スポンサードリンク

『ワンピース』、サンジの母親と過去

13

『ワンピース』第841話 東の海へ(イーストブルーへ)

ついに登場したサンジの母親!

サンジの母親はずっと気になる存在でしたからね。父親はアレだけど母親は優しいんじゃないだろうかと思ってましたしおすし。やはり優しい母親でしたな。まだ料理の腕前が素人でまずそうなサンジの料理を食べて「おいしいっ!」ってね。病弱なのに。

サンジは母親が大好きなのでしょう。マザコンの気質があると感じていましたが、こんなに優しくてふつくしいママならね。そりゃ大好きになるっちゅーの!

<関連記事>

『ワンピース』、イチジの不気味さとサンジの母親
『ワンピース』第840話 鉄仮面 ジェルマ兵たちの正体は、たった数人の精鋭からなる兵士たちのコピー。複製兵(クローン)なのでし...
『ワンピース』、クソお世話になりました
『ワンピース』第839話 クソお世話になりました うまいなって思いました。 なにがってサブタイトルですよ。 ...
『ワンピース』コックの「3人目」 ヴィンスモーク家三男サンジは謎だらけ
今週の『ワンピース』は休載です! ルフィたちのドキドキハラハラなサンジ奪還作戦は無事に果たせるのでしょうか。 ...

サンジの母親は病弱で亡くなってしまいました。

気になるのはサンジの母親はどういう立場なのかってことでしょう。前回、隠れて料理していること奉仕する姿をジャッジに見つかれば「でも…おれは…」「母ならもう死んだ!亡き者の影を追うな!」というやり取りがありましたし。言い換えれば「料理を作る」と「奉仕する」は母親の影を追うことって事じゃん。まあ母に料理を作るエピソードを指して「影を追う」の可能性のもあるし、「また…作ってくれる」がコックを志すきっかけなのは間違いないでしょうけど。

サンジの母親はコゼットちゃんと同じように「ただのメシ炊き女」だったのでは…と。そもそもジャッジって「強さ」を追い求めているのに何で妻が病弱やねんっつーね。子供達を「血統因子」の操作で最高傑作の才能を与えたわけです。その実験による母体の影響はどれくらいなのだろうか?

7

血統因子操作の実験が影響?

研究の粋を集めて科学の操作によって人間を超えた存在という子供たち。

「外骨格」というのも発現して身体のバネも腕力も凄まじいそうな。ジャッジが行った「血統因子の操作」が具体的にどーいったものか分かりません。

でも、失敗作のサンジが再実験するわけでもなく幽閉して無かったことにするぐらいなので「生後」に血統因子操作できるわけでは無い様子です。てことは、血統因子操作は「生前」に行われたってことでしょうね。

母親もきちんといるので、母体が様々な実験で酷使された可能性が微粒子レベルで存在する。実験に使われてポイーってとこかなぁ。あー、でもサンジの失敗を指して「生まれたままの姿」とも言ってたので赤ん坊の時だけ出来る実験なのかも。

また、父親は血統因子操作に成功した子達だけ、つまりサンジ以外は「最愛の子達よ」と愛してるのにサンジに対する扱いが涙を誘います。対して母親は子供5人とも平等に愛してるようで病室に子供達が映ってる写真(と思われる)を飾っていますね。

スポンサードリンク

サンジの謎がほぼ判明

サンジの謎が大体判明しました。

8

「うそつきノーランド」「悪魔の実図鑑」「オールブルー」

「うそつきノーランド」「悪魔の実図鑑」を読んだことがあると言ってましたけど過去編で本当に読んでましたね。そもそものサンジの目的である「オールブルー」も読んだ中の本による影響のようです。なるほどなぁ。料理や騎士道精神は母親の影響っぽいんだけど、まだサンジの過去が描かれることってあるのかにゃ。

サンジで最大の謎だったのは10歳の身でコック見習いとして客船オービット号にいたことでした。その理由も判明しました。「ジェルマ66」が東の海(イーストブルー)で戦争をした時にレイジュの手引きで逃げ出したのでした。どうやって子供がノースからイーストへ移動したんだと謎でしたけどジェルマ66がイーストに行ったのか。

船で山越え

11

船が山超えた

ジェルマ66の船・カタツムリ(血統因子で改造した?)。

物理的にレッドラインを超えていきやがりました。麦わら一味がグランドラインに入った時に船で山越えなんて聞いたことがないとゾロが呟けば、「おれは少しあるぞ」とサンジは言ってましたけど(101話)。サンジが指してたのは知識としてのグランドラインではなく、ひょっとして実家の使ってるカタツムリ船を牢獄で聞いてたのだろうか

てか、これ使えばラフテルに辿り着けるかどうかは知らんけどグランドラインのゴール地点に簡単に行けそうな気がするんですが…「ジェルマ66」は興味ないのかな。

『ワンピース』第818話“くじらの中で” 最期の島「ラフテル」へ至る方法
『ワンピース』第818話“くじらの中で” イヌアラシ 「―その赤い石の名は『ロードポーネグリフ』!!」 「海...

レイジュいい姉ちゃんやね

レイジュだけは弟たちとは違うようで…。

9

レイジュ

あの3人こそ、お父様の理想の戦士

「かわいそう」とか「悲しい」とか思う感情がないのよ

体の「改造」は私も成功してるけど…

あいつらとはそこが違う

イチジ達とレイジュでは体の「改造」は同じでも感情が違うそうです。

「かわいそう」「悲しい」という感情があるかないか。ジャッジはレイジュが生まれた後に、さらに「かわいそう」「悲しい」を消す血統因子操作を行ったのか。それが理想の戦士ねぇ。

しっかし、レイジュは普通に良い姉ちゃんやね。ある意味恩人やん。サンジのコックになりたいって願望も与して逃がしてくれたし。13年振りに再会した時はそんな様子微塵も見せてなかったけど…。あれは侍女がまわりにいたから演技だったのかな。

サンジの血統因子操作は本当に失敗だったのか?

「外骨格」がどーいうものなのか分かりませんけど、サンジにも施された「血統因子操作」。成功したはずが、後天的に失敗扱いになりただの人間になっていました。伏線大王の尾田っちなので「後で実は…」になる可能性高い。

時たまサンジの足から炎出てたじゃん。

1

炎出すサンジ

ただの演出か覇気かなぁって思ってたけど、サンジの過去編見ると「血統因子操作」が影響しているんじゃないかなと。「成功→失敗→実は成功してました!」みたいなね。あの炎は体が「改造」せれてるから出た特殊能力の可能性が微粒子レベルで存在する。

いつか必ず優しい人達に会える

サンジの過去は悲しすぎるんだけど、同時にいまこそ8巻のゼフたちとの別れを読み返すと最高にグッとくる。レイジュはサンジを逃がす時に「いつか必ず優しい人達に会えるから」と言ってました。その通りだったね。サンジは最高のクソ野郎どもに会えたんだからね。

10

クソ野郎ども

今回描かれたヴィンスモーク家を出るサンジと海上レストランを出るサンジを比べるとどちゃくそ感動する。

どちらも号泣して泣きながら出てったけど、ヴィンスモーク家を出奔するの時は、父から「引き止めはしない」「汚点なのだ」とか言われて振り返らずに去ったけど、バラティエを出る時は「風邪引くなよ」「寂しいぞ畜生!」って言われ、別れ際に振り返ったのが実に良いね。レイジュ姉さん振り返れる家族を見つけましたよ!

さらにサンジはやたらとゼフに認めて貰いたい節があったけど、ジャッジに存在すら否定されたらね。そりゃ自分の存在認めて欲しいって思うようになりますわ。「サンジ風邪引くなよ」はチビナスから名前呼び以上に、はじめて親父に認めて貰ったようなもんですわ。

「クソ」と「クズ」

12

なぜ見捨てられないか?

1人だけ父から愛されず汚点とすら言われたサンジにとってのゼフの大きさを改めて感じます。「(ゼフを)見捨てればそれで済んだはず」ってレイジュは疑問を呈してたけど、見捨てられるわけないっすわ。サンジにとっての父親はゼフで、兄弟はパティやカルネたちなんだから。だからサンジは一貫してビンスモーク家を「クズ」と呼び、バラティエの面々は「クソ」と呼ぶ。

「クズ」と「クソ」。一字違いで同じ悪口だけど全然違いますね。

「クズ」は文字通りの意味ですけど、「クソ」はツンデレ娘における「大っ嫌い」と同義。クソジジイもクソ野郎にも親愛がありますね。ジャッジとニジへ向けた「クズ」は増悪しかない。

まとめるとサンジママ可愛い

良い姉であることが判明したレイジュも良いんですけど、やっぱサンジたちの母親のインパクトが一番ですわ。サンジの母親がふつくしい。

6

ふつくしい

いやはや流石尾田っちですよ。

『こち亀』が終わってジャンプ最長作品となった『ワンピース』はエースとしてもキャプテンとしてもジャンプを引っ張らなきゃいけないわけですから。サンジママを描いてやはりジャンプにワンピ有りって見せつけられました。

だってですよ!最近は『食戟のソーマ』のアリスママ、『左門くんはサモナー』の天使ヶ原さんママ、『ゆらぎ荘の幽奈さん』の千紗希ちゃんママ…とママブーム来てましたから。ママヒロインもワンピが牽引する!(どん)

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 両さん より:

    やさしいお母さんですね。
    サンジ奪還に一味全員揃って欲しいな。

  2. 名無しよっちゃん より:

    お母さん可愛すぎ美人すぎてたまげた

  3. 匿名 より:

    サンジが女性崇拝になるのも納得の回だった。

  4. いまシチジ より:

    脚だけじゃなく「怒りで全身発火」とかもありましたよね。
    スリラーバークでしたっけ。

    サンジさん、コンロ不要の最強コックですなw

  5. 匿名 より:

    最近ママっていうとロリキャラにばぶってるやつらの方が勢力強そう

  6. 匿名 より:

    サンジの騎士道精神は優しかった母親と助けてくれたレイジュから来てたのか。
    誰かに教わってたわけでなく自分で律してたのか。

    でもって、幽閉されてる時でも食事には苦労してなかったから、ゼフに会う前は料理を粗末にしてたってたわけか。

    しっかし、「レッドラインを越えるには天竜人の許可が居る」→「カタツムリ船で無断で越える」だったとはwww

  7. 匿名 より:

    確かにいまクリーク編読み返すと違った感じ方ができる

  8. 匿名 より:

    ただ、あんな闇を吐くくらい不味い飯を食わせたから母親死んだんじゃ・・っていう

  9. 匿名 より:

    死因サンジのまずい飯だったら笑えない

  10. 匿名 より:

    チョッパーと被るぞw

    サンジの特別は炎を出せることじゃなくて、熱に耐えられる強度だと思う
    炎自体は普通に摩擦で起こしてるのでは?

  11. 匿名 より:

    2年後サンジの発火はカマバッカに飛ばされた事への怒りが主じゃないかな

    サンジにもスパーキングレッドとかポイズンピンクみたいに何か能力が発現すれば良いけど
    ヴィンスモークと険悪なら可能性は低いか…

  12. SFF より:

    ワンピ最近見始めて過去編の事よーわからんけどこの話は泣けたわ(/_;)

  13. 匿名 より:

    サンジの特殊能力は目じゃないですかね。ずっと隠してましたし、SBSでも何か書いてたような気がしますし。

  14. 匿名 より:

    サンジの血液型が珍しいのも血統因子と関係…ないかな?

  15. わかこ より:

    血統因子操作=遺伝子操作は出生前、受精卵の段階で行われているのでしょう。いわゆるデザイナーベビーですね。

    おだっち、97年の米映画ガタカ、やっぱり観てると思います。
    近未来、デザイナーベビーが当たり前の世の中で、自然のまま生まれた主人公は、ある日勝てるはずのない弟に遠泳競争で勝ち、自分の夢を追うことを決めます。
     サンジの姓はヴィン(ワイン)スモーク(煙)ですが、この映画には主人公がワイングラスに紫煙を満たすちょっと印象的なシーンがあるんです。ある夢の場所をそのグラスで例えて、(行っても)「何もないかもしれない」「何かはあるさ」の会話の後に、煙の下のワインを飲み干すのです。

  16. 匿名 より:

    特殊能力は、

    地震=イチジ
    雷=ニジ
    火事=サンジ
    親父=ヨンジ

    毒=レイジュ

    と見た。

  17. 匿名 より:

    サンジがジェルマだったらバーニングイエローとかかな?

    これレイジュのキャラからして腕輪がフェイクの可能性もでてきた?

  18. 匿名 より:

    母ちゃんの名前なんだろうな
    ○○ジュなんだろうか