スポンサードリンク

『マジカルパティシエ小咲ちゃん』ニセコイの正史はこっちです!

1

大きな傷跡

『ニセコイ』累計1000万部の破壊力…。

そんなに売れてたのかよ!

つまり、まだ最終巻は出てませんので、多くの読者を引き連れそのまま地獄にダイブするのだ。雨にも負けず、風にも負けず、野球ボールにもキムチにも九州編の支離滅裂にも負けず、丈夫な精神を持った読者が最後まで完走した果てに待っているのは破滅なのである。酷いよ…あんまりだよ!こんなのってないよ!

別に千棘ENDでもいいんですよ。ただその過程が無残すぎたんです。

何より、小野寺さんの前でペンダントを埋めるとか鬼畜の所業としか言いようがない。しかも新調してるし。なに?小野寺さんは安らかに眠ることもダメなの?何で死体蹴りするんだよ!

僕らに大きな傷跡を残した『ニセコイ』である。

もう思い出すのもツライです…。

ただただ小野寺さんが好きだったんです。僕らの生きる太陽だったのです。小野寺さんがいたから生きられた。「小野寺さんの幸せを願う市民の会」として、某音楽業界のチケット転売反対声明風に主張したい!

2

私たちは小野寺さんの幸せを奪う

死体蹴り付きな意味不明千棘ENDに

反対します

スポンサードリンク

小野寺さんのハッピーエンドは何処に

そんな反対声明出したところで歴史は変わらないんですけどね。

あー、これが流行りのエアインタビューじゃなくてエアエンドだったらなぁ。

僕はですね、小野寺さんが好きとかいう次元を超えたコサキニストなんです。

小野寺教を立ち上げてしまうレベルで小野寺さん大好き。だから小野寺さんが幸せになって欲しいと心から願うの!

とはいえだ。そんな願望持っても歴史は変えられないんだよなぁ。

結局、どうしたって小野寺さんのハッピーエンドなんてあるわけが…。

4

『マジカルパティシエ小咲ちゃん』

あったぁー!あったんだよ!

『ニセコイ』スピンオフ作品『マジカルパティシエ小咲ちゃん』があったじゃないか!

本編のカスとは違って、本物の誠実なイケメン!誰から好かれる一条先輩である。

そんな一条先輩に恋をし続けたのがマジパテの小咲ちゃんです。

マジパテ最終回

ついに『マジカルパティシエ小咲ちゃん』も最終回を迎えました。

ニセなんちゃらと違って綺麗に物語を畳むじゃないですか。なんとかコイと違って納得のシナリオ展開じゃないですか。こういうのが物語を収拾させるってやつです。なんでこれが出来なかったかなぁ。

そして、小咲ちゃんはついに勇気を出して告白するのです。

小咲ちゃんの告白は感動しましたね。もちろんそれを受ける一条先輩にも。

野球ボールも飛んで来なければ、携帯電話も鳴らない。途中で寝るなんてクズなこともしません。「まっすぐな気持ちとほんの少しの勇気」こそ魔法。勇気を出しても、見えない謎の力が発動することもありません。勇気を出してまっすぐな気持ちを告白する。単純ですが、とても綺麗です。

5

告白されて

何と、マジパテを忘れてしまった一条先輩が、小咲ちゃんの告白を受けて思い出したのです。

奇跡が起きたのです。

まさにご都合主義展開そのものです。

だからこそ言いたい。声を大にして言いたい!筒井大志先生!小野寺小咲を…

3

愛してくれてありがとう

人の夢は終わらねぇ!ですよ。

人の夢と書いて何と読むか?「儚」だって?答えはノー!人の夢と書いて「小野寺さんの幸せ」と読むのだ。マジパテは、我々コサキニストの理想を具現化してくれたのである。

奇跡は起こらないから奇跡って言うって?

違います。奇跡が起こるからラブコメっていうんです!

むしろ奇跡の一つも起こせないでラブコメを名乗るな!ご都合主義無くしてハッピーエンド無し!奇跡とご都合主義でいいじゃないか。それでこそ浪漫だ。夢と希望があるの!なんだあの強引で無理がありすぎる神の手でいいように操った千棘ENDは。夢も希望もあったもんじゃない。

そこいくとマジパテは夢と希望と全裸で溢れてたからね。

見事なご都合主義っぷりでした(褒めてます)。

ラストはパチパチと拍手を送るのみです。完全無欠のハッピーエンド。

6

ハッピーエンド

やったね!小野寺さん大勝利!

感無量である。マジパテには感謝しかない。こういうのでいいんだよこういうので!

この小野寺さんが幸せそうでとても嬉しいですね。一条先輩のおかげか。「嬉」って字は「女」を「喜」ばすって書くからね。一条先輩はいい仕事しましたよ。

マジパテを正史にしよう(勝手に決定)

一条先輩、小咲ちゃん…ニセコイの正史を見せてくれました。

どう考えてもこっちが正史。あっちは黒歴史。凍りついたハートを溶かしてくれた。

いやー本当に良かった(しみじみと)

まあ、この感動も本編の『ニセコイ』があったからこそなんだけどね。本編の苛酷で意味不明な顛末があったからこそ、スピンオフのラストが太陽拳のように光り輝いたといえる。おそらくマジパテ単体だけではここまで感動しなかったでしょう。そういう意味では良い「本編」と「スピンオフ」の関係だったのかもしれない(褒めてません)。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    本編のカスで声出して笑いました

    • 0757 より:

      本当に笑えるよねwww
      どこで道を踏み外したんだかwww
      本当に小野寺さんが好きなら、付き合う努力をしろよwww

  2. 匿名 より:

    ネチネチとしつこいな。キモいよ

  3. 匿名 より:

    キモいヤマカムすこ

  4. 匿名 より:

    ほんとにキモいな…

    だが語った言葉は真実だ

  5. 匿名 より:

    今流行りの君の名やマジパテ見たら
    こういう主人公が誠実なんだろうなあって思いました(小波
    どっかのサイコ屑誠実()と違って

  6. 匿名 より:

    毎回ヤマカムさんの記事は賛同せざるを得ないw

  7. 0757 より:

    見事に逆転現象が起きてるwwwwww
    小野寺さんの報われて嬉し涙を期待していた僕らからしたら、当然のこと。

    本編はバッドエンド、スピンオフは真のハッピーエンドだった訳だwww

  8. 0757 より:

    だいたい本編のクズが、千棘を選んだのは、「一緒にいて楽しい」なら、それは他に一緒にいて楽しい女が出たら、確実に乗り換えるね。
    ザクシャインラブが守れなかった、つまり「永遠の愛」なんてない、と言ってるもんだから、あの上書きザクシャは、逆に言えば、楽ちとにも、「小野寺さんと同じ事が起きる」を暗に示す皮肉みたいなもん
    そもそも、ヤクザと公務員を兼任した時点で、幸せなんぞあったもんじゃないwww

  9. 匿名 より:

    キモくないヤマカムはヤマカムじゃない いいぞ、もっとやれ

  10. さいばーてろりすと より:

    ヤマカムさんはマジパテのエンディングで満足できたんですか?

  11. 匿名 より:

    ニセコイについてはヤマカムはキモすぎ。
    いつまでも粘着してぐちぐち言ってるし、ホントキモイ。

  12. 匿名 より:

    ニセコイ最終巻と古味カス新作の時も
    ニセコイの文句書いてほしい

  13. 匿名 より:

    そうそう。
    別に千棘END自体は問題ない。
    小野寺さんに対し死体蹴りしなければ……

    • 0757 より:

      死体蹴りもだけど、選んだ理由が酷すぎだw
      なんだあの中身スッカスカの厨二染みた動機はwww
      あれで読者全員が納得させたつもりか?

  14. 匿名 より:

    いいぞもっとやれ

  15. 匿名 より:

    ヤマカムさんは愛と憎しみは表裏一体っていうのを教えてくれてるんだよ…

  16. だいまおー より:

    う~ん、マジパテ薄い本みたいな絵柄のせいでどうも本物感がないんだよなぁ;
    画力の高い作者でもう一度スピンオフやってほしいな。

  17. 匿名 より:

    >ニセなんちゃら
    >なんとかコイ
    草生えた

  18. 匿名 より:

    ほんとうにニセコイを愛しているなら作者の古味直志先生の考えをくみ取って暖かく見守っていればいいじゃないか

  19. 匿名 より:

    こういう厳しいことも愛しているから書くんだよ読者もみんなそれぞれの考えがあるんだよ
    そんなことを言い続けたらきりがない

  20. 匿名 より:

    作者の考えを汲み取るのが読者全員の役目じゃないよ
    傲慢になれってわけでもないけど

    ありがとうスピンオフ
    本編は錠と一緒に土に埋まって、どうぞ

  21. 匿名 より:

    ニセコイに対する愛なんてとうの昔に冷めたわ
    あんな最終回のどこを汲めと

    • 0757 より:

      あんなクソみたいな結末を汲み取る要素はゼロですwwwwwwwwwwwwwww

      ただ1つ、本家小野寺さんがあのイカれた世界観で、誰よりも最上級の幸せを掴めること、それだけが願いです

  22. 匿名 より:

    本当にあの死体蹴りには乾いた笑いしか出なかった
    頭おかしい

  23. 匿名 より:

    マジパテ自体もものすごく面白いとは思えないんだけどな、ただジャンプのニセなんちゃらの方があまりにクソだったから相対的に評価があがってると思う。最終回の上書きザクシャインラブは狂気すら感じるクソ展開だった。

    • 0757 より:

      それよりも狂気なのは、あのクソ展開を見て、ジャンプ編集部は「感動のフィナーレ」とかぬかしてること。
      あれのどこに感動する要素があるのか、見当もつかん!
      オマエラの眼は節穴か?と声高に言いたい?
      一体どこを見て感動できるんだ????

  24. 匿名 より:

    いいぞ、もっとやれw

  25. 匿名 より:

    おめっとさん
    長々『ラブコメ』やった経過の果てにエンディングを迎え、こうして負け犬の傷の舐め合いみたいなもんとはいえスピンオフエンドを迎えたニセコイさんには惜しみない拍手を
    これを機に神のみでちひろの勝利はロマンだ、敗者が人の成長だなんてほざいた無神経さも人を傷つけるもんだって理解してくれるといいね

  26. 匿名 より:

    狂気の大団円には続きがあった・・・
    ニセなんちゃら最後の悪夢にヤマカムさんは向き合ってくれるのか。

    • 名無しのマンガ好きさん より:

      2~3Pを見ただけでツッコミどころ満載のギャグマンガだったね。

  27. 匿名 より:

    コミックス最終巻の描きおろしのネタバレ流れてるけど、これヤベーな
    どこまで小野寺さんを嘲笑えば気がすむのか...

  28. 匿名 より:

    ヤクザとマフィアの間に生まれた金髪の主人公ですか…きっと暴走族にでもなって全国制覇がメインテーマですね。ジャンプではなくチャンピオン辺りでひっそり連載して欲しいですね。

  29. 名無しのマンガ好きさん より:

    マジパテ最終巻さっき読み終わってラブコメはこうであるべきかと思った。
    その後の描き下ろし?もどこぞの某ラブコメと違ってキレイにまとまっていて良かったわ。

  30. 匿名 より:

    このブログに載せた数コマだけでも本編25巻分より面白かったです(笑) マジパテ読んだことないから見てみようかな。

    あと本編(?)最終巻のオマケはドン引きしました。久しぶりに「虫酸が走る」というのがどういう感覚か思い出したぜ。

  31. SFF より:

    初期ニセコイはヤマカムさん絶賛しまくってたのに…やっぱり終盤の無理やり千棘とくっつけた感は半端なかったしな

  32. ようか より:

    マジパテこさきちゃんにはただ、ただ良かったしか言えないです。(>_<)
    こさきちゃんの嬉し涙最高すぎました。本編が酷すぎるので余計嬉しくて泣けましたT^T

  33. 匿名 より:

    小野寺さんend描いた筒井大志先生はジャンプで新連載ですね!

    あれ?
    コミぃ何処ー?屑end描いたコミィー?

  34. 0757 より:

    どうやらコミィは、干されたようです…。当然の結果。自業自得

  35. より:

    …そんなにマンガを批判して何が楽しいのですか?そんな1人の漫画家に寄ってたかって…。可哀想な人たちですね。まるで女子中学生の虐めみたいw 軽蔑します。見てて乾いた笑いしか出ませんでした。別に貴方がたを批判する訳ではありませんが正直かっこ悪いです。こんな大人にはなりたくありません。アフィで稼ぐための商法としては良くないですよ?山田さん?

    • 0757 より:

      そうなったのは、そう描いた作者のせいです。読者が求めてるのは、納得のいく面白さです。
      読者が納得できなかったら、その作品はダメなんです。

  36. 御大将 ギム・ギンガナム より:

    連載初期
    「このマンガすごいよぉ!さすが古味直志先生!(期待)」
    楽こさ回
    「読むと元気になるなぁ!(興奮)」
    楽こさ温泉回
    「フハハハハハ、我が世の春が来たぁ!(昇天)」
    千棘END確定時
    「オ・ノーレェェェェェェッ!!(絶望)」
    例の死体蹴りシーン
    「よくも、よくもほざいたなぁ!(発狂)」
    『マジカルパティシエ小咲ちゃん』連載開始時
    「スピンオフ風情でなぁ、本編を超えるなぞ、出来るわきゃねぇだろうがぁ!(不安)」
    『マジカルパティシエ小咲ちゃん』最終回時
    「絶好調である!(歓喜)」