『日々是平坦』、超ド級破壊力のイチャコラとおバカな青春!

シェアする

日々是平坦 2 (楽園コミックス) 日々是平坦 1 (楽園コミックス)

『日々是平坦』(迂闊)読了。

凄まじい糖度のラブコメとおバカなやり取りがたまらんわい。いいぞこれ!

高校生男女による可も無く不可も無い日常を淡々と描く表題シリーズ+web増刊で大人気の「純粋男女交際」も全話収録したハイスクールライフ満喫コミック

<試し読みできます>

高校生男女による可も無く不可も無い日常を淡々と描く表題シリーズ+web増刊で大人気の「純粋男女交際」&

『日々是平坦』

この漫画は「純粋男女交際」と「日々是平坦」の2つのシリーズがあります。

「純粋男女交際」はあるカップルのとんでもないイチャイチャラブラブっぷりに頬を緩めてニヤニヤするのみ。「日々是平坦」は男子3人と女子3人のグループのおバカな日常なり。ラブコメ度は少ない(というか無い)。

どちらも違う楽しさが満載です。

ハーフピザのように違った味わいができます。

「純粋男女交際」

1

村野くんと山下さん

「山下さん好きです。付き合ってください」「…はい」のやり取りで付き合うようになった村野くんと山下さんの高校生カップル。カタブツだとか優等生とか真面目と言われる2人。

初々しい雰囲気を醸し出しています。付き合って1ヵ月経つのにお互い敬語を使います。クラスメイトからは「まだ手もつないだことなさそー」「ぜったいない」と、付き合ってるのに下手したら卒業まで手も握らないのではないかと言われるぐらいです。

どう見ても真面目系のカップル。

実際に外ではむずかゆいやり取りをしています。お互い手を繋ぎたいんだけど、恥ずかしくてできないって仕草が自然と頬をニヤニヤとさせてくれます。なんなんだよ!この甘ったるくて、小っ恥ずかしいやりとりは(笑顔)!

ウブで純愛すぎですね。村野くんと山下さんなら本当に卒業まで手も握らない清い真面目なお付き合いをしそうです。

純情なのに激情

そ・し・て!

2人きりになると…?

2

完全なリミットブレイク状態です!

「山下さんさわってもいいですか。その…首を」→「えっ?あっはい。どうぞっ」→首にチュー!って!なんだこれ(満面の笑み)

なんとこの2人外では誰からも手も繋がそうなカップルに見られてるのに、2人きりだとスゴイことしているのです。まあスゴイと言いましても一線も超えてませんし健全な範疇です。そこまでいってないのにすごいところまでいってる

そのイチャつきようときたらね。ちょっと目も覆いたくなるような有様です。「純粋男女交際」はカタブツの初々しいカップルであるようで、かくも激しいハートに火のついた若い男女のイチャイチャっぷり。このギャップがたまりません。

同時に純情カップルの微笑ましさも存分にある。初々しいのに生々しい!純情なのに大胆!ウブで大胆!この距離感の掴みどころの無さが逆にリアルというか不器用っぷりがあるんですよね。ほら?付き合い立てのカップルなんて距離感が分からないものじゃないですか。そういう部分も楽しめる。なんて尊いカップルなのか。

2巻ではさらに破壊力が増していました。

3

10話

悶絶。

ミッション「キス」の威力はあやうく天に召しかけました。死因「悶絶死」って新聞に載るところだったぜ。それぐらい威力がありました。

なかなか唇にキスをしてくれない村野くんは山下さんが嫌かもしれないと言えば「そっそれはないです!!!」と叫んで恥ずかしくなる山下さんの可愛さも半端ない。で、キスまでの流れとその後は1コマ1コマが全て一撃必殺級でした。(*ノノ)きゃああああ!

白旗をあげて無条件降伏するのみ。

極上のイチャラブがここにある!

「日々是平坦」

4

篠田

「純粋男女交際」の村野くんと山下さんの隣のクラスのおバカな男女6人の日常を描くのが「日々是平坦」です。こっちはラブコメ要素は皆無と言っていいでしょう。生活感とか会話のテンポなどコメディの面白さが満載なり。

男子3人に女子3人なんだから甘いスイーツな雰囲気になりそうなものですが…篠田って娘が全てを持っていってしまいます

この篠田がいわゆるおバカな子に分類されるのですが、もはやキャラが強烈すぎて完全に一強状態になってます。じゃじゃ馬の暴れ馬と言えば聞こえはいいんでしょうがそんな次元じゃない。全て食っちゃってるもん。男女6人のボーイミーツガールにみせかけた、篠田のワンマンショーとその他の5人です。

またパンチラもするのですが、篠田のパンツは『それ町』の歩鳥よりもありがたくないです。こういうのを駄パン(無駄なパンツの意)って言うのですかね。しかし、最初はなんだこの娘…と思ってたのに、気づくと自然と篠田に夢中になってるから不思議なものです。

なんか段々と篠田が可愛く思えてきた…。

ほら。よく言うじゃないですか。アホな子ほど可愛いって。ここまで見事なアホだからこそ、見ていて飽きないというか、保護欲をそそられるというか。可愛いとすら思えるマジックです。

篠田進化論を考える

5

篠田強すぎ

もはや「篠田と愉快な仲間たち」感すらあり、特に振り回されるのが篠田弟と幼なじみの田井です。パンツも見せるし、高校生にもなって羞恥心というものがまるでない暴走機関車であるる。

しかし、これは「日々是平坦」の遠謀な戦略なのではないかと私は読んでいます。まだまだお子ちゃまな篠田は初恋もまだでしょう。そんな彼女が幼なじみの田井に対していつしか傾倒していくのは恋愛最先端を謳う楽園ならば無きにしも非ず!

次第にパンツを見られることに恥ずかしさを覚えていく逆パターンも成立できる。いまいち理にかなっていなそうですが、実際にやられてみるとこの「ギャップ萌え」の破壊力は「純粋男女交際」に匹敵します。だってあの篠田がですよ。

顔を合わせるとテレて俯いてしまったり、パンツを見られて「ち、ちょっと見ないで…おねがい」とか言いだしたり。「わたしなんか変なの。田井のことを考えると胸が苦しくて…」とか悩んだり。そりゃもう想像するだけでグッとくるものがあります

とか熱弁をふるったものの、篠田はこうはならいな…

そんなこんなで超ド級のイチャコメ「純粋男女交際」とアホな青春「日々是平坦」。どちらも楽しめます。おすすめです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする