スポンサードリンク

「ワンピース」パッパグのクリミナルブランドが半端ない件

シェアする

さて、「ワンピース」605話”クラーケンと海賊”は相変わらず海底の航海です。1週間遅れで感想を書くとか、なんだかなという気もしますが、全ては「タクティクスオウガ」のせいです。

ぶっちゃけ早く魚人島へ行ってくれと思いつつも、久々の一味の航海をじっくり楽しみたいという気持ちもあります。というわけでルフィがクラーケンを手懐けると言い出し一味は大慌て。

19

クラーケンを手懐けよう

「問題はここが海の中だって事だ」とサラッと言い出すルフィ。すかさずウソップが「問題は大きさだ」と泣きながら突っ込み。しかしクラーケン大きいですね。

クラーケンの大きさなど物ともしないルフィは、ゾロとサンジと共に即席”バタ足コーティング”で海に出てクラーケンと戦えばボッコボコ。ナミにも「どんだけ強くなってんの」と驚かれる程のパワーアップぷり。

ボコボコにされたクラーケンから服を着たサメが飛び出してきました。

20

服着たサメ

シャツの銘柄はcriminと書かれています。「★」マークに「crimin」…実は「ワンピース」の物語では、よく登場するシャツだったりします。初登場は人魚のケイミーが着ていました。さらに、はっちゃんがタコ焼を作る時に着用していたエプロンにも「★」マークにcriminと書かれていました。

22

「★」マークにcrimin

ケイミーとはっちゃんが着ていた「★」マークにcrimin。

一体、これは何なのかといえば、なんて事も無いただの服のブランドです。この「★」マークにcriminのブランド、クリミナルという名前です。これをデザインしたのがヒトデのパッパグというのだからビックリです。

23

クルミナル

「―で、このTシャツは”クリミナル“っていうブランドで魚人島で流行ってるのよ!そのデザイナーがパッパグ!!私もいつかデザイナーになりたいの」

ケイミーやはっちゃんという身内だけでなく魚人島で流行っているというのは驚きです。魚人島で流行らせるブランドのデザイナーとかパッパグ△!

このクリミナルというブランド。何も魚人の間でだけで流行っているというわけではないのです。地上にも流通しておりCP9のカリファが着ていた事もありました。


24

カリファ

地上でも流通させるほどのブランド力!パッパグは、ただのヒトデはなく凄いヒトデなのかもしれません。そんなパッパグデザインのクリミナルブランドのTシャツ。まさか、魚人、人間ときてサメまで着てるなんてどんだけ流行ってるんだよ!

と、再登場してもいないのにパッパグの株が爆上がりで、はやく魚人島でパッパグとの再会が待たれるわけですが、麦わら一味は下降流によって深海に辿り着くのでした。ルフィ、サンジ、ゾロは離れ離れになってしまいましたが、海中航海はまだまだ続きます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする