『初恋ゾンビ』堂々の完結である!

シェアする

週刊少年サンデー 2019年17号(2019年3月27日発売) [雑誌]

『初恋ゾンビ』(峰浪りょう)堂々完結す。

いやー、良いラブコメ漫画でした。

<関連記事>

『初恋ゾンビ』第59話 上を向いて歩こう さあ盛り上がってまいりました! 最近のサンデーで一番熱い戦いを繰り広げ...
傑作だ…。 新刊でもなんでもなく遥か前に完結しているんですけど『ヒメゴト~十九歳の制服~』がぐう素晴らしかった。俺...

『初恋ゾンビ』最終回

この漫画は変則三角関係というか、指宿くんと江火野さんとタロウの3人でウネウネしつつ、初恋ゾンビであるイヴがいたことが良いスパイスになって終盤目が離せなかったです。

イヴの願望でもある指宿くんとのハッピーエンド。まさしく理想的な形で収束した大団円でした。照れから「I LIKE YOU」としか言えなかったのに「I Love You」と言ってのけたのグッド。素晴らしい顛末でしたわ。

あの日妄想した具現化

1話

だったらオレも、本物のイヴとの恋が実れば…

初恋の指宿くん、初恋を理想化したイヴ、幼馴染の江火野さん。

3人(?)のヒロインの心情にグッときたし、イヴが本当は失恋ゾンビだったと明かされれば「うおおおおお!」となったものです。3人とも最高に可愛いヒロインでした。見事だったで。

んで、個人的に注目したいのは「本物のイヴ」との妄想なり。1話で初恋ゾンビのからくりが何となく理解でき、イヴを消すためには「本物のイヴ」と結ばれればいいんだと考えるも、指宿くんは当初男装して登場しました。

しかし、省エネ男が僅かに見せた妄想イメージ「本物のイヴと結ばれれば」という名のアヴァロン(理想郷)は読み返すと「なるほどなぁ」としかいいようがない。

タロウが手を握り返す物語だった

ギュッ…

幼稚園時代のお別れの日。指宿凛々澄から手を握られて、驚いた拍子で頭突きしてしまったタロウ。この辺の記憶はキレイさっぱり無くなってしまっていたものの、指宿凛々澄に手を握られ握り返すことが出来なかったことが存在意識にあったのか…。

1話で夢見た「本物のイヴ」と結ばれる妄想はしっかりと手をタロウから握っていました。そう、この漫画はタロウが「本物のイヴ」の手を結ぶための話だったと総括できる。覚えてないはずの幼稚園時代の別れで手を握り返せなかったこと。それを踏まえると終盤のタロウの快進撃は目を見張るものがあります。

初恋ゾンビのイヴは触れることができないはずである。

しかし、最後の最後で「ギュッ…」と触ってるから凄い。実際に触れていたのかは定かではありませんが、擬音ありで手を握った

初恋ゾンビのイヴに「ギュッ…」と

163話

イヴに対して「ギュ…」と手を結んだタロウ。

その直前と後に透けてて触れない演出が描かれてるので、実際に触れられたかどうかは知りません。でも擬音で確かに「ギュ…」とイヴの手を握ったのは感動的ですらあった。

本当にイヴと触れたかどうかは個人的どうでもいいんです。幼少期に「ギュ…」と手を握られ握り返すことができなかったタロウがマジのガチで擬音「ギュ…」と握っていたのが胸熱ですよ。あらゆることが判明し、失恋ゾンビから解き放つ演出だったのにアッパレやってください。

これを踏まえて海辺で口説いた本物のイヴである、指宿くんとの顛末もまた見事なんだなぁ。

本物イヴの指宿くん「ギュッ…」と

ギュウ…

感動的である。

脳内妄想のイヴとほぼ同じ演出を指宿くんとする妙よ。

それは幼少期に握られた手を握り返せなかったことに帰結するだろうし、1話で夢見た具現化でもあります。「本物のイヴとの恋が実れば…」はここにあった。あったというか始まった。

俺たち、1から始めよう。

感動的である。

タロウから手を握るって演出が映える。映えまくる。イヴから握られて混乱して頭突きして有耶無耶になってしまったアンサーが約10年振りに実現したと思うと胸が熱くなるな。

最終回で2人が手を握り合ってる描写は控えめに言って最高でした。あー、これぞ大団円としかいいようがありませんね。はい。指宿凛々澄から握られた手をタロウがきちんと握り返す紆余曲折だったと。

手を握る話と同時に、「最高だ…」と思うのは潔白女学園のセーラー服だよね。

潔白女学園

潔白女学園

最終回は高校2年生になってました。

指宿くんは潔白女学園高等部へ転校した模様。潔白女学園といえばセーラー服。幼稚園児の指宿くんも中等部だった朱々子も制服は同じでした。高等部も同じだったんですね。このセーラー服はかつて妄想したシーンであり、初恋ゾンビのイヴの基本フォームでもあります。

まあ、イヴはミニスカへそ出しでイメクラ風ではあったが、ずっとタロウの理想は潔白女学園セーラー服だったんやなぁと分かりました。それが現実となったと。1話で妄想した「本物のイヴとの恋が実れば…」も実現してしまいそうな振りにも見えるね。まあ、それは具現化してるっちゃしてるが…。

タロウと指宿くんとイヴの恋物語としては100点満点中で10000000点です。色んな演出に舌を巻いて心からよかったなぁ…って感じです。江火野さんも良い死にっぷりでした。良いラブコメを読んだよ。うん。

思い返せば、初恋ゾンビのイブと顔は同じ指宿くんと胸が同じ江火野さんでもあった。胸の大きさが決定的戦力差にならないと教えてくれた漫画でもありました。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    あれ?
    頭突きの真相は、手を握られて混乱したから、じゃなくて初恋ゾンビのイヴに驚いたからじゃありませんでしたっけ?
    イヴが二人!? って感じで

  2. 匿名 より:

    海老野さんの処理はちょっと不満だけどいい漫画だった

  3. 匿名 より:

    江火野さんの胸とイヴの胸は同じではありませんよ
    イヴの方が少し小さくて形も尖って無くてまるいです
    つまりイヴに江火野さん要素は皆無です!!!

  4. 匿名 より:

    とにかく指宿くんがめっちゃ可愛かった・・・これに尽きる
    指宿くんと結ばれてくれて本当に良かったです

  5. 匿名 より:

    正直、主人公に魅力がなくてハマれなかった

  6. 匿名 より:

    途中から指宿くん視点で話が進行する比率がどんどん高くなって、ダブル主人公というかむしろ指宿くんが主人公なのでは?って感じになってからが面白かったですね
    個人的にはチョロインとして歴代トップクラスの可愛さでした>指宿くん

  7. 匿名 より:

    アニメ化しなかったのは勿体ない作品だったなー。ちゃんと作れば覇権クラスになるだろうに。

  8. 匿名 より:

    佳作がまた完結か。