『ワンピース』、キャベンディッシュの「美しき海賊団」

シェアする

おすすめ記事

1

推し掛け麦わら大船団物語 キャベンディッシュ編

『ワンピース』扉絵集中連載の新シリーズとして(一方的に)麦わら海賊団の傘下に入った者たちが最近はじまりました。

第一弾は「美しき海賊団」船長のキャベツことキャベンディッシュの出生や海賊を結成した理由などを掘り下げていました。感想を率直に言えばかなり懐疑的である。

<関連記事>

『ワンピース』第869話 籠城 さあ盛り上がってまいりました! ベッジの立てた「ビッグマム暗殺計画」は失敗し、さ...
『ワンピース』第868話 KXランチャー 前回(868話)の『ワンピース』でビッグマムの過去と巨人族のいざこざを含め、トットラ...
『ワンピース』第867話 HAPPY BIRTHDAY お腹が減り過ぎて暴れ回ったビッグマムは止めに来た、元巨兵海賊団船長でエ...

「推し掛け麦わら大船団物語 キャベンディッシュ編」でキャベツの口から、つまりキャベツから一方的な解釈で過去が語られていました。「ご存じだと思うが僕は昔…」と、あくまでキャベツがそう解釈しているという過去をね。

キャベンディッシュの出生と海賊になった理由

キャベツの過去

イケメンのキャベツはファンクラブのような船団に追われておりました。ファンクラブの人たちはキャベツの国出身のようです。キャベツが語る過去で判明したのは以下の通り。

・ブルジョワ王国王子

・人気がありすぎて国内の年頃の娘が誰一人結婚しない事件

・人気がありすぎの罪でわずか74人の部下とわずか5億ベリーを渡され国外追放

ギャグかな?

すごいジェットコースターのような人生ですね。ただのナルシスト野郎でなく、一国の王子だったのはビックリ仰天ですよ。しかも、モテすぎて国内の年頃の女性が誰も結婚しない事件で、「人気ありすぎの罪」で王子が国外追放とか。ロックすぎる。

キャベツってロンメル王国出身じゃなかったんだ…。

「ロンメルのカマイタチ」の異名は…?

ロンメルのカマイタチ

ロンメルのカマイタチ

キャベツが海軍に補足されたのは、ロンメル王国で夜な夜な人を切り裂く風が吹くという事件がからでした。海軍の軍艦が派遣されても返り討ちにするその風は、「ハクバ」というひとりの男でした。

ハクバはもう一人の人格です。

キャベツは二重人格で、キャベツが眠るとハクバが動きだします。戦闘能力は、剣術の天才と評されるキャベツの倍以上だとか。しかも、海賊になった理由がハクバが無差別に斬りまくるからである。

キャベツ自身は無罪だけど、もう一人の人格・ハクバのせいで海へ追われたと、そんなようなことが以前は語られていたような…。

キャベツはハクバのせいで罪人だったような

先にハクバが罪を犯し海へと追われ

海賊になったのがキャベンディッシュだら

もうひとりの人格ハクバが罪を犯して海へ追われたのがキャベツ。少なくとも海軍はそう認識していました。

で、ロンメル王国で「ロメロルのカマイタチ」として有名になったのは、ブルジョワ王国を追い出された後だと解釈するとしても疑問が残ります。

そもそも、一国の王子がモテすぎて国を追われたってのがウソくさい。だって、今まで作中で登場した王族なんて、アラバスタ王国のコブラやビビ、ドレスローザ王国のリク王一家などもいたけど、かなりアレじゃん。ワポルなんて超ワガママだったし。別に国中の娘と結婚すりゃいいじゃん。

キャベツの親父(ブルジョワ王国の国王)がどういう人物か知らんけど、自分の息子がモテすぎるので国外追放にするってちょっと「えー!?」って疑問が残ります。そんな事が有り得るのかと。むしろ、キャベツ自身がモテすぎて国外追放されたと勝手に認識してるだけなのではないかと。

ブルジョワ王国で別人格・ハクバがやらかしてしまい、王族といえども国外追放になってしまった…って可能性が微粒子レベルで存在する。

キャベツ自身は、もうひとりの人格のハクバを認識してますが、どこまでハクバがやらかしてるかは把握してるのか。懸賞金もハクバのせいで2億8000万なんて高額かけられたけど、そもそも王子でありながら国を追われた原因もハクバのせいではないかと。

扉絵連載「推し掛け麦わら大船団物語 キャベンディッシュ編」は、あくまでキャベツが過去を語ってるだけなので、自身はモテすぎたので国外追放になったと思ってるのでは…。キャベツがそう思ってる事と事実では違いがありそう

スレイマン

【キャベツ】

「―というわけでアレ(ファンクラブ)は敵船じゃないんだ。スレイマン」

【スレイマン】

「説明が長かったな」

(868話の扉絵より)

キャベツの王族で国外追放になる海賊となった過去の真意も気になるところですが、さらに気になるのはスレイマンでしょう。「美しき海賊団」の船員になったのでしょうか。

キャベツ率いる「美しき海賊団」はルフィたちの「最悪の世代」の1年先輩にあたります。3年前の超新星だったわけです。少なくとも3年以上も海賊やってて、(ハクバのせいとはいえ)億の懸賞金の大海賊なのに、総数75人のうち74人がブルジョワ王国の人だという。

次にいつ本編で再登場するか分かりませんが、キャベツたち「美しき海賊団」の海賊ロードも色々と面白そうですね。

ONE PIECE モノクロ版 85 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2017-06-02)
売り上げランキング: 72
スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    74+キャベツで75では?

  2. 匿名 より:

    74人の部下なので1人も増えてないのでは?

  3. 匿名 より:

    スレイマンは食客なので数えてないでしょう

  4. 匿名 より:

    そもそも74人部下いたら増やさなくていい気がする
    船も一隻だし、ハクバの性格的に仲間増やそうってなるタイプでもなさそう

  5. 匿名 より:

    74人の部下って普通にすごい戦力ですよね
    「わずか」とか言ってるのは元王族の価値観かな

    • 匿名 より:

      おそらくあのタイトルは74人の部下と5億ベリーがあってとても恵まれた状況なのにわずかとかドン底人生とか言っちゃうのがキャベツの性格だよっていうギャグなんだと思う

  6.   より:

    >自分の息子がモテすぎるので国外追放にするってちょっと「えー!?」って疑問が残ります。そんな事が有り得るのかと。

    中国は今深刻な少子高齢化社会です(唐突)
    というのも、有名な一人っ子政策のせいで、総人口抑制には成功したものの特定の世代だけ人口が少ない。いわゆる人口ピラミッドが日本以上に極端な逆ピラミッドになり、高齢者と若者の人口バランスが著しく悪い
    若者何人で高齢者1人を支えているのか?という図は社会保障の話でよく出てきますが、世代別の人口が偏ってるというのは国・社会の大いなる不安定要因なのです。

    キャベツと同世代の年頃の女性の結婚率(および出産率)がいきなりゼロになったら、国家滅亡の危機です。原因はギャグだけど結果は笑えない
    キャベツの親のブルジョワ王がどんな人物かは分かりませんが、ワポルみたいな感じでも、保身のために追放ぐらいにはするんではないかと。

    • 匿名 より:

      確かに、ギャグとして見てたので感じませんでしたが、考えてみれば国のある世代の結婚率が0ってメッチャヤバいな…

  7. 匿名 より:

    74人の部下が一人も減ってないのも、凄いことなんじゃないか?

  8. 匿名 より:

    何気に一枚岩ですな
    一緒に国外追放されたようなものなのに一人も離散者が出ないとは大したもの
    キャベツの人望か、特に忠義深い面々が選りすぐられたのか
    追放に際して随伴を自己志願した者達で固められてると考えるのが自然かも

    あと、国の衰亡と後継ぎの追放を天秤に掛けてるわけだけども
    たぶん他の兄弟いますよねこれ
    レヴェリーで父王共々出てきたりすんのかしら

  9. 匿名 より:

    これツッコミどころはさ

    あんなにハクバが味方も斬り殺そうとしてロビンたちも苦労したのに、なんだ74人部下全員生きてるんじゃん!w

    ってところじゃないの?(笑)

  10. 匿名 より:

    何でスレイマン?と思ったらスレイマン大帝には壮麗帝と言うあだ名があるんですね。

    他のメンバー、名前考えるの大変そうですな。