スポンサードリンク

『君に届け』、見事すぎる完結!最高のピュアラブコメでした!

シェアする

君に届け リマスター版 30 (マーガレットコミックスDIGITAL)

『君に届け』(椎名軽穂)30巻を読了しました。

これが最終巻です。いやー素晴らしかった。この漫画は本当に濁っている心を綺麗にしてくれますね。心の洗濯機です。はい。

感動の卒業式を終え、残るは爽子たちの合格発表――。爽子とくるみ、そして風早のそれぞれの結果は…!? 少女まんがの金字塔はついにクライマックス!

<関連記事>

久々に主人公2人、爽子と風早くんがメインに描かれた気がする。 24巻は学校祭で、付き合い出してから丁度1年目という...
「君に届け」14巻が発売されました。 僕は少女漫画も好きなんですけど、「君に届け」の胸キュンっぷりは格が違いますね。爽...
「君に届け」の11巻が発売されました。 やばい、はじまりすぎです。 面白いというかニヤニヤしまくるという...

たまに11巻以降は蛇足だという意見を聞くけど、自分はそうは思わんかな。まあ確かに風早くんと爽子が付き合うまでの方がきゅんきゅん度合いは高かったけど、付き合ってからも産みたて卵みたいにピュアッピュアッなやり取りで頬を緩めること多数。心が綺麗になる(ような気がする)こと無数。

あと青春群像としても面白かったし。個人的に一番の注目だったのはやのちんとピンです。前巻の29巻が最高アンド最高すぎました。はい。

やのちん最高すぎた

1

やのちん

『君に届け』は風早くんと爽子よりも、ちづと龍よりも、やのちんの恋愛模様が心の琴線に触れまくりでした。やのちん成長したよなー。

最初はギャルっぽかったし大人びて精神年齢高いお姉さんキャラかと思ったのに、ピンに惚れてから一番子供っぽい姿を見せるのが一番「女の子」してました。恋する乙女に卍解してからは甘酸っぱいドキドキ感満載。そのギャップが可愛すぎた。

そして勝機は無いと分かっていながら最期にカミカゼ特攻する姿は素直に感動です。「受験の結果報告」と「愛の告白」のコンボはなかなかどうして。恋してるが故になかなかピンに会いに行けないやのちん。遅くに報告に来たので落ちたと思ったピン。

「(受験落ちたと思って)おまえまだ若いし未来があるよ」→「(ふろうとしてる…?まだ何も言ってないのに~)」→「あきらめて他いくか?」→「(あきらめて他の…!!)」→「それとも浪人するか?」→「…え?」の流れからの告白は素直に感心しました。

特攻するやのちんは過去最高の可愛さを叩き出して「散ればこそいとど恋はめでたけれ」を見せてくれた。普通に泣きそうになった。大満足です。だってさ、すごくポジティブな玉砕なんだもん。切ないより元気になるフラれ方だよ!

フった時 / 励ました時

笑顔で「…10年はえーんだよな!わりーが範囲外だ」とバッサリ言ったのと、その後に励ました「心配すんな!大丈夫だ!!」がまったく同じ顔で言ってたのがスゴイ。ピンめ…同じ笑顔を向けて振って励ますとはやりおるわい。

最初に「心配すんな!大丈夫だ!!」って言った時はピンの顔が見えないように描写してたんだけど、やのちんが思い出せば実は振った時とまったく同じ表情でしたってのは上手すぎると思うと同時に意味深すぎるぜ。

絶妙に「…」や思うことがありそうな顔してたピン。一度もピン視点で描かれなかっただけに本心は読者が想像するしかないんだけど、私はまんざらでも無さそうに見えましたね。

また、10年後にどーなってるか思案して、このピンの笑顔を思い出して自分は大丈夫って自信を持つやのちんがええのう。同時にこの笑顔はバッサリ振られた笑顔でもあるからね。やのちんを泣かせて笑顔にしたのが同じ表情という。うむ。素晴らしいエピソードであった。

ただまだ食い足りない!

ドキンドキンドキン

だって修学旅行で爽子に聞かれたじゃん。

「(キスって)心臓はれつする?」って。

しないって答えたのに目の前で心臓破裂するぐらいドキドキしてる爽子を見てしまったじゃん。あれ絶対自分も体験してみたいの前振りだったじゃん。そのアンサーが的なイベント欲しかったような。「ドキンドキン」してたけど心臓破裂レベルではないよね。まだやのちんは心臓はれつを体験してないよなー。

故に「10年後」に期待が高まりました。

だがしかーし!30巻で10年後が描かれることは無かった。

くー!10年後の2人が見たいです。まあ食い足りないぐらいが丁度いいのかもしれんけどさ。間違いなくやのちんとピンは超最高だったと断言できる。28歳やのちんの心臓破裂ドキドキにご期待ください(想像で)。

最終30巻

君に届け リマスター版 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) 君に届け リマスター版 30 (マーガレットコミックスDIGITAL)

30巻は表紙がええね。1巻から30巻までのアレコレを踏まえて2人がこうなりました的な意味で。今まで似た構図の表紙はけっこうあったけど、服装まで同じで1巻表紙を踏襲してる。戸惑ってた2人が目をつぶって笑顔で向き合う。良い。

もうくっ付いてからは太陽拳のように眩しいイチャコラっぷりで見ているこっちが恥ずかしくなるほどで何度も何度も身悶えしまくりでしたからね。それが30巻は歴代最高のイチャイチャを見せつけてくれました。

イチャイチャイチャ

風早くんの引っ越しを爽子が手伝うというなの蜜月の仲を描いたようするにイチャイチャラブラブしっぱなしなのが30巻です。そのイチャつきようときたら、目も覆いたくなるような有様でした(誉めてます)。

「風早くんだいすきだよ」「チュッ」「…俺も大好き」「黒沼だけだいすき」とか2人とも気持ちのタガを外して完全にリミットブレイク状態でした。甘ったるくて、小っ恥ずかしくてもう見てらんない。頬は緩んで緩んで落ちるかと思いましたわ。

想像以上のイチャラブっぷりを見せたのに、予想以上のイチャラブっぷりを披露したのである。ぶっちゃけ一線を越えました!爽子め…この最終局面で最終奥義「帰りたくない」を唱えるとは恐れ入ったわ…。

!?

ファーッ!?

えぇ…ちょ…マジで合体しやがった!いやこの局面になっても風早くんのことですから手を出さないで、手を繋いで一夜を過ごすとかぬるい程度だろとか舐めてた読者をあざ笑うようにいったー!

この2人だから婚前交渉…童貞と処女のまま結婚すると思ってただけに衝撃は半端なかったです。斎藤一の「悪・即・斬」を超える「愛・故・合体」である。行きつくところまで行ってしまいました。

爽子のポエムもすごかったけど、風早くんがすごいよね。振り返れば、あの初期爽子を成長させ、あっさりと心を開かせ、ついでに股まで開かせてしまったんだから(←最低の感想)。

最終話「君に届け」

君に届け

1話「プロローグ」(エピソード0)からの最終話「君に届け」(エピソード123)を比べると胸が熱くなるな。というか対比させるように描いてるよね。

なんたって1話は爽子視点で風早くんへの想いからチャンジして風早くん視点で「いつか君に届くんだろうか」から始まって、最終話は風早くん視点(手紙)で爽子への想いからチェンジして爽子視点で「私はあなたに届きたい」「届け」ですからね。

「君に届け」だって?とっくに届いてたんだなー(過去形)。

他にも最終話は色々と過去のエピソードを拾ってて読み応え満載です。「ともだちになりたい」(エピソード7)のアンサーで「友達になれて良かった」とか涙腺クリティカルヒットでした。

何より一番は「名前」ですかね。

1話

みんなに貞子としか呼ばれなかった中ではじめて「黒沼爽子でしょ?」と名前を呼ばれることを「…初めてだよ」と乙女の顔をしたのを踏まえると駅のシーンは破壊力抜群でしょ。(*ノノ)きゃあああ!

『君に届け』…まったく最高の漫画だったぜ!

ありがとうそしてありがとう!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    いつのまにか30巻まで出ていたんだよなぁ
    僕の中では10巻で一区切りついた作品だったけど確かに最高のピュアものでした
    ちづと徹の下りは当時ボロ泣きした思い出が・・・

  2. 匿名 より:

    矢野の話から一気につまんなくなったけどな

  3. 匿名 より:

    中だるみする部分はあってもずっとキュンキュンしたなー
    爽子とくるみの関係もすごく好きでした

  4.   より:

    付き合ってもなおお前ら手ぐらい自然に繋げよなピュアピュアカップルの2人が、最終巻ではベッドインかー
    これも一種のファイナルファンタジー(最終回発情期)なんですかねえ…