スポンサードリンク

『ゴールデンカムイ』、辺見和雄の世界一ピュアなラブストーリー


ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)

『ゴールデンカムイ』5巻も最高だった!
個人的にヤングジャンプは読了後の満足度という点では一番の漫画雑誌だと思うんですよね。

ヤンジャンがどう見ても一番面白いって声を大にして叫びたいぐらい。そんなヤンジャンで新たな看板漫画となりつつ『ゴールデンカムイ』が面白くないわけない。

超面白い!5巻はあまりの面白さに腰を抜かしそうになったね。

スポンサードリンク

魅力ありまくる

『ゴールデンカムイ』の魅力は、本筋の宝探しだけでなく、飯漫画と言ってもいい料理シーン、アイヌ文化のあれこれ、ギャグ漫画並みのキレ味のネタ…と見所が沢山あります。

ハイクオリティーで。その中でも個人的に登場キャラの立ちっぷりがスゴイと思うわけ。主要人物だけでなくモブキャラまでね。作者・野田サトル先生のキャラクターメイキング能力は惚れ惚れします。

5巻で登場する辺見和雄は最高すぎるキャラです!
今までの『ゴールデンカムイ』史でナンバー1だよ。間違いなく。

1

 辺見和雄

色んな意味で凄いな…
イレズミを見せてしまいたい願望をグッと堪えるの図である。
良い顔しすぎ。濃いキャラ揃いの中でも一際濃い。変態揃いの中も一際変態。

辺見は100人以上を殺害してきた殺人鬼で、子供の頃に目の前で弟をイノシシに食い殺されたというトラウマと喜びのバックボーンがある。

弟が死ぬ間際に見せた虚ろな目のおかげで殺人衝動に駆られるようになり、死に抗う姿を美しいと思い自分も死に全力で抗いながら殺されたいという願いを抱くようになります。

「殺したい」「殺されたい」と相反する2つの願いを包括するのが辺見なのです。

矛盾してるのに違和感無く納得できる形でキャラの内面として取り入れてるのが凄いです。辺見の人生と生き様が細部まで作られている。うわ!辺見のキャラ立ちすぎ!

そして杉元と運命の出会いをします。

杉元から発せられる死のニオイを嗅ぎ取り「ああ、この人に殺されたい」「よし、この人を殺そう」と決めるのです。なんつーか杉元に対する想いがなんだよね。

下手な純愛も裸足で逃げ出すレベル。辺見が杉元を強く強く焦がれているモノローグは、一目惚れした運命の相手が好きで好きでどうしようもなくなってる感じですよ!


2

 好き好き大好き!

ほらみて下さいよ!辺見の想いと表情を!
完全に恋する乙女のそれです。「行っちゃヤダ…!!」ってもっと一緒にいたいって真っ直ぐな気持ちがビシビシ伝わってきます。

杉元を見つめる赤面顔が良いね。正直、可愛いと思いました。様々な見所ある『ゴールデンカムイ』にまた一つ楽しめるポイントが出来た。それがラブロマンスです!

アクシデントが重なる度にドキドキハラハラし、悩む心情描写がとても上手い。喜怒哀楽の繊細な心理と、そこから溢れる言動の数々が片想いをする思春期女子だよ(やってる事は殺人です)。可愛いくて微笑ましい。甘酸っぱさが満載でした。そう、これは運命の相手を待ちに待ってついに巡り合えた純愛なんです。ヤンデレを超えたヤンデレです。

紆余曲折の末に杉元と結ばれるシーンは屈指の名場面でしょ。
ズバリ言って大興奮です!


3

 運命の相手と結ばれて

自分の想いを告白して(赤面しながら)杉元も答えてくれたのは思わずニヤニヤしちゃうじゃないの。ピュアすぎんだろ

ようやく出会えた理想の相手だからね。辺見がやっと一つになれたんだもん。そりゃ、乱れちゃうよな。大好きなんだもん。激しいのも仕方ない。「殺したい」「殺されたい」の強い思いが煌めいていた。恋する乙女のようなモノローグを丁寧に描きやっと結ばれたわけだからね。

出会いから惚れて告白し結ばれるまでのラブコメの起承転結を上手に綺麗に描いたんだもん。だから全身全霊の愛をぶつける辺見に胸を打たれすぎて、なかなか次のページに進めなかったです。こんな真っ直ぐな純愛を読み終わりたくないって。

2人決着は感動的ですらある。
ピュアラブストーリー名シーン誕生の瞬間を見ましたね。はい。

4

愛だったんだよ!

いい顔してるだろ?いまから殺されるんだぜそれ…。
世界一ピュアな恋物語の雰囲気です。やだ!キュンキュンしちゃう。
子供の頃から秘めた想いが達せられそうになった辺見はまぶしいぐらいキラキラと輝いていた。ついに夢が叶うんです。唯一無二の恋愛ロマンとしか言いようがない。ひょっとして一番純愛してるのは『ゴールデンカムイ』の辺見なのかもしれなないとすら思いました。

か・ら・の!大ドンデン返し!
ビックリ仰天しちゃったよ。他の漫画がこういう事すると「何じゃそりゃ!」って思うんだけど、『ゴールデンカムイ』なら、いや辺見和雄だから素直に受け入れてる自分がいましたね。最期の辺見が見事すぎた。最高だッ!!

『ゴールデンカムイ』のキモは「強烈すぎる個性のキャラクターメイキング」と「型にはまらない破天荒なシナリオ回し」の2つだと個人的に思っていたんですけど、辺見和雄編はその2つが突き抜けすぎて芸術の域にすら達していた。

読了後に、天才の仕事だ…と震えてしまいましたね。

杉元が出ない第七師団の揉め事も読ませる読ませる。
強烈なキャラと大胆なストーリーだからこそ主人公不在でも面白いんでしょう。

んで、まとめるとアシリパさん可愛いってことです!
今回で一番可愛かったアシリパさんはこちらです!

5

アシリパさん可愛い

見所満載で、オソマを我慢するアシリパさんも、白石(モザイク)を見るアシリパさんも、ご飯粒アシリパさんも、変顔アシリパさんも良かったが変化球は無しだ。ストレートに杉元を「相棒」と答えるアシリパさんが一番可愛かった。

ふぅー。

受けを狙わず、たまには真面目に感想述べるものですね。

及第点ですかね?

ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2016-08-19)
売り上げランキング: 342
ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-05-19)
売り上げランキング: 320
ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-04-19)
売り上げランキング: 454
ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2016-01-19)
売り上げランキング: 414
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする