スポンサードリンク

『ゆらぎ荘の幽奈さん』、緋扇かるらの鉄壁のスカートについて

5

『ゆらぎ荘の幽奈さん』58話 “かるら”と“マトラ”

前回、コガラシさんを父の仇と言ってた可愛い子ちゃん。名前が判明しました。「緋扇かるら」というらしい。スパッツ娘は巳虎神マトラ。

で、かるら嬢。大物キャラのように凄そうに登場したものの「次回はデレるだろ」「コガラシゾーン(ラッキースケベ)の餌食か」なんて思ったものです。なぜならこの漫画『ゆらぎ荘の幽奈さん』だから!

しかし!なんと威厳を保ったままコガラシさんを拉致してしまいました。信じられない事にパンツ一枚見せません。おいおい!どうなってんだ?ひょっとしてかるらは凄いやつだったのか?

<関連記事>

『ゆらぎ荘の幽奈さん』、八咫鋼?新キャラ登場の新展開である
『ゆらぎ荘の幽奈さん』57話 コガラシさんと誕生日 せいやっ!せいやっ!せいやっ!せいやっ!(感謝の正拳突き) ...
『ゆらぎ荘の幽奈さん』、切なく真面目な話からの一撃であった
『ゆらぎ荘の幽奈さん』56話 幽奈さんと初詣 【悲報】雲雀帰郷する。 今週の雲雀ちゃんの出番はたった2コマでした...
『ゆらぎ荘の幽奈さん』、ミウラタダヒロ先生は神の領域に入ってるな
『ゆらぎ荘の幽奈さん』55話 ゆらぎ荘のクリスマス メリークリマス! ついに『ゆらぎ荘の幽奈さん』はクリスマスで...

この漫画のジャンルは「ラブコメ」ですよね。なのに58話 「“かるら”と“マトラ”」はラブもコメもほとんどなくガチシリアスのバトル漫画みたいなノリでした。あれ?これ『ゆらぎ荘の幽奈さん』だよね?

スポンサードリンク

58話 「“かるら”と“マトラ”」

な…なんだかバトルマンガみたいですぅぅ!

本当にバトル漫画みたいでござる。

終始真面目にバトルをしていました。

私にとってジャンプで『ゆらぎ荘の幽奈さん』を読むことは食後のデザートみたいなものなんですよ。可愛くちょい(かなりか)えっちなラブコメの甘味で日頃の疲れを癒して欲しいのです。故に「ガチでバトルやられても…」という左門くん状態になるかと思ったのですが!

安心してください!糖分たっぷりです!

お色気だった

バトル漫画みたいなことやってるようで、ただのお色気回やった。

圧倒的なスパッツ描写と全裸で戦うゆらぎ荘住人。ヒロイン脱ぎ脱ぎバトルやったわ。さすがはおはだけ界の新巨匠と呼ばれるミウラタダヒロ先生!バトルに見せかけた素敵な裸とスパッツ描写やった。

それにしても。マトラはあれですね。『ドラゴンボール』でいえばZ戦士を蹂躙したナッパのような強さです。狭霧に朧に呑子さんをひとりで倒してしまいました。強えぇぇぇ!スパッツ最高ぉぉぉぉ!

ゆらぎ荘の化け物みたいな人達がこんなにあっさり…!

マトラは圧倒的強さと圧倒的スパッツの良さをまざまざと見せつけてくれましたね。

スカートでアクションするならスパッツですよ。もちろんパンツはパンツで大好きですがスパッツには「スパッツだから恥ずかしくない」という大義名分があり、堂々とスカートの中を「見せる」ことで「魅せる」のです。

いやはやなんともはや。実に素晴らしいスパッツ描写であった。スパッツ越しにも極上の尻を魅せつけてくれました。最初に登場した時、マトラはあんまり好みのタイプじゃないかなと侮っていたけどスパッツに心の琴線鷲掴みなり。

また、アクションしまくったマトラ以上にかるらも括目すべき点でしょう。かるらは特に何もしていなかったけど、マトラよりも只者じゃない感を醸し出してましたから。

(コケシのコガラシさんを)せいぜい可愛がってやるとするかのう…!

コケシを可愛がるってなにするつもりなんですかねぇ(期待の眼差し)。

かるらは居ただけだったけど、ベジータのような強者感で佇んでいました。ピッコロの言葉を借りるなら「かるらはさらにもっととんでもない強さだというのか…。なんてことだ…!」である。いや、もっと言うなら、「かるらはもっととんでもない尻だというのか…。なんてことだ…!」ですよ。

そういえばジャンプ界の漫画の神様・鳥山明先生は新キャラを出すのは必ず2人組で出すそうな。キャラ立ても状況やキャラの説明も出来るからということが理由だそうです。

確かにかるらとマトラはコンビで出た事でキャラ立てなども凄いね。何もせずかるらはマトラ以上の強者感を出してましたし。同時にかるらのスカートの中は、マトラのスパッツよりも、もっと凄いのではないかと思わせてくれた。

コンビである

だってですよ。マトラがあれだけスパッツを見せつけたのに比べて、かるらはパンチラひとつしませんでしたからね。風使い(?)のくせにスカートめくれないとか詐欺じゃん!いや、待て。これは逆にスカートの中身への期待値が上がるというものではなかろうか。

かるらは鉄壁のディフェンスでスカートの中を見せない。私は思いましたね。これはミウラタダヒロ先生の功名な作戦なのではないかと。

ここまで(と言っても2話だが)徹底したスカートの中身禁止令が布かれると、余計に見たくなってしまうのが人間ってものでしょう。シュレティンガーの猫ならぬ、シュレティンガーのかるらスカートの中ですよ!

あえて見せないことで読者はかるらのスカートの中を見たいという欲求が溜まり続けます。それがピークになった頃に、最高のスカートがめくれるシーンを出す焦らし作戦をミウラ先生はとっているのではなかろうかと。あえて溜めていると。

すぐにラッキースケベに餌食にならず、この漫画らしからぬ鉄壁のスカートですからね。スカートの中が見れなかった反動もあって、いざスカートが御開帳すれば、その威力は相当のものでしょう。もはや、コガラシさんの身よりもかるらのスカートの中身のほうが楽しみです。まる。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    書籍版だとスパッツ描写が全部印刷で潰れてたんだよなあ・・・。

  2. 匿名 より:

    てっきり『ぼくたちは勉強ができない』の方を
    先に書くかな?って思ったけどwww
    今回はコガラシさん全くのエエとこなし
    まあ、女相手では攻撃面での戦力には
    ならないだろうしね
    そう言えばコガラシさんの「女を殴れない」
    ってのは単にフェミニストなのか?
    他に理由があるのか?
    後、かるらのスカートの中やけど
    ・・・・
    安心して下さい履いてないですよ
    に1票wwwww

  3.   より:

    スカートのなかにコケシ収納したら神展開

  4. 0757 より:

    うーむ、ラブコメでのバトル展開は、某なんとかコイのトラウマが蘇るからやめて欲しい気はする…。
    でも、あれとは違って、明確に目的も画力も確かだから、あれとは違って、見ちゃおれん状隊にはならんな。
    特に、今回は主人公を助けに行く感じだし

  5. 匿名 より:

    なんかトラブルダークネス見てるので
    エロを弱く感じてしまいます

  6. 匿名 より:

    ベジータとナッパは言いえて妙ですね

  7. tomato より:

    ゆらぎってやっぱりバトル要素があるラブコメなのかねー?

  8. 匿名 より:

    別のブログでかるらはコガラシと二人っきりに
    なるとデレッデレキャラになるんじゃないか
    って書いてあったな
    根拠はコガラシを見つけたときの歯ぎしりは
    幽奈と一緒にいたから
    風呂場で攻撃をしずに水着を破ったのは
    女子陣をコガラシから離れさすため
    要はあの態度は嫉妬って事やろうか?

  9.   より:

    コガラシは状態変化に弱い←わかった
    なのでコケシに変える←わかった(今後の展開が)

    しかし鉄壁スカートとか、さすが山さんはコマかい所まで見ていますね。ほぼ全員容赦なく全裸でバトルしてたので気づかなかった
    何も無くてもパンツその他が見えるこの漫画で、鉄壁。つまりこれは、履いてませんね?