『制服date』は黒咲練導先生の原点『放課後プレイ』の彼氏&彼女さんのけしからんものです!

シェアする

制服date 1 (楽園コミックス)

『制服date』(黒咲練導)読了。

ヤバイっすね。滾りますね。ソウルジェムが暴発寸前です。

『放課後プレイ』の彼氏君と彼女さんに彼氏君の後輩が加わって複雑怪奇で妖艶な物語。全くもってけしからん時空間が満載の第1巻。黒咲練導の原点なシリーズを徹底的に楽しむ限界ラブ長編ロマン。

<関連記事>

『彼女中』(黒咲練導)読了。 むふん。表紙を見て分かる通り、やっぱ黒咲練導先生の描く御御足は素晴らしいな。世界で一番女子高...
『彼女の囀る声』を読了。 オール読み切りと銘打たれた楽園で気付けば連載ものばっかじゃんって中でオール読み切りを続けるのが黒...
黒咲練導先生の新作「レセプタクル」が発売されました。 これを読むと黒咲練導作品がより一層面白くなる。マジで。 ...

『制服date』

今作『制服date』はまさに黒咲練導先生の原点って感じです。

もともとファミ通4コマの『放課後プレイ(AA)』(シリーズ1)こそが氏が最初にあったと思うんですよ。名前も不明な彼女さんと彼氏さんがゲームしつつイチャイチャして黒髪ロング&黒タイツがいかに素晴らしいかってのを世に問いかけたわけです。

そこから黒咲練導先生の作品は同じシリーズだったり、媒体や出版社を超えて、この2人と直接または間接的に関係してるキャラ達のアレコレを描いて世界観を広げてきました。で、『制服date』は最初の2人である「彼女さん」「彼氏さん」の2人を中心とした作品なり。

人間関係を整理

眼鏡男子/彼氏さん/彼女さん/部長さん

他の作品やシリーズを読んでる「からこそ」の楽しみ方もできますが、モチのロンでいきなり『制服date』から読み始めても十分楽しめます。基本的にな人間関係を整理しておくと以下のようになります。

眼鏡男子 (好き)→ 彼氏さん (好き)→← 彼女さん (無敵キャラ?)図書委員の部長

1巻のメインキャラはこの4人。

眼鏡男子くんは『レセプタクル』などに登場しており彼氏さんの後輩で闇が深い好意を向けております。部長さんは『放課後プレイ3』のメインだった子。彼女さんの先輩。ちなみに彼氏さんと彼女さんは学校が違いますが部屋でデートをして付き合ってます。

『制服date』の序盤は眼鏡男子を主役に描かれてドロドロな感じかなって思いましたが(それはそれで大好きです)、メインは彼氏さんと彼女さんの甘々なお部屋デートとなっております。2巻から他のキャラも絡んで複雑な人間関係になるかもしれません。

やっぱり彼女さんの足は最高だな

彼女さんの足

素晴らしい。実に素晴らしいです。

やっぱり「彼女さん」の足は最高だ。

黒髪ロングと長い脚(黒タイツ装備)こそ彼女さんの魅力ウェポンですしおすし。何度この足で踏まれたいかとか絡まれれたいかと思ったものです。その黒タイツでスラっと長いおみ足の描写は芸術的と言っていいでしょう。

靴を脱ぐシーンとか、座ってるシーンとか、マッサージシーンとか、「ぐりぐり」踏んでくれるシーン(我々の業界ではご褒美と言います)とか…生唾ゴクリな数々。こういった「黒足」ならではな旨味がふんだんに味わえます。

特に、ひとり部屋でベッドにダイブしてからの足をばたつかせたり曲げたり伸ばしたり空中自転車漕いだりといったアレコレの破壊力はヤバイです。初代の「彼女さん」こそが黒タイツの申し子であるということを改めて見せつけらてしまいす。

もちろん、黒足だけでなく普通に照れて赤面もヤキモチ焼く姿もおねだりして甘えてくる彼女さんもめちゃくちゃ可愛かったです。全てが可愛らしい中でもやはり黒タイツを装備しての一挙手一投足は生唾ゴクリの破壊力ですわ。

とっても扇情的です…

ズルッ

黒タイツといえばその光沢やピッタリフィットして締め付けられたラインと究極の「美」の一つです。足を組む仕草も良ければスラっと伸ばす姿勢も良い。男なら誰だって「踏まれた!」と思うことでしょう。

そんな魅力ウェポンだらけの黒いパンスト。装備してる状況だけでなく、個人的にベストを上げれば「脱いだり履いたり」でしょう。心の琴線を鷲掴みにされてしまいます。『制服date』の彼女さんはとにかくすごかったです。黒タイツを脱ぐは破壊力半端ない。

2ページを使っての黒タイツの脱ぎっぷりに自然と涙がこぼれてしまいましたね。うおおおお!俺はモウレツに感動してるー!たまに見せる素足、網タイツに履き替える、タイツ超しに触った肉厚…すべてが新鮮でした。

標準が黒タイツだからこその変化。ギャップエロの極みですね。他にも彼女さんが「ポニテ、メガネ、スカート長く」って変身も素晴らしかった。いつもと一味違う姿を堪能できるのも、普段の黒タイツ姿があるからこそ。

何よりも黒咲練導作品のキモは「いけないもの」を見てしまっている感覚でしょう。付き合ってるカップルがイチャイチャしてるだけなのに背徳感を刺激されゾクゾクしてしまう。過激なスキンシップがとてもえっちぃ。世界で一番えっちなキスを描くよな!

ヒロインのクセの強さが魅力なんですけど、そのクセが最大限にエロスと可愛さに直結してて「大変けしからん」と思いました(笑顔)。やっぱり「彼女さん」は良いな。小宇宙が燃えるぜ。ふぅ…。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    放課後プレイは電撃の4コマでは?

  2. 匿名 より:

    もう10年か…

  3. 匿名 より:

    放課後プレイシリーズは電プレですな

    彼氏さんと彼女さんのイチャイチャについて熱く語られておりますが、この本の主役は眼鏡男子の方だと思いました
    はい、ホモです
    それも猛烈なホモ臭です
    そういう意味ではあまり人に勧められない作品でもあります

  4. 匿名 より:

    電撃PSに連載してた頃、このキャラを他所の出版社に持って行って
    何冊か漫画を出してたけど全く話題にならず、電撃に戻って来たな
    ドラマCDやフィギュア、三國無双のDLCなんかは電撃だからこそ出してもらえた物で
    作者の実力では無いんだよなぁ