スポンサードリンク

『ねむりめ姫』(宇仁田ゆみ)、すいみんすいみんすいみんすいみん不足


ねむりめ姫 1 (楽園コミックス)

『ねむりめ姫』(宇仁田ゆみ)を読了。
ジャンルを分類するのは難しいんですけど、寝ることに定評のあるおなむな女子高生・茨木夜寝子(ヨネコ)と眠りの精霊のおっさん・ネリムによるほのぼのあたたかな眠り系ドタバタコメディなり。

眠りの妖精というか要請係のおっさんネリムと巻き込まれ女子高生夜眠子(ヨネコ)。ちぐはぐな二人の息の合った日常とは!?コミカルでせつないウニタの魅力あふれる都市の差コメディ

オビの紹介より。

簡単にストーリーを説明すると。ある日、朝起きられずスヤスヤ眠る夜寝子を起こす変なおっさんが現れます。おっさんは眠りの妖精ネリム。普通の人は姿が見ることができません。

お仕事は人間の快適な睡眠をお守りすることなり。夜寝子は背中を「トントン」と叩いて赤子を寝かし付ける才能を見出されて、ネリムの仕事の手伝いをするようになる…というもの。


22
ネリムのお仕事を手伝う

基本的に、睡眠で問題がある人々を陰ながら安眠させてあげるという話です。
眠れない赤子だったり、夜更かしする同級生だったり、夜勤の看護師だったり、睡眠時間を削って勉強する学生だったり…。彼らを影ながら安眠させてあげるネリムと夜寝子。

まあ睡眠というのは本当に大切ですからね。
「不眠不休」「寝る間も惜しんで」なんて実際は非常に効率が悪いですし。

『ねむりめ姫』は睡眠の大切さを教えてくれる良いハウツー本の可能性が微粒子レベルで存在する。寝ることはとっても大事!

とはいえ、主人公の夜寝子はちょっと寝すぎでありますけど。
『ねむりめ姫』は睡眠時間を削ることはいけない、かといって寝すぎるのもよくないと教えてくれる正しい睡眠漫画なり。

基本一話完結の安眠漫画。正しい睡眠を教えてくれるものの、その中でも夜寝子を中心とて「友情」「家族」などを盛り込んで味わい深いです。

物語の根底(と思われる)眠りの妖精についても触れられ先が気になりまくり。睡眠を主軸にしながらヒューマンドラマを繰り広げます。


23
友情

特にお気に入りなのは花井さん。
もともと夜寝子自身が友達いない女子でしたけど、花井さんはネリムとの仕事がきっかけで出来たお友達です。

『ねむりめ姫』は主人公の夜寝子が少しずつ成長する物語という側面があります。その中でもはじめてお友達の花井さんとどんどん仲良くなる様子は一番成長っぷりが見てとれます。

何より女子高生がキャキャウフフしているのは一番の癒し!

また物語の根底(と思われる)眠りの精霊の後継者事情も興味深い。
ネリムの同期ウツラは「後継者か?」「マジで弟子にすれば?」と提案するなど、夜寝子に才能があり、なおかつ眠りの精霊という職業は深刻な人手不足のようです。


24

眠りの精霊は人手不足

夜寝子を眠りの精霊にしろと言うウツラとそれを拒むネリム。
当の夜寝子自身はネリムの後継者になりたいと考えていますが…。
というのも夜寝子はリアル生活は充実しておらず、特に家族関係はギクシャクして今の生活から逃げたいと思っております。それを見透かしているネリム。

おそらく、最期は夜寝子がネリムと一緒に眠りの精霊になるのか、離ればなれになって人として暮らすかがテーマになってくると思われます。

夜寝子は眠りの精霊の仕事を手伝うことで友達もでき自身も「ネリムが来てからちょっとはマシになったな」と回想してるようにリアル生活は段々と充実していってます。このまま上手くいけばやっぱ人と精霊でバイバイになりそうな感じだけど…。

また、わずかながらしかし明確に漂うラブコメ展開の行方も気になってくるね。


25
かすかに感じる

最初の夜寝子の印象はあんま可愛くないかなとか思ってたのに、気付けばどんどん可愛くなっていました。とてもいい娘だ。今後も夜寝子とネリムがどうなるか注目です。まる。

ねむりめ姫 1 (楽園コミックス) ねむりめ姫(1)

[まとめ買い] 新装版 うさぎドロップ
[まとめ買い] よっけ家族

ウニタワールド最新シリーズ!! 眠りの妖精というか要請係のおっさんネリムと巻き込まれ女子高生夜寝子。ちぐはぐな二人の息の合った日常業務とは!? コミカルでほろ苦いウニタの魅力満載なシリーズ♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする