スポンサードリンク

『天野めぐみはスキだらけ!』、せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)


20

 『天野めぐみはスキだらけ!』38話

「昔から、好きなの変わらないね!!」(ラーメンが)

「えっ!?ドキッ」(まーくんを指してると思って)

絶妙の勘違いである。

『天野めぐみはスキだらけ!』は実に良いね。

あざとさとラブコメ描写が見事な塩梅であります。
毎度のように、めぐみの「隙」だらけな姿にわれわれ読者が辿り着いた結論は感謝である。せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)


ありがとう天野めぐみ!

今日もむちむちな肉体を、パンツをありがとう!

コナン君は行く先々で必ず殺人事件が起こるけど、まーくんは天野めぐみと行く先々で必ずラッキースケベが起こる。それは避けられない運命なんです。せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)

さらに、幼なじみとして天野めぐみがぐう可愛い。


21
天野めぐみ

絶妙の幼なじみである。

天野めぐみは良い幼なじみキャラですよ。性格は明るくて、元気ハツラツ。そんで感情表現が豊かすぎる。

ノリノリで気さくなのもグッド。思いやりもある。素晴らしい。実に素晴らしい。めぐみと一緒にいるとね、こっちまで楽しい気分になります。ムードメーカーというヤツですな。

おそらく、この漫画は幸せの青い鳥はずっと側にいた…という終着点なんだと思いますが、それこそ理想の幼なじみなんですよ。幼なじみとは青い鳥なり。「やっぱ、矢島にあかりはやれねえっ!」の精神である。

また、この漫画「スキ」をあえてカタカナにして「隙」と「好き」をかけてんだろうと思うけど、ラブコメ成分が最高に最高で最高なんですよ。特に、今回の38話「ポロッと…」。おいおい、ポロッと…て。サブタイだけでどんなオチか読めるじゃねーかと思ったそこのキミ!(自分を指さしながら)いい意味で裏切られた。

ラーメン完食して追加でギョーザを食べたいと思う

まー君の前でそんな食い意地はってるとこ見せたくない乙女心

まー君、(幼なじみパワーで)察して餃子追加

「やー、さすがまー君だね」
19

「ホント、好きだなー。」

って、ポロリするのは本音かよ!

絶妙の本音ポロッと…である。

自然体での告白。

たいへん素晴らしかった。

勇気を出して告白するのも破壊力があるけど、思わず天地自然の理のままに告白しちゃうのもキャン度が高い。『アイズ』の伊織ちゃんにクリスマスラブを会話してて自然とかましたのはラブコメ史に残る伝説ですしね。

剣の達人に斬られると、斬られたことにすら気付かないらしいが、それと同じ。まさに達人の域ですよ。なんという自然な告白!

まあ、その後(好きなのは)「…餃子が」と誤魔化しましたが、最高のニヤリングポイントは最後にやってくるのであった。最初に読んだ時は、なんだ餃子かよ…とガッカリしたものですけど、最期にKO敗けした。


22
大赤面

せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き)

絶妙の大赤面である。

まいりました!と白旗を上げて無条件降伏してしまう可愛さ。

思わず告白するも誤魔化した後での大赤面!「好き」が生じて「隙」となるも…奥義を出してきたか。飛天幼なじみ流の動揺術は全て、ギャップ萌えを際立たせる二段構えなり。

タイムラグを使った究極の大赤面と言えるだろう。

思わず告白して直ぐに赤面して誤魔化すよりも、素っ気なく誤魔化したあとで実は動揺していたと判明するほうが破壊力は増し増しである。それによって、本当は必死で平気なフリをしていたという、ぐう可愛い真実が分かるし。

「隙」を見せることに定評のあった天野めぐみだからこそできた「好き」である。
くぅーとんでもない破壊力だった。それはそうと、まー君は幼なじみパワーで察してあげられるのに、一番肝心なこと察してあげられないとは…。青い鳥は一番近くにあるんだぞ!

天野めぐみはスキだらけ!(4): 少年サンデーコミックス
ねこぐち
小学館 (2016-10-12)
売り上げランキング: 4,244
天野めぐみはスキだらけ! 3 (少年サンデーコミックス)
ねこぐち
小学館 (2016-08-18)
売り上げランキング: 477
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする