スポンサードリンク

『終電ちゃん』、ここは天国じゃないんだ かと言って地獄でもない 終電です!


終電ちゃん(2) (モーニングコミックス) 終電ちゃん(1) (モーニングコミックス)

この漫画けっこう個人的に思い入れあるんですよね。

『終電ちゃん』は、ちばてつや賞に入選してモーニングに掲載され人気を博して連載…と順調に勝ち抜いていった作品なんですけど、モーニングに掲載される前から知ってる作品だったんですよ。

何年か前に漫画好きが集まるイベント「コミティア」でほとんど同じ同人誌を出してて、可愛し面白いなぁって思って買ってたんですよ。そしたら数年後にモーニングのようなメジャー誌で連載してるのはなんとも不思議な気分で、まるで雛鳥を見送る親鳥の心境です。

がんばってる人々を、今日も熱心に送り届ける「終電ちゃん」。「お前たち、明日はもっと早い電車で帰るって約束しな!」。終電には、日々を生きる乗客のドラマがある。中央線の高尾行きの終電は、午前1時37分に終点・高尾に到着する。これは全国の鉄道で最も遅い。疲れてて眠いのに、彼女に会えて、なんだかうれしい――。不思議な高揚感と一体感のある、終電物語開幕!!

<0話が試し読みできます>

『終電ちゃん』(モアイ)

簡単に説明すればサラリーマンなら一度はお世話になる「終電」を擬人化した作品なり。

今やなんでも擬人化する時代ですし、鉄道の擬人化もとっくに何度も通過しておりました。

『終電ちゃん』のポイントは、タイトル通りテーマを「終電」に絞っており、ただ擬人化された終電ちゃん可愛いとペロペロするではなく(もちろんペロペロできます)、「終電」を巡るヒューマンドラマを骨太に描いた作品なところ。これがね。いいんだ。

スポンサードリンク

終電にはドラマがある

終電を逃せば良くてビジネスホテル、運悪きゃ満喫ですしね。タクシー使うのは高すぎるし。だからみんな終電に乗るんです。人が溢れてしまうのです。その「終電に乗る人」にスポットを当ててるのが『終電ちゃん』。

公式に謳われる「終電には、日々を生きる乗客のドラマがある。」とはまさにその通り。

終電を巡るヒューマンドラマが秀逸すぎるってもの。感動した!

1

終電に乗る人々のドラマ

残業に追われてしまい帰りの電車が終電だった、飲み会でついつい飲み過ぎて終電ななってしまったり、イベント帰りで終電になっちゃったり、気になる同僚と乗りあわせたり、ふと生活に疑問をもって別の電車に乗ったり…。終電には終電に乗る人の数だけそれぞれドラマがあります。

そこを上手く汲み取って、グッとくるヒューマンドラマに仕上がっております。

歳とって涙腺弱くなったせいで猛烈に感動してしまうこと多数。同様に勇気づけられることも無数。「終電」に乗る人の人生を描いていく。とても温かく良い作品である。

「終電」という舞台装置を擬人化

「終電」はあくまでも舞台装置なんですよね。

「終電」という舞台を用意して乗る人の人生をドラマチックに魅せるのがメイン。

時に感動させ、時に頑張らせ、時にラブがコメって…グッとくる良エピソードを連発させる。その舞台装置を擬人化させて物語に関わらせ、かつ必要不可欠な存在へと昇華しているのがスゴイ。

2「終電ちゃん」である意味

最初は、これ別に「終電ちゃん」じゃなくてもよくねーか、世話焼きの駅員でも話が回るんじゃないかと少し疑問があったりもしたんだけど、色んなエピソードを読んでる内に「終電ちゃん」だからこそだと思うようになりましたね。

「終電ちゃん」は中央線の終電を擬人化させたものです。

つまり、中央線の「E233系」を擬人化したわけではない。「中央線の終電」という事象を擬人化したのであり機体がモデルチェンジしようと中央線の終電は変わらず「終電ちゃん」なのである。終電を擬人化した意味はこれだね。だから何十年も前の高度成長期でも変わらず「終電ちゃん」。過去から現在に続く胸熱なエピソードも同じ「終電ちゃん」。

「終電ちゃん」は変わらず何十年もずっと年も取らず存在しています。

終電に乗る人を厳しくも温かく見守って、たまに助けてくれる。ツンデレ気質で世話焼きなので人と深く関わります。もはや存在だけでドラマが成り立つね。ひょっとしたら明治時代のエピソードすら出来る(開業1889年)。そりゃ、あざとく泣かせにくるジジイのエピソードだって普通に感動しちゃいますわ。

鉄道好きにはたまらない

私は鉄道好きな「鉄っちゃん」じゃないんですけど、鉄道愛を感じまくる描写は随所にあります。車両や駅の細かい描写。コミックでは1話と1話の間に、鉄道用語などを優しく解説したり。終電に乗ってると出くわす「あるある」満載だったり。

くっ!鉄道好きならもっと楽しめただろうに…と悔しくなってしまいます。

モチのロンで電車好きじゃなくても楽しめます

描かれる良い話も終電ちゃんの可愛さもツボ。終電ちゃんも様々で萌えられる。

3

色んな終電ちゃん

主役格は中央線の終電ちゃん。

話が進むにつれ、山手線の終電ちゃん、小田急線の終電ちゃん、大阪環状線の終電ちゃん、東海道新幹線の終電ちゃん、佐世保線の終電ちゃん、西九州線の終電ちゃんなど、どんどん登場していきます。やはり終電の数だけ乗客する人の数だけドラマがあります

終電ちゃんはそれぞれ性格も見た目も違い、キャラを引き立てる為なのか鉄道アイテムをワンポイント持ってます。中央線なら勾配標、山手線は手動式転轍機、小田急線は信号機…といった感じで。

終電ちゃんの熱きドラマ

さっき「終電に乗る人」にスポットが当たるヒューマンドラマと述べたけど、たまに終電ちゃんをメインに描くこともあります。1巻収録の4~5話「終電ちゃんとクリスマスイブ」前後編なんかは終電ちゃんの熱きドラマが描かれている。

「山手線」というのはよく最強の路線と呼ばれる。

普通に、いい意味で最強の路線である一方で、悪い意味でも最強の路線と呼ばれるのです。特に終電で遅れる山手線は嫌味を込めて電車通勤のリーマンは「最強の路線w」と揶揄します。

理由は単純。なんたってJRだろうが私鉄だろうが、終電で山手線が遅れればほぼ全ての終電が接続待ちになってしまうからである。待たなきゃ待たないで利用客多いんで暴動ものなのだが。おそらく各「終電ちゃん」達から最も嫌われてるのは「山手線の終電ちゃん」でしょうね(決めつけ)。

4

終電ちゃんとクリスマスイブ

で、「終電ちゃんとクリスマスイブ」の前後半で描かれるのはクリスマスイブに雪が降ってしまい、山手線の接続待ちを熱きドラマ仕立てに描いたエピソードであります。

中央線も山手線と接続しているので、待たなきゃいけないわけです。ただの「山手線接続待ち」を熱く緊迫感あり悲しく感動的に料理しております。ラーメンでいえば全部入りだね。とても胸が熱くなる極上の話になっています。(キレるなら山手線にだろという気もするが)

山手線の接続待ちを食らってオラついてるおっさん達にこそ読んで欲しい。

これは終電を擬人化したからこそ描けた話でもあり、同時にピリピリしたリアル終電のライブ感も満載でした。グッドだ!

 はずれのエピソードは1つもない

今のとこ、外れのエピソードが一つもないのも素晴らしい。

全エピソード最高であると声を大にして言いたい。基本1話完結なのですが、終電の常連も存在しており、6話で初登場した同じ会社に勤める営業の山下と総務の横山さんは、個人的に最も括目すべき人物です。

5

山下と横山さん

何に括目かって、そりゃラブがコメることですよ!

はじめて出た時からニヤリング力高かったんですけど、2巻では破壊力がさらに跳ね上がっている。様々なヒューマンドラマが繰り広げられる中で甘い甘いデザートですよ。

ベッタベタながらも終電で駅で繰り広げられる頬が自然と緩んでしまうニヤニヤ展開は大満足でしたね。この2人が結婚するまでは中央線の終電を見守っていきたいものです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする