スポンサードリンク

「7SEEDS」の面白さが半端じゃない件

週刊少年マガジン15号で「あひるの空」の日向武史先生は以下のような巻末コメント。

アシスタントに教えてもらった田村由美先生の「7SEEDS」という漫画にハマりました。…驚愕です。ものすごく面白いです。

…と、「7SEEDS(AA)」をベタ褒め。

マガジンには「エデンの檻」という漂流物の漫画が連載しているのですが、お尻やおっぱいばかり描いている事への皮肉なのかと疑ってしまいました。しかし、「7SEEDS」がものすごく面白い事は激しく同意です。

スポンサードリンク

7SEEDSは最高のサバイバル漫画

7SEEDS(1) (フラワーコミックスα)

目覚めたら、そこは人類が崩壊した世界。若くて健康な体を持つ人間を冷凍保存し、地球が人が住める状態になったら目覚める。春、夏A、夏B、秋、冬の5チームに7人とガイド1人を加えた8人で、系40人が未来で目覚めます。目覚めず3人死んだり、目覚めたら撃ち殺された人もいますが。圧倒的な世界観で、漂流物の最高傑作だと思います。

で、15巻では、夏Aチームと、花たちが合流して生活しているわけですが、ツールナイフが同じ事から、貴士先生が花の父親だったことが正式に判明。っていうか、ツールナイフが同じだという事は、ここまで初期から考えていたりするのでしょうか。百舌も同じだったし。すごっ。

そう、「7SEEDS」は伏線と回収がパねぇのです。キモでキーワードとなっていた死神。初めて、物語で登場したのは、穀雨の章【-我が祖国・モルダウ-】で、百舌戸要と末黒野貴士が、夏Aの生徒達が聞いているに気付いていながら会話していた時。


3

死神

「同じ環境で育ったものは、一つの原因で全滅する恐れがある。それに、全体の中の一部が優秀ってのが、バランスいいんだよ。…まあ、その場合、『死神』をどこかに一人、入れるべきだと思ってる」

死神ってなんぞという感じだったのですが、どうやら不適合な人間を排除する為、人が人として生きられない絶望的な環境なら無理心中する為…というもの。この解釈が本当にあっているかどうかは分かりませんが。

優秀すぎる夏Aチームを管理というか、暴走した時に殺す役目なのでしょうか。初めて「死神」という単語を出した時は、要は夏Aのチームは成功すると確信してましたが。

テスト後の7人を見て、「オレは失敗したかもしれない」、「自身があったんだけどね…」と述べていました。つまり、夏Aチームは失敗したということでしょうか。初めは行く予定のなかった要ですが、夏Aチームのテスト後の様子を見て、死神として未来へ行く決心をしたようです。死神の役目とは…。

4

死神とは

「例えば不適合な人間を排除するため…。例えば人が人として生きられない絶望的な環境なら、無理心中するため…とか?」

現に、花が病気になり絶望的な時に現れました。死神として、百舌戸はどういった活躍をするのか興味深いです。

ところで、バラバラになったっきり、まったく登場していない春チームの甘茶藤子と鯛網ちさの行方が気になって仕方ないです。藤子とちさは一緒に行動しているのか。

というのも、藤子は「あたしは人の心配をしてれば正気でいられる」と述べており、一人だったらとんでもない事になっていそうです。また、ちさに関しては、後に、この計画に協力的な家計だった事が判明。

5

鯛網家

「政治家で協力的だったのは、百舌戸家と鯛網家ぐらいだ」

ちさは、相当重要な人物だったのかも。

再登場が気になります。

そして、ツールナイフが同じという事が伏線になっていたという事は、花のネックレスの怪しさが倍増です。マークの日記に書かれていた貴士が父親だと解った花。シェルターで拾った、花とお揃いのネックレスはお母さんのものかもしれない、と理解しました。

1

ネックレス

この十字のネックレスが、何故か夏Aチームのが、初登場の子供の頃からずーっと身に付けているネックレスと同じなのですが、これはどういう意味なのでしょうか。

2

涼のネックレス

うーむ。そもそも夏Aのメンバーって、優秀と判断された精子と卵子から生まれたらしいのですが、涼と花はどう繋がっているのか…。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする