スポンサードリンク

ジャンプ読み切り『食戟のサンジ』が超面白かった!今後のワンピのスピンオフにも期待!

シェアする

『食戟のサンジ』って何だよ!

それが最高だったんだからすごいぜ。

今週のジャンプ(2018年34号に)『ワンピース』スピンオフ読み切りが掲載されました。その名も『食戟のサンジ』である。『食戟のソーマ』の附田祐斗先生&佐伯俊先生によって描かれた、サンジを主人公にした食戟漫画です。

<関連記事>

『ワンピース』第912話〝侍の国の冒険〟 いよいよ本格的にワノ国編に突入し、盛り上がりを見せております。 <関連記事> ...
『ワンピース』第911話〝侍の国の冒険〟 あ、渦潮に飲み込まれたのはルフィだけだったのか。 前回の描写だと全員が...

これがすっげー面白かった。

『食戟のソーマ』の面白い部分の魅力をこれでもかと濃縮してて、それでいてちゃんと『ワンピース』なんだもん。ワンピでソーマはやれるんだって驚いたものです。コミック収録されるか分からないので、是非チェックしてみて下さい。

『食戟のサンジ』

9

食戟のサンジ

『食戟のサンジ』の面白かった点は、ちゃんと『食戟のソーマ』の面白い部分を調理してた点でしょう。

ソーマの面白いところといえば、料理を題材にしながら、文脈は正しく熱血バトル漫画なことです。これはジャンプヒーローだって活躍を見せてくれるのがソーマクオリティですから。料理でありながら正しいバトル漫画ヒーローの系譜です。

<関連記事>

「おあがりよ!」 ジャンプで好評連載中の「食戟のソーマ」という漫画がある。今更料理漫画かよ!と始まった当初は斜め...

今作『食戟のサンジ』も、その部分は象徴的でした。

意識高い系の美食家を、サンジの作った料理でぶっ倒す的な、スカッと爽快感あるエピソードだったと思います。それができるのも、『ワンピ』でトップレベルに料理上手なサンジ所以でしょう。良い意味でマッチしたスピンオフですな。

料理が美味そう

10

お上がりよ

サンジが作った料理も格別だ。

『食戟のソーマ』はリアルなんだろうけど、読者の大多数は食ったことないですからね。そこを説得力持たせるハッタリの説明文は、今作でも健在でした。

サンジが本気出して作った「トマホーク伊勢ロブスター」の説明文よ。東の海で取れるエビであり、海水と淡水の両方に生息するものの希少種。それを調理した説明のあれこれは料理の「凄そうな感」を引き立ててました。

それでいて、普段出す料理はB級グルメのような大衆向けなんだと説明する流れも良い。作ろうと思えば提供できるが、あくまでも大衆食堂であり、面倒くさい美食家も大衆食堂に圧倒される顛末よ。少年漫画として、バトル系料漫画として、完璧じゃん。理素晴らしい。

さらに『食戟のソーマ』の本質も外さない!

ソーマの本質もバッチリです

11

本質です

『食戟のソーマ』は、熱い料理バトルとか料理のうんちくや美味しそうな描写もポイントながら、本質は可愛い女の子の脱衣です。むしろ、それが全てと言っていい。

最初こそ、サンジに挑んだ美食家がデブでハートに響かず、こんなのソーマでもワンピでもないと思いきや嬉しい裏切りでした。この女の脱衣なんて誰得だよ!からの!きっちり美人の女性になって脱げる芸術的な展開に拍手を送りたい。マジ感動です!

『食戟のサンジ』の面白い部分を濃縮したスピンオフ『食戟のサンジ』は最上級に調理されたスピンオフだったと声を大にして主張したいところ。熱血料理バトルの皮を被った脱衣を十分に堪能できました。これはいいものだ!

さらにワンピの正史(でいいんだよな?)として、ルフィ達が訪れる直前だったエピソードには、ソーマファンもワンピファンも満足の一品でした。モブの女の子も無駄に可愛いぞ。

正史でいいのかな(?)

13

『食戟のサンジ』の「to be continue」

麦わら帽子かぶってる船が訪れたんだってばよ。

正史って扱いでいいですか?一味が訪れる直前に、この『食戟のサンジ』で描かれたエピソードがあったんだって。

いやはや。ソーマの面白いところをワンピとして描いて、尚且つ本編の正史だったかのような見事なスピンオフだったのではないでしょうか。難点を上げるとすればサンジが二枚目すぎて、三枚目のスケベ部分も見たかった気もしますが、些細なことかな。

『食戟のサンジ』めがっさ面白かった!

ソーマファンもワンピファンも納得の料理でした。

これには尾田っちも団満足です。

尾田っちもグッドだ

12

尾田っちのコメント

(いつものサンジのメシよりうまそうだぞ!!)

えっ!?附田祐さん、佐伯さん、森崎さん

美しいONEPIECE

ありがとうございます!!

(アニメ化希望)

尾田っちも大満足である。

『食戟のソーマ』としても『ワンピース』としても、納得の読み切りスピンオフでした。

同時に、ソーマ風のサンジを主人公とした漫画ができるなら、これからのジャンプのワンピスピンオフにも期待できます。

今後の公式スピンオフへの期待

4

ワンピと絡めるんじゃね?

サンジが主人公で料理する『食戟のソーマ』っぽいスピンオフがジャンプ公式で出来たのは今後の展開にも期待しちゃうね。科学的な発明『Dr.STONE』と可愛い女の子が温泉に入る『ゆらぎ荘の幽奈さん』も出来るじゃん!

麦わらの一味には仲間の武器を作るウソップと船大工(自身も改造できる)のフランキーがいます。『Dr.STONE』風のワンピスピンオフ『Dr.ウソップ&フランキー』も可能じゃん!立ち寄った島で科学に基づいた発明品作れば、それだけでめがっさ面白そうだ。

全裸に定評のある『ゆらぎ荘の幽奈さん』だって、麦わらの一味のお色気担当のナミさんとロビンがいるぜ?彼女たちがメリー号のお風呂に入るだけで、それはそれは壮大なスピンオフが一本できそうだ。『メリー号(風呂)のナミ&ロビンさん』ですよ!

さらにいえば、尾田っちの弟子である池澤春人先生の『ノアズノーツ』は考古学をテーマにしてるので、考古学者ロビンでもスピンオフ可能だ。SBSに投稿し掲載された事もある『僕のヒーローアカデミー』の堀越耕平先生が描く『戦隊ジェルマ66』もいける!

夢が広がりまくりだー!!!

むしろ、『食戟のサンジ』は今後の展開への布石でしょ!『Dr.ウソップ&フランキー』『メリー号(風呂)のナミ&ロビンさん』諸々、超見てぇぇぇ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ブリーチがまだ連載してたら、ゾロのスピンオフできましたね。
    そしてNARUTOが連載してたら、雷ぞうのスピンオフ……誰得……。

    • 匿名 より:

      果たして師匠はワンピのスピンオフを引きうけるだろうかという気がしないでもないですが…

  2. 匿名 より:

    つまり、我々が見てないだけで毎食毎食ナミさんとロビンちゃんが脱衣してる可能性があるということですか!?(ついでに野郎どもも)

  3. 匿名 より:

    コナンみたいにワンピとスピンオフを交互に掲載という方式になっていくのかな?
    スピンオフが面白ければ読者も満足し、尾田先生も休みが増えるから、附田先生と佐伯先生には頑張ってほしい。

  4. 匿名 より:

    ワンピのスピンオフといえば「珍ピース」

  5. 匿名 より:

    恋するワンピース面白いよな

  6. 匿名 より:

    スピンオフ?
    尾田が描けばいいんだよ。

  7. 匿名 より:

    ソーマとサンジってSAOのキリトとクラインじゃんww

  8. 匿名 より:

    ソーマ絵で脱がされるナミとロビンが見たかった

  9.   より:

    なんか懐かしい感じがするのは、昔アニメワンピースでよく挟んでたオリジナルエピソードっぽいからですかね
    世界観が豊かだからパロディよりスピンオフが良く似合うワンピ。ローグタウンでの個別エピソードとか良い感じ