スポンサードリンク

『ゆらぎ荘の幽奈さん』、雲雀が可愛すぎるのでレギュラー化させてください。お願いします。

1

『ゆらぎ荘の幽奈さん』34話 ストップ!!雲雀ちゃん!

ブヒブヒ。

雲雀のヤツ…完全におれたちを誘っていやがるぜ…ごくり。

まあ、雲雀がそううって出るならばね、応えてやるのが紳士の嗜みというものですよ。はい。ただね、一介のひばりんごファンとして一言物申し上げたい。雲雀を脱がせて迫らせて萌豚どもを釣ろうっつー安易な発想が透けて見えるんですよ。これにはキッパリと言わせてもらう。よくやった!以上、率直な感想でした。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』、雲雀革命(ヒバリレボリューション)
『ゆらぎ荘の幽奈さん』 星のコガラシさん おっふ。 やはりコガラシさんの「フェイスゾーン」は侮れんな…。 ...
『ゆらぎ荘の幽奈』、新キャラ雨野雲雀がウルトラ大天使な件
『ゆらぎ荘の幽奈さん』はちょっと新キャラを量産させすぎではないだろうか? 確かに後発ヒロインの千紗希ちゃんが一番可愛いしど真ん中だった...
登場するなり、瞬く間に大天使っぷりを見せつけ読者のハートを盗みまくってしまった雲雀。

その勢いはタイトルを「誅魔里の雲雀ちゃん」に変えてしまう程の勢いです。なんだったらゆらぎ荘に引っ越してきて「ゆらぎ荘の雲雀ちゃん」にしてもいい。『ゆらぎ荘の幽奈さん』ヒロインズに足りなかった積極的に恋をぶつける突撃娘ですからね。とても可愛い。

・天然ほんわかラッキースケベ要員の幽奈さん

・完全にデレてるけど認めないラッキースケベ要員の狭霧

・己の恋心に気付けていないラッキースケベ要員の

どのヒロインも可愛いんだけど見ていて焦れったいんですよ。

そこに旋風を巻き起こす雲雀にペロペロして何が悪いのか?うん何も悪くない。

スポンサードリンク

ストップ!!雲雀ちゃん!

今回のサブタイトルなんて「ストップ!!雲雀ちゃん!」ですからね。

おっさんココロをくすぐる懐かしネタをサブタイに持ってくる上に、32話「忍の里の狭霧さん」、33話「忍の里のコガラシさん」と続いたら普通「忍の里の雲雀さん」になると思ったら不意打ちのように「ストップ!!雲雀ちゃん!」だから。

これは忍の里から引っ越してくるパターンと見た。ニヤリ。

というか引っ越してこなきゃ詐欺だよ!ここまで僕らの琴線に触れるキャラ出してゲストで終わらせるなんて許されることではない。もっとペロペロしたい!

また「ストップ!!雲雀ちゃん!」なんてサブタイなのに雲雀ちゃんはストップする気が毛頭ないから。あるのは、一に前進、二に前進、三四も前進、五も前進。止まらない。もはや「ゴー!!雲雀ちゃん」ですよ!

2

ゴー!!雲雀ちゃん!

ぶ、分身の術だと…。

コガラシさんに迫る雲雀は分身の術を使ってさらに迫るのでした。しかも各キャラが色んなコスプレするサービス付きです。至れり尽くせりなサービスですね。ラーメンで言えば全部乗せのようなものです。ボリューム満点。100点満点。

品揃えは、体操服雲雀、女子高生雲雀、クノイチ雲雀、スクール水着雲雀、ネコミミ雲雀、裸(素)雲雀…というバラエティ富んだものです。どの雲雀も甲乙つけがたい可愛さなので全部欲しいです。ペロペロです。いやしかしそれにしても。6人に分身して見開きでこっちを誘うあざといポーズは凄まじい。

『ドラゴンボール』では、天津飯が4人に分身して1人1人のパワーが分散してしまい敗れてしまったことがありました。萌えの観点では何人に分身してもパワーが倍々ましですわね。視覚的破壊力抜群でした。ブヒブヒです。天津飯は4人になったの失敗だったけど、雲雀は天津飯とは一味違うぜ!

 4

コガラシくんは、どの雲雀が好みかな…?

コガラシくんが選んでくれさえすれば…

雲雀なんでもしてあげるよ?

だから…ね?コガラシくん…!

3

六人になったのは成功だったな!

天津飯の分身は失敗したけど雲雀の分身は大成功だぜ。

6人になったのはすげぇ作戦だったし、ひとりの「可愛い力」を6人に分けたのに、ペロペロもブヒブヒもあざとさも全部6倍になっちゃったもんな。「はは…完敗だ…」(BY天津飯)。

それにしてもコガラシさんはイケメンすぎますね。

ラブコメ漫画の主人公らしく読者の期待を一身に背負ってラッキースケベを傍受するのも素晴らしいけど、雲雀の狭霧にだけは負けたくないという想いに応えて最後まで彼氏のフリをする姿はかっこ良かったです。わたし男だけどコガラシさんに惚れちゃいそうですわ。

5

ケメンすぎるだろ

「約束したろ?雲雀の彼氏のフリするって」とか最高の主人公かよ。

コガラシさんの約束をきちんと守る誠実さは気持ちいいぐらいです。こういうのが道理を通すってやつですよね。結婚の約束を本人の前で土に埋めたカスにも見習って欲しかったなぁ(遠い目)。

『ニセコイ』、バイバイニセコイワールド
『ニセコイ』25巻を読了。 これが最終巻です。色んな意味で感慨深い。 まずは『ニセコイ』に古味直志先生に...
コガラシさん>>>>>>>>楽である。

やっぱ雲雀くっそ可愛い

全3話の雲雀シリーズ。めちゃくそ満足度高かったです。

最初のインパクトもすごかったけど、話が進むにつれてどんどん可愛い最高記録を更新していきました。毎回可愛い自己ベストを塗り替えちゃってるんだもん。ええい!『ゆらぎ荘』の新型兵器・雲雀は化け物か!

6

くっそかわいい

この娘は泣き顔こそ真価を発揮すると思ってたし、事実、今回の泣き顔もペロペロでした。

でもね、お姫様抱っこされている時の雲雀の恋する乙女の表情が100点満点中10000000点ぐらいの可愛さを叩き出してしまったのである。

今まではチョロインで狭霧に敗けたくないっつー原理で行動してましたけど、今回のエピソードで完陥落ちというか「動機付け」もバッチリで描かれましたから。ラブがコメってるんです!可愛さもラブコメも赤丸急上昇。トリコもビックリのインフレっぷりです。

というわけで雲雀はレギュラー化させるしかない

コガラシさんは次の町へ旅立ってしまったし、次回予告が「猫好き必見」となってるので夜々のターンになりそうではあるが。ただのゲストキャラの可能性もあるが。しかし!しかしである!このまま雲雀を捨てるのはもったいない。もったいないオバケが出る。ドラクエ風に言えば、雲雀を使い捨てるなんてとんでもない!である。

7

ひばりんご

「雲雀が貰っちゃうからね狭霧ちゃん!」と宣戦布告してたので、これは夏休み中にゆらぎ荘に引っ越して来るか、学校へ転校してくる布石だと思いますけどね。ニヤリ。てか、これで雲雀がレギュラー化しなきゃ全国1000万人のひばりんごファンが悲しむからね。

「可愛いは正義」である。つまり雲雀こそこの漫画の正義であり、真のメインヒロインでもある。え?登場が遅いのでメインヒロインのわけないって?いやいや。ほら、いつも遅れてやってくる孫悟空はドラゴンボールの主人公だったじゃん。あれと同じ。

真のヒーローは遅れてやってくる。真のヒロインも遅れてやってくるのだ

雲雀をレギュラーにさせる。雲雀は正ヒロインである。どぅーゆーあんだすたん?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 0757 より:

    まだ、あのカス主人公をDISってる…w
    こういう事だよね、誠実な主人公って?でもなぁ〜、コガラシがいい奴なのは間違いないのだけど、ここまで女の子に対して誰にでも誠実さを出しすぎて、後で面倒くさい事になりそう…(個人的な考え)カスを見習ってほしくないなぁ…

    ところで、マジパテ最終巻の感想を書かないのですか?僕ら小野寺派が求めてたものがおまけにありますよ〜w

  2. 匿名 より:

    雲雀さんこれでおしまいはないでしょ

  3. 匿名 より:

    ニセコイネタ出るたびに笑っちゃうからずるい。
    ニセコイは永遠にみんなの心の中に残りつづけそう

  4. 匿名 より:

    ジャンプ今週号は土曜日発売だったので、ゆらぎ荘の感想はまだかと5日間待ち続けておりました。
    カス楽に対する怨念には笑わせて頂きましたw
    ヤマカムさんは、本命ヒロインの名前すら忘れてしまったのでしょうか?
    かつては早期打ち切りを危惧された本作ですが、ひばりんごのような人気急上昇ヒロインまで出されると、大化けした感があります。

  5. 匿名 より:

    本物の可愛さの前では胸の大きさなんて関係ない。はっきり分かんだね。

  6. 匿名 より:

    ラブラ感想やっぱ斬られた化、まあ打ちきり決定だし仕方ないね、
    次ラブラ記事くるのは最終回かな。

  7. 匿名 より:

    よかったね、読んでる奴等が、馬鹿ばっかでさ♪