スポンサードリンク

『ソウナンですか?』、ガチキャン△すぎる女子高生4人のサイバイバー

シェアする

ソウナンですか?(2) (ヤングマガジンコミックス) ソウナンですか?(1) (ヤングマガジンコミックス)

『ソウナンですか?』2巻が発売されました。どちゃくそ面白いです。

可愛い女子高生4人が遭難して無人島で過ごす。これだけ聞くとキャキャウフフのJK4人の遭難生活だと思うじゃん?ところがどっこい!その遭難生活がガチでマジでリアリティ満載すぎて想像を絶するものなのである。

この漫画は『山賊ダイアリー』の岡本健太郎先生が原作を担当し、さがら梨々先生が作画を担当。そりゃ無人島サバイバル女子高生4人組も凄いことになるわな。

飛行機事故のせいで…。今日から青春、無人島っ……!! なんにもないからーー、なんでも作る!! なんでも食べる!!!!(泣) 知恵と勇気の無人島JKサバイバル。あたしたち、けっこう元気です! 【1巻収録内容】セミの食べ方、罠の作り方、簡易アレルギーテスト、ヤドカリの食べ方など…。

<試し読みできます>

絶海と絶望の状況下、逞しく&賢く&愛らしく、少女たちは生きる! 狩猟&アウトドア漫画の第一人者と若手実力派のコンビでお送りするサバイバルダイアリー。

修学旅行中に飛行機事故にあってしまい遭難してしまった女子高生4人組が無人島にたどり着きそこで生活する本格サバイバル漫画であり、同時に女の子可愛い萌え系日常の要素もある欲張りセットなんです。

『ソウナンですか?』

6

本格サバイバル

『ソウナンですか?』の凄いところは無人島でサバイバルする様子でしょう。水はどうすんだ!食事はどうすんだ!寝るところはどうすんだ!といった細かいことをきちんと描き説得力満載なこと。

原作者の岡本健太郎先生は『山賊ダイアリー』でお馴染みなのですが、岡山で猟師兼漫画家をしています。猟銃と狩猟免許を持っているガチのマジの猟師さんなのです。そんな氏の経験や知識に裏打ちされた本格サバイバル描写はリアリティ満載。

例えば水について…。

人は1日に2リットルの水を必要とする。しかしそれは平常時であって大量の汗をかけば必要量は増加する。身体の2%の水分の減少でのどの渇きが始まり、3%から脱水症状が始まる。5%で頭痛やめまいが起こり、10%失われると内臓の機能が低下してやがて死に至る。

人が水無しで活動きる説明をし対処方法もき教えてくれます。遭難した時は役立つね。水が無い時は魚を絞るのです。「内臓の水分や血なんかの魚の体液が飲める」そうです(ただし生臭く血まみれになる)。

もちろんこれは普通のJKならばドン引きでしょう。

水が無い時の対象法は他にも色々あります。そんなわけでレッスン2!

大丈夫だ。出したてなら無菌だから

うむ(笑顔)

飲尿ですよ。無菌ですよ。一見すると一部の方の性癖直撃ですね。

でも、これは実際に水が無い時には命を繋ぐ黄金の水でもあるかもしんない。例えばヨットレースの事故で27日間遭難した「たか号」の佐野三治さんは著書で実際に飲んだと記述がある。生きるためです!

無人島における水の確保についても5つの方法がレクチャーされ役に立つ知識が得られます。これで君も遭難して無人島にたどり着いても生き残る可能性が上がるぞ!また、緊急の水分不足対策がとても勉強になります。

水分不足の対策

うむ!うむ!(満面の笑顔)

頭がボーっとしてくるレベルで水分が減少したならば、「口の中に唾液を溜めて鼻で呼吸」する!砂漠の民が砂漠を横断する時はそうやって水分減少を最小限にるそうな。もし唾液が出ないぐらい乾いているなら唾液を分けてあげる

また土の中に水分が含まれてることもあります。湿った土を布で絞ったり吸ったりすれば水分が取り出せるのです。『ソウナンですか?』では靴下を使用して土から水分を取り出してました。JKの靴下です。

水分補給だけでもとってもためになりますね。同時に読んでてとっても笑顔になれるのです。これがおっさんだったら直視できないサバイバル生活なんでしょうが、可愛い女子高生だと自然と頬が緩んでしまうから不思議だ。

いやー、勉強になります!水だけでなく、ペットボトルを使った火のおこし方、食べれる虫、食べれるヒトデ、食べれる野草、簡単に取れる甲殻類…普通ではまず食う機会のないものを調理方法含めて説明してくれます。絶妙なサービスシーンも込みで!

JK4人組の(非)日常としても良い

JK4人組の(非)日常

父からサバイバル技術を叩き込まれたツインテール美少女の鬼島ほまれを中心に、バスケ部でおバカでGカップの鈴森明日香、お嬢様で我儘なんだけど他人への優しさ見せる九条紫音、メガネっ娘で腐女子の天谷睦。

4人が生活してる描写がただただ尊い。話が進むに従って、それぞれキャラが強烈でみんな大好きになりました。なんか自分の世代だと電波少年って番組でやってた「電波少年的15少女漂流記」を思い出しますね。

可愛い女子高生が過酷なサバイバルをするギャップも、彼女たちが食事をして話す様子も、絶妙なサービスシーンも、全てが最高すぎる。なんのかんので彼女たちが成長してる様子が分かりますし。ええ漫画や。

2巻はさらにパワーアップ!

2巻はウサギを食う

2巻は動物性タンパク質を取ります。穴ウサギをワナにかけて食うである。いざ罠にかかっても苦悩するJKが心の琴線に触れてくる。が、しかし!生きるためにはヤらねばならんのだ。その一連の流れがね。いいんだ。

『ソウナンですか?』は父からサバイバル技術を教えられたほまれさんが率先して色々とやってくれる形式でした。タイトルは「遭難ですか?」とサバイバル生活を素人が疑問に思う「そうなんですか?」って意味合いがダブルで掛かってたと思うけど、ここでほまれさんでなく明日香と睦がヤるのがええな。

「電波少年的15少女漂流記」をマジで思い出す。この番組で1回だけチャボをみんなでぶっこおして食う放送があったんだが、視聴者から凄まじいクレームが来て放送されたの1回だけでした。がしかし!絶対カットしてただけで何度も食ってたと思うし、生きるためには当然であろう。

ウサギを昔飼ってたとかウサギは可愛いとか通用しない。生きるためには捕食するしかないのである。『ソウナンですか?』は、そんな少女たちの葛藤が最高ですね。食べるまでのアレコレも読み応え満載。グロさも含めてね。そう!これは過酷なサバイバル!

生き物はすぐに腐敗するので、そのための下準備と保存、石器ナイフを作る方法、つい数日前まで普通の女子高生だったのにウサギをマジで解体するのは凄すぎる。時計が無くても時間を図る調理方法。全てがビックリです。

ONIKU!!

飲料水すら無かったことから始まり、セミを食ったり、ヒトデを食ったり…とゲテもの食いばかりだった彼女たちが、野生の穴ウサギを罠で捕まえ殺して解体し調理。ようやく動物の肉を食ったのは素直に感動です。

そうかー!人類はこうやって進化したのかって思うぐらいの紆余曲折がありましたからね。ウサギを飼ってた明日香の「ごちそうさま」はグッとくる。普段、牛肉や豚肉を食べてるぼくらもちょっと色々と考えさせられます。肉は美味い!全てにありがとう!

色々と動く

ほまれたちはナイフ×2を手に入れた!

2巻最大のキモは温泉回に決まってますが、他にも色々と見どころ満載でした。おそらく日本に近い無人島ではないかとか、石垣は船着き場の跡地とか廃棄された民家で、昔は人が住んでいたことが判明。ハサミからナイフを作ったので今後の生活も向上するでしょう。

また、ほまれたち4人の他にこの島に漂流している2人組も気になるところ。ニヤリングの観点でも注目だし、いつか接触することもあるでしょう。無人島のサバイバル生活を説得力満載で描き、JK4人組なので視覚的にも華やかな『ソウナンですか?』。超面白いです。おすすめ!

コメント

  1. 匿名 より:

    最後は無人島開拓に来たおっさんアイドルと撮影隊に救助されるのでは。

  2. 匿名 より:

    これは面白そう。
    山賊ダイアリーは話はすげえ面白かったけど絵がちょっぴり微妙だったので(特に後半になるに連れ)、作画別にしたのは良い判断だと思うわ。
    それにJK4人組とかちゃんと流行りを狙ってるし。