スポンサードリンク

「ワンピース」574話 ポートガス・D・エース死す

シェアする

「ワンピース」が…、なんだコレ?脳から汁が飛び出しまくってくるぞ。良い意味でヤバイです。まず、574話「ポートガス・D・エース死す」。おいおい、マジかよ。尾田先生は「ワンピース」における生死の概念について、以前以下のようにコメントしていました。

だれか死んでいるのがイヤなので、基本的には人は殺さない。絶対の決め事じゃないけど、後味のよさを大切にしたいから。

死んだ人が生き返るぐらいだったら、最初から死ななければいい。死ぬような目にあっても、うちのキャラクターは死なないんです。

と、緋村剣心ばりに「殺さず」を実行していたのに。今まで、ワンピで死んだキャラといえばツメゲリ部隊ぐらいしかいなかったので、ショックでかいです。しかし、散り様は感動してしまった。

何度も出てくる回想によって、シャンクスがフーシャ村に訪れた時に、なぜ一緒に育ったはずのエースが出てこなかったのかという、1話でエースが登場しなかった謎が一応解決。

エースとの出会い

1

ルフィとエースの出会い

生まれて直ぐ、赤ちゃんの頃からエースはどこかでダダンに育てられたと。そして義理兄弟となるルフィと出会いました。以前にガープが言っていた「最終的には友人に託し、エースと共に修行させた」というのがダダンだったようです。この時、既にルフィは麦わら帽子を被っているので、1話の後か

エースは「おれは生まれてきても良かったのか」という答えを知りたかったらしいのですが、そもそも、エースはどういう経緯で自分が海賊王の息子だと知ったのでしょうか。子供時代から自分の父親で凄く悩んでいるように見受けられます。ガープが教えたのか。

いや、一連のガープの行動からして、それはちょっとなんじゃないかな、と。同じように育ったルフィは、自分の父親がドラゴンだという事を最近まで知りませんでした。父親がいることすら知らなかったし。そして、558話でルフィがドラゴンの息子である事が全世界に公表された時に。

2

ガープ

もう隠す意味もないわい…ルフィは、すでにそんなレッテル、物ともせん程の無法者…」

はい、これ凄い重要ですよ!ガープはルフィの出生を隠していたんです。なぜかといえば、ルフィを立派な海兵にする為に隠していた、と。まあ、センゴク元帥と赤犬は知っていたけど。で、同じように強い海兵にしたかったエース。

3

強い海兵に

ガープの一連の言動からわざわざ出生の秘密をエースに言うかなぁ。ダダンも「誰の子!?」とエースの出生を知らなかったようだし。

ルフィは、自分の父親を知らなかったのに、エースが海賊王の息子であることを知ってたし。逆にエースはルフィ本人が知らなかったルフィの父親を知っていたし。これはどういう事なのか。ルフィはエースから聞いたのかな?

4

エースも知っている

「せっかくすげェのに、会った事ねェんだと。これ言うとエース怒るんだけどな」

この台詞からは、ルフィはエースから直接聞いたわけじゃなさそう。そうすると、やっぱりガープから聞いたのでしょうか。まあ、ガープならついうっかり言ってしまいそうですけど。とりあえず、ルフィとエースに海賊王の血を、第三者が教えているようです。

また、センゴク元帥ですら「我々はようやく気づいたのだ…ロジャーの血が絶えていなかった事に!!」と、どうやって気付いたのかも気になるところですが、2年前になってようやく知ったようだし。

少なくとも18年間は、ガープは誰にもエースの出生を言っていないような感じがするけど。オレ的にはルージュの出産に立ち会っていた3人組が引っ掛かる。

5

3人組

海賊王の血が途絶えていない事を知るのは、世界中でガープを入れて、この4人だけ。凄く気になりますね。一人は産婆か?もう一人は医者…か?もう一人は…?うーん…どうなんだろうねぇ。

と、話を大幅にそらしてエースが死ぬところを先延ばしにしたものの、やはりエースの死亡は確定か。そもそも「ポートガス・D・エース死す」という直球のタイトルだったもんね。では157話「エース登場」というタイトルが何だったのか。「○○登場」というタイトルは何度かありました。

3話 「海賊狩りのゾロ登場」
8話 「ナミ登場」
23話 「キャプテン・ウソップ登場」
43話 「サンジ登場」
139話 「トニートニー・チョッパー登場」

と、157話「エース登場」まで、「○○登場」というタイトルで出てきたキャラは全て仲間になっていたので、エースも将来は仲間になるのではないか、と期待値が跳ね上がりました。

その後、ロビン、フランキー、ブルックの加入で「○○登場」の法則は、崩れ去りました。では「○○登場」というタイトルは何だったのか、と。特に意味がなかったのか、いや、伏線王である尾田っちなら何かしらの意味があるはず…。

しかし、ここでエースが逝くのか。悲しいですね。

しかも、死の間際で、ルフィに死なない約束だろうと言われれば…。

6

死に際の台詞

「…そうだな。…サボの件と…お前みてェな世話のやける弟がいなきゃ、おれは…生きようとも…思わなかった…

まだまだエースについては謎が多いのに、また伏線出ちゃいました。「サボの件」とは何でしょうか。すんごい重要っぽいです。

エースに生きようとさせる決心をさせた出来事のようですが。ルフィに語りかけているので、ルフィも知っている出来事でしょうか。そうなると、エースが処刑台へ上る時の回想が引っ掛かります。

7

処刑台に上る時の回想

おれ達は絶対に、くいのない様に生きるんだ!!!

2人で海を眺めながら海へ出ることを決心しています。これはどういう事でしょうか。誰か悔いの残る生き方をした人でもいるのでしょうか。

これがサボの件?まだまだ、ルフィとエースの間には色々と分からないことが多いです。どうでもいいけど、体育座りしているルフィが可愛いな、おい。

こうして、まだまだ気になる事を残してエースは逝きました。感動しました。「生まれてもよかったのか」という答えが見つかって、泣きながら感謝する姿に震えます。「今になって、命が…惜しい」とガープに告白し、「愛してくれて…、ありがとう」と泣きながら逝く。なんという展開、大感動。

8

エース

安らかな笑顔。

はぁー、死に際の笑顔

これが「ワンピース」ですよおお!

ベルメールさんも、Dr.ヒルルクも、死に際に笑顔。死ななかったけど、ペルも、時限式砲弾を爆発前に空高く運び爆発の瞬間、にこっと笑いました。ルフィもローグタウンで死を悟った時「わりい、おれ死んだ」と笑いました。「ワンピース」では死ぬ時、笑うんです

その最もたる人物が、エースの実の親父、ゴールド・D・ロジャー。

9

笑った

圧巻です。死に際の笑顔は「ワンピース」の美学。この2話後に大海賊”白ひげ”も逝き、頭部半分崩壊で太陽を背負って顔がよく見えませんが、絶対に笑顔だったはず。続きます(ドン)。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする