スポンサードリンク

『UQホルダー』Stage.115 思考停止。色々停止。 うわさのキッスをあげる(イェイ!イェイ!)情熱キッスを君に!

26
『UQホルダー』Stage.115 思考停止。色々停止。

渚カヲル…じゃなくてフェイト(ホモ闇堕ち)がネギくんを「救う」、エヴァちゃんがネギくんを「殺す」と二者択一で悩む刀太。ボケーっとする刀太を発見し声を掛けようとする時に「サッサッ」と乙女チックな一面を披露するキリヱ。いいじゃないか。いと可愛し。

スポンサードリンク

マツケンさすがやで!

ふむ。これから本格的なバトル展開に突入するかと思わせておいて、まさかのラブコメ要素を投入してくるとは!ラブがコメる展開をエサにしてきやがりましたよ。見え透いたエサですね。まったくね、そんなエサで釣られると思ったら大正解です

いやはやそれにしても、最近のキリヱの伸張めざましいことよ。
三国志で例えるならキリヱは「蜀」だね。急成長が著しいしラブコメのヒロインとしてなら正統派でもある。対して最大勢力の「魏」はエヴァちゃん。劉備VS曹操ならぬ、キリヱVSエヴァちゃんの頬がニヤける対決も期待したいところである。

キリヱの可愛さ…底が見えん!

27

キリヱ

めったくそ可愛いな!

ここまで『UQホルダー』を読んで確信しましたね。
確かにエヴァちゃんは大正義ヒロインではあります。でもキリヱこそが至高であると。キリヱがベスト・オブ・ヒロインです。それにしてもキリヱのやつ…化けたな!化けすぎだろ!可愛すぎだろ!

伸びしろあったのは分かってたつもりですが予想以上です。
ツンデレキャラとして最も美味しい季節を迎えていると言っていいのではないでしょうか。ツンデレというのは農業のようなものなんですよ。種をまいて、芽が手て、スクスク成長し…今のキリヱは実りの季節を迎えているんです。いわゆる収穫期です。我々は頬の筋肉を緩めて美味しく頂くだけです。

どう見ても好きなのに、好きと認めないツンデレ娘の葛藤。これ究極。

28
こいつのことなんて何とも思ってないんだから

どう見ても何か思ってます。
刀太に頭ナデナデされて赤面して嬉しそうなキリヱ。刀太大好きオーラが出まくりです。恋する乙女の表情やん。なんて分かりやすすぎる子なんだ。

チョロいなキリヱ!だがそれでいい。それでこそである。心の中でファイティングポーズを取りながら、好きで好きで仕方ないくせに、お前は一体何と戦ってるんだ?って状態こそツンデレで一番美味しい季節ですからね。

古典的で有りながら読者のツボを抑えた塩梅。流石としか言いようないね。漫画界広しといえどもツンデレ描写に定評がある赤松健と言われただけあります。錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こうである。いや、錆びついてなかった。キレッキレやん。マツケンさんよ!全盛期並みの切れ味だぜ(謎の上から目線)。

29

キレッキレすぎ

表情が実に良いね。
グチグチ文句言いつつ満更でもない顔といい、自分の幼児体型を気にする様子といい…今回のキリヱはスゴイな。読者をドキドキニヤニヤさせるスーパー可愛いプレイを連発である。

『UQホルダー』はエヴァちゃんが最初から絶望的な点差を他のヒロインにつけていたんですけど、最近のキリヱは大量得点をあげてエヴァちゃんにジリジリ追いついてきてるね(俺の中で)。重要な局面でシュートをことごこく決めている。

キリヱを舐めてたわ。
色気の無さにおいてはスーや鳴滝姉妹と並び称すると思いきや、見事なまでのお子様バディとピュアッピュアな純情恋する乙女のハイブリッド仕様で読者のハートをガッチリキャッチしてくる。

30
ハートキャッチキリヱピュア!である。

って上手いことを言ってる場合ではない!(←自分では上手いこと言っちゃったと思ってるようです

んで、以前の正直になる自白剤事件を思い出し頭の中で、ひょっとしたら刀太は自分のことが!?と思い真意を問おうとします。「ア…アンタってばさ、私のこっ…」、そこへ子どもたちが絶妙なタイミングで通りかかりキリヱを押してしまいます。そして!そして~!

31
チューした

時間停止である。
おいおい。確かに時を止める発動条件がチューではありましたが、ちょっとキスの安売りのし過ぎじゃないのか。「神に最も近い男」と言われた黄金聖闘士シャカと並ぶ、「エロ漫画に最も近い少年漫画」と言われた『とらぶる』の担当編集者は以前にこんな事を述べていた。

—34話のラストで、ララがキスをしたいって言っていますが…。この作品、キスってまだだったんですか。

小川 ラブコメにおいて、キスはゴールのようなものと思っています。キスしたら恋愛成就、みたいな。

ラブコメにおいてキスはゴールのようなもの!キスよる遥かにスゴイことをし続けてきた『とらぶる』だけどキスだけはとっておきだったんですよ。実際に春菜ちゃんとの事故チューは一大イベントでしたしね。感無量でさえありました。やったね!春菜ちゃん大勝利ですよ!(その後は安定の霊圧消える

ラブコメ漫画における「キス」は恋愛成就のゴールみたいなものなんです。あの『とらぶる』ですらキスだけは別格扱いでしたから。そう考えると『UQホルダー』はキスを安売りしすぎではないだろうか。

まったく本当にね。乙女のチューをなんだと思ってるんだと。ラブコメにおけるゴール、恋愛成就ともいえるキスを安売りしすぎている風潮に対しては、この場を借りてガツン!と言っておかねばなるまいな。

32
いいぞ!もっとやれ!

作戦はこれで決まりだね。「ガンガンキスしようぜ!」ですよ。キスの後のリアクションのキリヱの顔の沸騰っぷり。大赤面である。なるほどな。ガンガン行こうぜと見せかけて本当の作戦は「赤面させろ!」ってことか。

つまり作戦はこうだ…。
「流れに任せて!」「ガンガンキスしようぜ!」「赤面させろ!」「乙女の反応大事に!」「キリヱがんばれ!」ってとこだな!作戦コマンドメガ盛りやな!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする