「三国戦神記」レビュー!王道システムRPG 三国志を題材にした冒険ファンタジー

おすすめ記事
【おすすめゲーム】無料で楽しめる絶対に遊んで欲しいスマホゲーム! 【厳選100】絶対に読んで欲しいおすすめ漫画2019年!
【厳選30】1巻完結&短編集のおすすめ漫画! 【厳選30】5巻以内に完結するおすすめ漫画!

 

「三国戦神記」がリリースされましたのでレビュー記事です。

ざっくりいえば「三国志」を題材にした3D形式のRPGです。王道システムですね。

 

 

三国戦神記

三国戦神記
KunYue Game
ロールプレイング
基本プレイ無料

 

オーソドックなシステムのRPGですので、RPG好きや三国志好きなら是非プレイしてみてください。

「三国戦神記」レビュー

王道なRPGシステム

 

戦闘はセミオートによるリアルタイム制バトル。ようするに通常攻撃は自動でやってくれて、スキルポイントが溜まったら(右下のアイコンが光る)タップすれば必殺技が出る系です。スマホRPGの王道ですね。

 

とはいえ、「三国戦神記」にしかない特徴もある。

 

それが戦闘画面です。普通にバトル画面で戦うわけでなく、MMOのように大きなフィールドを駆ける感覚になってます。バトルフィールドが各ステージ用意されており、そこをパーティが走って敵を発見してバシバシ倒していきます。

 

フィールドを駆ける戦闘

 

簡単にいえば「キングスレイド」の戦闘が広大なフィールドになってる感じかな。

 

 

バトルフィールドは各ステージごとに別だし、キレイな大自然が多いです。

戦闘条件で星3目指す

 

こちらも王道システムで各ステージで条件を満たすと「星3」獲得の勝利となります。

 

  • 敵を全滅させる
  • 180秒以内にクリア
  • 戦死者数1人未満

 

ステージではそれぞれ1~4戦用意されています。

アクションもある

 

セミオートリアルタイムバトル制(通常攻撃オートでスキル溜まったらポチポチ)ですけど、広大な戦闘フィールドが用意されてるだけあってアクション制もあります。

 

それがMMORPGのように、敵(ボス)の必殺技を避ける時です。

敵の大技の範囲が「赤色」で示されてますので、進行方向へタップして攻撃を交わします。

 

戦闘画面フィールドが広大だけあってちょっとだけアクション制もあるぞい。

フィールドはステージ制

 

戦闘画面が広く作り込まれてますけど、冒険自体はステージ制のスタミナ制です。章ごとにいくつかステージのあるフィールドが用意されており、各ステージを攻略していくと。

 

章ごとに星を貯めると豪華獲得できる宝箱が用意されてますので、全ステージ「星3」を目指していきましょう。

 

戦闘の前後でイベントがあり、ストーリーが進行していきます。

ホーム画面

 

ホーム画面はこんな感じです。

「競技」「挑戦」「闘技場」など用意されてるコンテンツも王道って感じです。

「ステージ」がメインストーリーを進めるです。

 

左下がキャラのコマンド。

 

  • 酒場…ガチャ
  • 陣営…パーティ編成
  • 武将…キャラの強化
  • バッグ…所持してるアイテム
  • 育成…パーティの全体的戦力底上げ

 

ガチャは無課金でもけっこう引けます。

 

キャラ強化も可能なのは「」で表記されてるので分かりやすいです。

育成自体は凝ってて楽しいです。

ガチャはかなり希少キャラ出る

 

ガチャはかなり優しい仕様かなと。

 

資質「A」「S」も普通に出るので、メインストーリーを進めていくだけでもパーティはなかなかの強キャラで固められると思います。

 

お馴染みの三国志系女性キャラもたくさんいますけどあんま可愛い女の子キャラはいません。いなくはないけど少ない。ちとケバイ子が多いです。美少女キャラ大好きって方は注意が必要かも。

キャラの強化

 

キャラ強化は多様。

主な強化すべきポイントは4つあります。

 

  • 進化
  • 星アップ
  • レベルアップ
  • スキル

 

それぞれを上げる素材は各ステージをクリアすれば手に入ります。

1度クリアしたステージは「一掃」のワンタップで楽ちん討伐可能です。

 

Bのキャラだって育てれば全然使えます。キャラの強化は多様で奥深いです。

「三国戦神記」まとめ

 

そんなこんなでザ・王道なRPGのシステムですので、RPG好きならスルリと楽しめるでしょう。ストーリーも三国志をベースにした冒険ファンタジーなので「三国志」好きも楽しめるかなと。

 



三国戦神記

三国戦神記
KunYue Game
ロールプレイング
基本プレイ無料

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました