当サイトはプロモーションを含みます




「AD」

『ワンピース』のソルベ王国を考察する!くまは親族に王の地位を簒奪された説!

おすすめ記事
15巻以内で完結するおすすめ漫画! 【厳選30】10巻以内に完結するおすすめ漫画!
おすすめ漫画アプリを比較!無料で読める作品多数なので漫画好きは必見! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

『ワンピース』のソルベ王国について。

くまが元国王でボニーが娘だったと判明してがぜん気になる国です。

 

ソルベ王国

ソルベ王国
場所 南の海(くまとボニーの出身)
加盟 世界政府加盟国(50ヵ国のレヴェリー傘下)
国王 不明(くまの兄弟と思われる)

元国王くま

わしが知っとるくまの情報は…元ソルベ王国の〝悪い国王〟で…国民に国を追われて「海賊」となり、「革命軍」にも在籍し、その後「海軍」に捕まり…〝終身刑〟。ベガパンクがくまの筋力、潜在能力に惚れこんでいた為に〝身体改造〟と〝クローン開発〟への参加を条件に〝王下七武海〟として海へ戻った男…!!(1064話)

 

世間一般の情報はくまは国民に国を追われて海賊となったという。しかし、娘のボニーは「父は暴君なんかじゃなかった」と述べています。

 

具体的に何があったのか不明ですけど、くまは国を追われて海賊になった可能性は高そう。なぜならソルベ王国はいまでも存在しており、50ヵ国のレヴェリー(世界会議)に参加しているからです。

ソルベ王国は現存してレヴェリー参加

これはこれはソルベ王国の…コニー王太后。この先は神々の地です。通れませんし…危険ですので城内へお戻りに…(908話)

 

レヴェリー当日、ボニーは自身の年齢操作でコニー(おそらく祖母)に化けて天竜門を通過しました。

 

門番の「これはこれは」って反応でソルベ王国の王太后コニーはここにいてもおかしくない人物である。つまり、ソルベ王国はレヴェリーに参加した50ヵ国の一つ

 

 

  • ソルベ王国は現存してる
  • レヴェリー参加の50ヵ国の一つ
  • コニー王太后は健在

コニーが王太后なら現国王はくまの兄弟

以前も書いたけど、コニーが王の母の名称である「王太后」というのもミソ。コニーほぼ間違いなくボニーの祖母でくまの母親でしょう。

 

ボニーの祖母コニーが「太王太后(君主の祖母)」でなく「王太后(君主の母)」なら、今のソルベ国王は第三者の他人でもくまの子供でもない。

 

くまは12年前に革命軍に加わっている事が確認できます(587話)。少なくとも12年前にはソルベ王国の国王でない。

 

それでもくまの母(と思われる)コニーが「王太后」なら、現在のソルベ王国国王はくまの兄弟の可能性が高い。

 

それでいてボニーはこんな事を言ってる。

 

お父さんなんだ…。あたしの…たった一人の家族。だからお願い…!!お父さんを傷つけないで!!!(1063話)

 

ボニーは父くまをたった一人の家族であると。祖母と叔父か叔母の親族は健在(と考えられる)なのにである。この辺がくまが海賊・革命軍になった経緯がありそう。

ソルベ王国の王族なのに貧乏

 

1063話のワンカット描写で描かれた幼少期ボニーと抱き上げるくまといい、SBSで描かれた2人の幼少時代といいソルベ王国の王族なのにめちゃくちゃ貧乏そうである。

 

とても王族の格好とは思えません。

 

ちなみに世界会議(レヴェリー)に参加してた50ヵ国の中にソルベ王国の現国王もいるはずですが、貧乏そうな恰好の王様は確認できません。

 

ソルベ国王もいるはずの50人の王(908話)

 

50人の王はみんな王様らしいゴージャスな服装でした。

 

くまが国王だったら着飾ることなく1063話で描かれたワンカットのような服装でレヴェリーに参加したと思うんですよね。

くまは世界政府の犠牲そのもの

また、革命軍の軍隊長たちはくまの事情を以下のように語っていました。

 

・だけど!くまちゃんの人生こそ「世界政府」の犠牲そのもの!!

・元々加盟国の国王だからこそ、くまさんを見せしめに使ったのさ。神に逆らえばどんなに屈強な男もこうなると!!(908話)

 

くまの人生は「世界政府」の犠牲そのものらしい。

さらに天竜人に逆らったそうな。

 

曲者揃いの王下七武海の中で唯一世界政府に従順な男と言われてたのに…。この辺の事情がソルベ王国の国王時代だとしたら、ルルシア王国のようなことが起こったのではないかと思ったり思わなかったり。

ソルベ王国はルルシア王国と同じ状態?

見逃して下さいどうか!町にあるのは王様と天竜人に納める〝天上金〟だけ…!!私達は詰めに火をともす様に生きているのに…!〝天上金〟が払えなければ殺されてしまう…!(904話)

 

この前滅ぼされてしまったルルシア王国は、ここ最近で王がセキ国王に変わって国民の暮らしが急変しました。天上金を上げて国民から搾り取って贅沢な暮らしをしています。前国王の時代は平和だったのに…。

 

 

ソルベ王国はこれと同じような事が起きた説。少なくともレヴェリーに参加してた王はみんなザ・王様って恰好でした。

 

くまが国王時代までは税(天上金)は少なく王族すら貧乏。しかし、今の国王に変わって搾り取ってるのではと。63巻で描かれたくまの幼少期からくまの父親が国王時代も同じく貧乏王族っぽい。

 

ソルベ王国国王
前々国王(くまの父) 税(天上金)は少ない
くま前国王 税(天上金)は少ない
現国王(くまの兄弟) おそらく税(天上金)は多い

くま国王に起きたこと

まとめるとこんな感じ。

 

  • くまは暴君じゃない
  • くまは優しい
  • 元々加盟国の国王
  • 世界政府を嫌ってた
  • 世界政府の犠牲者
  • 天竜人に逆らった
  • おそらく今のソルベ王族は羽振りが良い
  • ボニーは父くまのみを「唯一の家族」と言う

 

この辺から察すると、くまが世界政府の犠牲者とか天竜人に逆らったというのは「天上金」をもっと払えとか国民からもっと搾り取れと世界政府に言われたのを拒否したのではないかと。そして母コニーや兄弟の現国王に王の地位を簒奪されたのではないかと。

 

だから、くまは元ソルベ王国の〝良い国王〟で…王族・貴族に国を追われて「海賊」となり、「革命軍」にも在籍し、その後「海軍」に捕まり…〝終身刑〟が本当のところかもしれん。

 

いまのソルベ王国の実情はゴア王国に近いかも。

 

この国(ゴア王国)こそ世界の未来の縮図だ…。いらぬ物を淘汰した世界に幸せなど待ってはいない…!!(587話)

 

流石に「ソルベ王国」が「ゴア王国」ほど栄えてるとは思えんが、もともと貧しいながら平和な国だったが、くまが追われて以降は、天上金をめちゃくちゃ搾り取ってていらぬ物も淘汰してるかも。

くまは婿養子?(※追記)

ゴア王国のステリー王がそうですけど、入り婿でも国王になれるみたいですからね(リアルではだいぶ厳しい)
一般人かつ貧乏だったくまが、ソルベ王家の姫か誰かと結婚して後に国王になったという出自なのかもしれない
コメントより
くまは王家の生まれじゃなく王女の入婿で国王になったんじゃないですかね?
そして妻(王妃)の兄弟に王位を奪われた。
コメントより

 

あーこれはありそう。くまは入婿で王になった説はあるかもしれない。子供時代は王子でなく一般人であると。

 

 

おすすめ電子書籍サイト
ebookJapan

・新規で登録すれば6回まで50%OFFクーポン
・定期的にオリジナルのセール開催
・約9,000冊の漫画が無料で読める
・paypayが使えて溜められる

DMM電子書籍

・新規で登録すれば全作品7日間50%ポイントバック
・250,000冊以上の取り揃え!
・ムフフな成年タイトルに強い
・最大100%OFFのオリジナルセールが豊富

ワンピース
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク
ヤマカム

コメント

  1. 匿名 より:

    くまは特殊な種族だそうなので、現ソルベ国王とは父親が違うのでしょう。身元の情報を売られたのかもしれないですね。
    天上金など国の借金をチャラにするかわりに体を実験にさしだせと要求されたのかと思います。くまがいなくなって急に税負担が軽くなったのは、実はくまが私腹を肥やしてたということにされて暴君くまの出来上がり…ではないかなと

    • 山田 より:

      確かにくま本人の意思でなく改造を強要された・せざるを得なかったとしたら借金説が一番辻褄合いますね…。

    •   より:

      ゴア王国のステリー王がそうですけど、入り婿でも国王になれるみたいですからね(リアルではだいぶ厳しい)
      一般人かつ貧乏だったくまが、ソルベ王家の姫か誰かと結婚して後に国王になったという出自なのかもしれない

  2. 匿名 より:

    右側にクロブチの入ったマントを
    羽織っているのが現ソルベ国王ですかね?
    くまのズボンのクロブチに似てる気が
    あと二宮金次郎の思想がくまが王様だった頃の統治の仕方のヒントになるのではないですかね?

  3. 匿名 より:

    くまは王家の生まれじゃなく王女の入婿で国王になったんじゃないですかね?
    そして妻(王妃)の兄弟に王位を奪われた。

  4. 匿名 より:

    全然本文と関係ないけど、ワンピース新刊読んでたらヨサクのヘッドギアとほとんど同じの付けてたワノクニの人いたけど、ヨサクはワノクニ出身?

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました