「ワンピース」、ドフラミンゴの株価が大変な事になった件

シェアする

おすすめ記事

落ちぶれし”王下七武海”。

いつからだろう、偉大なる航路に君臨する三大勢力の一つのはずの七武海の「格」が下がってしまったのは。

今では”王下七武海”と聞いても、まあそこそこ強い海賊ねってぐらいの認識になってしまった。

なぜなら、四皇や海軍三大将が大物すぎるからである。

四皇や三大将に比べれば七武海の格落ち感は否めません。

しかしである。

今、ここに”王下七武海”の威厳が復活しそうなのだ。

四皇や三大将に並ぶ、いや超える七武海がいたっていいじゃないか。
最悪の七武海、ドレスローザより来たる。

1
ドンキホーテ・ドフラミンゴ

ついに出た。待ってたんだー!

七武海で最も危険な男ドンキホーテ・ドフラミンゴである。

もうね、ドフラの大物っぷりは只事ではありませんでしたから。

・2年前は政府黙認で人身売買

・人造悪魔の実で新世界で大物達と取り引き

・センゴク元帥より上の「○○総帥クラス」とも取り引き

・闇のブローカーとして新世界で無くてはならない存在感

・海賊王を目指しているらしい←new

・部下からの信頼が厚い←new

大物&強者のオーラは超一流!

2年前の政府のお偉いさんとのやり取りがヤバイよね。

ドフラミンゴやべー!

2
只者ではない

「いつからおれの上司になったんだ。お前らが政府内でどれ程の権限を持ってようがおれは海賊…関係ねェ。お前らとの取り引きが面白くなくなったら、おれはいつでも”七武海”をやめる…よく覚えておいな!」

政府のお偉いさんで権限を持っていてもドフラには関係ない。

このお偉いさん達との取り引き(スマイルかは不明)が面白くなきゃ、いつでも七武海を辞めると言い放つのである。

なんすか、この大物っぷり。

ただの七武海の一角では収まらない器を見せてくれました。

そして自らのシンボルマークへの誇りもドフラミンゴの大物っぷりを語る上では外せません。

3
シンボルマーク

ベラミー処刑の理由は「おれのシンボルに―ドロを塗ったからだ」である。

そもベラミーのような三下にすら自分のシンボルマークを背負わせる、て。

配下の海賊といっても、ベラミー自身ベラミー海賊団という一個の独立した海賊の船長でそこそこ名もあったのに。

シャボンディの人身売買所ですら自らのシンボルマークを掲げさせていた

白ひげ配下の海賊団も沢山いたけど、別に白ひげのシンボルマークなんて付けてないし。

徹底的に己のシンボルマークを誇示!

そして外せないのは緻密な計画を練ってる様子

なんたってヴェルゴさんを海軍に潜り込ませたのが15年前なんですから

4

15年前にヴェルゴさんを海軍に潜り込ませた

しかも、ヴェルゴさんの事を「相棒」と呼んでいた。

ロジャーがレイリーに呼んだように。

恐らく、海賊ドフラミンゴにとって最初の仲間がヴェルゴさんなのだろう。

本来なら「副船長」のポジションにつきそうな人物をである。

別に副船長がいるかは知らんが、そんな「相棒」を15年も前に海軍に潜入させるとか半端じゃないですよ

15年前から海軍を手駒にしようと考えていたのでしょうか。

なんという戦略っぷり。大物すぎる!

何より、未だに全貌を魅せぬそのミステリアスなところ。

明らかな大物っぷりに加えて、その謎に包まれた過去も魅力満載である。

部下からは「若様」と呼ばれる、いいとこの坊ちゃんのようで、子供時代のワンカットは戦場のガキそのもの。壮絶な過去がありそうなのだ
5

凄い過去がありそうだ

ヴェルゴさん

お前は“ジョーカー”の過去を知らない。それが必ず命取りになる!!

ドフラに「お前は平静を守っただけ」「歯車を壊したぞ」などとドヤ顔で言ってたローであるが、ドフラミンゴはそんなものじゃない、と思わせてくれるシーンです。ローはドフラミンゴの過去を知らない事が必ず命取りになる、必ず後悔する、と。

すごすぎるよドフラミンゴ。

一体どんな過去があるというのか。圧倒的な強者としての存在感。

今までの海賊とはひと味ちがう「格」が描かれていた。

七武海最悪の男、ドンキホーテ・ドフラミンゴはやはり滲み出る大物感が違う!

四皇?三大将?お呼びでない!

ドフラミンゴが正真正銘、世界最悪最強の大物!

6

若…顔色が…

7

なんだろう。

あれだけ今まで大物オーラ出してたドフラミンゴがたった1話何かが木っ端みじんに壊れたような音が聞こえてしまった。

「TOUGH」の鬼龍さんを見るような生易しい眼差しになってしまうのはどうしてなんだろう。

ロー
「”百獣のカイドウ”、お前の方こそこの男だけは怒らせる訳にはいかねェはずだ!」

ドフラ
「…!!」(冷や汗、顔色が…)

なんでもドフラミンゴが「SMILE」をもう作れないとカイドウに知られれば、激しい戦いになってドフラが消されるとか。

一度カイドウと、戦って敗れたモリアさんのほうがまだ強い仲間がいれば勝てたとかポジティブだったのに比べて、ドフラミンゴのこのビビリようは何なのだ。

そして、シーザーを返す条件は「王下七武海」を辞めろというもの。

この時、ドフラミンゴの神妙な表情と汗は、只事じゃない雰囲気を醸し出していた。

8
王下七武海を辞めろ

2年前に、政府のお偉いさんにお前らとの取り引きが面白くなくなったらいつでも七武海を辞めると余裕綽々だったドフラミンゴはどこに行ってしまったのだろうか。

七武海を辞めると海軍本部の大将達がドフラを逃がさないそうですが。

そんなの2年前だって同じじゃん。

それとも、2年前と事情が変わったのか。

何にしてもドフラの株価がストップ安です。

このまま鬼龍さんコースを辿るのか、今回のドフラの言動は実はブラフなのかは分かりません。

・空の道

9
空の道

「ヒュン!」「ヒュン!」という効果音と共に空を飛んでいたように見えたドフラミンゴですが、ストップ安を叩きだし格が落ちに落ちた今回。

「ハァ…」「ハァ…」とか息切らしてます。どう見てもコイツ走ってます。必死に!

“空の道”というものなのかは知りませんが、どうやら新世界では空を歩ける道のようなものがあるようだ。

そういえば、スクラッチメン・アプーが新世界に辿り着いた時、巨大な猪の軍団に追われていたら、何故か空を走っていました

10

空駆けるアプーと猪

新世界の自然は謎だらけですが、“空の道”があれば空を走れるのでしょうか

どういう経緯でどのように出現するのかは分かりませんが。

「ハァ…」「ハァ…」じゃねーよ!

ドフラミンゴ、スタミナ☓

・ドフラミンゴは10年前に七武海に加盟

11

10年で築き上げた地位

王下七武海を辞めろ!

10年で築き上げた地位を全て捨て…一海賊に戻るだけだ

ドフラミンゴが七武海に加盟したのは10年前なのか。

コロコロ入れ替わる印象の強い七武海ですけど、ドフラは10年前から七武海なのか。

作中に明記されてる中では元七武海の中では比較的新顔じゃん!

作中で描かれた中で元七武海の加盟時の年表は以下のようなもの。

13年前  ハンコック加盟
13
2年前の時点で11年前、すなわち13年前に九蛇海賊団の船長となり初航海でいきなり七武海に加盟を勧めら入る。
~12年前?  モリアさん加盟?
14カイドウと渡り合って敗れた時が一海賊だったという前提。そこから「強い仲間がいる」&「仲間は生きてるから失う」→ホグバックと出会いゾンビ軍団結成→スリラーバークが魔の三角地帯をさまよう(12年前)。カイドウと渡り合った頃に既に七武海だった可能性もあるので一番の古株だった可能性もある。
 11年前  ジンベエ加盟
15
タイガーが死に、新船長となったジンベエもまた引き返す事はできずタイヨウの海賊団は突き進む。そして七武海に勧誘されて承諾する。
 10年前 ドフラミンゴ加盟
11
15年前にヴェルゴさんを海軍に忍び込ませているのに加え、自分は10年前に七武海に加盟。センゴクより上の政府の上の人達と取り引きするわ、人身売買するわ、スマイルで新世界の大物達と取引するわ…手広くビジネスする

4年前~?
 くまorクロコorミホークが七武海加盟…
162年前の2年前…すなわち4年前にエースは「スペード海賊団」としてグランドラインで駆け上がり七武海に勧誘される。当然、エースは蹴ったわけだが4年前に七武海に1人空きが出ており、くまかクロコかミホークが加盟したと思われる。

くまとクロコとミホークがいつ七武海に加盟したかは、現状描かれている作中では判断できません。

こうして見ると、ドフラさんは元七武海の中では中間ぐらいに加盟してますね。

そして手広くビジネスして、今の地位を手に入れた。

活目すべきは、やはり七武海に加盟する前に「相棒」であるヴェルゴさんを海軍に潜入させてることでしょうか。

七武海になる5年も前にヴェルゴさんを海軍に潜入させるなんて、凄いな。

でも今回の話でストップ安!

大物なの?小物なの?

ドフラのシンボルマーク…じゃない!?

17
なんだよこのマーク

ドフラのシンボルマークじゃない…。

じゃあ何かって聞かれれば知らん。

あの…ドフラさん、何でこんなシンボルマーク腕に付けてるんですか

止まらん!

ドフラの格落ちが止まらんのだよ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする