スポンサードリンク

『可愛い上司を困らせたい』、こまったさんのめぐみさん

可愛い上司を困らせたい 1巻 (まんがタイムコミックス)

『可愛い上司を困らせたい』(タチバナロク)を読了。

いやー可愛い。ヒロインのぐうの音も出ない可愛さを堪能しまくりです。萌え萌え間違いなしの4コマ漫画です。

井羅恵は31歳の食品会社次長。仕事に全てを捧げ、恋愛や結婚は二の次に。そんな彼女の前に、要領が良い新人男子・青木が現れる。彼の言動にいらつく恵だが、飲み会で酔った挙句、青木と一夜を共にして…。ドキドキが止まらないラブコメ4コマ第1巻。

<試し読みできます>

可愛い上司を困らせたい(まんがタイムWEB)

4コマ漫画といっても1本に「起承転結」があるものでなく、ストーリー漫画みたいなもので1話で「起承転結」となる…というかほぼ「結」が井羅恵(31)の可愛さに直行しています。「起承転」は全てめぐみの可愛いさを堪能するためにある布石ともいえる。かわいいは大正義!

スポンサードリンク

井羅恵はスキだらけ!

1

学生時代は勉強一筋、社会人になれば仕事一筋で31歳となっためぐみは恋愛初心者です。それが気付けば朝チュンしていました。相手は新入社員の青木俊。どうやら昨夜の新人歓迎会で酔っ払って何かがあったらしい…。

ま、実際には何も無かったんですが。

その後、付き合うようになった2人のイチャコラをニヤニヤと楽しむお話しです。

恋愛初心者31歳が織り成すイチャラブ。はじめてのデート、はじめてのヤキモチ、はじめての手料理…とめぐみの戸惑いながらもはじめての恋愛模様。

とにかく!めぐみが超可愛い!

読めば読むほどめぐみの可愛さを味わえる。多幸感が増していきます。あー、幸せだーっ!「可愛い」は本当に生きる栄養素だね。うん。めぐみの可愛さを丁寧にじっくりコトコト煮込んだ調理なので全て味わい尽くせる。何気ない仕草や言動がいちいち心の琴線に触れる。

漫画のタイトル『可愛い上司を困らせたい』通りです。

つまり、めぐが困れば困るほどに可愛いさを増していくのです。ですので、めぐみはこれからもどんどん困って欲しいものです。

2

めぐみさんを困らせたい

困っためぐみが可愛すぎるんですが!

こまったさんのめぐみが最高なんだ。

えっちな妄想してこまったさん、ヤキモチ焼いてこまったさん、テンパりすぎてこまったさん…。「こまったさんの~」シリーズで絵本化できるレベルで困ったさん。

「月が真円を描く時こそが、我々サイヤ人の本領を発揮できる時」によろしく、めぐみも困った時こそが、可愛いの本領を発揮できる時である。ハワハワ困るめぐみにニヤニヤしてしまいます。困ったさんのめぐみさん可愛すぎ問題ですよ。

タイトル通りに困っためぐみを堪能ですわ。

めぐみの反応がいちいちツボで、北斗神拳のごとく秘孔を突いてきやがる。

また、ちょいチャラ男の青木にめぐみがこまらされる様子が可愛いだけでもない。

「可愛い上司を困らせたい」であるが、同時にカウンターを食らう部下でもある。

4

困ったさん

「可愛い上司を困らせたい」をやったら上司が可愛すぎて困ってしまうの図

めぐみが可愛すぎて青木も困ったさんになってしまうこと多数です。青木の言動にめぐみは可愛く困ったさん、困った上司が可愛すぎて青木も困ったさん、これでは頬が緩み過ぎて読者も困ったさんですよ!「こまったさん三連星」ですよ(←上手いこと言ったつもりのようです)。本当にニヤニヤしすぎて困っちゃうな~。

さらにである。

めぐみは困った時だけが可愛いわけではないのも特筆すべきところでしょう。

ズバリですね、ストレートにデレた時もめがっさ可愛いのである。

3

素直にデレても破壊力抜群

困らせても可愛い上に素直にデレても可愛い。

言動の全てに「可愛い」が付きます。どちらかといえば、素直にデレた時のが「可愛い力」は上かな。ハートをにぎにぎされます。普段はツンデレっていうか素直じゃないからこその本音の威力とでもいいましょうか。ここぞで魅せるストレートなデレは芸術的ですらあります。

めぐみの可愛さは不器用なポンコツっぷりにあるね。ダメ可愛いの極み。

31歳という年齢設定でありながら、社会人らしい大人の恋愛ではなく、中学生&高校生がやるような初々しい恋愛模様。恋愛コメディとして楽しませてくれる部分はちゃんと笑えるし、ヒロインは一挙一動で萌え萌えブヒブヒできる。極上の甘いスイーツです。最高かよ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    買います!!

  2. 匿名 より:

    全裸で一夜を共にした真相が、酔っぱらって野球拳をしたからという、あまりにも無理がありすぎる流れにガッカリし、読む気をなくしました。