スポンサードリンク

『金田一37歳の事件簿』、哀・探偵…金田一一37歳が切なすぎる件!

シェアする

イブニング 2018年4号 [2018年1月23日発売] [雑誌]

あの少年が”大人”になって帰ってきた!

ミステリー漫画の最高峰、ここに降臨!!

もう”少年”ではいられない――。

イブニングですごい新連載がはじまりました。

その名も『金田一37歳の事件簿』である。

なにこれ…20年後の金田一くんって…。

なるほど…そう来たか。確かに最近はスピンオフ『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』が受けてる世間的な土壌があったとはいえ。こう来るのか。しかも天樹征丸先生&さとうふみや先生の公式コンビですからね。スピンオフというより公式の続編じゃん!

<関連記事>

『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』 マガジンポケットでやってる『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』(船津紳平...

金田一くんを少年でも青年でもなく、中年にかぎりなく近い、肉体の衰えを実感する絶妙な37歳に設定した、その着眼点も素晴らしい(37歳は中年じゃありません><)。この年頃(30代後半~40代)は、少年の頃に『金田一少年』の全盛期を経験しており、金田一シリーズで育った者がもっとも多く生息する領域ですからね。

自分もまたその領域に席を置く肉体の衰えを実感してる世代であり、主人公の金田一一から醸し出される生活に、同世代ならではのシンパシーを感じまくりです(負の意味で)。自分と重ねあわせすぎて、ちょっと泣きたくなったくらいです。

哀愁漂う『金田一37歳の事件簿』

7

37歳の金田一一

なんだこの生活は…(←共感しながら)。

37歳の金田一くんはアパートでひとり暮らし、うだつの上がらないリーマン、中途半端な自炊模様、掃除を放棄した散らかり具合、出来合い飯やインスタント類、出勤30分前に起きる様子など、「少年」が「おっさん」になったリアルが満載でした。もうやめて、読者が死にたくなるから!

あぁ…あの金田一少年も現実という荒波に飲み込まれたのか…。

高校時代は、幼馴染の美少女に好かれ、アイドルからも好かれ、警察のお偉いさんからも一目置かれていた少年が成長した姿に泣きそうになります。

「ひとり暮らしの生活」「社会の歯車っぷり」「夢も希望もない日常」と開始数ページで、悲しいことに、まことに遺憾ながら、凄まじいシンパシーを感じてしまいます

少年時代の金田一くんはなんだかんだでリア充だから、ヒーローのような憧れがありつつも「こんなの俺じゃない!」と読者はあまりシンクロできずに距離を感じましたが、37歳の金田一くんからは「あれ?これ俺じゃん?」と思わせてくれる嫌な親近感がある。

やだ!?なにこのシンクロ率!400%超えてます。

エヴァ乗れちゃうぐらいのシンクロ率なのに、全然嬉しくない…。

佐木(弟)と草太

成長したフレンド

金田一少年が20年経ったならば、佐木弟と草太も20年経過したわけです。それぞれ金田一より幸せそうな人生っぽいことよりも、20年経過してても普通に生きてたことにビックリです。

佐木は兄のように事件に巻き込まれて殺されず、草太は元祖親友ポジション・千家のように「殺意の波動」に目覚めて殺人犯になってなくて本当に良かったです。『金田一少年の事件簿』の恐ろしいところは、親交があった準レギュラーですら、殺されたり犯人になることでしたからね。

佐木竜二と村上草太は、(ほぼ公式続編で)20年経っても豚箱にも入らずに生きてますぅぅ!!教師が先輩が同級生が後輩が死んだ殺された的な高校時代。これほど、同窓会が開きにくい学園生活もありませんが、大人になった2人が見れて嬉しかったのも事実です。はい。

あれから20年経過したので、生き残った大半の犯人は死刑執行でしょうけど、未成年だった犯人は出所しててもおかしくないわけです。普通に考えれば出てます。小学校からの幼馴染だった千家の現状がちょっと気になります。もうシャバにいるよね…。

ヒロインの美雪は…?

…美雪

なにがあったんだってばよ!

はじめちゃんが侘しい独身生活を送ってる一方で、幼馴染ヒロインだった美雪も同じ37歳。ブラック企業(?)で四苦八苦してる金田一くんと違って、大手航空会社のチーフパーサー(caのリーダー)となっておりました。

まあ、社会人としての差は凄まじいものがありますが、気になるのは美雪は独身なのかどうかでしょう。描写だけ見るとキャリアウーマンであるものの、結婚してないのではないかって感じですが。なんではじめちゃんと結婚してないんだよ!

今までの難事件よりも謎です。実は結婚してるとか、社会人としての立場の差とか生々しいアレなのか、なにか2人にあったのか。会社の後輩ちゃんと仲良いことを聞いて、草太との台詞「七瀬さんにバレないようにな」から察するに、付かず離れずの幼馴染的な距離感はいまでもある様子が伺えますが…。

美雪との現在も気になるところですが、1話を読んだ感じ、37歳の金田一に新たなダブルヒロインが加わったの注目したいものです。

新ダブルヒロイン?

会社の後輩の葉山まりんちゃん(23歳)。14歳も年下です。従妹でクソガキだった一二三ちゃん(20年前は9歳)よりも年下です。一二三も今は妙齢な女性か…。で、このまりんちゃん、なんか普通に慕われているように見えるので、「やっぱ若くてやわらかい子羊のラム肉は最高だぜ!」になる可能性もあるので注目です。

一方の森下桃香さん(年齢不明)は、これぞ大人の女性って色香が出ており、金田一くんの妄想も爆発しています。少年時代の『金田一』だと、この手の女性は全裸で死体になるのがお約束でしたが、今の37歳の金田一ならヒロインの一人です!

まあ、この漫画は『金田一』なので、新ヒロインと見せかけて、2人とも話が進めば無残な死体になってるか殺人犯になってることがあり得るので油断できませんが…。

金田一くんに何が!?

もう謎は解きたくないんだあああ~!!

金田一くん、かつて元祖『金田一少年の事件簿』で大量殺人事件があったところへ仕事で行かなくてはならなくなって嫌な予感してます。いわく「もう謎は解きたくないんだ」である。幼馴染の美雪ちゃんとのラインでも「もう謎は解きたくない!お前なら分かってくれるよな」である。

金田一一になにがあったんだってばよ!

かつて幕末の風雲児の坂本龍馬はその影響力から「龍馬が動けば時代が動く」と言われたそうですが、金田一くんにも同じことが言えます。「金田一一が動けば殺人事件起こる」である。旅行行っても、バイト行っても…ちょっと出かける先で殺人事件が起こるのが金田一一クオリティです。

あまりの自分の死神っぷりに精神いかれてちゃったのでしょうか…。それとも、高校時代から行く先々で殺人事件が起きても冷静に犯人を当ててた男でも、もう勘弁してくれって思うような苦々しい事件があったのか…。

現状の37歳金田一の「これまでの人生」で何があったのか分からないので、詳細不明ながら気になります。美雪なら分かってくれるよなってどういう意味?事件を何度も経験した佐木(弟)は分かってくれないの?剣持のおっさんは定年退職でしょうし…。

謎である。宿敵・高遠は捕まえることができたのかも含めて、あの歩く死神で謎を明かしてきた金田一一が殺人事件はもう勘弁って思うに至った心境。気になります。まあ、どうせ37歳になっても行く先々で殺人事件起こるのはお約束でしょうので、見守っていきたいです。はい。

コメント

  1. 匿名 より:

    これ37歳に設定を変える必要が皆無なんだよなあ(まだ1話だけど)
    ヤマカムさんの仰ってたとおり昔の読者のカムバック狙いか

  2. 匿名 より:

    うん。コンビニで見かけてすごく驚いたのと同時に、読んで何とも言えない気持ちになった。
    第一期のファンだった身としては正直、何だろうこの気持ちは……?
    でもそれよりコイツら老けないね。まぁオバサンになった玲香ちゃんなんて見たかないけどさ。

  3. 匿名 より:

    アイドルはもう年齢的に無理だし、女優主体なんだろうか玲香ちゃん…
    高遠も生きてたら40歳こえて「地獄の傀儡師」とか自称してることになるのか、痛すぎるw

  4. 匿名 より:

    原作の樹林氏には心底幻滅した
    20年たっても容姿がほとんど変わらないなんてありえない
    わざわざ20年後に舞台を移すなら、中途半端なことはするな
    さっさと引退してほしい

    • 匿名 より:

      容姿がまるで変わってないことに関しては原作の樹林氏より作画のさとう氏を責めるべきでは?

      • 匿名 より:

        さとう氏が樹林氏に無断で描き方を決めるなんてありえない
        一万歩譲って、さとう氏が樹林氏を説得したかもしれないが、樹林氏が決定したことには変わりない

  5. 匿名 より:

    正直この設定だとスピンオフの犯人たちの事件簿と同じようにギャグじゃないと笑えないんだが……
    でもわざわざ公式コンビでやるってことはやっぱシリアス入るのかなあ、微妙にならんと良いのだが

  6. 匿名 より:

    樹林は枯れたとはいえ、まだまだ金田一は売れてるほうだしやめれないのはあるだろうな
    原作レイプみたいな状態になったら流石にまずいけど

  7. 匿名 より:

    一方、コナン(工藤新一)の方は老衰で死ぬまで殺人事件を延々と解決し続けてるような気がする

  8. 匿名 より:

    堂本剛ありきと言っても正直全然嬉しくない気もします・・・深雪といまだ結婚してないのも微妙だし。堂本剛さん自身も当時苦い経験でもあったのか番組で「金田一かあ・・・もうやりたくないなあ」と昔言っていたのでまた実写ドラマ!って言われてもテンション上がらないなあ。

    どうしてもやるのなら悲惨な感じでなく、深雪と結婚して家庭を作って父親になった金田一が事件に巻き込まれてって形にしてほしかった。

  9. より:

    きっつ!
    このれしかない。
    きっつ!!

  10. 匿名 より:

    おっさんになったけど中年ではないって、矛盾してない?

  11. 匿名 より:

    巻き込まれればトラウマ必至の殺人事件にあれだけ巻き込まれていれば、何処かしらで限界を迎えるのは分からなくはない。高遠は何処かしらで劇的な死を迎えていそうだし、怪盗紳士も生きているか不明、ライバルとなる犯罪者が尽く死に絶え虚しくなったかも。
    案外、相次ぐ殺人事件で精神を病み長期療養していて(療養先でもやっぱり)何年か前に社会復帰したと普通の理由とか。