スポンサードリンク

『かくしごと』(12月号)、今回も読ませていただきました!

1

今月の『かくしごと』

姫ちゃんは可愛いなぁ(定期)。

今月の『かくしごと』も良かった。いや毎回良いんですけどね。

マンガ家漫画としても父娘ホームドラマとしても見所あって最高ですわ。

『かくしごと』、漫画家マンガとしてもすごく面白い件
『かくしごと』2巻を読了しました。 連載でも読んでいましたけど改めてコミックでまとめると「いい話」なんです。心に染みわ...
『かくしごと』、六條先生が可愛かったです(小並)
今月の『かくしごと』 今回のエピソードは姫ちゃんが写生の宿題を出されるというお話。 唐突に「お父さんて絵描くの上手?」と...
『かくしごと』(10月号分)、姫ちゃんが面白くて可愛かったです
今月の『かくしごと』(月マガ10月号) えっと実質10回目かな…。 話数の表記がない上にいちいち数えるのめんどくさいので...
『かくしごと』、久米田康治先生が「最初から狙ってました!」と言いそうな件
久米田康治先生の『かくしごと』1巻が発売されました。3ヵ月以上前に。 『かくしごと』とは「描く仕事」(漫画家)を「隠し事」...
今回の収録されているのは10号~13号まで。

10号「スクールランドセル」

11号「可久士様は盗聴器を探している。」

12号「優☆優☆悪書」

13号「サインはポイ!」

相変わらずの言葉遊びのネタっぷり。

それぞれ『スクールランブル』『柊様は自分を探している。』『幽☆遊☆白書』『サインはV』のパロディでしょうか。

スポンサードリンク

今月の『かくしごと』

今回の話は姫ちゃんの元へ毎年ランドセルが送られてくるというもの。差出人は「だてなおと」。いわゆるタイガーマスク運動ですね。以下wikiからコピペ。

タイガーマスク運動とは、2010年12月25日の一児童相談所における事例以降、日本各地で確認されている連鎖的な寄付行為の通称である。タイガーマスク現象ともいう。一連の寄付行為は、その多くが「伊達直人」など架空の名義による匿名のもので、寄付先はおもに児童福祉関連施設となっている。

まあ、差出人は正体不明でなく姫ちゃんの関係者のようでしたけど。

かくしは正体を知っているようで普通に会話してました。話してる内容から察するに、かくしの嫁の父親でしょうか。気になる存在です。

2

だてなおとさんと

素直に読めば、かくしが嫁と結婚する時に反対された義理父って感じでしょうかね。

つまり、姫ちゃんのお爺ちゃん。しかもかなりの金持ちの様子です。気になる存在です。

また、今回も意味深に姫ちゃんに対して「育てさせてもらってるんだ」とか言ってるし。どういう意味だってばよ。これではまるで姫ちゃんを育てる権利が自分には無いと言っているようにも読み取れてしまう。この父娘の関係は本当に何かがありそうでソワソワする。

ランドセルネタ

それはそうと今回のランドセルネタは面白かった。

話の転がし方も見事であり、ネタやテーマの持っていき方も自然で流れるような展開でした。どうも久米田先生は週刊連載でないとライブ感やネタの鮮度が出ないと思っておたけど大きな関違いだったのかもしれない。月刊だからこその丁寧なシナリオ回しが心地よい。

今回のネタはけっこう際どいところを突いていた。

なんたってランドセルがテーマですからね。そうなりゃとてもわふー!な内容になってしまうのも仕方がありません。ランドセル好きな大人って誰だよ!

3

ランドセル好きの大人にロクな奴はいない

弾乗先生とか若民先生とかみなみけ先生とか

誰のことだよ(すっとぼけ)!

決して、万乗大智先生や若木民喜先生や桜場コハル先生のことではないと思うけどさ。モチのロンで架空の先生ですよ。てかなんで「みなみけ先生」って1人だけ作品名なんだ…。いや3人とも架空の実在しないフィクションの先生ですけどね。

だから万乗先生や若木先生や桜場コハル先生がランドセル好きってわけじゃない。

でも今月の『かくしごと』を読んで3人の先生が多大な誤解を受けてしまう可能性もあるのでビシッと言っておきましょう。決してね、万乗先生も若木先生も桜場先生もランドセルが好きな大人って訳ではありませんよ。ええ。

4

ただ小学生の女の子が好きなだけなんですよ

ふー!あぶないあぶない。

また久米田先生は要らぬ敵を作ってしまうところだった。

ランドセル好きな大人の例として架空とはいえモロ分かりな名前出されちゃ誤解が生まれてしまいますからね。久米田ファンとしてきっちりフォローしておかねばなりません。万乗先生と若木先生と桜場先生はランドセルが好きな大人じゃない。勘違いしないように。ただ女子小学生が好きなだけ。あんだすたん?

今月も『かくしごと』を読ませて頂きました

話とネタの転がし方は自然(?)すぎて、関心するやら呆れるやらです。

なんのかんのでマンガ家漫画として大きなテーマを掲げるのもスゴイところ。今回はランドセルネタからランドセルを買う権利と移行して、漫画を「描く」「載せる」「読む」上での気の持ちようを挙げていました。

優しい世界では漫画を、描かせて頂く、載せさせて頂く、読ませて頂く。

優しく無い世界では漫画を、描いてやってる、載せてやってる、読んでやってる。

私は『かくしごと』のコミックを読ませて頂く、月マガを買わせて頂くという姿勢ですが(本当かよ)。みなさんはどーいった姿勢で漫画を読んでいますかね。「読んでやってる」でしょうか。「読ませていただく」でしょうか。

ま、人それぞれでいいと思いますけどね。

それでも優しい世界って素晴らしい(お目目キラキラ)。

ビバ!優しい世界の住人!全て「いただく」の姿勢!

5

優しい世界

優しい世界って素晴らしいですね…。

今月も『かくしごと』を読ませていただきありがとうございました。

そういえば、今まで1話完結の話だったんですけど今回の話はサイン会と姫ちゃんとのお出かけのスケジュールがかぶってしまい続く様子ですね。ラストのホームコメディでは姫ちゃんとのお出かけを取った様子ですけど、サイン会どーなったのか…。私気になります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    サイン会をやってやってるのか、やらせていただいているのか
    画集を出してやってるのか、出させていただいているのか

  2. 匿名 より:

    ヤマカムを読ませていただいてます

  3. 匿名 より:

    あんな漫画を描いてる奴に娘はやれんのくだり、久米田先生がサンデー追い出された時の編集長の発言のもじりじゃないかなあ

  4. 匿名 より:

    だてなおとさん→伊達なお父さん

    侠気をひけらかすお父さん=可久士?