実写映画『かぐや様は告らせたい』感想 めっちゃ笑えるコメディで佐藤二朗劇場でした

シェアする

実写映画『かぐや様は告らせたい』

映画見てきました。

めちゃくちゃ面白かったです。

同じ原作ファンでレビューする同士である現実逃避のayumieさんと見てきました。観終わった後にお互い感想を述べ合ったのですが、総じて「満足」「笑えた」というものでした。原作ファンもそうでない方も楽しめる出来だったと思います。ゲラゲラ笑いまくれる。

すでに現実逃避さんで感想を上げておられますのでそちらもどうぞ。

<現実逃避さんの感想>

実写映画『かぐや様』

(※映画のネタバレ全開ですのでこれから観るって方はご注意)

『かぐや様は告らせたい』やってました

コミック3話

映画館でも「ドッ」と笑いが頻繁に起きておりかなら爆笑できるコメディが繰り広げられてました。

内容のほうは終盤までほぼ原作に忠実なんですよね。

つまり、内容をほとんど知ってるわけですがそれでも声出して笑っちゃいました

はじめてドラクエ8が3Dになっても「ちゃんとドラクエしてました」って言われたのと同じように、ちゃんと『かぐや様は告白されたい』してましたわ

コミック1~3の映画館エピソードでは内容もオチも知ってるのに噴き出してしまうのは、やはり「かぐや様」の面白味を実写で再現できたからでしょう。

もちろん役者の演技によるところも大きい。かぐや様役の橋本環奈さんも白銀役の平野紫耀さんもしっかりかぐや様と白銀やってました。メタ要素もあったがそこもきっちり笑いを取ってましたね。

アニメの印象強いので、最初は声に違和感あったりするのですが途中から「かぐや様(橋本環奈)」「白銀(平野紫耀)」がシックリきました。これは原作ファンだからなので、映画が初見なら気にもならないと思いますけどね。

で、その中でも藤原千花役の浅川梨奈さんがマジ藤原さんだった!

声もテンションも演技も「あ、これ藤原さんが三次元になった」とビビったね。

漫画&アニメで形成された藤原千花像の違和感ゼロです。

頭悪い(誉め言葉)ハイテンションかき回し役としてマジのガチで藤原さんそのものでした。実写でここまで二次元キャラが合うのかと感動ものでしたわ。特に声が素晴らしい。「ウザ可愛い」を完璧に表現しており、個人的にナンバーワンの役だったかも。IQ3の助演女優賞だYO!

ドローン大活躍

コミック6話

原作通りの展開をしていく中でも、映画オリジナル要素はありました。

それが早坂さんが操るドローンです。

例えば、柏木さんの彼氏(翼くん)の恋愛相談は原作では生徒会室で繰り広げられてました。映画版ではかぐや様がいる生徒会室では…と外に出て相談します。

それを逐一実況して観察するのに大活躍したのがドローンなり。白銀&翼の恋愛相談をドローンで追ったり、それを遠くから見るかぐや様の反応ってのは映画オリジナル要素でしたが、映画館で笑いが起きてましたし、自分も笑ってしまう。

実写映画『かぐや様は告らせたい』はドローンと佐藤二郎だったといっても過言でない(何のこっちゃ)。意外と終盤も活躍したドローンはキーアイテムにもなってました。ドローン使いの早坂さんが強烈に印象に残ってる。

ちんちん

コミック27話

爆笑したのは原作でも神回として伝説のちんちんでしょう。映画館でもかなり笑いが取れてたと思います。原作知ってようが初見だろうと噴き出してしまうくだらない下ネタは不変のおもしろ要素であるんだなぁと。

原作との違いは石上の有無。かぐや様と藤原さんの2人でやってたペスのちんちんネタ。途中で白銀が入ってきたじゃないですか。映画はそこに最初から石上がいて、かぐや様が噴き出したコーヒーを浴びるご褒美…もとい、オチ要員でした。最後まで青春ヘイトで一貫してました。

特に男子の前でこんな話はできないって、最初から石上いるやんか!男と認識されてないんかい!と観客が突っ込んでしまいたくなる石上の配置は見事。

もともと、原作では途中からメインキャラになる石上が最初から存在してるのが映画オリジナル。良い意味で笑えるのフックになってました。ちんちんエピソードも、原作コメディ要素にプラスアルファでもしも最初から石上がいたらでドッカンドッカン笑い取れた。

お見舞いと仲直り

コミック38話

映画は2時間の枠で2学期までいくので、端折るところは端折るのですがよい感じでテンポよく展開されてます。原作でがぐや様が風邪を引くのは雨に濡れたからですが、映画はちんちん事件で「変態」と言われたショックで寝込んでしまいます。

お見舞いイベントは、原作通り一緒のベッドで寝てしまい仲違い。からの仲直りでした。原作では「本当は指一本だけ触れた」描写はなかったじゃないですか。そこを映画は拾っていました。白銀がかぐや様の唇に指に触れてお可愛さショックで倒れて…と。

<関連記事>

うおおおおおおおおお! 『かぐや様は告らせたい』3巻の表紙が出たぞー。3巻はハーサカさんが表紙。10月19日発売(キン...
『かぐや様は告らせたい』 四宮かぐやについて① 本日の勝敗、不成立。 両者共に駆け引き無しの為とのことですが、この勝負は...

当然、漫画やアニメと映画では媒体が違うので受ける印象は違いますけど、原作にはなかった部分を補完できる仕様なところもあって、原作ファンも「お!」と思う部分があったのではないでしょうか。

夏休み

仲直りして夏休み突入。

2人とも夏休みに会う約束せずにヒマで会いたいって生徒会室ですれ違う様子は、実写版でも切なくさせてくれます。

映画は生徒会室が大きめでかぐや様専用の副会長席も存在します。普段のかぐや様は自分の副会長席に座ってたので、夏休みで白銀の会長席にはじめて座ったのは映画ならではの演出かなと。

随所に居ても居なくてもストーリー上まったく関係ない白銀父(高嶋政宏)がナイスボケをかましててコメディの良いアクセントにもなってました。お前は虫取り持ってゲーセン行くのかよ!

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第32話 早坂愛は浸かりたい 相変わらず自分から誘えないかぐや様は家で過ごす。 続・「た...
『かぐや様は告らせたい』31話 白銀御行は出会いたい ご存知のようにかぐや様の攻撃力は脆弱。豆鉄砲程度である。それに引き換え藤...

「花火の音は聞こえない」

コミック45話

後半の山場はやっぱり「花火の音は聞こえない」である。

もちろん実写版でも素晴らしいエピソードだったんですよ。

ただ、やっぱ感動は漫画のが遥かにありましたね。というのも、漫画はサブタイトル込みの演出で前編で花火に行けなくて「花火の音が聞こえない」で、後編で白銀イケメンっぷりに心臓がドキドキして「花火の音が聞こえない」で読者がKOされたからね。

映画はサブタイトルの演出が無いので、はやり心臓の音で「花火の音が聞こえない」と言われてもニヤニヤできるが感動がドッカーンと打ちあがる程ではなかった。そこは仕方ない部分でもありますが…。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第35話 花火の音は聞こえない(後編) 素晴らしい…(感動)。 はじめての前後編シリーズ...
『かぐや様は告らせたい』34話 花火の音は聞こえない(前編) 夏休みに入ってからのかぐや様は白銀と出会えず。 ま、私は8...

また、映画は「巻き戻し」の演出が光る。最初の映画チケットを白銀が隠すでも使われており、コミックおまけでやった「四宮を探せゲーム」を巻き戻して詳細を映像化してたのは印象的。こちらも補完としておもしろかった。

田沼正造であり佐藤二朗

田沼正造(佐藤二朗)

そして、夏休みまで時系列含めて原作に忠実でしたけど、2学期は原作話を拾いつつオリジナルストーリーになっていきます。恋の病に倒れたのは夏休みの「花火の音が聞こえない」が原因で、そっから田沼正造(佐藤二朗)の独壇場となります。

<関連記事>

【かぐや様は告らせたい】 最新YJ41号には“次にくるマンガ大賞”授賞記念!巻頭カラー増量2Pで掲載しています! 体育倉庫にて“お約...

映画版のナレーションも担当してた佐藤二朗。情熱大陸のパロディもソーラン節も腹抱えて笑う。メタネタも散々繰り広げて卑怯なほど笑いまくりました。反則だよコイツ!実際、この映画を総括すれば佐藤二朗映画だった。強い!強すぎるんですよ!佐藤二朗のキャラは!もう佐藤二朗が映るだけで笑いが起きるレベル。

佐藤二朗はズルイ。

映画オリジナルの選挙戦

2学期の流れとしては、コミック46話「かぐや様は避けたくない」(恋の病煩い)→コミック79話「かぐや様は診られたい」→コミック59話「第67期生徒会」→オリジナルの「白銀VSかぐや様の第68期生徒会長の選挙戦」って感じで締め。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』第36話 かぐや様は避けたくない えええぇぇ!? 『かぐや様は告らせいたい』は夏休みが終...
『かぐや様は告らせたい』49話 第67期生徒会 一年間 お付き合い頂き 本当にありがとうございました。 生徒会一同 ...

白銀はかぐや様が倒れたのは心臓病だと思い、かぐや様にこれ以上無理させられないと生徒会選挙に再び立候補。かぐや様は白銀が心臓病と勘違いしてもう役職には付かせないと言われ生徒会長に立候補。

ミコちゃんは登場しません。かぐや様と白銀の一騎打ちの生徒会選挙が繰り広げられるのです。原作であったネタを上手く踏襲しつつのオリジナル話。

まあ、誤解が生じてはじまった選挙戦ですが目も当てられないものでした(誉め言葉)。選挙演説ではもう全校生徒の前でイチャイチャしてるだけでしたからね。コミック51話「柏木渚は見てられない」を全校生徒の目前でやってるようなもの。

<関連記事>

『かぐや様は告らせたい』4巻の表紙は白銀会長の妹・圭ちゃんでした。 コミックの表紙はいよいよコマが無くなってき...

「もう勘弁してください!」と土下座して謝ってしまいそうになるぐらいイチャツキで自然と頬が緩みました。すごいラブコメっぷり。ラストも含めてよくまとまってたなと。まあ、終盤もうほぼ佐藤二朗劇場だった気もしますが…。

笑いあり、ニヤニヤありで、『かぐや様は告らせた』ファンとして大満足の映画でした。特にコメディ部分は最高。文句無しに笑える。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ここまで推されると佐藤二朗見たさに行ってしまうかもしれん・・・

  2. 匿名 より:

    基本は原作通りでアレンジはミコちゃん無しのオリ選挙か
    再現されてたという藤原だけちょっと気になるけど原作とアニメだけで良さそうだな

  3. 匿名 より:

    佐藤二朗のキャラが強すぎて邪魔って感想も散見されるから
    こういうキャスティングも一長一短やな…

  4. 匿名 より:

    天気の子まだ見てないんだよな、どっちにしよう

  5. 匿名 より:

    同じく見に行ったけど予想以上に良かったわ
    地雷踏むつもりで行っただけにびっくりした

    基本的にはジャニファン向けなんだろうが
    ちゃんとギャグ系ラブコメ映画として綺麗にまとまってたと思う

  6. 匿名 より:

    微塵も観に行く気なかったけど、ちょっと観たくなっちまったじゃねーか、、、

  7. 匿名 より:

    インスタントバレットネタもあると聞いて気になる

  8. 匿名 より:

    アマプラで配信されたら見るわ

  9. 匿名 より:

    同じく一切観るつもりなかったけど、
    佐藤二郎好きだし、3連休にちょっと行ってくるかな…

  10. 匿名 より:

    お金幾ら貰って上げ記事書いてるの?
    普通に駄作だったけど

    • 匿名 より:

      駄作はどこら辺ー?

      • 匿名 より:

        選挙演説のグダグダ感がなぁ。

        嫉妬に狂ったかぐや様が見るに耐えない誹謗中傷を始める、ここまではイイ。
        だが、誤解だったと知った後に今度は手のひらを返して白銀上げの演説を始める。
        さっきまでの誹謗中傷はナンだったんだというレベルで。

        そこから白銀もかぐや上げの演説を始め見るに耐えないイチャイチャが始まるんだが、
        最初の誹謗中傷のせいでイチャイチャではなくグダグダにしか見えない。

        かぐやと白銀が意地になって対立するのは凄く上手いと思ったんだが、
        そこに嫉妬をブレンドしたのは悪手だった、詰め込みすぎだ。

  11. 匿名 より:

    仲違いのときの会長の相談役が石上でなく柏木さんの彼氏だったのはちょっと残念だった。まぁあそこでないと彼氏のチャラ男変身を挟めないからなのかな。花火大会のかぐや様の脱出方法がアクティブで笑た。
    圭ちゃんと早坂は可愛かった。

  12. 匿名 より:

    漫画感想のブログ「現実逃避」の管理人と一緒に
    お金貰ってステマしてるらしいですね山田さん
    よく閉鎖騒動起こす山田さんは色々案件抱えてるようですね

    • 匿名 より:

      俺はこの実写化はクソだったと思うけど「万人が俺と同じ感想を抱くべき!」とか痛すぎて話にならんわ

  13. 匿名 より:

    実写化はいつもどうせ失敗すると思って食わず嫌いしてますが、ここで面白いと言っていたので見に行ってしまいました。
    ほぼ女性客だったので、男一人では気まずかったですが、映画はとても良かったです。
    ちゃんと『かぐや様は告らせたい』してました。
    多少引っかかる点もありましたが、原作ファンが満足できる出来だと思います。

  14. 匿名 より:

    正直、信者(良い所しか言ってない)とアンチ(悪い所しか言ってない)を除く感想で佐藤二朗持ち上げてるのここ位な気がするので
    ステマ云々ではなく絶望的に管理人のセンスがズレてるだけと言う気がする