スポンサードリンク

『ハッピーシュガーライフ』、嘘つきさとちゃんと忘れたしおちゃん 幸せの背景は不幸


ハッピーシュガーライフ 2巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) ハッピーシュガーライフ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER)

可愛いいいいいいいいいい!
うわああああああああああ!

これは純愛の物語である事は間違いない。

間違いないのだがかなりヘビィな漫画でもあります。

とっても可愛いし面白い。面白さも重いけど

『ハッピーシュガーライフ』は砂糖菓子のような甘い甘い展開とブラックコーヒーのような苦い苦い展開を同時に平行する危うさのバランスが絶妙である。「純愛サイコホラー」という言葉がピッタリはまりますな。可愛らしい絵柄でいい感じに狂ってる

松坂さとうには、好きな人がいます。一緒に暮らして愛を語り合うと、とても甘い気持ちになるのです。きっとこれが「愛」なのね。彼女はそう思いました。こ の想いを守るためなら、どんなことも許される。騙しても犯しても奪っても殺してもいいと思うの。戦慄の純愛サイコホラー。

<レッツ1話を試し読み>
『ハッピーシュガーライフ』(ガンガンジョーカー公式)

スポンサードリンク

スゴイ漫画だ

主人公の松坂さとうは男遊びが盛んだった女子高生。

ところが1人の少女・しおちゃんと出会って一緒に暮らすようになる。

しおちゃんに出会い真実の愛を見つけたと男遊びを止めて一緒に暮らすためにバイトを頑張るなど日常の生活が変わる。いいですね!無知で純粋で可愛いしおちゃんのおかげで荒んでた心が癒される女子高生って!


12

さとうはしおちゃんの存在で救われるんです!
「私の瓶(こころ)を満たしてくれる」「きっとこのキラキラしている感情が愛と呼ばれるものなのね」と癒され幸せを感じる。

さとうの気持ち分かります。分かりますよ!

毎日、社会の歯車として揉まれると心がダークに染まりますからね。癒しを求めちゃうんです。一番の特効薬は「可愛いもの」です。可愛いは正義とはよく言ったもの。濁ったソウルジェムを浄化するのが可愛いです。

しおちゃんは本当に可愛いですからね。
枕草子でこんな一文がある。「なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。」とすずめやヒヨコや幼子をみなうつくしと述べる。何でも小さいものはみな可愛いって事です。

さすが清少納言だぜ!

約1000年前から人の真理を説いてる。小さいものは可愛いんです。やさぐれた心を浄化してくれる。しおちゃんは小さくて可愛い。これ大正義なり!


13

しおちゃんは大正義なのだ

いとうつくし。

心が飢饉だった女子高生・さとうが少女・しおちゃんに出会い日々を過ごす内に不足しがちだった心に癒しを摂取する、読んでてほのぼのするような、口元を緩めるような、とろけるような甘い糖分満載な…とても幸福感を感じる漫画です!タイトル『ハッピーシュガーライフ』とは、幸せな甘い生活そのままな意味ですね。

いやー最高です!

さとう同様に読者の我々の乾いた心も癒される。

さとうはしおちゃんと2人で生活するために頑張り、家に帰ればしおちゃんに癒される。『ハッピーシュガーライフ』はサバンナにおけるオアシスなんだ!2人の幸せで糖分たっぷりな生活を見守りたいものです。甘いよ!幸せだよ!

ところがどっこい!

14

!?

なに

 これ?


すごく猟奇的です…。

さとうとしおちゃんが住む家。開かずの部屋があり、そこにはバラバラの死体が袋に詰まっていました。

ありがとう、結構住み心地いいよ。あなたの家」って…誰か他人の家の住人をブチ殺して、そこでしおちゃんと2人で住むようになったのだろうか。めちゃんこ怖いんですけど。そう!甘い砂糖菓子のような生活は猟奇的なサイコの上に成り立っているのです。

さとうが外で見せるサイコな表情がたまりません!

グルグル目がいいね。ゾクゾクしてしまいます。これもヤンデレの一種なのでしょうかね。

超病んでるんですけどそれが良い

狂気の域に達してるさとうが何でこんなに病んでるのかというバックボーンが物語の核心になりそうで、小出しで見せる内面が痛くて切なくて愛おしくすら思えてしまう。自分の心を「瓶」に比喩させて割れていく様子が過去と絡めて上手い。

愛を知らず愛を求めるさとうの素晴らしいキャラクターメイキングよ。

まだ背景が全て語られてないのにキャラが立ちまくってる。彼女のおかげでストーリーが萌え萌えな方向にもグロテクスな方向へも自然と進めている。

また、しおちゃんの存在も謎です。

15

探してます。神戸しお

えええぇぇぇぇ!?

家でさとうと幸せに暮らすしおちゃん。

外では「探してます」という尋ね人のチラシが街中に溢れています。ひょっとして誘拐したのだろうか?監禁してるのか?でもしおちゃんは幸せそうだし。というのも、しおちゃんは記憶喪失の節が伺えて何かあった様子が伺えます。なんだこの2人は…。

さとうとしおちゃんが「なんで一緒に住んでる」のかはまだ分かりませんけど、2人ともそうとうな紆余曲折があって今の生活になった事でしょう。

今の生活になる「まで」と「これから」の過去現在未来どの時間軸も先が気になってページをめくるのが止められない!止まらない!のかっぱえびせん状態。伏線の貼り方と緊張感が見事。

2巻で外に出たしおちゃんは断片的に何かを思い出しそうなんですけど、その様子がね。

いいんだ。怖くて震えるしおちゃんにサイコホラーの真髄を味わったね。怖がり役としてのリアクションがグッドだよ。

16

しおちゃん何かを思い出して怖がるの図

この漫画はサイコホラーとしても味わい深い。

ホラーってのは怖さがキモでしょう。その恐怖感ってのは、「日常」から一線引かれたあっち側にある「非日常」とのギャップというか見たくないけど目を背ける事も出来ない感じだと個人的に思うわけ。「驚愕」と「恐怖」は違うっしょ。しおちゃんの怖がりっぷりはなかなかどうして。さとうの外敵を排除する怖がらせっぷりも至宝。

作中では「怖がらせ役」のさとうと「こわがり役」のしおちゃんというのも面白い図式だ。

いや、さとうがしおちゃんを直接怖がらせる事は「今のところ」無いけど、怖がらせ役と怖がり役が幸せそうに暮らすのが歪で『ハッピーシュガーライフ』という作品を体現してるなって。

黒と白の歪さが『ハッピーシュガーライフ』のキモだね。
家で抱き合う2人の描写が芸術的ですらあった。

17

白と黒

2人が抱き合う姿が美しい。同時に床映る2人が真っ黒

キラキラ輝く2人はドス黒い上に成り立ってる様子が表現されたようなワンシーンである。僕は漫画読むスピードくっそ早いんだけど、思わずページをめくるのを止めてしばらく見惚れてしまいましたね。

身の毛のよだつおぞましさと眩しいぐらいに煌めく美しさ。

さとうは天使であり悪魔だね。人間の高貴さと邪悪さがこれでもかと同時に味わえる。シナリオ回し、キャラ立ち、可愛さ、怖さ、全部良い。『ハッピーシュガーライフ』の裏にあるサドソルトデスとでも造語しようか、悲しくしょっぱい死が楽しみと同時に読むのを畏怖する。つまり先が気になる怖いもの見たさだね。面白かったです。お勧め!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする