スポンサードリンク

『スクールアーキテクト』、探しモノは何ですか?見つけにくいモノですか?


スクール・アーキテクト (1) (まんがタイムKRコミックス)

この4コマ漫画が超スゴイ!

すごい4コマ漫画に出会ってしまった。まいったな。

4コマ漫画の枠を完全に超えてしまっている。1巻の最初と最後で完全に別の漫画になっとりますやん。なんだこれ。凄い、凄すぎるよ。

スポンサードリンク

仕掛けがいっぱい!

まず、どんな漫画なのか紹介しよう。

『スクール・アーキテクト』とは、中学生女子たちの日常を描いた4コマ漫画である。目つきの悪い子の日常、セクハラ大好きな美少女、百合風味の野性児と委員長の仲良し、身長低い少女の友情などが4コマの中で描かれる。


1

大体、こんな感じの4コマ漫画です。

あえて述べれば4コマ漫画の起承転結を無視して1エピソード、8ページで1つの話になってる感じでしょうか。「きさまのまなざし」「ハラる」「委員長と野生児」「足長の君」…と、1話8ページで描かれる可愛い中学生女子の日常。

時に笑え、百合ったり、友情を描いたり。

ぶっちゃければ、可愛い女の子たちのキャキャウフフを楽しむものです。

わーお!典型的な萌え4コマ漫画ですね。

まあこれだけでも萌え4コマ漫画として結構良くでてると思うの(と言うほど萌え4コマ読んでるわけではないけど)。ギャグはそこそこの打率、女の子は可愛い、ちょっとグッとくるエピソードもある。まあ面白い萌え系4コマです。

ここからネタバレします。僕的には是非、なんの事前情報も無しにこの『スクール・アーキテクト』を読んでいただきたい)

私も最初は典型的な萌え系4コマだと思って、頭空っぽにして読んでいました。「誘木ショウコちゃんはエロい」とか「委員長が可愛いかった」とか「タマとミキの友情は胸熱!」といった感想を胸に抱いていました。うん、なかなか良い萌え系4コマだねって。可愛い女子中学生たちの日常を楽しんでました。

で、途中まで女の子ちのキャキャウフフを楽しんでたら…


2

『スクール・アーキテクト』#1

『スクール・アーキテクト』#1って、突然タイトルと話数のナンバリングがはじまります。

ん?これは?えっと、ひょっとして…。オーケー把握!今までの可愛い女の子たちのキャキャウフフは全て前振りだったのだ。序章だったんだ。

ここから始まるのだ『スクール・アーキテクト』が。

学校で謎の階段を発見し、降りてみることに…。幽霊が出るんじゃないか?拷問室か?まあ、物置ってオチかな。と、今まで通りキャキャウフフして階段を降ります。で、階段が崩れて辿りついた、その先は。変な所に繋がってました

3

『スクール・アーキテクト』#2

異世界でした。

なんすかこれ。

まるで、ジャンプで迷走して打ち切り漫画みたいじゃないですか。「閃武学園激闘伝」から「夜明けの炎刃王」にタイトル変わるぐらいの超展開じゃないですか。末は、よっしゃあああツッ!THE ENDォォ!!ですか!いや違う。いきなり超展開に見せかけて、これは凄く練られてた、最初から考えられていた超展開なのだ。

作者がデスノのキラばりに計画通りって笑ってる姿が想像できるよ。

我ら読者がビックリ仰天する中で超展開は続く。それがパズルをはめるようにスパスパと何かが繋がっていく構成。感動するシナリオ。完璧すぎる。実は、この異世界、超展開へ至る今までの典型的な萌え4コマの日常が凄く意味がある事だったりする。

探し物は何ですか?見つけ難い物ですか?

夢の中へ行ってみたいと思いませんか?

キャストは、今まで萌え4コマの日常で主役をやっていた個性豊かな女の子たちだ。迷い込んだ、この世界で学校生活をはじめます。おいおいなんぞこの展開は?それがマジで素晴らしいものだったりする。主演は2人の姉妹である。1人は前座ともいえる女の子たちのキャキャウフフの日常で脇役に徹していたコタちゃん。


4

このぶっ飛んだ異世界。

そこで繰り広げられる学校生活は、正真正銘楽しいスクールライフである。仲良しのみんながいる。なにより、足りなかったパーツがある。だから、コタちゃんは思うのです。

ここは、私が望んだ世界なのではないか?

ここは、私が願った夢の中なのではないか?



そう思うほど、異世界の楽しい学校生活がある。なぜかって、妹がいるからである。コタちゃんの妹・ハナは病弱で学校へ通えず入院していたのだ。そんな妹・ハナちゃんが一緒に学校生活を送る。ああ、この世界は私が望んだ世界だと思うのも仕方ない。

コタちゃんの夢の世界が具現化した夢の世界だと思うのも仕方ない。仕方ないよー!

ところがどっこい!
この世界はコタちゃん、お姉ちゃんが作った世界じゃなかった。

真の犯人は妹のハナちゃんだったのだ。

5

ラスボス、犯人は妹だった

これは元気な姉病弱な妹の物語だったんだ。

もう1人の主演は妹のハナちゃん。っていうか犯人だった

ここまでの持っていき方が凄いの一言。ゴイスー!圧巻である。鳥肌ものである。なんてこった!一見すると典型的な萌え4コマ漫画の皮を被った、重厚なシナリオ重視のストーリー漫画だったのである。

だって、妹のハナちゃんは病弱で学校へ行けません。

お姉ちゃんの友達の女の子たちは面白い子たちばかりですし。おすし。前半に描かれた、王道的萌え4コマの日常は本当に楽しそうでしたもんね。楽しい女子中学生のキャキャウフフがありますもんね。そんなん聞かされたら、誰だって一緒に学校生活送ってみたいと思うのは仕方ない。仕方ないよ!

6

仕方ない

突き抜けた個性がある面白いクラスの友人。

聞かされる、楽しいお姉ちゃんの友人達。そりゃ、一緒に学校でクラスメイトになりたいと願うのは当たり前ですよ。じゃあ、お姉ちゃんと個性豊かな友人たちと一緒に楽しい学校生活送ろうって、星に願いをかけちゃうっつーの。でも怖いっつーの

ある日、奇跡があった。2人の魔法使いが生まれた。

もし、願いが叶うなら…。

姉は当然の如く「妹の体を治してくれ」と願いました。妹は姉の願いを喜びます。でも…「体が治っても、私を置いて進んだ世界が怖い。

なら、いっそ全てが私の思い描いた世界を…」。この歪である夢の世界を作ってしまった。ご迷惑をおかけしました。でも、もう終わりにします。だけど、知ってしまった。楽しい学校生活という夢を。そこに気付くお姉ちゃん。

妹が犯人だった。ドラクエ風にいえば魔王バラモスだったわけです。もう十分楽しんだから現実に戻ろう、夢(学校生活)を諦めるとか言いだすわけです。悲しい顔で。じゃあ、お姉ちゃんやっちゃうよー!


7

お姉ちゃんたやっちゃうよ

ラスボスが妹なら真のラスボスになろうホトトギス

妹が魔王バラモスならば、お姉ちゃんは大魔王ゾーマになっちゃうぞ。代償はある。この夢を構築するのは血が必要である。お姉ちゃんは代償を払って新たな世界を作るのであった。

『スクール・アーキテクト』というタイトル。

「スクール」は学校。「アーキテクト」は設計。

いまここに、新しい学校を設計しよう。代償を払っている。この世界は長く続かないだろう。真の犯人、大魔王お姉ちゃんは既に犠牲を払い過ぎて限界ギリギリである。

これは、魔法を使って病弱になってる姉と。

大魔王のおかげで日々を元気に楽しい生活を送る妹の物語である。


8

病弱な姉と元気な妹の物語

ただの萌え4コマだと思ってた萌豚ども!
ハンカチの貯蔵は十分か?泣かせてくれる、震えさせてくる。とんでもない4コマ漫画があるぞ。

最初は王道萌え4コマ漫画で、そこから一気にストーリーで魅せ、終盤には感動すらさせてしまう。これは萌え4コマ漫画の皮をかぶった傑作だったのだ。凄い4コマ漫画だ。お勧め!

9
こ、これはただの萌え4コマじゃない
オ、オレの目はだまされんぞ。

とてつもなく凄い萌え4コマだ。
萌え系4コマ漫画のレベルを明らかに超えてる!

こ…超えている。

ま、まさか…。あ…あ…。

『スクール・アーキテクト』はスーパー萌え系4コマ漫画なのか?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする