無料で簡単に自分の市場価値を調査できる「MIIDAS(ミイダス)」

シェアする




転職活動において「MIIDAS(ミイダス)」 はとても便利です。

200万人の年収データから、自分の市場価値を見出すことができます。

全て無料で出来るので軽い気持ちで自分市場価値や当てはまる求人を調査できます

転職する前に「ミイダス」で自分の市場価値を調査

転職するのは色々と不安がつきものです。

そこで「ミイダス」でまずは自分の市場価値を調べてみたいもの。

ポイントは以下のようなもの。

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開。
・比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる
・7万人の転職実績データから、自分にあった本当の市場価値を見出せる!
・自分と似た職歴やキャリアを持つ人がどんな仕事にどれくらいの年収で転職しているのかを調べられる
・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけ分かる。
・ミイダスの求人はすべて、求人企業が直接、求めるスキルや経験を設定しているのでシンプルかつ正確!
・ミイダスの質問に答えるだけで、自分の本当の価値を企業に各日に伝えることができる!
・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
・今求められているスキルや経験だけをQ&Aするので効率的。
・自分のキャリアに応じて、質問事項を変えるのでとても正確。
・キャリアアップには、スキル、能力だけではなく実は転職するタイミングが最も重要。

自分が転職すべきタイミングを面接確約オファーで教えてくれます。 ミイダスは、求人企業に自分の価値(キャリア)を代わりに継続的に売り込みをしてくれる。 自分の本当の価値を確実に企業に伝えられます。

ちょっと試しに「ミイダス」やってみました。

「ミイダス」をやってみた

まずはプロフィール設定。

「性別」「生年月日」「住んでる都道府県」を入力。

自分の言語「(大抵は)日本語」と「最終学歴(学校名、学部、卒業年)」と「これまで6ヶ月以上の離職を経験したか」「これまでの経験社数」を質問されます。

「ミイダス」のポイントはいわゆる「離職年数」「転職回数」で普通ならちょっとマイナス評価になりそうなところをきちんとフォローしてくれることでしょう。企業によってはこれだけでハネられる可能性があります。しかし、「ミイダス」はそんな空白期間や転職回数でも大丈夫な企業をきちんと絞ってくれることにあります。

前職のこと、そこでの職歴やマネジメント(部下の人数)。英語、エクセル、自動車免許などの有無や資格を入力すると、自分にあった企業からのオファーや年収が分かります

私の微妙な職歴でも374件の企業が見つかりました。

簡単に自分の市場価値が分かり、すぐに合致した企業が分かるので転職を少しでも考えてる方は是非やってみてほしいもの。簡単な入力だけでOKなので、真剣に転職を考えておらず「とりあえず…」という方でもゲーム感覚で自分の市場価値が分かります。

無料でできて市場価値調査をするだけでなく、自分に合った企業からオファーが届くのです。本気で転職を考えてる人も、あまり考えてない人でも市場価値調査は一度は試してみたいものですね。



シェアする

フォローする