが際立ったエピソードでしたね。満足です。

とはいえだ。

今回の話も夏祭り(8月20日)を迎えるための布石だった。

真の本番に向けての「溜め」です。テトリスで例えれば、一気に長い棒で消し去るためにブロックを積み重ねてる段階だからね。かぐや様と白銀が一度も夏休みに会ってないし。まあ溜めの段階の話がどれも面白いのも素晴らしいけど、8月20日の夏祭りが本番ですから!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    さり気なく会長と遊んでいる石上会計
    偶然会長と出会う藤原書記
    このことをかぐや様が知ったらまたダークサイド突入ですね

  2. 匿名 より:

    今回は「外側の人間」がメインに絡む初めての回だったのかな。新鮮な感じで最近じゃ1番おもしろかったな

  3. 匿名 より:

    むしろ藤原書記を食べたいわ

  4. 匿名 より:

    白銀やかぐや様より「お可愛いこと」って言葉が似あうと思う回だった今回

  5. 匿名 より:

    棒が一向に来なくて上まで詰まりそうになることもあるぞー