スポンサードリンク

『五等分の花嫁』、写真の子は誰なのか?でもそれって負けフラグじゃ!?

シェアする

2

『五等分の花嫁』第36話 勤労感謝ツアー①

『五等分の花嫁』はマイフェイバリットキャラである三玖がデレたことによって、自分の中では既に良いラブコメ漫画だったなって評価でした。

なんならひたすら三玖の恋する乙女っぷりや可愛いシーンを続けているだけだっていい。それを眺めてるだけで頬を全力で緩めることでしょう。デートに誘う姿だけでニヤニヤしちゃうぜ。

って、まだ肝心なことが片付いていませんでした。

それは写真の子…風太郎の思い出の女の子は五つ子の中で誰なのか問題である。

<関連記事>

【告知】水曜日発売の週刊少年マガジンで新連載が始まります! 少年と5人の少女による肩の力を抜いて楽しめるラブコメとなっております。 ...
今週のマガジン(8号)に『五等分の花嫁』(春場ねぎ)という読み切りが掲載されていました。「可愛いヒロインなら何人いたって構わない...

顔が同じ五つ子という特性を作った高度なミスリードを孕んでいるかもしれませんからね。これは広義の意味で幼なじみに入るので、「幼なじみ」愛好家としては外せません。

写真の子は誰だ

3

誰なのか?

35話「探偵風太郎と五人の容疑者たち」では、五つ子に直接聞きました。「この中で昔、俺に会ったことがあるよって人ー?」と。この質問に誰も手を挙げませんでした。

3つの可能性があります。

1、聞き方が悪い
2、本人がすっとぼけてる
3、本当に五つ子の中にはいない

まあ「3」はないでしょう。なぜならこれはラブコメだから!

五つ子の中にいないはずがない!可能性が高いのは「1」か「2」。

そもそも、これ聞き方が悪いよね。

昔の風太郎なんて知らんがな…ですよ!風太郎も昔と今での「あの子」の想像図に大きな隔たりがありましたし、「あの子」だって金髪時代の風太郎から今の姿や雰囲気が違いすぎてて分からんよね。

それでも、これはラブコメなので「あの子」は今も変わらず風太郎を覚えてなきゃ!例え雰囲気や髪の色が変わろうとも!

明確に違うのは二乃

4

「めっちゃタイプかも!」(14話)

五つ子の中で100%「あの子」じゃないと断言できるのは二乃です。

昔の金髪時代の写真を見て「めっちゃタイプかも!」と言ってました。修学旅行では金髪ワイルド風太郎にデレてました。

すなわち昔の風太郎を知らないのである。

二乃だけは写真の「あの子」とは違うと確定でしょう。

他の4人はなんとも言えません。違うとは言い切れないけど、「あの子」と言い切れる材料もない。まあ違うんだろうなってのは五月かな。

五月も可能性低いが…?

5

34話

その子との出会いがあなたを変えたんですね

5人の中で五月だけは風太郎から、写真の子との思い出を聞いてます

虚実あったとはいえ、五月本人にはないメモリーだった様子が伺えました。イコールで五月の可能性はかなり低いです。

入院中の風太郎が写真の子と見間違えたり、同じような言葉を発したり…と、五月は一番「あの子」っぽく描かれてるけど、ミスリードの匂いがプンプンする。

これで写真の子だったら、35話ですっとぼけた事になってしまいますし。そこですっとぼける理由がない。

お守りを持ってて「買ったのか…貰ったのか…」とよく覚えていなかったので、これで本人だったら風太郎にとってだけのかけがいの思い出になっちゃうので、ラブコメの文脈としてもあり得無いかなと。

三玖

三玖

三玖に関しては情報が無さすぎる。

写真の子かもしんないし違うかもしんない。現状では何とも言えませんわ…。

判断する材料がほぼゼロなので、絶対に無いとは言い切れませんが違うでしょう。

これで三玖だったら「えー!?」じゃん。

一花

3

一花 / あの子

33話が掲載されたマガジンでは、「あの子」と「5つ子」がカラーで掲載されました。カラーで見ると髪の毛の色が同じだったのは長女のみなのです。設定上の髪の毛色が同じなのかもしれませんが、神の視点を持つ我ら読者は気になりますね。

唯一思い出の子と同じ髪の色をしてたのは一花です。

カラーで掲載されたからこそ分かる「ひょっとして一花か?」である。とはいいつつ、髪の毛の色なんて後で作者のさじ加減一つでどーとでもなるけどね。

また、作中でも「私はみんなのお手本になるんだ」という台詞は長女じゃなきゃ言わないんじゃないかと。他の姉妹の髪の毛の色は全然と違ってるので、一花は幼なじみかもしれないと思わせてくれる。

で、もう一人。

「あの子」の可能性が最も高いのが四葉である。

四葉が一番可能性高い

1

四葉っぽい

今回の第36話「勤労感謝ツアー①」を読むと四葉が幻の幼なじみにしか思えんでござるよ。五月以外で、「あの子」を重ね合わせたのは初かな。

思い返せば、四葉だけは5つ子の中で風太郎に最初から協力的でした。

そして今回判明したのは5つ子の写真(?)並び順は抑えておきたいところ。はじめて「あの子」が登場した14話ではどう見ても5人の中で真ん中の子がビンゴっぽかったからね。ソースはピースの仕方!

6

あの子のVサイン / 5つ子のVサイン

5年前の幻の幼なじみと一緒に撮った写真ではカメラに向かって正面を向いたストレートのピースをしていました。5つ子のアルバムにあった写真で当てはまるのは真ん中の子ですね。ついでに、目元や笑い方も「あの子」に一番近いのは真ん中の子です。

で、この真ん中の子は誰なのかって謎だったけど、今回の描写でやっぱ四葉が一番あり得るかなって…。

11

真ん中に陣取って正面Vサインをする四葉

ま、写真撮る時の並び順もピースの仕方も、その時々で違う可能性は否定できませんけど…。やはり四葉の「真ん中」「ピースサインの仕方」は引っかかるところ。

さらに、1話ではじめて合った風太郎を「上杉さん」と呼んでいました。

7

なんで俺の名前を知ってるんだ?

四葉いわくテストを拾ったということですが、目の前で答案用紙を落とさなきゃ名前と本人は一致しません。思い出の子は「上杉風太郎君」「バイバイ」と言ってましたので名前ははじめから知ってたと。

もちろん、四葉の目の前で風太郎はテストを落としたってこともあり得ますが、興味深いエピソードでした。ひょっとして前から風太郎の名前を知っていたのではないかと読者に想像する余地があります。

「あの子」は一花か四葉

つまり、風太郎の幼なじみ「あの子」は一花か四葉のどっちかなり。

四葉に関しては意味深な描写か多く、一花は本編では長女っぽい台詞のみだけど髪の毛の色が決定的のようにも見えます

・一花だった場合は金髪の子が風太郎だと気づいていない

・四葉だった場合は他の姉妹の気持ちを察してあえてすっとぼけた

って感じですね。

今回の描写を見るに四葉は他の姉妹に遠慮してるような感じが見受けられましたので34話で聞かれたのはすっとぼけてたのかも。一花だったら金髪の子と風太郎がイコールだと気づいてないのかなって。

思い出の「あの子」を巡るレース。最も可能性高いのは四葉、それでも一花の可能性も捨てきれない…ってところです。絶対にどっちかです(断言)!

写真の子って負けフラグでは?

12

1話

夢を見ていた、君と出会った高校二年の日

あの夢のような日の夢を

『五等分の花嫁』は1話の段階で、5つ子の誰かと結婚するという未来エピソードが描かれていたのは特筆すべき点でしょう。

この時の風太郎のモノローグでは「君と出会った高校二年の日」と明確なモノローグがあるのである。これって、花嫁が写真の子だったら「君と出会った小六の日」ってならないか?

ようするに、思い出の女の子だった場合は花嫁にならないのではなかろうか…。一花か四葉が「あの子」っぽいけどこれって負けフラグじゃないですかー!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    思い出の女の子は負けフラグ
    ソースはニセコイな!

  2. 匿名 より:

    『初めて』出会った日とは書いてないからまだセーフセーフ
    「あの夢のような日」は五つ子だと発覚した瞬間を「(悪)夢のようだった」と回想してますから、花嫁個人ではなく五つ子自体にかかってるフレーズでしょうし。

  3. 匿名 より:

    ニセコイとぼく勉を足して2で割った漫画

  4. 匿名 より:

    俺は全員と結婚する可能性を考えてる
    根拠は幾つかある
    まず1つ、将来結ばれるという伝説を五人全員が満たしていること
    そして2つ、未来の花嫁が着る予定のドレスの数(多すぎるよねって言われてる)
    これは五人全員で入れ替わって風太郎と結婚式を挙げることを連想させる
    でも同じ顔だから参加者達は姉妹が入れ替わっていることに気付かない
    参列する家族の中に他の姉妹がいないしね
    そして3つ、こ作品のタイトルそのもの
    五等分の花嫁
    これは文字通り、上記の状況そのものを現していると言える
    まあ、あくまで可能性だけどね

  5. 匿名 より:

    写真の5人の並びは流石に次ページの並びと同じでしょう
    23541の並びは1話と35話にも出てる良くある五つ子フォーメーション、まあ53421もちょこちょこ出てはいるんですが
    ただいずれの場合でもピースをしっかり握り込んで右手でやってるのは真ん中と右から二番目なので大概四葉は外れないっていう

    • 匿名 より:

      これまでのフォーメーションと
      右手でピースをしているという事で
      可能性があるのは二乃か四葉の様な気がします

  6. 匿名 より:

    俺は五月だと思うんだけど
    ヤマカムさんは自分がそうだって言わない理由はないって言ってるけど、そんなもん幾らでも可能性は考えられるし
    例えば、あんな事を言っておいて頭が悪い現状の自分が恥ずかしかったとか
    幻滅されたくないって事ね
    他にも、四葉がすっとぼけた理由にある他の姉妹の気持ちを察しては五月にも当てはまる
    わざと知らないふりをしてる可能性があるという点で言えば五月だって同じでしょ
    お手本という言葉も、姉妹の中で一番真面目なのは五月という事になってるし
    その為に言葉遣いも変えたのかも
    二乃は俺もないと思うけど、五月の可能性は十分あるよ

  7. 匿名 より:

    うーん。四葉説はだいぶ前から言われてんのに、何を今更って感じだな…

  8. 匿名 より:

    え、誰か決まってるの?
    てっきりキャラ人気とかそういうの踏まえて、作者は連載していくうちに臨機応変に決めるつもりだと思ってた

    でも一話の出会った時期のモノローグから負けフラグだってのは確かに!って思ったわ

  9. 匿名 より:

    明確に違うのは二乃と言ってるけど、22話で五年前のフータローの写真を見て
    「やっぱりこの子…どこかで見たような…」
    と言ってるので、「めっちゃタイプかも!」で候補から外れたのを無理矢理ではあるけど戻された感じ。
    なので「明確に」ではないかなと。
    四葉の可能性が高いのは前からスレでも言われてたけど、設定的に「頭が悪い」ってのは、過去にあったことも忘れてしまってる、ってのも加味してるのかと思うので、まだ全員可能性はあるんじゃないかなあ。
    しかし久々に自分が今一番好きな漫画の記事を書いてくれた、と思って見たら浅い検証だったのが少し悲しい…ソシャゲばかりやってもう昔のヤマカムさんは帰ってこないんですね

    • 匿名 より:

      二乃の可能性は一番低いと思う
      二乃は皆の手本になる事してないし
      風太郎の昔の写真を見てどこかで見た事があると言ってるのは多分、写真の子が一緒にいる場面を遠くから見たんだろう
      勿論、絶対ないとは言わないが、他の姉妹に比べると一番可能性は低いと思うよ

  10. 匿名 より:

    作者の匙加減でしょう

    それよりヤマカムさんは最近の徒然チルドレンどうっすか?
    終わり近いので取り上げて欲しいです

  11. 匿名 より:

    写真の子が負けるかはわからないけど
    管理人が応援するキャラが負けるのは間違いない

  12. 匿名 より:

    四葉の可能性が高いですが、その場合まだ他姉妹とフータローが仲良くなる前から四葉は昔会ってたのを黙ってたことになるはず
    なので姉妹に遠慮して黙ってるというよりもっと個人的な事情なんじゃないでしょうか

  13. 匿名 より:

    ヤマカムさんが「期待大」の作品を再び取り上げるなんて!
    道理で今週は5月上旬らしからぬ寒さだった訳だ

    ラブひなの頃から思っていたけど、こういう過去の謎の布石は、ラブコメでは愚策だと思う
    小さい頃に約束を交わしたり、強い印象を残した女の子がいた、だから何?
    ラブひなもニセコイも散々謎を引っ張って、最後はグダグダだったし、正直必要がなかった

  14. 匿名 より:

    この手のジャンルで今一番好きな作品なので取り上げてもらって嬉しいです。
    写真の子は若干メインヒロイン扱いを受けている気がする五月だと勝手に思っていましたが、記事を見ると四葉が一番怪しい気がしてきました。
    あと写真の子とは関係ないですけど、一番上画像の一花と三玖の対比のシーンいいですよね。普段本人目の前にして接している時の態度と真逆でほっこりしました。

  15. 匿名 より:

    二乃はキンタローに見覚えがあったし、昔会っていて、当時多少なりとも好意があったから、現在キンタローに惹かれているのでは?

  16. 匿名 より:

    そもそもピース理論が間違っていると思います。
    キンタローと写っていた子と、真ん中の子はピースする手が左右逆です。
    右手でピースをしている子は二人いますが、右から二番目の子がキンタローの写真の子と表情が似ていて、今回の並び順を参考にすると、二乃が最も有力だと思います。