『シネマこんぷれっくす!』5巻感想 ノスタルジーを感じるネタ多くて何かを思い出す件

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

シネマこんぷれっくす!(5) (ドラゴンコミックスエイジ)

 

『シネマこんぷれっくす!』(ビリー)5巻読了。

表紙からも明らかなように祝先輩が卒業しました。学年が進むだと…!?

 

文化祭も終わってつかの間、今度は卒業式に向けて沸き立つ校内でついにラブにコミットする展開が!? 恋だけじゃなく、「男はつらいよ」全シリーズ一気観や韓国映画界など濃いネタ盛沢山!

 

<関連記事>

『シネマこんぷれっくす!』4巻 映画ネタも学園モノも青春キラメキもラブコメも最の高!
...
『シネマこんぷれっくす!』3巻 小津さんがぐうの音も出ないほど可愛い件
...
『シネマこんぷれっくす!』 映画ネタも学園コメディもラブコメも良い!
...

『シネマこんぷれっくす!』5巻

小津さんしね部入部

前巻ラストで第六感を超える「ラブセンシズ」に目覚めた小津さん。

いやとっくに目覚めたのですが自覚してなかったのに気づいちゃったというか。

 

ラブセンシズに目覚めると小宇宙を爆発させて圧倒的可愛さを発揮すると言われておりますが、小津さんもやはり圧倒的可愛さを叩き出していました

 

30本目

 

はい!可愛い!

 

恋心に目覚めた小津さんは映画研究部に入部していました。

その報告の仕方が乙女すぎて、自然と頬が緩むぜ。

 

照れながら「入ったん…だよね」ですよ。

まるでガクトがいるから入部しましたと言わんばかりである。

 

まあ、実際その通りなんでしょう。

文化祭後にすぐ入部したのならね。逃げたり追ってきたり乙女心よなぁ。

『シネマこんぷれっくす!』の面白味

5巻でも飽きずに勢い衰えずに面白いのは映画漫画でありながら、学園ギャグ漫画としてもラブコメ漫画として一級だからなり。これがこの漫画のポイントです。

 

『シネマこんぷれっくす!』の良さ味

・映画をネタにした面白さ

・学園ギャグとしての面白さ

・ラブコメとしての面白さ

 

映画好きじゃなくても楽しめる要素が満載です。

これは学園ギャグ漫画

 

30本目「吹き溜まりのグランド」は、ある事情で野球部と死ね部(+助っ人)が野球対決することに…。

 

ちとノスタルジーを感じる学園青春ギャグだよなぁと。

これはめちゃくちゃ楽しめる。

 

というのも、80年代や90年代の学園ものってみんな野球部でないのに野球対決してましたからね。それだけで数話の尺を使うものもありました。

 

野球映画ネタをぶち込みながらも、野球対決がめっちゃ面白い!

これは懐かしきギャグ漫画のノリや!

 

それはそうと、傍から見てると黒澤さんともフラグが立ってるように見えるな。宮さんもか。花さんは照れようがそう見えません(褒めてます)。

映画ネタがやっぱり最高

5巻も映画ネタ満載。

マイナー作品からメジャー作品まで広く網羅。

 

知ってる映画も知らない映画も問題なく楽しめます。

会話のオラオララッシュとネタで見たことない映画すら笑えます。

 

個人的に33本目「虹をつかむ男女」が最の高でした。なんたってネタがもう世代によってはヤバイぐらいにぶっ刺さりまくり。

 

33本目

 

『男はつらいよ』マラソン!!

 

『男はつらいよ』…うっ、頭が…。

幼い日の記憶が蘇ってくる。

 

私の場合、親が好きで子供の頃はよく連れられて視てたんですよね。昔の映画館って、今のような全席指定回転式でなく1回入ったら自由席で出るまでずっと中にいれたんですよ(遊園地の1日券みたいな)。

 

だから何回も見れたわけで、たまにめっちゃ面白いエピソードだと親が2周目し出して、キッズだったわいはかなりキツかった。子供はつらいよ!ですよ。しかも、確か途中のシリーズ『釣りバカ日誌』も同時上映でずっと映画館コース。

 

とはいえ、子供がみても『男はつらいよ』は楽しめました。寅さん大好きでした。そんな色んなものが脳裏に蘇る寅さんネタの数々。クズムーブでも親しめるおっさんで死ね部と同じ総意になるよなぁ。良き映画ネタ&感想だった。

 

あと、キャラが意見を主張するのは(映画でなくても)、「うん。その通り」なのと「いや。それは違う」というものがあって、俺にも言わせてくれと思うよね。御池さんの「天気の子」論は物申したい感情がムクムク湧いてきました。はい。

小津さんラブがコメりすぎだ

34本目「彼女と彼女の友」

 

小津さん is かわいい。

 

まあ、なんだかんだで『シネマこんぷれっくす!』で一番好きなのは小津さんのラブコメ模様なり。マジのガチでラブコメ漫画も裸足で逃げ出す破壊力があります。ニヤニヤと頬が緩んでしまいまいます。

 

34本目「彼女と彼女の友」は小津さんが友達に恋の相談しつつ映画ネタをぶっ込むエピソードで素晴らしかった。

 

話が進むとどんどん脇キャラも立ってきて、死ね部のメンバーだけでわちゃわちゃするだけでない。小津さんフレンズを中心に語っても問題なく楽しめる。

 

小津さんの青春ラブコメはシュガーたっぷりやで!

5巻も面白かった

映画ネタから学園ギャグとラブコメの3本柱で5巻も大満足。

 

それにしてもサザエさん時空だと思ってたら時間進むんだ。

乾先輩がスクランの高野のような謎キャラ含みを持たせたまま卒業してしまった。

 

まあ普通にこれかもOBで出そうですが…。新キャラの黒澤(妹)が新入生で入ってくるのかな。学年上がって6巻も楽しみです。まる。

 

ニコニコ漫画なら無料で読めます。その他カドカワ作品が多数無料。
ニコニコ漫画で読めるおすすめ「なろう系」作品
...

 

コメント

  1. 匿名 より:

    野球部でもないのに野球で数回使っちゃう
    卒業してもOBとして当たり前のように部室にいる

    あ~るですかね?

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました