スポンサードリンク

ヤンマガ読み切り『見えるの力』(新井春巻)が最高だった件

ヤングマガジン 2016年44号 [2016年10月3日発売] [雑誌]

今週のヤングマガジン(44号)に掲載された読み切り『見えるの力』(新井春巻)がとてもストライクゾーンど真ん中だった。バカバカしくも実にハートフルでした。こういうの好き。「パンツ」「ラブコメ」「ニヤニヤ」という三大要素がギッシリ詰まっていました。

簡単にストーリーを説明すれば、「青春サイコキネスラブコメ」と謳われるように超能力を使って好きな子のパンツを見ようという非常に頭が悪いものです(褒めてます)。

主人公は超能力の持ち主。とはいえ出来ることはスプーン曲げぐらいです。まあ生活で役に立つことはありません。それを親友と話していたら、この超能力を使ってスカートをずりおろしてパンツを見ようと奮闘する青春ストーリーなのです。うむ。アホそのものだ。だがそれがいい。それでいい。

スポンサードリンク

読み切り『見えるの力』

7

『見えるの力』(新井春巻)

スプーン曲げを応用してスカートを下ろす。同じように見えてまったく別物でした。制服のスカートについてるホックとファスナーを遠隔操作する。これがなかなか難しい。ホックの位置も力の入れ方も分からない。スプーン曲げのようにいきません。

男子高校生2人は、姉のスカートを使って聖戦に臨むための努力を開始するのであった。

「才能とは、夢を見続ける力のことである」という格言がありますがまったくその通りです。スプーン曲げしか出来なかった超能力も、夢を見続けることでさらなる力へと進化するのである。

途中で挫けそうになった時もある。

壁にぶつかるってやつですね。ただ女子のスカートをずりおろしてパンツを見たいだけでなく、好きな女の子のパンツを見るインスピレーションを沸かせて乗り越えていきます。

8

好きな子のパンツを見るために!

主人公が好きな子はクールビューティーで知られる宮間さん。

宮間さんのスカートをずりおろす姿を妄想して諦めずに努力を続ける。負けず逃げ出さず己を信じて頑張る。そりゃ、「負けないこと・投げ出さないこと・逃げ出さないこと・信じ抜くことダメになりそうな時、それが一番大事」って大事マンブラザーズも歌うっちゅーの。

努力する大切なことを教えてくれる

人間というのは一つのことに打ち込むと驚く程のことが出来ると言われる。さすれば道は開ける!『道は開ける』(D・カーネギー)にこんな一節がある。「運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう」。この漫画もそんな感じだ。運命が超能力をくれたなら、それで好きな娘のパンツを見る努力をしよう!ですよ。

9

努力する大切さを学びました

『見えるの力』は努力すること決して諦めないことの夢を追うことの大切さを僕らに教えてくれるのです。パンツ見たいを通して。ドリームズ・カム・トゥルーです。これが真っ直ぐ生きる青春だよ。うおおおおお!俺はいま猛烈に感動している!

ラブがコメる

良い意味でくっそ頭が悪い話だったんだけど、ラブがコメり出すから侮れん。

しかも超ニヤニヤできるし。自然と頬が緩んでしまう。素晴らしい!

10

ラブがコメり出す

宮間さん可愛えぇぇぇぇぇぇ!!!

まさかのラブコメ展開!

これがまたね。良いんですよ。といか宮間さん可愛すぎるんですよ。妄想の中での宮間さんも良かったが実際の宮間さんはすごかった。「可愛い力」がとんでもない。ラストも含めて宮間さんさいこー!って結論にしかならんですわ。

主人公はスカート落としでなくヒロイン落としをやってのけたのである。

その手に汗握る(そうか?)ラブのコメりっぷりは控え目に申し上げても最高でした。『いちご100%』の懸垂告白を超えるバカバカしさと勢いとありったけをぶつけていた。「好きな女の子のぱんつが見たいのは男子の本懐であります!」は辞世の句やね。

宮間さんがクールビューティーなんてとんでもない!乙女や!

渾身の告白は、宮間さんの心を開かせ、ついでにスカートまで開かせてしまった。

叫びたい。心の底から叫びたい!宮間さんGP(グッドパンツ)!

パンツからはじまるラブコメ有りだと思います!いやはじまってねーけど。

俺は喜びでいっぱいだ!

11

宮間さん

最初はこの女おっかねぇ…トキメキは無いなんて思ってたのに。例えるなら『監獄学園』の花ちゃんみたいに「この女からはなんの喜びも見いだせない」なんて侮っていた。

それが蓋を開けてみたらとんでもない!完全にポテンシャルを見誤っていたぜ。ヒロインの「可愛い力」を見抜く自身があったんですけどね。ぼくもまだまだってことだ。今では宮間さんから喜びしか見いだせない。宮間さんまじペロペロでした。

最後まで読むと、むしろゴミ虫を見るような蔑んだ目すら「悦び」を見出せるようにうなっている自分に気づきましたね。はい。何より終盤の畳み掛ける乙女宮間さんはめちゃくそ可愛かった。ニヤリングが止まらん。オチも含めて最高と断言するのに些かの躊躇もないわ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする