スポンサードリンク

『異世界おじさん』、「なろう系」に強烈なカウンターなのにテンプレの旨味満載すぎる!

シェアする

異世界おじさん 1 (MFC)

くっそ笑ったwwww

『異世界おじさん』(殆ど死んでいる)1巻読了。

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界からの帰還者だった……。甥っ子たかふみと共同生活を始めたおじさんが語る、新感覚異世界&異文化コメディ!

<試し読みできます>

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界「グランバハマル」からの帰還者だった&&。現実’異世界’現実と渡り歩いたおじさんと、甥っ子たかふみによる、新感覚異世界&ジェネレーションギャップコメディ!

『異世界おじさん』

ラノベを中心にいわゆる「なろう系」と呼ばれる作品が流行ってます。特徴としては、「主人公が事故などで異世界へ移転や転生する」「現代社会の知識を駆使して大活躍する」「ヒロインを助けてモテモテのハーレムになる」ってところでしょうか。

それの最強カウンターで沈めてくるのが『異世界おじさん』である。

異世界確認ら帰って来たおじさん

1

おじさん目覚める

口上はこうだ。

2017年 秋――

17歳の時にトラックにはねられて17年間昏睡状態だった叔父が目覚めた。頭がおかしくなっていた。

17年前にトラックに跳ねられ意識不明だった叔父が目覚めたのです。なんでも17年間も異世界「グランバハマル」にいたと言って意味不明な言葉を使うのです。甥・たかふみは居た堪れない。つらく痛すぎる…。

たかふみの気持ち分かります。分かりますよ。いきなり目覚めた叔父が異世界で冒険してたとか言われたら、頭がどうかしてしまったって思うもんね。もうとても見てられないヤバイ叔父さん(自称異世界に行ってた)の痛さにドン引きする様子だけで腹筋を殺しにきます。

「自立支援とかあれする書類」で関わらないようにしようとするのですが、叔父さんの異世界帰りはマジだったでござる。目の前で魔法を使って見せたのです。本物だー!

2

叔父さんの力を金にかえて食っていこうと心にきめた

そんなわけで叔父さんの魔法能力を駆使してユーチューバーとなるでした。1話の出オチっぷりだけで腹を抱えて笑ってしまいました。しかも2話以降も普通に面白いから凄い。腹筋を何度も殺してくるヤベーギャグ漫画だ…。

17年前と現代のギャップ

3

こ●亀もう終わったよ

おじさんは17年振りに目覚めたので、現代の生活にビックリです。「〇〇年前の人」的な面白さがあります。2000年といえば、ゲームのハードは「SE●A」と「ソ●ー」のハード争いで、おじさんはSE●A派。

レトロゲームとしてのSE●Aのサターンやメガドライブ語りからガラケー。『こち亀』や『笑っていいとも』が終わっている衝撃など。さながら現代にタイムスリップした戦国武将のような、小野田寛郎氏や彼を題材にした数十年戦争をして帰って来た旧日本兵のような…。

文化や常識や生活様式など、自分が置かれている時代とのギャップで生じる悲壮感と、それでも現代社会へ立ち向かっている姿はちょっと格好良く…も別に無いな!比べるのが失礼なほどに全然別物でした。悲壮感の中に格好良さなど微塵もない。おじさんは悲壮感の中に小物さを漂わせちゃってるしあと痛々しさも。

30代に刺さりまくるおじさん

4

おじさん><

おじさんの生まれを逆算すれば1983年生まれでしょうか。やや自分のほうが年上なものの、過ごしてきた青春はほぼ被るので叔父さんが語る昔話が悲しい程に理解できてしまうのです。僕はプレステもサターンも大好きだよ!サターンもドリキャスも持ってたよ!

おじさんの青春時代は本人の捻くれた性根にあるので、自業自得と言われれば、その通りである。まあでも、その気持ちはよく分かってしまうのですよね。おじさんはリアルで本当にいそうな典型的な捻くれたSEGA信者です。漫画用に美化されていません。

だからこそ、90~00年代の語りが刺さりまくる。あの時代が青春だった人のハートに響くのです。なんというか、おじさんにはシンパシーみたいなものを感じてしまうんですよ。悲しいことに。まことに遺憾ながら。

なにこのシンクロ率…?エヴァ乗れちゃうじゃん?まあ、おじさんのエヴァ語りの浅さは膝を突き合わせてじっくり語りたいところですが…。

話が反れたけど、おじさんヤベーよ。

英雄になれなかったおじさん

5

重い

「なろう系」「異世界転移系」のテンプレといえば、別に天才でなくても英雄になれることでしょう。ありふれた能力や知識でも異世界じゃ大活躍できてヒーローになれるのです。おじさんも異世界では大活躍してる…が、まったく英雄になれてない。ここがミソよね。

『異世界おじさん』最大のキモはおじさんから語られれる異世界の冒険譚なのです。「なろう系」のテンプレに沿ってるのに、斜めの方向になってしまうおじさんのダメ英雄譚が半端無い。ゲラゲラ笑うっちゅーの!

おじさんは戦闘能力も強いし、現代知識で無双もしてる…。なんだかんだで大活躍の大活躍しているてる!なのに!まったく英雄になれてないのが辛いのです。顔がオークっぽいと迫害されてる。悲しすぎる…故に爆笑してしまう。

「なろう系」のテンプレ主人公なのに、強烈なカウンターで読者のボディーを撃って笑わせKOさせるおじさんの異世界語り。現代進行形でなく、過去形で語られる異世界の話。現代科学駆使して村を救えば吊るされるし、美少女と弟を助ければ顔が不細工(オークっぽい)で殺害されかけるし…。「辛い、酷い、痛い」と三拍子揃ってます。

だ・け・ど!

悲しいだけかといえばそうでは無いんですよね…。

ツンデレのエルフさん

6

ツンデレエルフ

異世界で無双しても英雄にもなれずモテモテにもなれない悲しすぎたおじさんファンタジー。ただ辛いだけかと言えば、そういうわけでもありません。それが付きまとった(実質仲間じゃん)エルフの美少女です。

なんというか、暗黒の異世界生活に一筋の光が差し込んだような、そんなありがたさがあります。荒野に咲く一輪の花に見えるとも言える。どう見ても大正義ヒロインです。ツンデレでおじさんの大好きだったのは一目瞭然である。

・誰も助けてなんて頼んでないわ触らないで(メス顔)

・あんたのために助けたんじゃないから勘違いしないで

・あんたみたいなオーク顔と一緒にいて吐かないであげられるのは私ぐらい

どう見てもおじさんにデレてます。

本当にありがとうございました。

ただ、悲しいけど、おじさんはおじさんなのよねぇ。

7

ツンデレ概念の一般化は2004年ごろ

おじさんが旅立った4年後である

アウチ!

おじさんは「ツンデレ」を知らなかった。

2000年に異世界に旅立ったおじさんはツンデレって概念が無かったのです。はたから見ればフラグ満了期でデレてるとしか言いようのないエルフさんのとのアレコレ。おじさんは文字通り、言われた言葉をそのまま受け取って自分は嫌われてると思ってるのであった。

もったいないオバケが出るよ!

「なろう系」テンプレに強烈なカウンターをぶちかましてるけど、これやっぱり「なろう系」としての面白さ…王道でもある。ザ・鈍感主人公である!

おじさんとエルフさんの顛末不明

8

!?

はい!可愛い!

おじさん異世界へ移転する主人公にあるまきじ言動と結果ばかりでゲラゲラ笑えるけど、王道テンプレであるのが最高すぎるぜ。「鈍感主人公」っぷりがなかなかどうして。

強くても知識を駆使しても英雄になれず迫害されたり、フラグをへし折ったり、テンプレの異世界モノの逆を突っ走りまくる中で、エルフさんだかは王道で正道のラブコメフラグを完璧に立ててる。

おじさん自身は「ツンデレ」って言葉を知らず、ツン部分をそのまま嫌われてしまってると受け取ってるのもメタ的に面白いのに、結果的にテンプテの「鈍感主人公」になってるのが面白すぎるぜ。ニヤリング案件すぎるぜ。

17年異世界に居て、今は戻って来て過去を語る…という形態だけど、エルフさんとどーなったかの顛末は不明なり。おじさん本人は好意に微塵も気づいてないが結末不明なのも見どころよね。

9

いい意味で「幸せな結末」不明

エルフさんとどーなったのか不明なのが色んな意味で面白すぎる。なぜ、おじさんは現代社会に戻ってこれたかも謎だしね。この手の作品なら、世界を救うなり魔王を倒した結果として戻れたのテンプレでありますが…。その辺はまだまだ明かされません。

同時に、おじさん自身はエルフさんの好意に微塵も気づいてないのもミソよね。爆笑するギャグ漫画以上に続きが楽しみです。甥のたかひろくんにもツンデレ同級生だった子の好意にまるで気づいてない「鈍感主人公属性」があってそっちも楽しみ。

うむ。2人の鈍感主人公のラブコメとしても極上やで…。

異世界おじさん 1 (MFC)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2018-11-21)
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    殆んさんハルヒとかローゼンのギャグ書いてたあたりから生産力的に商業でも書けそうって思ってたけど忘れた頃に商業に来ましたなー
    そいえば響の人ともコラボ(?)漫画書いてたなー

    • 匿名 より:

      あーハルヒのギャグ書いてた人かー、もはや懐かしいw
      まさに忘れた頃にですねぇ
      この人のギャグ漫画好きだったし買って見ようかな

  2. 匿名 より:

    この人のローゼンの同人誌持ってましたわ……。確か銀ちゃんがひたすら可愛かった
    商業行ってたんだ。すごいな。お祝いに買ってみようかな

  3. 匿名 より:

    「おじさんがツンデレの概念に気が付いてしまう」で1分くらい笑ってしまったw

    レビューないから意外でしたけど、山田さんもテンプレわかる程度になろう漫画読まれるんですね

  4. 匿名 より:

    めっちゃ面白いw

  5. 匿名 より:

    自分は黒星紅白先生から知りました
    当時先生はまだtwitterや動画サイトで発信してなかったので
    レポ漫画から人となりを知ることが出来たのが楽しかったです
    応援イラストも届いていて懐かしくなりました

    地味にBLAME!漫画も好き

  6. 匿名 より:

    ああ、これあのローゼン漫画とか描いてた殆ど死んでるさんのか。懐かしい。

  7. 匿名 より:

    面白かった。アマゾンレビューも結構凄いですね

  8. 匿名 より:

    >甥のたかひろくんにもツンデレ同級生だった子の好意

    静画の連載最新話で、この子の正体が明らかに。

  9. 匿名 より:

    特撮の漫画も描いてたな。
    ゴルフと駅伝への攻撃性が高かったw

  10. 匿名 より:

    ハルヒ、ローゼン、ギアス、ライダーとかまだ家に有るわ
    懐かしくなったし買ってみようかな

  11. 匿名 より:

    マクロス7の漫画、ウェブ公開でみたなぁ
    端末変えたりでしばらくアクセスしたなかったけど、まさか商業デビュー
    いや商業より個人的にはSEGAネタでみたらこの人!?え!と
    いやもう同時多発的で驚きがよくわかんないや、ビックリだ…

  12. 匿名 より:

    はっ、もしやタイバニのブルーローズめっちゃ可愛い同人描いてた人か!
    そりゃツンデレに造詣が深いはずだ!

  13. 匿名 より:

    これ面白いよなー

  14. 匿名 より:

    車星人で呼吸困難に陥った