スポンサードリンク

「神のみぞ知るセカイ」、ドクロウちゃんが可愛かった(小並)

シェアする

1
「神のみぞ知るセカイ」最終回

「神のみぞ知るセカイ」のサブタイトルってオシャレですよね(突然)。

例えば264話のサブタイは「Shine a Light」。

元ネタ分かります?ザ・ローリング・ストーンズというイギリスのロックバンドの曲である。実は、終盤の「神のみぞ知るセカイ」はずーっとザ・ローリング・ストーンズの楽曲を元ネタにしたサブタイだったんですよね。

理由は不明ですけど(若木先生が好きなんでしょうけど)、それぞれ日本語に訳すとそのエピソードに深みが増すと思いますので、興味があったらやってみてはどうでしょうか。

んで、265話のサブタイトルが「WORLD FORTUNE」というね。

今までザ・ローリング・ストーンズの楽曲を元ネタにしたブタイトルにし続けて、いきなり265話で「WORLD FORTUNE」という突然の方向展開である。元ネタはモチのロンで、エルシィ&ハクアが歌う「World Fortune ~セカイノユクエ~」でしょう。

いきなりアニメ「神のみぞ知るセカイ」の楽曲がサブタイに付きだしたのである。

しかもそのまま突き進んだのだ。

神のみぞ知るセカイ

265話「WORLD FORTUNE」、エルシィ&ハクアが歌うソング(AA)

266話「ろまんちっく☆2Night」、エルシィのキャラソン(AA)

267話「コイノシルシ」、アニメ「神のみぞ知るセカイ」1期ED(AA)

興味があったら曲を聞いてみて欲しいもの。深いぜまじで。

んで、この流れで最終回である。

一体どんなサブタイトルが付くのか。「神のみぞ知るセカイ」ファンは大いに予想したことだろう(たぶん)。

私はしましたね。

「アイノヨカン」(2期ED)ではないか。

いや基本に戻り「God Only Knows」(1期OPであり原作のサブタイ)、いやいやここは桂馬の「HAPPYEND」こそだろ、と。結果、このサブタイトルを持ってきました

以下、「神のみぞ知るセカイ」最終回のネタバレ全開です。

神汁最終回

単行本派は最終巻を呼んでから読むよろし。

素晴らしい最終回だった。燻製された味わい深さがあった。

最終話サブタイ、FLAG268「未来への扉」である。

ヒカリノキセキ|未来への扉(初回限定盤)
eyelis
ジェネオン・ユニバーサル (2012-12-19)

OVAの天理編の曲を本編の最終回に使ってみせた

ほう、このサブタイトルだけ見れば、やったね天理ちゃん大勝利と思いきやね、そんな事はなかった。

もうね、はじめっから天理ちゃんに勝利の道は無かったのだ。「ぼくとお前とのエンディングはない。」と斎藤一の「悪・即・斬」バリにバッサリ一撃である。

1

天理は撃沈である

ちなみに「未来への扉」の歌詞は以下のようなものである。

一見明るいように見せかけて桂馬への愛を綴った歌詞である。

言えない想いを「今はまで秘密なの」と歌われる。で歌詞の最後はっていうと…。

ねぇ未来への扉を、開けたらセカイは変わるのかな?
こぼれそうな涙隠して、にじんだ空見上げ、飛べないままの白い翼に
素直な気持ち、かざしたら生まれたての想いがあふれてく
言えないの、だけど、本当は君が大好きだよ

泣けましたなぁ。

天理の歌といっても過言でない「未来への扉」。

最終回のタイトルとなって歌詞まんまなんだもん。今はまだ秘密どころか最後まで言えない「君が大好きだよ」っていう言葉な。最終回読むと「未来への扉」は深い歌詞だと分かるでしょう。本当に告白も何もしなかったからね。切ないすなぁ。

私は先週で、桂馬がちひろに「お前が好きだ」と初めて告白して、最終回で他のヒロインにも言うのではないか、ハーレムENDになるのかとちょっと不安に思ったものです。しかし、若木先生は見事にその予想を裏切ってくれた

最高かよ!?

あえて言おう!

「神のみぞ知るセカイ」最終回は敗者の物語である、と!

女神が宿るヒロイン達。全員ダメでした

月夜の「もう最悪!最悪中の最悪なのですわ!」「あんなこと突然言われても!」、結の「意外!桂馬くんに好きな子がいたなんて…」という台詞から察するに、桂馬は海岸で目覚めて女神が宿るヒロインたちに自分の気持ちを述べたのだろう。振ったのだ!

3

敗者達

誰しも気持ちのいいハッピーエンドと心から言える人はいないでしょう。

だって、ラストにきっちりと敗者を描くんですもん。

大団円なのに、センチメタルブルーな雰囲気が醸しだされている。

これが私の心の琴線を鷲掴みにしたのである。甘さと切なさの混ざった絶妙の塩梅であるといえるでしょう。

ラブコメ漫画っつーものは「勝者」と「敗者」が別れるのである。

そりゃそうだ。勝者は1人である

ラスト付近に敗者を出して退場させるか、最終回まで引っ張って敗者を出すかの違いで、こんなにも燻製された「切なさ」「苦さ」を交えた「甘さ」が出来るのです。素晴らしいと断言しよう。

特筆すべきはドクロウちゃんでしょう。

個人的には最終回のキモはドクロウちゃん一択である。

ドクロウちゃん

4

ドクロウちゃん

圧倒的な可愛さだったのだ。

二階堂先生の正体がドクロウちゃんだったと判明し桂馬を目の敵にしていたのは「だって、他の女の子と仲良くしてるからだよ」ときたものです。

以前にも述べたが、これが10年の深い愛ですよ。

しかもだ。

桂馬に呼び止められ「待たないよ」「ふりかえると…ドクロウに戻っちゃうから…」という台詞よ。まだ「二階堂先生」だから振り返っちゃえばねぇ。恋する乙女のドクロウちゃんになっちゃいますもんね。事実「だって、他の女の子と仲良くしてるからだよ」と言った時も桂馬に表情を見せていません。それなのに、最後に振り返ったのである。

「ありがと…お兄ちゃん」と、ドクロウちゃん戻ったのである。

二階堂先生として立ち去るでなく、恋する乙女のドクロウちゃんとなってお別れしたのである。泣けましたなぁ。ドクロウちゃんが報われない女の子の殿堂入りした瞬間であります。

本当に良い最終回だ。

敗者が素晴らしいのである。

こうして人は成長するのである。

ギャルゲ&エロゲでいえば、あるヒロインAのルートに入ったら、今まで仲良かったヒロインBがまったく出てこなくなるという事があるだろう。

ルートの消滅と共に、存在そのものが消えちゃうの。

それは僕、もにょっちゃうんだなぁ。

で、「神のみぞ知るセカイ」は敗者をフェードアウトさせずに、きっちり最後にトドメを刺し、その後を描いた。不満もあるだろう、切なくなるだろう、だからこそなんとも言えない味わい深いものとなっているのです。

多くは最終巻が出た時にでも語るとして(たぶん)

はっきり申して、このEDは最高であった

選ばれしは小阪ちひろなり!

ちひろだと…!?

2
ちひろちゃん大勝利!

なんだこの可愛さは…。

物語を終わらせることを桂馬は色々語っていた。

この物語を終わらせる為には関係した女の子達を物語から解放する。

そこで1人とくっつく。関係は強制終了、ラブコメも終了という論理。

確かに論理的っちゃ論理的である(ように見える)。

だがしかーし!

もう理屈じゃないんだよね。

以前のちひろと一緒。

好きとは…!?

5

理屈ではないのである

「好きになるのに…理由なんてないよ!」

気がついたらもう、好きになってたのだ!!

これだよなぁ。

今まで攻略の鬼だった桂馬が動揺しまくる。
ちひろのせいで本気で感情を初めて揺さぶられたシーンなり。

ちひろの台詞は桂馬にそっくりそのままリボンを付けてお返ししようってわだ。

桂馬がいつからちひろが好きだったか?

そんなん知るか。これは攻略じゃない。

気付いたら好きになってたのだろう

おそらく若木先生の意図は、「神のみぞ知るセカイ」というタイトル通り、過去邂逅編は神である桂馬が知るセカイへ繋げる意味合いであり、最後に神様は等身大の恋する男の子になったという感じなのだろう。

だ・け・ど!

ちひろの意味

私はちひろENDに猛烈に心の琴線を鷲掴みにされたのは「運命をぶっ壊した」からである。

ラブコメというものは、構造上の理由により1巻、もっと言えば1話で誰と結ばれるか分かってしまうのである。

それが「運命」ってやつである。

もちろん「いちご100%」のような例外はあるけど、それでもダブルヒロインだったわけだし。最初からこの娘と結ばれるなというのは読者は分かっているのだ。その上で踊るのが萌え豚なり。

で、「神のみぞ知るセカイ」は特殊っちゃ特殊で、普通のラブコメ漫画の1巻に相当するような初期を「単発ヒロイン攻略編」(11巻ぐらいまで)に当てはめるとね。

うん、どう考えても本命・天理&エルシィ、対抗で歩美やハクアかなと思うよね。幼なじみ&空から降ってきた美少女と書いて「正ヒロイン」と読むのがこの業界の常識なんですよ。

これはどんなに頑張っても埋められないのだ。

それが運命。

それをぶっ壊したのがちひろである。

6
ちひろはやってくれたぜ

女神?アイドル?幼なじみ?生まれ変わり?悪魔?運命?ロトの子孫?天空の勇者?知らんがな。そういう運命的なヒロインに、1人の少女が勝ってしまった。胸が熱くなるな。

やったね!ちほろちゃん大勝利!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする