スポンサードリンク

石黒正数先生の新作『天国大魔境』が超面白そうな匂いしかしない件!

シェアする

天国大魔境(1) (アフタヌーンコミックス)

『天国大魔境』(石黒正数)1巻読了。

めちゃくちゃ面白ぇぇぇぇ!!!

美しい壁に囲まれた世界で暮らす子供たち。少年・トキオはある日、「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取る。一方、外では、マルとおねえちゃんがサバイバル生活をしながら、天国を求めて、魔境となった世界を旅している。未来の日本を「あね散歩」。二つの世界を縦横無尽に行き来する、超才・石黒正数最新作、極大スケールでスタート!!

<1話が試し読みできます>

天国大魔境/石黒正数 第1話「トキオ」 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

<関連記事>

最高傑作や…(確信)。 最近はFGOのプレイに全力投球で、月刊誌もコミックもほとんど読まずに詰みまくっている状...
凄い漫画だ… 石黒正数先生の「外天楼」が発売されました。 石黒先生の短編やショート作品は「ネムルバカ」や...

『天国大魔境』

1

『それ町』のちょっと間抜けなながらも可愛らしい歩鳥の日常が好きだったという方にはやや注意。すこし不思議なSFが好きだったならいけるかな。今作『天国大魔境』は石黒正数先生が本気で描いたSF作品なり。『外天楼』のような作風なり。

世界観は何か大きな災害が起きてディストピアとなった近未来日本。

作中では15年前と語られておりそれほど前でない様子。

焦点を当てて描かれる2つの舞台。荒廃した日本で「天国」を目指して旅をするマルとキルコの冒険。そしてどこかの施設(隔離されている?)のトキオたち少年少女の日常。1巻ですっげー物語になる匂いがプンプンします。

『天国大魔境』物語の核

2

ミミヒメとトキオ

僕が外に出たいなー外に出たいなーって思ってると、外からふたりの人が僕をたすけに来てくれるの。そのひとりの顔がトキオにそっくりなんだ

『天国大魔境』は崩壊した日本を旅するマル&キルコの話と並行して、どこかの施設で育てられてる子供たちの話が描かれます。初期『約束のネバーランド』みたいな感じなり。

そこで未来透視ができる(と思われる)少女・ミミヒメは外からふたりの人が「たすけに」来てくれると。「連れ出す」でなく「助すけ」なのか。どういう状況下なんやろ。

で、1人はトキオそっくりなんだとか。マル&キルコを指していると推測できます。これが2つの舞台を同時に描く物語の核でしょう。それでも、色々と謎だじぇ。

トキオとマル

3

マル

マル&キルコの冒険の終着点は「天国」と呼ばれるところにいるマルとそっくりの人に薬を注射を打つこと。神の視点を持つ僕ら読者は、天国は子供たちが育てられてる施設で、マルとそっくりな人はトキオであると分かる。

ちんなみに、「天国」にいる未来透視能力者(っぽい)のミミヒメとキルコもそっくりに見えるが、まったく関係無いでいいんですか。ハッキリしたイメージで助けられる未来透視したミミヒメも触れないし、キルコの肉体は元々黒髪を染めてるようだし(ミミヒメの髪は地毛)。

ちょっと紛らわしく誤読を生むよ。それすら伏線にも見えるので何とも言えんのが石黒伏線ワールドの恐ろしいとこやで。ま、作中で特に触れられていないので「トキオ≒マル」は成立で「ミミヒメ≠キルコ」として捉えればいいのでしょうか…。

で、なんでトキオとマルは同じ顔なんだろ。兄弟どころか一卵性の双子でないとあり得ないぐらい同じ顔です。DNAレベルです。でも双子でなく、トキオは少年でマルは青年と年が離れてるので双子ではない

施設の子の謎

5

実年齢小学生では無理無理のカタツムリですよ

外の世界は崩壊状態で食うにも大変であるが、トキオがいる施設(天国)では管理され美味しそうな食事も提供されてます。少年少女を育ててます。石黒作画子供として見ると『それ町』の嵐山猛と雪子ぐらいの大きさです。

施設内にはトキオと同世代?(ミミヒメ、アンズ)よりも小さい子も散見されるので、おそらくリアルで言えば「幼稚園~小学生」ぐらいの子供を育てているのでしょう。逆に石黒作画的に中学生以上の子は見当たりません(多分)。世界の崩壊が15年前なのでそれ以前の子がいないとかかな。

トキオたちは小学生ぐらいの年代に見えるし、施設内では上の世代っぽいかなぁ。実年齢の15歳以上の子はいるのかどうか。ミミヒメのシャワーシーンで描かれたオパーイとお股が描かれてたけど、女子は成長早いから分かんねー。

話が大分逸れたが施設内の子は以下の特徴がある。

・実年齢は幼稚園~小学生ぐらい

・女子でも自分を「僕」と呼ぶ

・実年齢ではあり得ない「知識」と「運動神経」

・赤ちゃん時代の顔が無い(?)

何より衝撃的だったのは「天国」の子の異常能力っぷりよ…。

崩壊前の15歳以上の子はおそらくいない。また、見た目が女子っぽくても一律で自分を「僕」と呼んでます。そして、見た目は小学生なのに普段の授業受ければ出来ると数学の展開問題のテストで謎の運動神経よ。なんだこれ…?

小学生なら九九とか割り算やりそうなのに、授業受けてたら解けると「式の展開」をテストに出されてた。さらに、1人だけ怪物動神経の子がいるものの、トキオが軽く人を持ち上げて投げ飛ばしたり忍者のような体術の女子がおり、驚くでもなく日常で普通のように描かれた点。

これらは別に運動神経が秀でてるわけでなさそうに描かれる。つまり、小学生ぐらいの年なのに、標準としてリアルじゃあり得ない「知識能力」と「運動能力」を最低限で備わってるべき能力なんだなと。

なんだこの施設…?

その中でも特筆すべき能力を持ってる子がいそうなのが気になるところです。特に運動能力に関しては後天的にはどうすることもできない先天的なものだよなー。

生まれつき天才児か!?

4

クク語る

ククはトキオと同じテストを受けてなかったので年下かな(上かもしれんが)。でも想像描きで本質を捉えるコナは同じ年のようにに見える…。クラス(5人)は年齢で区切ってるか定かでないが、忍術のような運動神経のククは赤ちゃんを見たことがあると言います。

僕知ってるよ。本当の赤ちゃんには顔が無いんだ。だからコナの絵は変なんだ。

ククは本当の赤ちゃんを見たと。顔は無いと。

ま、ククが見たっていう赤ちゃんが具体的に何か不明なのでなんとも言えませんが、これが施設の子の特別性の元だとしたら、やっぱ普通の子共たちじゃないよねぇ。異次元の運動能力は、そこら辺の普通の子を育ててただけでは説明できませんから。

おそらく「天国」で育てられてる子は特殊な子。

その1人のマルと瓜二つのマルは何者なのか…。現状では情報少なすぎるので何とも言えんし、施設の子並みの運動能力があるか知らんが、ひとつだけ特赦な能力がある。それが人食い・ヒルコを滅せること。

対「ヒルコ」だけは倒せる

6

対ヒルコだけはぶっこおせる

銃など普通の武器では絶対に倒せない怪物ヒルコ。マルは対ヒルコだけは絶命が可能です。描写的に、ヒルコの心臓を鷲掴みにして握りつぶしてました。他の獰猛生物はムリだとか。

この辺りから、マルと同じ遺伝子である(と思われる)トキオの施設の子たちは、ひょっとしたら「対ヒルコ」用の兵隊を作ってるのかもしれませんね。まだ詳細不明なので何ともだけど。崩壊した近未来で、絶対に殺すことが不可能の生物ヒルコ。

ちなみにマルの実年齢は15歳と4話で触れられていました。何かの災害で世界が崩壊してしまったのも丁度同じ15年前である。偶然とは思えない一致ですね。

現状の作中でヒルコを絶命できるのはマルだけ。とはいえ、キルコの何でも屋やってた時代の回想にあった謳い文句「人食い殺します」というのは気になるところですが。キルコも殺せるの?よく分からん。

15年前の災害

7

15年前の災害とは…?

災害の後、生き残れなかった人のほとんどは餓死だったって話だ。

・15年前に何か災害があった

・人類のほとんどが死んだ

・死因は餓死

ある家で仲良く餓死した夫婦の死体。15年前にヤベー災害が起きたそうな。死因のほとんどが餓死だったと語られてます。で、家の中で餓死する人のミイラ。15年前の災害が具体的がどういうものだったか不明ですが死因が餓死で家の中で受け入れてる人…。

この辺から察するに、災害そのものよりも、その後に外に出れず家内の食料が尽きて餓死せざるを得なかったことが伺える。15年前の災害で「ヒルコ」と呼ばれる人食いが闊歩して、外に出れなかったのではないかと…。

缶詰拾ったりなど、現状では前時代の遺産を穿って生き延びてるようですが、それが15年前の災害直後には不可能だったのかなぁ…って想像できますね。今でもヒルコは生きてて人を食ってるが、15年前は外出るだけで食われるぐらいだったの数がいたっぽいすな。

他にも諸々の伏線と謎が心地よい

8

気になりまくり

他にも気になる伏線目白押しなり。

マルをキルコに託した女性(施設内には同じ病気の子もいる)は、常識ではあり得ない光線ビーム銃を持って託しました。まるで未来から来た人のようであるが詳細不明で絶命したし、随所に「これって何だろ?」「意味深だ」って描写が満載。

当然、ただそれっぽく、意味深っぽく描いたってわけでなく、石黒正数先生の今までの信頼と実績の「伏線と回収」があってこそなので素直に物語を堪能できます。超すげー物語だぞと確信できる。

銃のマークとトマト栽培してる集落にあった箱の一致。そもそも、トマトに関しては1話から天国(施設)で栽培されており、何度も描写され意味深である。さらにキルコの中のあれこれ。まだまだ謎が盛りだくさんですが、傑作になるという確信しかねー!超面白い!

石黒正数先生の本気で描いた長編ミステリーSFやで!

約束された名作ですよ。超面白い!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ただの思いつきだけど施設内とマルキルコの時制は同じなのかな、ってちょっと思った

  2. 匿名 より:

    ミミヒメからメール→シャワーの写真?の流れがよく分からない

  3. 匿名 より:

    トキオの施設シーンからマルに切り替わる時寝袋が多いのが気になりました。夢の世界とかないかな?

  4. 匿名 より:

    クローンかループかな?

  5. 匿名 より:

    シャワーの写真のくだりは伏線かと
    数学の試験の時にトキオだけに問題を追加
    してるし。

    子供たちを試している何者かがいるんじゃ
    ないかな。反応をみているというか。

  6. 匿名 より:

    これは大傑作になりそう…
    石黒先生の読み切りじゃない続きものの長編って初めてですね

  7. 匿名 より:

    桐子の体の中にいるのは弟なんですかね(歳は2つ下?)

    • 匿名 より:

      今月のアフタ読むと弟っぽいね
      その場合鏡に映った実の姉の体に見惚れてて業が深い

  8. 匿名 より:

    全体的にミスリードを誘ってる感はあるね
    それ街みたいにそこまで長くは続かないのかな

  9. 匿名 より:

    根拠のない直感だけど『外天楼』と世界観共有してる気がする