スポンサードリンク

『恋は雨上がりのように』4巻 思わず「ふつくしい…」とつぶやきたくなる


恋は雨上がりのように 4 (ビッグ コミックス)

どうしてこんなに胸がキュンキュンするの?

オレ内部ナンバーワン少女漫画は間違いなく『恋は雨上がりのように』である。

いや、描かれるコードは少女漫画ですけど正確には青年漫画なんだけどね。

というか週スピ移籍とか週刊でこのクオリティー落とさないか心配してしまうよ。大丈夫だろうか…。

4巻も実に素晴らしい。大変素晴らしい。

「胸キュン」と「胸イタ」が絶妙にブレンドされた甘味と苦みのバランスはコクがある深い味わいとなっています。

90年代のトレンディードラマを彷彿させるような遠回りラブストーリーっていうのかな。

王道ながらも一筋縄ではいかない様子が私の心の琴線を鷲掴みです。懐かしさすら感じてしまいます。

スポンサードリンク

描写がとても丁寧

あきらの描写の一つ一つの仕草が丁寧で思わず息を飲んでしまう生々しさがある。

透明感ある雰囲気の中で一層際立ってるよね。『恋は雨上がりのように』の凄いところは、詳細なモノローグ語らずを表情と言動で見せるところですよ。もうね、あきらの一挙一動に胸がキュンキュンしまくるんじゃ。


12

さあ!盛り上がってまいりました!

物語的にも一つの山場といえる店長が思わず抱きしめちゃうである。

キタキタって感じでドキドキするっちゅーの。

店長視点からのあきら、あきら視点からの店長を描き別けることで、2人のキャラクターが細部まで身近に感じられて感情移入するのも『恋は雨上がりのように』の特筆すべき点であります。

んで、25話は店長視点で思わずあきらを抱きしめて、26話はあきら視点で店長に抱きしめられて…と描かれるけど心の声が一切無いのね。


13

 店長に抱きしめられて

店長に抱きしめられて抱きしめ返すあきらである。

普通だったら「うそ!店長が?」とか「ど、どうしよう!?」とか「嬉しい…」といったモノローグが入るものなんですけど、あきらの心情の深いところは語られない。

代わりに、あきらは表情や行動で語る

文字はないけど心情描写がとても上手い。

あきらの言葉や仕草や表情から、それこそ息づかいまでを丁寧にリアルに生々しく描写するもんだから。

あきらが店長をどんなに好きかっていう感情表現がよく分かります。

一つ一つの表情や仕草をじっくりと舐めるように見ちゃいますよ。

今あきらの心の声は「~」だなとか想像しながら。

14

あきらは表情や仕草で語る

また、この漫画はカメラワークが固定されているのも特徴的。

数コマ同じカメラワークで連続して描かれ、その間と間のちょっとした変化を楽しめる。

映画ではフィックス(固定)撮りと呼ばれていまして、画面に落ち着きや客観的な画になると言われています。それが、表情で語るあきらとマッチしまくりです。表現が8ミリ映画チックなんだよね。いと懐かし。

うむ。あきらが可愛すぎる。もう純愛すぎる。

健気で可愛く気恥ずかしいくらいの純愛っぷりは最高にドキドキするってものです。

ちょっとした嬉しい表情とか困った表情も良いっすなぁ。

またビジュアルも可愛いを具現化したらこうなりましたってぐらいの可愛さだからね。特にちょくちょく髪型を変えるのが反則的な可愛さ。

15

髪型変える

三つ編みあきらがめったくそ可愛かった。

個人的なベスト可愛いで賞は三つ編みあきらですね。

私服も含めて目で見て楽しめる。

なんだこの可愛い生物はって何度も思いましたもん。

愛でるだけで清涼効果すらある。

あきらの可愛さは天井知らずで、巻が進むにつれ恐ろしいほどの可愛さを叩き出すってんだからマジ天使ですよ。

天使で溢れかえる恋愛漫画界ヒロインにおいてもあきらほどの天使はなかなかお目にかかれないんじゃないでしょうか。ひたすら真っすぐで、純情一途なあきらの姿勢は読む者を魅了してやみません。つまり、あきら大天使という単純な結論になるのであった。

あきらの可愛さしか語らなかったけど、4巻は他にも見所満載でしたね。

恋愛方面だけでなく、『恋は雨上がりのように』は挫折からの浮上というか止まった時計を動かすってのが一つのテーマになってると思うんですけど、その辺りにスポットを当ててなかなかどうして。

特に店長のエピソードは胸熱!

16

31話

ふつくしい…。

詩的なナレーションがスゴイ。

純文学ならぬ純漫学とでも言えばいいのだろうか。

普通だったらポエム臭いわって思うところなんだけど、この漫画の場合、うまく情緒にハマっており高揚感がありますな。4巻ラストの詩は余韻に浸れる綺麗なもので何度も読み返してしまうぐらい素晴らしいものだった。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする