スポンサードリンク

『ワンピース』、前門の虎・軍艦!後門の狼・ビッグマム!これこそ尾田っちが描きたかったもの!?

10

押し掛け麦わら大船団物語Vol.12 サイ編

ベビー5ちゃん再登場キター!

最近はプリンちゃんが可愛い的な意味で猛威を奮ってますが、やはりベビー5ちゃんは良いね。サイが新首領となり「花ノ国」に帰国したら、そこで待っていたのは許嫁のウホリシアさん。ついに本編(と言っても扉絵だが)に登場したか。

許嫁ウホリシア「ねェ、結婚式の日取りなんだけど」

サイ「大事な話があるんやいウホリシア」

…と、男サイさん自らケジメをつける模様。

この結婚は、チンジャオが勝手に決めて、サイを認めて「許嫁は破棄する」(771話)と自分で言ってたのに、爺さんあんた見てるだけかよ!

<関連記事>

『ワンピース』、ミンク族と光月家が数百年待ち続けた「世界を夜明け」へ導くとは
『ワンピース』第877話 甘くない ワンピらしからぬシリアス一辺倒のカタクリ。チョッパーとブルックに一切手出しをしないで座って...
『ワンピース』876話 「プリン、偶然現れる!!」の細かいところ
押し掛け麦わら大船団物語Vol.11 サイ編 『八宝水軍 首領・サイ、帰郷』 新たな扉絵連載「押し掛け麦わら大船団物語」はサ...
『ワンピース』、ビッグマムを引き寄せる&時間って無理ゲーじゃないか…
唯一ママを止められるケーキを作って…!! あんた達を逃がしてあげる!! なるほどねー。 前回のラストで、シフォ...
『ワンピース』、プリンちゃんがぐうかわすぎる件
『ワンピース』第876話 プリン、偶然現れる!! だだだから何もあんたに死んで欲しくなくて わざわざママを止めに来たんじゃな...

押し掛け麦わら大船団物語の第三段「サイ編」は、ベビー5ちゃんが中心の女の戦いになるのでしょうか。「サイ編」というよりも「ベビー5ちゃん編」の予感。

あと「花ノ国」は以前にもちょろっと出てたけどかなり中華風ですね。「八宝水軍」って名称から、中国人民解放軍の前身である毛沢東が率いた「八路軍」が元ネタなのかな。

スポンサードリンク

ウホリシアンさん

77巻SBSより

D:サイの言い許嫁である「ウホリシア」とは、どういう女性ですか?いかにもゴリラっぽくて…たくましそうな人だなと思ったんですけど…。

O:目元のすずしげな、髪のキレイな女性だと聞いてます(そうコメントしゴリラっぽい女性を描く尾田っちであった)

SBSの一発ネタと思いきや、扉絵連載とはいえ本当に出てくるとはビックリですね。もともと「八宝水軍」の跡取りであるサイと、「二宝水軍」棟梁の娘・ウホリシアンと許嫁になったのも、合せて「十宝水軍」となる政略結婚で勝手に決められたことでありました。

そんで、ドレスローザ編でサイがベビー5ちゃんを妻にすると決めた(聞き間違い&自殺止めるのコンボ)流れでこの展開はなかなか興味深いですね。SBSのイラスト見る感じ、ウホリシアさんは親が決めた結婚でもかなり乗り気でサイラブって印象だし。どうなるんじゃろ。

さて、本編は一番のキモはペドロでしょうね。

ペドロはどうなるのか?

ペドロー!?

ルフィたち「麦わらの一味」こそ、ミンク族の悲願である「世界を夜明けへ導く」者達だと確信していたペドロは、チョニキとブルックを救うだけでなくこの窮地を脱する為にペロスペロー相手に自爆を試みます。

まあ、ペドロの自爆はヒヨコ男爵と雑兵を巻き込んで853話でもやってますが、あの時はダイナマイトを上着に巻きつけてたわけでなかったので、今回は爆撃を直撃してしまったと思われます

ペドロ自身、「おれはもう生きて故郷に帰る気など無い」と以前から言っておりました。今回もキャロットに「おれはこれを最後の旅と予感してた…!」と言い残していました。

ミンク族が数百年間待ち続けた「世界を夜明け」へ導くのはルフィ達であり、その為の礎となるなら喜んで己の命を犠牲にしようって心意気でもあった。ビッグマムに寿命抜かれて余命少なくもあったし。

ペドロは死んだのか生きてるか?が気になるところでしょう。

アラバスタ編のペルを思い出すのは自分だけではないでしょう。ペルは結局、直径5kmを跡形もなく吹き飛ばす爆弾を食らっても生きてたので、ペドロも生きてると思うし信じたいところです…。しかし!頂上戦争のエース&白ひげから、ワンピはリアルタイムで人は死なないと言い切れないので何とも。

生きてて欲しいけど、分からないのが怖いところです。

てか、ここでペドロが逝ったら因縁ありそうだったあの「ペドロだな…」って言ってたカボチャだか藁人形の人はまじで何だったんだろうか…

<関連記事>

『ワンピース』875話「女の仁義」のかゆいところ!
「雷雲」ゼウスと「太陽」プロメテウス ゼウスとプロメテウスとナポレオンはビッグマムの「魂(ソウル)」を直接与えられたホーミーズ...

また、ペドロの自爆で大爆発起こし、ペロスペローの魔法(チョニキ&ブルック固める、海を飴化して船を固める)を解いたとしても、まだまだ前門の虎(ビッグマム海賊団の軍艦)、後門の狼(ビッグマム)でして…。さらに対峙してるカタクリとピンチが続くのが厳しいところ。

今後はどうなる?

まさに「前門の虎、後門の狼」である

仮にペロスペローの飴固めを解いてクードバーストを使ったとしても、一時的に巻けるだけにしか思えんなぁ…。ビッグマム海賊団の軍艦に囲まれ、迫ってくるビッグマム、さらに船にはカタクリがいる状態である。大ピンチすぎる。

サンジがケーキを作って合流するまで、四皇の軍艦軍団とビッグマムを凌いで誘導するのはかなり無理ゲーにしか思えんが…。逆に、この状況下こそ尾田っちが描きたかった展開と一致します。というのも「ONE PIECE magazine Vol.2 」の尾田っちインタビューで今後の展開を聞かれ、「ワノ国」について語った後に描きたいものとして以下のように述べてました。

忘れてなければ「海賊らしさ」を描こうかな、と思ってます。まぁ、本来は海賊なのに、気が付いたら陸地で戦ってるのが『ワンピース』ですから。海は大変なんですよ。色々な描写にコマを使ってしまうし。でも、ちょっとそういうのを描きたいな、と。まぁ、変わるかもしれませんけど(笑)。

この時のインタビューで、尾田っちは『ワンピース』は海賊漫画なのに陸戦ばっかりになってしまってることを気にしており、そのうち海賊らしく海戦を描きたいなって言ってました。

そして、今のこの状況はどう見ても…!?

尾田っちが気にしてた海賊漫画なのに陸戦ばっかりなので、そのうち海戦を大変だけど描きたいなぁって展開になっている。今のビッグマム海賊団から包囲されてる状況は、完全に「海賊らしさ」の海戦そのものである。有言実行でしょうかね…。

<こちらもどうぞ>

『ワンピース』、終盤を迎えたビッグマム編で明かされてない謎!
次号、休載します。再会はWJ42号の予定です。 ジャンプに『ワンピース』と『ハンター』が両方掲載されているって夢のような奇跡の...

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ペドロはここで死んでも、マムにケーキを食べさせて和解した時に取られた寿命を返してもらえば生き残るから

  2.   より:

    >「八路軍」が元ネタなのかな

    易の「八卦」を大元の大元として、中国では紀元前の昔から八がおめでたい神秘の数ですからねー。元ネタを探ったらキリが無いかも

  3. より:

    海戦があるとすれば、ジンベエが9人目、操舵者として腕をみせる場面でもあるんだろうか。
    海戦って大砲打ち合ったり、操舵技術で切り抜けるようなもの?
    あとあるとすれば、サニー号に新たな新兵器か、
    ガオン砲が初の火をふくのか?
    でも、クードバースト使えなくなるから無いか。

  4. 匿名 より:

    ペドロのことはチョニキの見た男性の人魚がどうにかする感じですかねぇ…