スポンサードリンク

マガジン新連載『彼女、お借りします』が期待大な件!

3

彼女、お借りします(宮島礼吏)

宮島礼吏先生の描く女の子はなんでこんなに可愛いんじゃ!

顔芸から赤面…、とにかく恐ろしいまでに可愛い。反則的な可愛い表情を叩き出しまくるな。というわけで、先週のマガジン(32号)から『AKB49』『もののて』の宮島礼吏先生の新連載『彼女、お借りします』がスタートしました。

<関連記事>

マガジン新連載『もののて』のヒロインおこたは可愛い
『もののて』(宮島礼吏) 先々々週号の週刊少年マガジン(37・38号)からはじまった『もののて』(宮島礼吏)をとりあえず3...
『AKB49~恋愛禁止条例~ 』、堂々の完結
『AKB49~恋愛禁止条例~』が最終回です。 5年間も連載していた事に驚きですが、本当に名作であったと声を大にして...

あくまで個人の意見だけど『AKB49』が傑作だったなら、前作の『もののて』は普通すぎた。ヒロインのおこたが可愛かったしことしか記憶に無いです。宮島礼吏先生「可愛い女の子」と古き良きマガジンみたいな「パワフルな熱量」が凄いので、女子スポーツものやればホームランは打てるかしらんが、ヒットや二塁打は打てると思ってたんですよ。

で、次回作なにやるのかなって…。そしてはじまった『彼女、お借りします』。「ラブ×ドキMAX」って煽りで、どうやらラブコメやる様子である(ラブコメなのか?)。確かに宮島先生のぐうかわなヒロインがラブでコメれば期待値は跳ね上がる。

スポンサードリンク

彼女、お借りします

2

ヒロイン

はい!可愛い!

ヒロインは文句無しに可愛い。可愛すぎる。とはいえ、流石マガジンというか。普通にラブコメなんてやる気ねーのが凄い。主人公はひとり暮らしする大学生。開始早々に彼女に振られてしまいます。その寂しさを埋めるように、「レンタル彼女」ってアプリを見つけるのでした。

レンタル彼女

「事務所所属のタレントと夢のような一時を」「女性に不慣れな方」「恋愛にストレスや不安を感じてる方」「彼女は指名制」「料金は一時間5000円~」「密室はNG(ボディタッチも原則禁止)」

お金払って好きなタイプの女性とデートできるサービスである。

そこでヒロイン水原千鶴とデートをして可愛さにメロメロになるものの、お金を払った時にふと我に返ってしまいます。2回目のデート(有料)で、主人公くんは説教かますのであった。

説教する主人公

「レンタル彼女」に説教してしまう

うわっ!かっちょ悪い!

自分で「レンタル彼女」に申し込んどいて、「そんなことして何になんの?」「意味ないでしょ」「どーせ一日だけの付き合い」ってキレる様はめちゃんこかっこ悪かったです。

例えるならば、自分の意志で風俗行ってプレイした後に、女の子に「こんな仕事するなんてけしからん!」って説教はじめるおっさんぐらいかっこ悪い。しかも、ヒロインに正論で論破されるし。

おいおい!この主人公大丈夫かいなと心配になってしまいます。

まあ、そこから「なんのかんので良い話だったなー」って感じでまとまっており、1話を読んだ時はラブコメというよりかは、少年誌版、マガジン版の『デリバリーシンデレラ』って印象でした。

怒涛のラブがコメりっぷり

怒涛の「お約束」である

1話ラストで、実は「レンタル彼女」の水原千鶴は同じ大学だったってベタな引きでしたが…。2話では、さらにベッタベタな展開のオンパレードです(褒めてます)。

スタートこそライト版『デリバリーシンデレラ』って感じだったんですよ。それがどうなんでしょうか。2話にして、王道すぎる定番すぎるテンプレすぎる、「ラブのコメりっぷり」と「とらぶる」っぷりのオラオララッシュを見せてくるのであった。おニヤケして頬が緩むじゃねーか。

あ、これマガジン版『デリバリーシンデレラ』なんかじゃないわ。

マガジン版の『ニセコイ』や!(←褒めてんのかこれ)

ふとんの中に導かれし者

2話にして約束の地(ふとんの中)へ到達

なん…だと…!?

これはラブがコメるとらぶるハプニングでも最上位と言われている「布団もぞもぞイベント」ではないか!

古今東西のラブコメで古くから使い続けられた奥義のひとつ。なんか主人公とヒロインが隠れなきゃいけない事情になって一緒の布団へ入ってもぞもぞするアレ。「バカ!どこ触ってんのよ」「仕方ないだろ」ってやり取りするアレ。

かのニセコイですら到達するのに152話もかかったのに、この漫画2話でもうそこへ至ってしまった。ドラクエ4でいえば最終章じゃん!「導かれし布団の中」じゃん!早い!もう導いちゃってるよ!英語で言えばベッドインですからね。

布団へ導かれし者たち

この「布団もぞもぞ」ハプニング!

最高と断ずるに些かの躊躇もないわ!

なんてベッタベタな(身体的な意味でも)展開に持っていきやがるんだ。今回の「布団もぞもぞ」の、おニヤケ度は高いと言わざるを得ない。読んでて頬が緩んじゃったぜ。

それにしても、付き合ってるわけでもないのに、どんどん外堀が埋まっていく様子がなかなかどうして。水原千鶴は何か事情があって「レンタル彼女」してるんでしょうけど、このスピード感なら「リターン彼女」になる日もそう遠くないか。

「王道」 is 最高

お隣さんだったー!

おっと?水原千鶴選手またまたベッタベタラブコメの法則だー!

なんと、主人公とお隣の部屋に住んでいたのであった。あまりにも「お約束」すぎる。だがそれがいい!うん。普通にいいね。最初の設定こそオタクは受け入れないかもしんないけど、それを通過すれば「ベタベタ」「ニヤリング」のコンボで頬をニヤニヤ緩ませる展開のオンパレードですよ。

まあ、確かに2話の怒涛の「お約束」展開は、テンプレすぎるって思うかもしれんが、私にとっては「テンプレ」「使い古された」「王道すぎる」ってには褒め言葉以外のなにものでもないですから。

「テンプレ」ってのは言い換えれば、「長年愛された伝統の味」なのである。

伝統を大切にするジャパニーズです。「和」の心ですよ。かわり映えはしないかもしれない。だ・け・ど!変わらない美味しさを我々に提供してくれるのである。「王道」「ベタベタ」「古典的」サイコー!

伝統の味を守って、美味しく調理されてる。そういう良さがありますね。分かっちゃいるんだけど、この王道展開には頬が緩んでニヤニヤしちゃう。こいつは期待大である。水原千鶴との仮初の「彼女」から本物の「彼女」になる(と思う)のが楽しみです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    隊長…ベッタベタです
    しかし…オッケーです!!

  2. 匿名 より:

    可愛いは正義だな

  3. 匿名 より:

    最近のヤマカムさんは、新連載で「期待大」と謳っておきながら、その後は取り上げないことが多い気がします

  4. 匿名 より:

    ハーレム物にシフトしないでくれよ(切実)

  5. 匿名 より:

    NTRモノにシフトしていきましょう(提案)

  6. 匿名 より:

    鬱展開は勘弁してくれよ(錯乱)

  7. 匿名 より:

    水商売ヒロインとラブコメするのか

  8. 匿名 より:

    待ってました!

    最近のマガジンだと「ランウェイで笑って」も期待MAXですぞ!これも王道テンプレがメチャ熱い!!

  9. 匿名 より:

    今回の期待大はどこまで生き残れるのか

  10. 匿名 より:

    ヤマカムさん勉強もたまには取り上げてよ
    期待大って言ってたじゃん

  11. 匿名 より:

    これは厄介な客につかまって、それを助けに行く王道展開までありますね…

  12. 匿名 より:

    マガジンのラブコメって大抵は現代社会を皮肉ってるから素直にブヒれない。

    4コマ系こそ素直に萌えられる