『MAJOR 2nd』第215話「河川敷の事件」感想 火力強すぎて焼きすぎな睦子さんとサイドスロー覚醒説!

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

『MAJOR 2nd』第215話「河川敷の事件」

 

なんか事後みたいな絵面がより睦子の悲壮感を高めますね。

 

大吾をデート…もとい練習に誘ったら用事があるからと断られて、道塁ちゃんと逢引してる瞬間を目撃してしまったわけですからね。家政婦は見たならぬ睦子は見たです。そりゃ居たたまれない気持ちにもなりますって。逃げ出したくもなりますって。

 

※『MAJOR 2nd』も初代『MAJOR』もサンデーうぇぶりで無料で読めるぞ。

 

215話「河川敷の事件」

大吾の言い分

道塁ちゃんの右投げ練習に付き合うため、道塁ちゃんから内緒にしてと頼まれたからと取繕ってますけど、なんか浮気の言い訳のように聞こえるのがツボですね。

 

だって4人で練習するかって聞かれれば断ってますからね。道塁ちゃんとマンツーマンで知りたいことがあるともで行っちゃってるし。2人きりで練習したいと言ってるようなものです。

 

そりゃ睦子も怒りますって!

睦子さんのヤキモチ

 

「気づかなかった」「よく聞こえない」って…。

なんか大吾はラブコメにありがちな鈍感難聴主人公みたいだ。

 

趨勢が道塁ちゃんに傾きすぎるせいで、かつてない怒りを見せる睦子であった。前回までの怒りをさらに超えてる。闇落ちした女みたいになっています。ここまでのヤキモチ焼きは「可愛い」と言えるものでしたが、そのラインを余裕で超えてる。

 

あの…今回の睦子さんのヤキモチはあまり可愛くないっす…

 

一口にモチを焼くと言いましても、これがなかなか奥が深いものでして。ただヤキモチ焼くだけならば簡単なのですよ。ただし、美味しく頂くには絶妙な火加減が必要でして。可愛さが欲しいわけでして。ぷくっと膨らんで旨味を最大限に引き出すヤキモチが好きなわけです。

 

例えるなら大吾の母親・清水薫みたいな!何度も何度も絶妙な焼き加減(怒りともいう)でモチを焼いてこんがり絶妙な美味をみせてくれましたからね。今回の睦子は焼きすぎて黒焦げにした感すらありました。

 

まあ、この焼きすぎっぷりはこれから美味しくなるための布石でしょうけどね。

泥棒猫

※メインヒロインです

 

どさくさで「泥棒猫=大吾は私のもの」って意思表示である。いやお前のものじゃねーだろというツッコミつつも、嫉妬に燃えて本音が出てるのは悪くない。

 

が、悲しいかな睦子はこの状況下でも自分の気持ちに気づいてませんからね。

 

サンデー読者が見たかったのは、「あれ?なんで私こんなに怒ってるんだろう?」とか「大吾と眉村さん見てると胸が苦しいの」とか、そういうあざといのだと思うんですよね。

 

睦子に必要なのはあざとさです。

 

 

そんな風に思ってたけど、尻のあざとさは良かった。「MAJOR」とは「つこがざとくっくり堪能できるしりをスペクトする」の略だったという噂は本当だったか。

 

あとこのぐらいのジト目の怒りモードはやっぱ可愛いのう。

 

道塁ちゃんの合流で睦子視点に焦点当ててるのは、睦子が気持ちを自覚するための前フリなのは間違いないでしょうけどね。

 

農業で言えば、「種まき」「水やり」「肥料」が完了したようなものです。

ここから我らが美味しく頂く収穫の季節が来るはず!

寿きゅん監督にチクったやつ

 

やはり勝手に変化球を覚えようとした睦子は怒られてしまったか。

ただ問題は誰が寿きゅん監督にチクったかです。

 

睦子は大吾か道塁ちゃんが密告したのではないかと疑心暗鬼になっておりました。おそらく、仁科借りるって報告した千代姉だと思いますけど、この「すれ違い」はとんでもない事件に発展しそうな予感。

 

もしも、大吾や道塁ちゃんを犯人と決めつけて衝突するならばヤバイことになるぞ。「誤解」「すれ違い」によってラブコメ戦線の勝敗を決した事例を我々は知っている。

 

『いちご100%』の東城綾である。運命のいちごパンツの持ち主でパッケージヒロインで、どう見ても正ヒロインだろうと言われた東城であるが、弟に抱きついたところを真中に見られ勝手に勘違いされ、西野に電光石火の朝チュンを決められたのである。

 

「東城の悲劇」と呼ばれる大事件である。睦子もこの「すれ違い」「誤解」(多分)で敗北ヒロインになってしまう可能性は無きにしもあらずである。

 

なんか野球でも恋愛でも負けヒロインみたいな感じになってるが、描写だけ見ると睦子はワンチャン凄い可能性を秘めてる。サイドスローである。

睦子のサイドスローを考える

 

 

まだ何とも言えないけど、描写だけ見ると怒り狂ってブレーキ効いたカーブを成功させた睦子の東急はサイドスローに見えた。

 

道塁ちゃんは「オーバースロー>サイドスロー」だったけど、ひょっとして睦子は真逆で「サイドスロー>オーバスロー」なのではないかと思ったり思わなかったり。現時点では判断つかんが…。

 

エースとしてショボショボの睦子であるが真のエースになるのではと想像させるポテンシャルを見せたような気がした。まだまだ睦子は投手としてもヒロインとしても覚醒があるって!多分な!

 

あと、勝手に指示無視して変化球練習した睦子を注意した後の寿きゅん監督の含みのある表情がちと気になる。怒ってるというより真面目モードで真剣に考えてるようにも見える。さすがに見たわけじゃないのでサイドスローの才覚とか見抜いてるわけないでしょうし。どういう意味だろ。

風林のポジション

来春の風林ナイン予想
投手 佐倉睦子、仁科明、藤井千代
捕手 茂野大吾
1塁 椛島アニータ
2塁 沢弥生
3塁 関鳥星蘭(眉村道塁)
遊撃手 相楽太鳳(千葉拓巳)
外野手 藤井千里(眉村道塁、佐倉睦子、仁科明、藤井千代、千葉拓巳、郷田早苗)

 

大体のポジション見えてきましたかね。

道塁ちゃんの送球見てると外野もできそうな感じがある

 

道塁ちゃんを外野、遊撃ポジション争い負けた方…多分キノコを外野に回すと全ポジション埋まるよなぁ。ピッチング練習しかさせてない投手陣はマジで投手専任に出来るかもしれん。投手陣を投手専任にできる層になってるよね。

 

とにかく、お着替えすら「おあずけモード」なのではやく合宿でお風呂が見たいっす。まる。

 

『MAJOR 2nd』が無料で読める

サンデー公式アプリ「サンデーうぇぶり」なら満田先生の初代『メジャー』『メジャーセカンド』も『健太やります』『BUYUDEN』も無料で読めます。他にもわんさか無料で読めるぞ。

 

【無料で読める作品】

・メジャーセカンド

・メジャー

・BUYUDEN

・健太やります

・名探偵コナン

・湯神くんには友達がいない

・だがしかし

・ゴーストスイーパー美神

・初恋ゾンビ

・H2

・タッチ

・神のみぞ知るセカイ

・ハヤテのごとく!

 

たくさんの新旧サンデー名作が読むことができます。

無料ですので通学や通勤のお供に是非アプリを入れてみてください。

 

 

まんが王国

・毎日最大50%のポイント還元なのでまとめ買いするなら一番お得
・無料漫画が常時3000作品以上!
・数十ページ~1冊丸々無料で読める「じっくり試し読み」
・月額コースのボーナスポイントで超お得になる

ebookJapan

・新規で登録すれば6回まで50%OFFクーポン
・定期的にオリジナルのセール開催
・約9,000冊の漫画が無料で読める
・Tポイントが使えて溜められる

DMM電子書籍

・新規で登録すれば全作品7日間50%ポイントバック
・250,000冊以上の取り揃え!
・ムフフな成年タイトルに強い
・最大100%OFFのオリジナルセールが豊富

MAJOR 2nd
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
注目新作アプリゲーム事前予約受付中
画像なし
It's a Small RomanTick World
【公式】It's a Small RomanTick World/
ヤマカム

コメント

  1. 匿名 より:

    私はトシくんに言ったのは道塁ちゃんかと思いました。
    勿論嫌がらせとかじゃなく、肩を壊した自分の経験から、自己流で変化球を覚えようとする睦子のことを心配したって理由で。

  2. 匿名 より:

    そういえば睦子の声優も花澤さんでしたね
    キムチの小野寺!闇落ちの一花!

  3. 匿名 より:

    関ちゃんのサード守備の話も触れてやれよ!珍しく野球の話だったろ!

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました