スポンサードリンク

『毎度!浦安鉄筋家族』、2017年のプロ野球は浦鉄が預言者や!広島カープ優勝ネタは凄い!

2

『毎度!浦安鉄筋家族』338話 黒のカリスマ

カープ優勝おめでとう!!映画『ダンケルク』最高!!今んとこ今年ベスト。是非I MAXで。(チャンイピオン2016年43号巻末コメント)

広島カープ優勝おめでとうございます。

それにしても『浦鉄』のこのネタを今週持ってくるとか…浜岡賢次先生はすごすぎる

早くも『浦鉄』でカープ優勝ネタを描いており、巻末コメントで祝福したわけですが、木曜のチャンピオン発売日は21日ですよ。カープ優勝決めたの18日だから3日後ってリアルタイムっぷり。広島の優勝を見る前に原稿を上げていたのは明らかです。これが本当に偶然と奇跡の産物なんですわ。

もし連敗して21日までにカープの優勝決まらなかったらどうなっていたのでしょうか…。すごい勝負師です。しかも2年連続の荒業ですからね!

スポンサードリンク

去年の『浦鉄』でも…

289話 死霊の胴上げ

2016年の広島が優勝を決めたのは9月10日(土)で、その5日後のチャンピオン掲載号が広島優勝ネタでした。20巻のコミック後書きでは以下のようにコメント。

カープ、リーグ優勝の5日後発売のチャンピオンに載せられた。原稿が先行してるからできた荒業。

優勝自体はもうほぼ確実視されてたけど、優勝する週に載せるのはかなり博打ですね。去年は優勝の5日後、今年は優勝の3日後のチャンピオンで広島優勝ネタを載せるとかすげーよ!マジで!去年よりも荒業で奇跡的なのである。

だって、2017年広島が優勝決める前後の成績は以下のようなものですから。

9月16日 対ヤクルト 4-5 ●
9月17日 対ヤクルト 中止
9月18日 対阪神 3-2 ○
9月21日 対阪神 5-7 ●

19~20日に試合がなく、結果的に18日に優勝決めてなきゃチャンピオン発売日に間に合っていなかった超デンジャラスなギリギリの綱渡り掲載だったのです。奇跡のような現実!

まじで奇跡のネタ掲載と現実のリアルですよコレは…。いかに今週の『浦鉄』の広島優勝ネタが賭けであり神っていたのかご理解頂けたかと思います。

ひとつ間違えれば「Vやねん!」も裸足で逃げ出す大恥になるところだったのに、見事に広島が優勝した3日後に広島優勝ネタを掲載したチャンピオンと浜岡先生は「持ってる」としか言いようがありません。

逆に「持っていなかった」と言わざるを得ないのは水島新司先生です。

水島先生も以前はリアルタイムで…むしろ先行して原稿を描いていたためにある悲劇が生まれてしまうのでした。それが『あぶさん』の2004年と2005年の日本シリーズである。

ホークスは2004年と2005年のレギュラーシリーズは1位だったのですが、プレーオフで2004年は西武に、2005年はロッテに敗退してしまいました。『あぶさん』では先行して日本シリーズを描いており、もちろんホークスが出場していました。悲しい事件である。

『あぶさん』の悲劇

2004年と2005年の悲劇

2004年はリアルよりも先行してホークスと中日の日本シリーズをやったのが『あぶさん』。岩瀬のスライダーをスタンドに運ぶものの腰を負傷してしまう…ところまで描いてからの嫁・サチ子の夢オチ!結局、腰の怪我も含めて無かったことになるのでした。かなりの激戦だっただけに「なんだかなぁ」です。

続けて2005年もホークスは1位になるもプレーオフで敗退。『あぶさん』では、阪神との日本シリーズがリアルよりも先行して描かれ、あぶさんは「1番DH」で出場。1戦目で下柳をフルボッコにして、2戦目も「1番DH」で先発…まで描かれて、今度は息子・景虎の夢オチになるのでした。

今や伝説と語り継がれる『あぶさん』の2年連続夢オチ日本シリーズである。悲劇としか言いようがありませんね。ひとつ間違えれば、『浦鉄』も悲劇いや喜劇になってた可能性もあります。まあ、実際に、『浦鉄』の野球ネタは久米田先生もビックリの週刊誌らしからぬリアルタイムが売りでもある。

そして、浜岡先生の「持ってる」っぷりは春にも証明されています。

322話「ハムガム」

ハムガム(5月25日発売のチャンピオン掲載)

今年の『浦鉄』は322話「ハムガム」でも、野球ネタをやっており、カープ大好きっ子の勇ちゃんがロッテファンの涙を畜生煽りしまくり。ロッテはロッテでハムと最下位争いをするというネタでした。

これが掲載されたのが5月25日発売のチャンピオンでした。

刮目すべきは、この時の巻末コメントである。

今回の話を描いてた頃は間違いなくカープ強かったんですよ。逆にロッテは今ほどボロボロでなかった…。

リアルプロ野球では5月6日で、広島は首位陥落してしまい阪神が1位でした。原稿を描いて時は広島が強かったけど、巻末コメントを書いてた時は広島が首位陥落したのでしょう。それを指してのコメント。しかし、5月25日発売された号から3日後に広島は首位奪還して、そのまま優勝へ突っ走りました。

つまり、この話が掲載された週と話で何の違和感もないのである。むしろ巻末コメントのほうが後から違和感を感じるレベル。カープは浜岡先生の謎の「持ってる」っぷりに感謝してもいいかもしれない。優勝を決めた週といい広島首位週といい、掲載された通りに現実が追いつくのである。浜岡先生の予言ならぬ未来原稿掲載ですよ。

今までバリントンネタやったら2週間後に退団するとか、『浦鉄』は「持ってない」と思ってたけど、2017年のプロ野球に関しては間違いなく何か「持って」ます。はい。

勇ちゃん可愛い

勇ちゃんの畜生っぷり

それにしても、近年の勇ちゃんの畜生っぷりは凄まじいものがありますね。私はマリーンズファンなのですが、『毎度!』で勇ちゃんが出た当初はロッテのほうが上の順位で涙くんに広島は無い的に煽られて「キュン!」となったり、普段はドSなのに実はドMキャラだったのに…。

ここ数年は完全に広島が常勝軍団と化して、野球に関してはMキャラでなく畜生ドSキャラとなっておる。涙のほうが畜生やったんやけどなぁ(遠い目)。今までの勇ちゃんカープネタは傑作揃いで、野球好きなら必見なんですが、今年に関しては322話の勇ちゃん「広島絶対!日本一宣言」こそ注目すべきものである。

広島が日本一にならなかったら?

今年のカープは200%日本一になると春の段階で言っていた勇ちゃん。もしならなかったら「来年ジャイアンツ応援するよ♥」と堂々の宣言である。今年のプロ野球も残すところ僅かですが、勇ちゃんが広島日本一にならなきゃ巨人ファンになるという壮絶な前フリがどうなるかにも注目です。

2017年に関しては原稿載せた通りに現実が追いついているぐらい神ってるので、ひょっとしてカープは本当に日本一になるのではないかという気がしないでもないです。

今年のプロ野球は『浦鉄』が預言者のごとく先行してリアル世界が追いつくので、「ひょっとしたら?」があるね。まあ漫画的にはどっちに転んでも美味しいけどな。クライマックスと日本シリーズが楽しみです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    浜岡賢次先生持ってますね~
    マリーンズファンだったんですか!今年はなかなか辛い一年でしたね・・・伊東監督お疲れ様ー

  2.   より:

    むかし、パンダの赤ちゃんを題材にしたらパンダの赤ちゃんが死んで打ち切られた、最高に持ってない漫画があったな……

  3. 匿名 より:

    浦筋も野球も好きだけど、ここ数年野球ネタが多すぎて、ちょっと辟易、、、

  4. 匿名 より:

     一番持っていなかったのは「パンダの子」だと思いますけどね。「あぶさん」は覚悟の上で描いていたでしょうから。

  5. 匿名 より:

    あぶさんて初めの頃しか読んでないけどこんなことしてたのかw