スポンサードリンク

『ラブラッシュ!』、それを打ち切るなんてとんでもない!

7

『ラブラッシュ』第12話 恋

死神の鎌によって具現化したココロの恋心。

それに触れたレイジとシズクはココロの過去を覗き見るのでした。

なるほどなぁ。

幼少期にココロと出会っていたレイジは「男の中の男遺伝子」(そんな設定あったのぉ)がある種のトラウマとなっていました。そのせいで誰も好きにならないと心を閉ざしていたのですが、シズクのキューピットの矢でレイジの凍った心が解き放たれた。そういった2人の過去があったわけです。

レイジも「ココロのおかげで…オレは…」と、シズクが好きって素直になれることに気付きました。うん。とても良いお話しじゃないか。

スポンサードリンク

『ラブラッシュ!』はいいぞぉ

今回のエピソードは主観的に見ればとても良い。

がしかし!客観的に見るとつらい(どよ~ん)。

なぜならば、もう終わりに向かって畳んでるんだもん。これ最終章でやるようなエピソードじゃん!打ち切り決まって大急ぎでまとめに入ってる感じだし。いい話だったんだけど「なんだかなぁ(国府田マリ子風に)」ですよ。

そもそも『ラブラッシュ!』は少年誌でやるようなラブコメじゃなかったね。

どこぞのクズと違って最初からシズクが好きだと決めて誠意を見せてたから、ラブがコメってニヤニヤする展開になりようもなかったし。まあ『ニセコイ』を反面教師にしてる節があったので仕方がないんですけどね。

8

ラブコメじゃなかった

ライトにラブがコメる描写を楽しむ作品ではなかった(もう過去形かよ)。

でも、代わりにもっと真面目なテーマがありました。「恋」というものを描いていました。

「恋」とは何か。「恋する」とは何か。『ラブラッシュ!』は真摯に丁寧に「恋」という難解な題材に取り組んでいました。幼なじみが自分の心にある気持ち何なのかという過程が大事に丁寧に描かれた作品だったといえます。

うむ。題材が難しいよ。少年漫画でやるようなものじゃなかったかも。

でも、逃げずに正面から「恋とは何か…」とストーリーで紐解いていく姿勢は既存のラブコメとは一味違うってところを見せてくれたんじゃないですか。例えジャンプ読者に受けなくても私は評価しますね。短く終わるけど、最初から真っ直ぐ進んで最短距離で駆け抜けて行ったとも言える。

これを短期打ち切り漫画と切り捨てるのはとてもとても。

短いながら全力疾走した感じはあるけど、やはりもう少し余裕が欲しい。今回の過去編も1話でやるよりも数話使ってじっくりココロがレイジに惚れる様子なども見たかったし。レイジの内面に惚れたってことでいいんだよね。やっぱもう少し尺度欲しいよ。

だからジャンプさん…(真面目な顔しながら)。

9

『ラブラッシュ!』を助けさせちゃくれねぇか

終わるの(´・ω・`)しょぼん

カウントダンで終了間際だろうけど、とても良い作品でしたね。はい。

この様子だとあと1~2話ぐらいでしょうか。最後の絞め方も見ものですね。きっと満足できるシズクエンドなんでしょう(勝手に決める)。

それにしても山本亮平先生はすごく画力が上がってますよね。

前作『E-ROBOT』に比べれば一目瞭然です。普通にシズクにペロペロしていました。めがっさ可愛かった。もっとシズクを見たいよ。

今回の幼女ココロもなかなかどうして。

10

幼女ココロ

ものごっつ可愛かった。

あれ?ココロってこんなに可愛かったのか…。

これが可愛いってことなんだ。気付いてしまった。ココロの可愛さ(マジカワ)。

シズクがお気に入りでしたけど、存在意義が疑問だったパッケージヒロインのココロもたった1話の過去話で存在感出して魅力満載にしてしまった。ココロとの過去があったからレイジがシズクを好きって気持ちが出せるなんてね。素晴らしい。

『E-ROBOT』ではエロとは何なのかを真面目に向き合い、『ラブラッシュ!』では恋とは何なのかを真面目に向き合ったね。すごく好きな作品でした。山本亮平先生の次回作に期待したいです(まだ終わってません)。

あー!もう決まってるんだろうけどさ。ドラクエ風に言えば「それを打ち切るなんてとんでもない!」ですよ。もっと続いて欲しい。だからジャンプさん…(以下略)。

ラブラッシュ! 1 (ジャンプコミックス)
山本 亮平
集英社 (2016-12-02)
ラブラッシュ!(2): ジャンプコミックス
山本亮平
集英社 (2016-12-31)
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ジャンプに合ってなかったってだけで、作風の合った雑誌でならもっといい結果になったと思わせますよね
    最近噛ませにされるばっかりでこういう普通に幼馴染と主人公が恋物語するのは中々なくて、幼馴染スキーとしてはやっときたか!って感じだったのに残念
    また別雑誌で幼馴染もの書いてくれたらいいなぁ

  2. 0757 より:

    まぁ、残念ですね…。ジャンプに連載したのが仇となったのか…。
    しかし、短いながらも、「恋」を題材にしたすばらしい作品だった!
    とりあえず、レイジ君が某クズに成り下がらなかったのが、一番の救いwww

  3. 名無しのマンガ好きさん より:

    ジャンプ編集部には作者にどこかで連載するチャンスを上げて欲しいゾ

  4. 匿名 より:

    本誌で振るわなかったとしても紙媒体に拘らなければジャンプ+が受け皿的にあるんだしそっちで続けて欲しいなぁ
    どの連載にも言えるけど本誌打ち切りでもプラス移籍でいくらかの猶予期間はあげて欲しい
    プラスでもダメだったらしょうがないけどさー

  5. 匿名 より:

    残す必要がない
    ゴミ

  6. 匿名 より:

    メチャクチャ良かったのでレイジ編完って事で次の遺伝子持ちの子の話行こう

  7. 匿名 より:

    関係ないけどニセコイの楽さんがすっかりフリー素材になってて大草原

  8. コムラ より:

    ラブラッシュはとても良い作品だったと思う。毎週一位にして送ってた。
    とっても真面目な作品だった。
    山本先生はジャンプ向きではなのかもしれませんね。

  9. 匿名 より:

    ヤングジャンプに来てくれ

  10. 匿名 より:

    あぁーあ…