スポンサードリンク

『CHERRY TEACHER佐倉直生』が完結である!

32

ジャンプ+で連載してた『CHERRY TEACHER佐倉直生』(立花和三)が連載終了してしまった。ほぼ確実に打ち切りである。ハッキリ言ってショックです。

なぜ打ち切るんだよ!「ジャンプ+」さんよ?ドラクエ風に言えば「それを打ち切るなんてとんでもない!」ですよ。

<未読の方はまずは読んでみてね>

『CHERRY TEACHER佐倉直生』(ジャンプ+)

この作品は一見すれば、男性教師が女子高生たちに囲まれてウハウハな男の夢と希望と理想がつまったものであります。そう!いわば教師ものですよ。いまだからこそ求められる教師像がそこにあったのではないでしょうか。理想の先生がいたんです。

だってさ。

この佐倉先生は古き良き熱血教師だったからね!

33

いまどき珍しい熱血教師ですよ!

全力で生徒と真正面からぶつかっていきます。色んな意味で熱かったのです。

いやー。本当にいいものですよね。熱血教師って…。

女子生徒と全力でぶつかる姿に何度も胸も他のところも熱くさせたものです。全力でぶつかればいつか分かりあえる!それが教師と生徒の絆ですよ。

というのも『教師モノ』の歴史を紐解けば原典は熱血教師じゃん?

1960~70年代にかけてはドラマで熱血教師ものが大ブレークします。どこもかしこも熱血教師ですよ。熱血教師と強く結びついていたのが「スポーツ」です。スポーツして問題児も青春して何か色々と解決ですよ!問題児の生徒であろうと、夢中になれるものがあれば更生しちゃうわけです。不良だってアメンボだってオケラだって真っ直ぐ青春するご都合主義万歳です。夕日に向かって走るのです。これが教師モノの原点!

1980年代からは教師と「スポーツ」は切り離されていきます

やはり代表的なのは『金八先生』シリーズでしょうか。別に問題児を更生させるのに「スポーツ」などやらなくても、真っ直ぐに向き合えば心を開いてくれるようになります。スポーツなどのような一つの集合体に問題児を一気にぶち込まず、一人一人の生徒との絆をテーマにするようなね。各生徒が詳細にキャラ立ちするようにもなるわけです。

90年代~2000年代になって教師が問題児化していきます。

走りはなんだろ…『はいすくーる仁義』かな。ヤクザがたまたま教員免許持ってるというアクロバティックなものでした。そして、ヤクザだとか元不良とか無気力野郎とか元殺し屋だったり…と、一見すると教師にに相応しくない、個性溢れる世間的には問題ある先生が増えていきます。

スポンサードリンク

超いい教師だった

まあ、ざっとそんな流れがある教師モノであります。・

でだ。この『CHERRY TEACHER佐倉直生』は教師系作品の歴史を全て踏襲してて、尚且つノリとテンポの良いギャグ漫画だったわけです。あとエッチだった

つまり、最高の教師漫画だったわけです。創作作品の教師が生んだモンスター…最終到達点だったと思うわけ。熱血で、個性的な生徒と向き合い、助平(生徒に対して自制心を持とうとしてた。出来てなかったが)で問題ある…最強教師じゃん!

34

最低の教師だった!だけど最高だった!

そもそもギャグ漫画で熱血教師とか面白くないわけないんだよね。キレのあるギャグ、テンポの良い掛け合い漫才、圧倒的な勢い。女子生徒の可愛さとエッチさ。全てが揃っていたといえる。

読んでて「うわっ…この教師、頭悪すぎ…」(褒め言葉)と思ったことか。生きる悦び…失礼噛みました。生きる喜びを与えてくれたわけです。ゆえに、残念無念ですよ。この漫画が打ち切られると生きる楽しみ無くなるじゃん。教師モノの最終到達点だったわけですよ。何より残念なのは松風先生ですよ!

35

見た目はどう見ても幼ない女の子。完全なる合法!

お兄ちゃんなんて呼んできて一発で僕らのハートを奪っておいてさ。「じゃ来週からよろしくね」って、出て来なかったじゃん!いや、最終回でちょっと出てきて自虐してないでさ。何だったんだよ!夢見させるようなことするなよ!(小暮風に)

てかごめん。色々と壮大に語っておいて、ここまで書いて何言いたいのかまったく分からないねこの記事。ちょっと新しい環境で調子が分からス。アッチ行って、コッチ行ってなんなんだろね。自分、途中で脱線したりネタに走ったりして、戻り方を見失う…それ以前に、何を主張したかったのか分からなくなるのである。最初から迷子だった!

だからこそ、何かいい風にまとめてた『CHERRY TEACHER佐倉直生』最終回はちょっと感動してしまった。

36

すっげぇな。

何の脈略もなく強引に「良い話」で締めやがったぜ。

ラストの全員集合には、よく分からんが感動してしまったし。なんのかんのでギャグもえっち度も全て好きだったな。終わることが名残惜しすぎる。

終わり良ければ全てオーケー牧場だってことだね。というわけで、いいですか。例え面白くない記事だったとしても笑って終わらせましょう。最後は笑顔でってな。

CHERRY TEACHER 佐倉直生 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2015-04-03)
売り上げランキング: 2,638
CHERRY TEACHER 佐倉直生 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-02-04)
売り上げランキング: 2,819
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. aby より:

    これ打ち切りショックだわ~
    ジャンプ+で一番好きだったからなぁ
    隔週でページ数すくないけどキレがあったから楽しめたのに
    残念だ・・・

    • yamakamu より:

      >これ打ち切りショックだわ~

      本当にショックですよね。
      キレと勢いあったのに…残念です。

  2. iitikubi より:

    スマホで見るとアドセンスが同時に2つ連続で見れちゃってますので、修正した方がよろしいかと。

  3. ななし より:

    好きな作品だったので残念だけど次回作に期待かな
    佐倉先生の内にいる悪魔と葛藤する回とか特に面白かったですけど(教頭のちちをどうこうの話とか)

  4. 匿名 より:

    これめっちゃ面白くて好きだったのに人気なかったのかな?
    ギャグのテンポも絵もかなり上手かったので次も楽しみ