『るろうに剣心 北海道編』2巻 これこそ和月伸宏先生が描きたかったものなんですねぇ(しみじみと)

シェアする

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚・北海道編― 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』(和月伸宏)2巻読了。

相変わらずのテンションと懐かしの面々でめちゃくちゃ面白い。

戦死したと思われていた薫の父・越路郎は生きていた!? 越路郎を探すため剣心一家と明日郎・阿爛・旭の六人は北海道・函館に向かう。かつて戦地だった函館は、今はもう平穏を取り戻したかに見えたが、異変は函館山で起きていた! 北の大地で、友と思いがけない再会を果たした剣心は、再び闘いの中へ身を投じることに…!!

<関連記事>

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』!! るろ剣が帰ってきたぞー!連載開始早々に和月伸宏先生がちょっ...

『るろうに剣心 北海道編』2巻

そういえばるろ剣の単行本といえば、巴はエヴァの綾波がモデルだとかサムスピのナコルルのフィギアがどーとか気持ち悪いぐらい(誉め言葉)の和月先生の談話が大好きだったのですが、北海道編にはそういったものが一切ありません。

ただ「デジタル版では紙コミックスに収録されている設定資料ページは収録されておりません」って注意書きがあるので、紙のコミックだとあの和月談話が掲載されてるのでしょうか。kindleにも収録してよん。

帰ってきた相楽左之助

左之助

左之助といえば『るろ剣』史上最もメディアミックスしたキャラクターです。一番有名と言えます。全ての発端は絶望先生の「さよなら絶望放送」において、声優の新谷良子さんが「左之助の抱き枕が欲しい」と言ったことから始まります。

そして誕生日プレゼントして左之助の抱き枕が贈られたのですが、魚咥えてるのと目や前髪が何となく面影はあるものの左之助とは似ても似つかない黄色い物体のぬいぐるみだったのであった。

DJCD さよなら絶望放送 SZBH-SP2

…左之助?

この黄色い「さのすけ」は絶望放送のマスコットとなり、原作にもポロロッカしてそこから出版社を超えてあらゆる漫画に普及していきました。全然関係ない漫画のに登場する怪現象が起こるのです。

有名どころだと『ハヤテのごとく』『神のみぞ知るセカイ』『3月のライオン』『ひだまりスケッチ』などで確認できます。私自身も全てを把握してるわけではありませんが「さのすけ」はメディアミックスをしまくったのです。その元こそ、この相楽左之助である。

一番の親友

一番の親友(ダチ)だ

いやはやそれにしても、左之助との再会の熱さよ。別にドラマチックでもないんですけど、締めるところは締めて昔からのファンに「うおおおお!」と思わせる妙よ。それがジャンプ不変の見どころ友情パワーなり。

北海道へ向かう剣心に頼れる友人いないの?って尋ねられてた反応がええね。頼れる者(おそらく蒼紫とか)は何人かいるものの、「友は一人」と左之助を思い浮かべて、向こうはどう思ってるか知らねーけど…からの!左之助登場で「一番の親友(ダチ)よ」って言葉。

これには少女漫画もビックリのキュンとしちゃう剣心です。男性読者は震えるほど燃えるし、女性読者もニッコリですね。そもそも左之助って「また変なの増えた」って剣心に言われてレギュラー入りしたけど、「頼れる友」では無かったからね。

ドラゴンボールで例えれば、孫悟空の隣に立ってるのがヤムチャだったみたいなものです。それぐらいの強さだった。何しれっと隣に立ってんねん!って突っ込みそうになったもん。左之助が剣心と並んでも申し分無くなったのは「二重の極み」習得後です。

人誅編で弥彦視点で両雄並ぶって視点はあったけど、ここに来てようやく両者が並んだ感がありますね。世界を放浪した左之助の現時点の底はまだ見えてないだけに楽しみです。

左之助も強者認定

剣客兵器の視点

北海道編で相対するのは「剣客兵器」という集団。その一人(斎藤一と互角)に戦った凍座(いてくら)は強者以外の有象無象はカボチャならぬ動物に見えてしまうようですが、剣心と斎藤と同じく左之助も強者の印である人間として捉えてたのは興味深い。

まだ必殺「二重の極み」も披露していませんが、左手で剣心の逆刃刀と「親友(ダチ)の頼みだ喜んで」と共闘を誓っていたのが気になるマン。今の左之助は左手でも「二重の極み」を放てるのではないかと思ったり思わなかったり。弥彦とどっちが強いんだろ…?

新選組が云々

ここが新選組だ!

函館で蝦夷共和国として函館戦争を戦った土方歳三の写真を見る剣心。永倉新八も登場しそう(むしろ登場してます)だったりと新選組がどうのこうのって話から刑務所でのバトルから、ヒャッハーってノリノリな部分で、大人気漫画『ゴールデンカムイ』の匂いを感じとったって意見が散見されます

いや待ってくれ。その意見も分かるがちょっと待ってくれと。この北海道編と金カムを結び付けるもの当然っちゃ当然であるが、それでも古参ファンとして「そんな単純なもんじゃない」って言わせてくれ。そもそも、北海道編は初代『るろ剣』から構想があり、尚且つ「華伝 (AA)」で以下のように述べてる(99年)。

京都編のラストで宗次郎が北に向かってますよね。実は宗次郎を剣心達の仲間に加えて、北海道を舞台にした話を考えていた時期があったんです。北海道編を描く場合は新選組の永倉新八を出そうかとも考えていたんです。

北海道編は西部劇のような内容を考えていました。政府の兵隊が騎兵隊ですね。屯田兵や入植開拓者がフロンティア開拓者という形で、流れてきた人たちがアウトロー。それで先住民族がネイティブアメリカン。そこに剣心達がやってくる。

これ99年ですから。

永倉新八を出したい、西部劇のような内容にしてヒャッハーとしたかったって言ってたんですよ。ですので、今の北海道編は当初の構想通りなのでーす!

当初の構想通りなんだよなぁ…

西部劇っぽいぜ

チャンバラバトル漫画の『るろ剣』が爆撃や拳銃とかハリウッド映画のような超オーバーリアクションの数々。爆発!爆撃!ドッカーン!和月先生わいく人誅編で剣心のテーマは終わってるので、「その後も続けるのであれば、まったく新しいテイストのものじゃないとダメだろうと思いました」とのこと。

しっかりと約20年前に述べていたのです。

当初の構想では『るろ剣北海道編』はスッチャカメッチャカの勢力で新しいテイスト。西部劇のような内容にする予定だった。るろ剣では描けなかったので「こういったアイディアは昇華させて次回作に生かそうと思っています」と仰ってました。そして次回作『ガン・ブレイズ・ウエスト』では…うっ!頭が…。

まあでも、『るろ剣』以降の和月先生はバカバカしいぐらいにスカッと爽快にキメるいかにもなハリウッド映画を彷彿させるような作風にはなってます。映画で例えれば「バッドボーイズ」シリーズのような、これがアクションだ!エンタメだ!大爆発だ!って感じです。

全ては『るろ剣』の北海道編で描きたかった構想があったんだなぁと思います。そんなわけで、ようやく約20年越しで披露したかったバカアクション(誉め言葉)をこれでもかと北海道編で取り入れてます。これがエンタメるろ剣だー!

安慈と永倉新八

安慈と永倉

ひゅー!熱い展開じゃないの。

安慈と永倉を出すことも当初の構想であったのです。「華伝」でもそのことはしっかりと述べてました。

安慈も北海道の集治監にいますから登場させるつもりでいました。安慈はいまだに救われていないキャラで、ちょっと心残りなので、うまく救い上げる感じで考えていました。

安慈も永倉も出す構想で、安慈に至っては心残りになってたと。なぜなら元祖『るろ剣』で最期まで救いがなかったから。救ってあげたいと。まさに今の北海道編でその辺が描かれるのでしょう!めがっさ楽しみです。

旭たち新キャラ3人

北海道編のるろ剣面白いかと聞かれればめがっさ面白い。でも、それは旧キャラの活躍だからこそなんだよね。続編用にこさえられた旭と阿爛と明日郎の、新主人公ともいうべき3人にまったく心の琴線が触れない。

わざわざ北海道編用に登場させたんだから、これから大活躍するんでしょうが、今のところ旧キャラと比べると魅力があんまないかなぁ(当社比)。特に旭はもっとペロペロできる予感したんですよ。

やはり年齢がアレなのかな。和月ゾーン(12歳~14歳が好き)から外れてるからでしょうか。燕ちゃんも成長しちゃったしな。続編るろ剣には12~14歳のヒロインが足りないと思います。まる。

<こちらもどうぞ>

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』(和月伸宏)3巻読了。 うひょー!懐かしき面子が出るだけでブルブル震えち...

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    資料(意味深)はあるんだから(あった?)和月ゾーンのヒロインはきっとでてきますよね私も期待しています

  2. 匿名 より:

    最後にサラッと危ないこと言いますね!
    流石ヤマカムさん!

    弥彦も参戦してほしいですな〜

  3. 匿名 より:

    面子(メンツ)がやばすぎる・・・国でも滅ぼしに行くのか・・・?

  4. 匿名 より:

    和月ゾーン(真)

  5. 匿名 より:

    ちなみにしまぶーゾーンは女子高生

  6. 匿名 より:

    和月ゾーンを活躍させてしまうと外野が煩くなるのを気にしていたりして

  7. 匿名 より:

    触れないのかなー、と思ってたら
    和月ゾーンでブッ込んできましたねw

    やめたげて!和月先生のライフはもう限りなくゼロよ!

  8. 匿名 より:

    さすがにもうそのゾーンは使わないだろw

  9. 匿名 より:

    和月ゾーンwww 年明けから本誌で掲載ページ減ってるのは新しい炉利キャラ構想中の為だったり?北海道舞台なんだし、リムルルもといアイヌの子とかぶっこんできてもおかしくないよねw

  10. 匿名 より:

    ホントはょうじょを描きたいでござる! 描きたいでござる!!

  11. 匿名 より:

    新キャラ3人に魅力がないのは同感。今のところ話の本筋にも全然関係ないし。
    後々活躍させるつもりにしても、「今の時点でこんなに存在感なくて大丈夫?」とか思ってしまう。

    • 匿名 より:

      キャプテン翼といい、続編で登場した新キャラが魅力ないのは、
      それだけ無印からの劣化が激しいことの証明なんだよなぁw

      • 匿名 より:

        劣化かどうかは知らないけど、新キャラに力を入れ過ぎて旧キャラを蔑ろにするよりはマシだと思うけどね。
        続編ものでたまに見る「新キャラを持ち上げるために旧キャラを貶める」ような展開の方が見ててつらい。

        • 匿名 より:

          それまんまキャプ翼パターンw
          あっちはそんな展開のオンパレードだからww
          るろ剣はそんなことにはならないでほしいけど……

  12. 匿名 より:

    最後に爽やかに毒が…

  13. 匿名 より:

    弥彦も気が付いたら十本刀一人ぶっ倒してたしお子様協力プレイであの剣客兵器一人倒すんだろうなあと

  14. 匿名 より:

    残念ながら斎藤は刀くわえた狼に見えたんだよ。

    剣心はまだ本性を見てないだけ。

    • 匿名 より:

      そう言えばそうだった。別に「強者=人間 雑魚=動物」ってわけじゃないな。

  15. 匿名 より:

    るろ剣側は金カムと無関係だとわかるけど金カム側はどうなのかねぇ
    るろ剣北海道編をやるからってんで、ジャンプ枠で比較されづらいように
    道央から一気に網走そして樺太まで飛ばされちゃったようにも思えるんだよね

  16. 匿名 より:

    北海道編で本当に描きたいもの=アイヌの少女戦士は色んな意味で封印された和月先生に励ましのお便りを!

  17. 匿名 より:

    安慈未回収は元祖るろ剣の単行本コメントでも触れてましたね
    「あった(描いた)としても悲しい物語になりそう」とか書いてた気がするので
    どうかなぁ。当時の構想よりは明るくなりそうかな

  18. 匿名 より:

    自分も単行本派なので詳しく知りませんが、宗次郎は出てきたらしいですね
    このまま初号機も出てきて欲しいところ

    アニメでは剣心が亡くなるところまで放送してましたが、左之助には逢えずじまい
    だったような記憶
    本作もどちらもパラレルワールドの話ということなんでしょうね

  19. 匿名 より:

    そう言えば、単行本表紙の剣心の青い髪に強烈な違和感あったのですが、それを言ったら薫もなので…各巻で一色に染められていくのでしょうか